ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ評価と感想
更新を購読できます

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

第81回アカデミー賞ノミネートと受賞の全作品(2008年アメリカ公開映画)の、部門別一覧まとめです。2009年2月22日、ロサンゼルス市ハリウッドのコダック・シアター(現ドルビー・シアター)の授賞式で発表されました。

最多部門受賞は『スラムドッグ$ミリオネア』の8部門です。最多部門ノミネートは『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』の13部門です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

第81回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(主要部門)

作品賞ノミネートと受賞作品 - Best Picture

  • 【受賞】スラムドッグ$ミリオネア
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生
  • フロスト×ニクソン
  • ミルク
  • 愛を読むひと

監督賞ノミネートと受賞作品(監督)- Directing

  • 【受賞】スラムドッグ$ミリオネア(ダニー・ボイル)
  • 愛を読むひと(スティーブン・ダルドリー)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生(デヴィッド・フィンチャー)
  • フロスト×ニクソン(ロン・ハワード)
  • ミルク(ガス・ヴァン・サント)

主演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Actor

  • 【受賞】ミルク(ショーン・ペン)
  • 扉をたたく人(リチャード・ジェンキンス)
  • フロスト×ニクソン(フランク・ランジェラ)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生(ブラッド・ピット)
  • レスラー(ミッキー・ローク)

主演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Actress

  • 【受賞】愛を読むひと(ケイト・ウィンスレット)
  • レイチェルの結婚(アン・ハサウェイ)
  • チェンジリング(アンジェリーナ・ジョリー)
  • フローズン・リバー(メリッサ・レオ)
  • ダウト〜あるカトリック学校で〜(メリル・ストリープ)

助演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Supporting Actor

  • 【受賞】ダークナイト(ヒース・レジャー/死後受賞)
  • ミルク(ジョシュ・ブローリン)
  • トロピック・サンダー 史上最低の作戦(ロバート・ダウニー・Jr)
  • ダウト〜あるカトリック学校で〜(フィリップ・シーモア・ホフマン)
  • レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで(マイケル・シャノン)

ダークナイト

平均評価
★★★★★87/100
世界興行収入
1,004百万US$
日本興行収入
16.1億円
日本公開
2008.8.9
上映時間
152分 予告動画
ダークナイト
原題/英題:
The Dark Knight
製作国:
アメリカ、イギリス(2008.7.18公開)
映画監督:
クリストファー・ノーラン
主な出演者:
クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マイケル・ケイン、マギー・ギレンホール
製作費:
約US$ 185,000,000(約204億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Legendary Pictures、Syncopy Films

『ダークナイト』あらすじ(ネタバレなし)や概要

『バットマン・ビギンズ』の続編、シリーズ3部作の2作目。ブルース・ウェインがバットマンとしてゴッサム・シティの悪と戦いはじめて9ヶ月、ジョーカーと名乗る史上最悪の犯罪者が現れた。一方、バットマンは市警ゴードン警部補や、新任の地方検事ハーピー・デントと協力して、マフィアを追いつめるが、ジョーカーはその結果すらも利用して、バットマンらをあざ笑う。やがて彼の計画が明らかになるにつれ...。ジョーカー役のヒース・レジャーは撮影直後に死亡したが、第81回アカデミー賞で助演男優賞を受賞。

『ダークナイト』レビューサイト評価一覧

助演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Supporting Actress

  • 【受賞】それでも恋するバルセロナ(ペネロペ・クルス)
  • ダウト〜あるカトリック学校で〜(エイミー・アダムス)
  • ダウト〜あるカトリック学校で〜(ヴィオラ・デイヴィス)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生(タラジ・P・ヘンソン)
  • レスラー(マリサ・トメイ)

第81回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(副主要部門)

脚本賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Original Screenplay

オリジナル・独自の脚本におくられる賞です。小説・舞台などから起こされた脚本は、下の脚色賞が対象です。

  • 【受賞】ミルク(ダスティン・ランス・ブラック)
  • ウォーリー WALL-E(アンドリュー・スタントン、ジム・リアドン、ピート・ドクター)
  • ハッピー・ゴー・ラッキー(マイク・リー)
  • フローズン・リバー(コートニー・ハント)
  • ヒットマンズ・レクイエム(マーティン・マクドナー)

脚色賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Adapted Screenplay

小説・舞台などから起こされた脚本におくられる賞です。オリジナル・独自の映画は、上の脚本賞が対象です。

  • 【受賞】スラムドッグ$ミリオネア(サイモン・ボーファイ)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生(エリック・ロス、ロビン・スウィコード)
  • フロスト×ニクソン(ピーター・モーガン)
  • 愛を読むひと(デヴィッド・ヘアー)
  • ダウト〜あるカトリック学校で〜(ジョン・パトリック・シャンリィ)

長編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Animated Feature

条件は上映時間が40分以上で、その75%以上がアニメーションで、主要キャラクターがアニメであることです。

ウォーリー WALL-E

平均評価
★★★★★82/100
私の評価
★★★★★80/100
世界興行収入
533百万US$
日本興行収入
40.0億円
日本公開
2008.12.5
上映時間
103分 予告動画
ウォーリー WALL-E
原題/英題:
Wall-E
製作国:
アメリカ(2008.6.27公開)
映画監督:
アンドリュー・スタントン
主な出演者:
ベン・バート、エリッサ・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラード、マッキン・トーク
製作費:
約US$ 180,000,000(約198億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:G
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Pixar Animation Studios

『ウォーリー WALL-E』あらすじ(ネタバレなし)や概要

西暦2805年。ウォーリー(WALL-E)は、ゴミだらけの地球で、ただ1人置き去りにされて、ゴミ集めを続ける量産型ロボットだった。人類が地球を去って700年間、仲間のロボットが動かなくなっても、ひたすらゴミで塔を建て続けて、やがて感情が芽生えてきた。そんなある日、巨大な宇宙船が地球にやってきて、白いきれいなロボットのイブを残していく。ウォーリーとイブは仲良くなるが、宇宙船はイブを回収したので、ウォーリーも乗り込んでいくのだが...

『ウォーリー WALL-E』レビューサイト評価一覧

外国語映画賞ノミネートと受賞作品(監督)国名 - Best Foreign Language Film

各国から1作品だけ出品できます。条件は前年10月から本年9月の間に、劇場で最低7日間連続で商業上映された映画です。この賞のみ、アメリカ国内で上映された必要はありません。

  • 【受賞】おくりびと(滝田洋二郎)日本
  • Revanche(Götz Spielmann)オーストリア
  • パリ20区、僕たちのクラス(ローラン・カンテ)フランス
  • バーダー・マインホフ 理想の果てに(ウーリ・エーデル)ドイツ
  • 戦場でワルツを(アリ・フォルマン)イスラエル

おくりびと

平均評価
★★★★★78/100
日本興行収入
64.8億円
日本公開
2008.9.13
上映時間
130分 予告動画
おくりびと
原題/英題:
Departures
映画監督:
滝田洋二郎
主な出演者:
本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)松竹、映画「おくりびと」製作委員会

『おくりびと』あらすじ(ネタバレなし)や概要

遺体を棺に納める“納棺師”という職業を通して、様々な死と向き合い人生をみつめるヒューマンドラマ。監督は「壬生義士伝」の滝田洋二郎、音楽を久石譲が担当。ひょんなことから納棺師の見習いとなった元チェリストの大悟は、妻の美香には冠婚葬祭の仕事とごまかして働いていた。日々とまどいながらも様々な死と出会い成長していく大悟と、それを見守る美香を本木雅弘と広末涼子が好演。第81回アカデミー賞で、日本映画史上初の外国語映画賞を受賞した。[引用元]

『おくりびと』レビューサイト評価一覧

第81回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(視覚映像技術部門)

撮影賞ノミネートと受賞作品(撮影監督等)- Best Cinematography

  • 【受賞】スラムドッグ$ミリオネア(アンソニー・ドッド・マントル)
  • チェンジリング(トム・スターン)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生(クラウディオ・ミランダ)
  • ダークナイト(ウォーリー・フィスター)
  • 愛を読むひと(クリス・メンゲス、ロジャー・ディーキンス)

編集賞ノミネートと受賞作品(編集技師等)- Film Editing

  • 【受賞】スラムドッグ$ミリオネア(クリス・ディケンズ)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生(カーク・バクスター、アンガス・ウォール)
  • ダークナイト(リー・スミス)
  • フロスト×ニクソン(マイク・ヒル、ダニエル・P・ハンリー)
  • ミルク(エリオット・グレアム)

美術賞ノミネートと受賞作品(美術監督等)- Best Art Direction

  • 【受賞】ベンジャミン・バトン 数奇な人生(ドナルド・グラハム・バート、ヴィクター・J・ゾルフォ)
  • チェンジリング(James J. Murakami、Gary Fettis)
  • ダークナイト(ネイサン・クロウリー、Peter Lando)
  • ある公爵夫人の生涯(Michael Carlin、Rebecca Alleway)
  • レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで(Kristi Zea、Debra Schutt)

衣装デザイン賞ノミネートと受賞作品(映画衣装デザイナー等)- Costume Design

  • 【受賞】ある公爵夫人の生涯(マイケル・オコナー)
  • オーストラリア(キャサリン・マーティン)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生(ジャクリーン・ウェスト)
  • ミルク(ダニー・グリッカー)
  • レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで(アルバート・ウォルスキー)

メイクアップ賞ノミネートと受賞作品(特殊メイクアップ・アーティスト等)- Best Makeup

  • 【受賞】ベンジャミン・バトン 数奇な人生(グレッグ・キャノン)
  • ダークナイト(John Caglione、Jr., Conor O’Sullivan)
  • ヘルボーイ ゴールデン・アーミー(Mike Elizalde、Thom Floutz)

視覚効果賞ノミネートと受賞作品(視覚効果アーティスト等)- Visual Effects

優れた視覚効果(VFX)を使った映画におくられます。

  • 【受賞】ベンジャミン・バトン 数奇な人生(エリック・バーバ、スティーヴ・プレッグ、バート・ダルトン、クレイグ・バロン)
  • ダークナイト(ニック・デイヴィス、クリス・コーボールド、ティモシー・ウェバー、ポール・フランクリン)
  • アイアンマン(ジョン・ネルソン、ベン・スノウ、ダン・サディック、シェイン・マハン)

第81回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(音楽技術部門)

作曲賞ノミネートと受賞作品(作曲家)- Original Music Score

  • 【受賞】スラムドッグ$ミリオネア(A.R.ラフマーン)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生(アレクサンドル・デスプラ)
  • ディファイアンス(ジェームズ・ニュートン・ハワード)
  • ミルク(ダニー・エルフマン)
  • ウォーリー WALL-E(トーマス・ニューマン)

歌曲賞ノミネートと受賞作品(作曲・作詞家)曲名 - Best Original Song

  • 【受賞】スラムドッグ$ミリオネア(A.R.ラフマーン、Gulzar)Jai Ho
  • ウォーリー WALL-E(ピーター・ガブリエル、トーマス・ニューマン、ピーター・ガブリエル)ダウン・トゥ・アース
  • スラムドッグ$ミリオネア(A.R.ラフマーン、マヤ・アルプラガサム)O Saya

音響編集賞ノミネートと受賞作品(音響編集者等)- Sound Editing

録音賞ノミネートと受賞作品(録音技師等)- Sound Mixing

  • 【受賞】スラムドッグ$ミリオネア(イアン・タップ、リチャード・プライク、レスル・プークティ)
  • ベンジャミン・バトン 数奇な人生(デヴィッド・パーカー、マイケル・セマニック、レン・クライス、マーク・ウェンガルテン)
  • ダークナイト(ローラ・ハーシュバーグ、ゲイリー・リッツオ、エド・ノヴィック)
  • ウォーリー WALL-E(トム・マイヤーズ、マイケル・セマニック、ベン・バート)
  • ウォンテッド(クリス・ジェンキンス、フランク・A・モンタノ、ペトル・フォレット)

第81回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(その他部門)

長編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Feature

  • 【受賞】マン・オン・ワイヤー(ジェームズ・マーシュ)
  • Nerakhoon (The Betrayal)(Ellen Kuras、Thavisouk Phrasavath)
  • Encounters at the End of the World』(ヴェルナー・ヘルツォーク)
  • The Garden
  • Trouble the Water(Tia Lessin、Carl Deal)

短編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Short Subject

  • 【受賞】Smile Pinki
  • The Conscience of Nhem En
  • The Final Inch
  • The Witness - From the Balcony of Room 306

短編実写映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Live Action Short Film

  • 【受賞】Toyland(Spielzeugland)
  • On the Line (Auf der Strecke)
  • Manon On the Asphalt
  • New Boy
  • The Pig (Grisen)

短編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Animated Short Film

  • 【受賞】つみきのいえ(加藤久仁生)
  • Lavatory - Lovestory(コンスタンティン・ブロンジェット)
  • Oktapodi(Emud Mokhberi、Thierry Marchand)
  • Presto(ダグ・スウィートランド)
  • This Way Up(Alan Smith、Adam Foulkes)

特別賞

  • ジーン・ハーショルト友愛賞: ジェリー・ルイス(俳優)
  • ゴードン・E・ソーヤー賞: エドウィン・キャットマル

以上が、2009年2月の授賞式で発表された、第81回アカデミー賞(2008年公開映画)ノミネートと受賞の部門別一覧です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは下をご覧ください。

参考にしたページ

第81回アカデミー賞

スポンサーリンク

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.16更新

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.8更新

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.7更新

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.28更新

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.19更新

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.21更新

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.5更新

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ラ・ラ・ランドネタバレあらすじ評価と感想

ラ・ラ・ランド今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

トリプルX 再起動ネタバレあらすじ評価と感想

トリプルX 再起動今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.6更新

ドクター・ストレンジネタバレあらすじ評価と感想

ドクター・ストレンジ今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

マグニフィセント・セブンネタバレあらすじ評価と感想

マグニフィセント・セブン今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.15更新

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.16更新

湯を沸かすほどの熱い愛ネタバレあらすじ評価と感想

湯を沸かすほどの熱い愛昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

何者ネタバレあらすじ評価と感想

何者昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.24更新

ジェイソン・ボーンネタバレあらすじ評価と感想

ジェイソン・ボーン昨年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

怒りネタバレあらすじ評価と感想

怒り昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.9更新

映画 聲の形ネタバレあらすじ評価と感想

映画 聲の形昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.20更新

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.3更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー感想あり

★★★★★ 2017.5.31更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.5.4更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.7.16更新

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

2017.7.16更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

2017.6.21更新

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

2017.3.9更新

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

2017.3.9更新

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

2017.3.9更新

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

2017.3.9更新

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

2017.3.10更新

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

2017.3.10更新

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

2017.3.10更新

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

2017.3.10更新

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

2017.3.10更新

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

2017.3.12更新

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

2017.3.13更新

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

2017.3.13更新

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

2017.3.13更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング