映画評価ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
ムビチケ/DVD/動画もAmazonギフトでお得

ゴールデングローブ賞2019年ノミネート全受賞結果一覧(2018映画/第76回)

ゴールデングローブ賞2019年ノミネート全受賞結果一覧(2018映画/第76回)

2019年発表の第76回ゴールデングローブ賞の映画部門ノミネートと最優秀賞(2018年公開映画)の部門別一覧まとめです。2018年12月7日にノミネート作品が発表され、授賞式は現地2019年1月6日でした。

複数ノミネートは『バイス Vice』が最多6部門、『アリー スター誕生』『グリーンブック』が5部門、『女王陛下のお気に入り』が4部門5賞、『メリーポピンズ リターンズ』『ブラック・クランズマン』が4部門です。ゴールデングローブ賞(2010-2019)も参考にしてください。

2019年ゴールデングローブ賞の対象は、2018年1月1日から12月31日までにロサンゼルス地域で公開された映画です。アカデミー賞の前哨戦的な見方をする人もいるようです。最優秀賞は1月に発表されます。

下の表では、人物主体の賞も作品を先に表記します。リンクはネタバレあり感想です。

2019年発表ゴールデングローブ賞ノミネートと受賞結果

2019年ゴールデングローブ賞全部門の受賞一覧

作品賞(ドラマ部門)ノミネートと最優秀賞

作品賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネートと最優秀賞

主演男優賞(ドラマ部門)ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞ボヘミアン・ラプソディ(ラミ・マレック)
  • アリースター誕生(ブラッドリー・クーパー)
  • At Eternity’s Gate(ウィレム・デフォー)
  • Boy Erased(ルーカス・ヘッジズ)
  • ブラック・クランズマン(ジョン・デヴィッド・ワシントン)

主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞バイス Vice(クリスチャン・ベール)
  • メリー・ポピンズ2リターンズ(リン=マニュエル・ミランダ)
  • グリーンブック(ヴィゴ・モーテンセン)
  • The Old Man & the Gun(ロバート・レッドフォード)
  • Stan and Ollie(ジョン・C・ライリー)

主演女優賞(ドラマ部門)ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞天才作家の妻 40年目の真実(グレン・クローズ)
  • アリースター誕生(レディー・ガガ)
  • Destroyer(ニコール・キッドマン)
  • Can You Ever Forgive Me?(メリッサ・マッカーシー)
  • A Private War(ロザムンド・パイク)

主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネートと最優秀賞

助演男優賞ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞グリーンブック(マハーシャラ・アリ)
  • Beautiful Boy(ティモシー・シャラメ)
  • ブラック・クランズマン(アダム・ドライバー)
  • Can You Ever Forgive Me?(リチャード・E・グラント)
  • バイス Vice(サム・ロックウェル)

助演女優賞ノミネートと最優秀賞

監督賞ノミネートと最優秀賞

脚本賞ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞グリーンブック(ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・ヘイズ・カリー、ピーター・ファレリー)
  • 女王陛下のお気に入り(デボラ・デイヴィス、トニー・マクマナラ)
  • ビール・ストリートの恋人たち(バリー・ジェンキンス)
  • ROMA ローマ(アルフォンソ・キュアロン)
  • バイス Vice(アダム・マッケイ)

歌曲/主題歌賞ノミネートと最優秀賞(曲名)

外国語映画賞ノミネートと最優秀賞(国名)

  • 最優秀賞ROMA ローマ(メキシコ)
  • Capernaum(レバノン)
  • Girl(ベルギー)
  • Never Look Away(ドイツ)
  • 万引き家族(日本)

以上が、2019年1月に発表された、第76回ゴールデングローブ賞(2018年公開映画)の部門別一覧です。

関連記事は、ゴールデングローブ賞(2010-2019)で確認してください。

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
ゆめぴょん(仮名・管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2019新作59本/2018年209。驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリー重視。海外旅行135国
今話題の映画やランキング