ピクシーン
映画ランキング/興行収入/評価一覧/ネタバレあらすじ感想
更新を購読できます

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

第83回アカデミー賞ノミネートと受賞の全56作品(2010年公開映画)の部門別一覧まとめです。2011年2月27日、ロサンゼルス市ハリウッドのコダック・シアター(現ドルビー・シアター)の授賞式で発表されました。

最多部門受賞は『英国王のスピーチ』(ノミネートも最多の12部門)と『インセプション』(ノミネートは8部門)の4部門受賞です。

下の表では、人物主体の賞も作品を先に表記します。アカデミー賞は、原則として前年の1年間にロサンゼルス郡内の映画館で連続7日以上の期間、有料で公開された40分以上の作品(劇場公開以前にTV、ネット、ビデオDVDなどで公開されたのは除く)を満たした映画作品が対象です。

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞(主要部門)

第83回アカデミー賞の受賞一覧まとめ(主要部門のみ)

作品賞ノミネートと受賞 - Best Picture

監督賞ノミネートと受賞(監督)- Directing

主演男優賞ノミネートと受賞(俳優)- Best Actor

主演女優賞ノミネートと受賞(女優)- Best Actress

助演男優賞ノミネートと受賞(俳優)- Best Supporting Actor

助演女優賞ノミネートと受賞(女優)- Best Supporting Actress

脚本賞ノミネートと受賞(脚本家)- Writing Original Screenplay

オリジナル・独自の脚本におくられる賞です。

脚色賞ノミネートと受賞(脚本家)- Writing Adapted Screenplay

小説・舞台などから起こされた脚本におくられる賞です。

長編アニメ映画賞ノミネートと受賞(監督)- Best Animated Feature

条件は上映時間が40分以上で、その75%以上がアニメーションで、主要キャラクターがアニメであることです。

外国語映画賞ノミネートと受賞(監督)国名 - Best Foreign Language Film

各国から1作品だけ出品できます。条件は前年10月から本年9月の間に、劇場で最低7日間連続で商業上映された映画です。この賞のみ、アメリカ国内で上映された必要はありません。

  • 受賞未来を生きる君たちへ(スサンネ・ビア)デンマーク
  • BIUTIFUL ビューティフル(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ)メキシコ
  • 籠の中の乙女(ヨルゴス・ランティモス)ギリシャ
  • 灼熱の魂(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)カナダ
  • Outside the Law(ラシッド・ブシャール)アルジェリア

第83回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(視覚映像技術部門)

撮影賞ノミネートと受賞(撮影監督等)- Best Cinematography

編集賞ノミネートと受賞(編集技師等)- Film Editing

美術賞ノミネートと受賞(美術監督等)- Best Art Direction

衣装デザイン賞ノミネートと受賞(映画衣装デザイナー等)- Costume Design

メイクアップ賞ノミネートと受賞(特殊メイクアップ・アーティスト等)- Best Makeup

  • 受賞ウルフマン(リック・ベイカー、デイヴ・エルシー)
  • バーニーズ・バージョン ローマと共に(Adrien Morot)
  • ウェイバック -脱出6500km-(エドワード・ヘンリクス3世、Gregory Funk、ヨランダ・トゥシエング)

視覚効果賞ノミネートと受賞(視覚効果アーティスト等)- Visual Effects

優れた視覚効果(VFX)を使った映画におくられます。

  • 受賞インセプション(ポール・フランクリン、クリス・コーボールド、アンドリュー・ロックリー、ピーター・ベッブ)
  • アリス・イン・ワンダーランド(ケン・ローストン、デヴィッド・ショーブ、キャリー・ヴィレガス、ショーン・フィリップス)
  • ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(ティム・バーク、ジョン・リチャードソン、クリスチャン・マンツ、ニコラス・アイターディー)
  • ヒア アフター(マイケル・オーウェン、ブライアン・グリル、スティーヴン・トロヤンスキ、ジョー・ファレル)
  • アイアンマン2(ジャネク・サーズ、ベン・スノウ、ゲド・ライト、ダン・サディック)

第83回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(音楽技術部門)

作曲賞ノミネートと受賞(作曲家)- Original Music Score

歌曲賞ノミネートと受賞(作曲・作詞家)曲名 - Best Original Song

  • 受賞トイ・ストーリー3(ランディ・ニューマン)僕らはひとつ
  • カントリー・ストロング(Bob DiPiero、トム・ダグラス ヒラリー・リンジー、Troy Verges)Coming Home
  • 127時間(A.R.ラフマーン、ロロ・アームストロング、ダイド)If I Rise
  • 塔の上のラプンツェル(アラン・メンケン、グレン・スレーター)輝く未来

音響編集賞ノミネートと受賞(音響編集者等)- Sound Editing

録音賞ノミネートと受賞(音響技術者等)- Sound Mixing

  • 受賞インセプション(ローラ・ハーシュバーグ、ゲイリー・リッツオ、エド・ノヴィック)
  • 英国王のスピーチ(ポール・ハンブリン、マーティン・ジェンセン、ジョン・ミッドグレイ)
  • ソルト(ジェフリー・J・ハボウシュ、グレッグ・P・ラッセル、スコット・ミラン、ウィリアム・サロキン)
  • ソーシャルネットワーク(レン・クライス、デヴィッド・パーカー、マイケル・セマニック、マーク・ヴァインガルテン)
  • トゥルー・グリット(スキップ・リーヴセイ、クレイグ・バーキー、グレッグ・オルロフ、ピーター・カーランド)

第83回アカデミー賞ノミネートと受賞(その他部門)

長編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞(監督)- Best Documentary Feature

  • 受賞インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実(チャールズ・ファーガソン、オードリー・マーズ)
  • イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(バンクシー、Jaimie D'Cruz)
  • ガスランド(ジョシュ・フォックス、トリッシュ・アドレシック)
  • レストレポ 〜アフガニスタンで戦う兵士たちの記録〜(ティム・ヘザリントン、セバスチャン・ユンガー)
  • ヴィック・ムニーズ/ごみアートの奇跡(ルーシー・ウォーカー、アンガス・エインズリー)

短編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞(監督)- Best Documentary Short Subject

  • 受賞Strangers No More(Karen Goodman、Kirk Simon)
  • Killing in the Name(Jed Rothstein)
  • Poster Girl(Sara Nesson)
  • Sun Come Up(Jennifer Redfearn、Tim Metzger)
  • The Warriors of Qiugang(Ruby Yang、Thomas Lennon)

短編映画賞ノミネートと受賞(監督)- Best Live Action Short Film

  • 受賞God of Love(Luke Matheny)
  • The Confession(Tanel Toom)
  • The Crush(Michael Creagh)
  • Na Wewe(Ivan Goldschmidt)
  • Wish 143(Ian Barnes)

短編アニメ映画賞ノミネートと受賞(監督)- Animated Short Film

  • 受賞The Lost Thing(Andrew Ruhemann、Shaun Tan)
  • デイ&ナイト(テディ・ニュートン)
  • The Gruffalo(Max Lang、Jakob Schuh)
  • Let's Pollute(Geefwee Boedoe)
  • Madagascar, a Journey Diary(Bastien Dubois)

特別賞

  • アカデミー名誉賞ケヴィン・ブラウンロー、ジャン=リュック・ゴダール、イーライ・ウォラック
  • アービング・G・タルバーグ賞フランシス・フォード・コッポラ

主要なノミネートと受賞作品一覧

英国王のスピーチ

平均評価
★★★★★78/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
414百万US$
日本興行収入
18.2億円
日本公開
2011.2.26
上映時間
118分
英国王のスピーチ
原題/英題
The King's Speech
製作国
イギリス、オーストラリア(2010.11.26公開)
映画監督
トム・フーパー
主な出演者
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、デレク・ジャコビ
製作費
約US$ 15,000,000(約17億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ギャガ、モメンタム・ピクチャーズ(USA)、シー・ソウ・フィルムズ、ベッドラム・プロダクションズ

『英国王のスピーチ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター。監督は「くたばれ!ユナイテッド」のトム・フーパー。第83回米アカデミー賞で作品、監督、主演男優、脚本賞を受賞した。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 78/100換算

掲載2010映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

ブラック・スワン

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★65/100
世界興行収入
329百万US$
日本興行収入
23.9億円
日本公開
2011.5.11
上映時間
108分 予告動画
ブラック・スワン
原題/英題
Black Swan
製作国
アメリカ(2010.12.3公開)
映画監督
ダーレン・アロノフスキー
主な出演者
ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー
製作費
約US$ 13,000,000(約14億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)20th Century Fox、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ(USA)、フェニックス・ピクチャーズ

『ブラック・スワン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。ニナは、ニューヨークの一流バレエ団に所属し、人生の全てをバレエの向上に注ぎ込んでいる。ニナの母も元バレリーナで、自分が果たせなかった夢を、ニナに対して過剰に期待している。そんな時、次の『白鳥の湖』の主役プリマの候補に、ニナが選ばれた。ライバルたちと競いながらも、なかなか黒鳥をうまく演じることのできないニナは、少しづつ心の闇にとらわれていき...

『ブラック・スワン』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ザ・ファイター

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
129百万US$
日本公開
2011.3.26
上映時間
115分
ザ・ファイター
原題/英題
The Fighter
製作国
アメリカ(2010.12.10公開)
映画監督
デビッド・O・ラッセル
主な出演者
マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ
製作費
約US$ 25,000,000(約28億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)ギャガ、Closest to the Hole Productions、Mandeville Films、Relativity Media、Weinstein Company

『ザ・ファイター』あらすじ(ネタバレなし)や概要

「スリー・キングス」のデビッド・O・ラッセル監督が、マーク・ウォールバーグとクリスチャン・ベールを主演に迎え、名ボクサー、ミッキー・ウォードと彼の異父兄ディッキー・エクランドの絆を描いた実録ドラマ。1980年代のマサチューセッツ州ローウェル。米ボクシング界のスター、シュガー・レイ・レナードと拳を交わしたことのあるディッキー(ベール)は街の英雄だったが、戦いに敗れたことから麻薬に手を染め、投獄される。そんな兄の陰でミッキー(ウォールバーグ)は早くからアマチュアボクサーとして実績を積み、頭角を現すが……。クリスチャン・ベールとメリッサ・レオが第83回米アカデミー賞で助演男優賞、助演女優賞を受賞した。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2011キネマ旬報の読者ベストテン外国映画ランキング(第85回)

ソーシャルネットワーク

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
224百万US$
日本興行収入
14.2億円
日本公開
2011.1.15
上映時間
120分 予告動画
ソーシャルネットワーク
原題/英題
The Social Network
製作国
アメリカ(2010.10.1公開)
映画監督
デビッド・フィンチャー
主な出演者
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョセフ・マッゼロ、ルーニー・マーラ
製作費
約US$ 40,000,000(約44億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:PG-13
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、コロンビア映画(USA)、レラティビティ・メディア、トリガー・ストリート・プロダクション

『ソーシャルネットワーク』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。2003年、ハーバード大学に通うマーク・ザッカーバーグは、恋人のエリカに「あなたはオタクが悪いわけではなく性格が最低」と言われて別れたばかり。やけで作った女子学生たちをランク付けするサイトが大ヒットして、資産家の双子ウィンクルボス兄弟にネットの社交場サイトの制作を持ちかけられる。そのアイデアをもとにマークは親友のエドゥアルドと「Facebook」の元を完成させ、どんどん拡張していく。しかし双子や親友に訴えられてしまい...

『ソーシャルネットワーク』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

トイ・ストーリー3

平均評価
★★★★★87/100
私の評価
★★★★★90/100
世界興行収入
1,066百万US$
日本興行収入
108.0億円
日本公開
2010.7.10
上映時間
103分
トイ・ストーリー3
原題/英題
Toy Story 3
製作国
アメリカ(2010.6.18公開)
映画監督
リー・アンクリッチ
主な出演者
トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、(日本語吹き替え版)唐沢寿明、所ジョージ、日下由美
製作費
約US$ 200,000,000(約220億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:G
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Pixar Animation Studios

『トイ・ストーリー3』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ピクサーのアニメ映画アカデミー賞受賞作。1作目から10年後。おもちゃ達の持ち主であるアンディは17歳。大学の寮へ引っ越す前におもちゃ整理して、手違いにより保育園に寄付されてしまう。唯一手元に残されたウッディは、アンディを信じて、傷心のおもちゃたちを助けに行くのだが...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 87/100換算

掲載ピクサーのアニメ映画興行収入ランキングと評価一覧と公開順

インセプション

平均評価
★★★★★83/100
私の評価
★★★★★88/100
世界興行収入
825百万US$
日本興行収入
35.0億円
日本公開
2010.7.23
上映時間
148分 予告動画
インセプション
原題/英題
Inception
製作国
アメリカ、イギリス(2010.7.16公開)
映画監督
クリストファー・ノーラン
主な出演者
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ
製作費
約US$ 160,000,000(約176億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Legendary Pictures、Syncopy Films

『インセプション』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。コブは、人が眠っている間に夢や潜在意識の中に潜り込み、他人のアイデアを盗むスペシャリスト。しかしその能力と好奇心ゆえに、最愛の人を失い、指名手配犯になってしまい、子供たちにすら会えなくなっていた。ある時、そんな状況を打破できる仕事がまいこんだ。それは他人の潜在意識に違うアイデアをうえつけるという、インセプションだった。必要となる人材を集めて、いざミッションにとりかかるが、予測不能な事態が発生して...

『インセプション』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

キッズ・オールライト

平均評価
★★★★★73/100
世界興行収入
34百万US$
日本公開
2011.4.29
上映時間
106分
キッズ・オールライト
原題/英題
The Kids Are All Right
製作国
アメリカ(2010.7.9公開)
映画監督
リサ・チョロデンコ
主な出演者
アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、ミア・ワシコウスカ、ジョシュ・ハッチャーソン
製作費
約US$ 4,000,000(約4億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)ショウゲート、Mandalay Vision、Saint Aire Production、10th Hole Productions、Antidote Films、Artist International Management、Artist International、Gilbert Films、UGC PH

『キッズ・オールライト』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アネット・ベニング、ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロら豪華キャスト共演のファミリー群像劇。ニック(ベニング)とジュールス(ムーア)は結婚して、南カリフォルニアで暮らすレズビアンのカップル。彼女たちにはそれぞれ子供がいて、家族4人で暮らしているが、ジュールスの息子で弟のレイザーは、大学進学で家から出てしまう姉のジョニに頼み込み、自分たちの父親(人工授精の精子提供者)を一緒に探しだそうとするが...[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 73/100換算

掲載2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

127時間

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
60百万US$
日本興行収入
2.0億円
日本公開
2011.6.18
上映時間
95分
127時間
原題/英題
127 Hours
製作国
アメリカ・イギリス合作(2010.11.5公開)
映画監督
ダニー・ボイル
主な出演者
ジェームズ・フランコ、ケイト・マーラ、アンバー・タンブリン、リジー・キャプラン、クレマンス・ポエジー
製作費
約US$ 18,000,000(約20億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)20th Century Fox、ギャガ、Cloud Eight、Decibel Films、Darlow Smithson Productions、ハンドメイド・フィルムス、フォルム4・プロダクションズ

『127時間』あらすじ(ネタバレなし)や概要

登山家アーロン・ラルストンが体験した実話を監督ダニー・ボイル、ジェームズ・フランコ主演で映画化したサスペンスドラマ。03年、当時27歳だったアーロン(フランコ)は一人でユタの険しい谷へロッククライミングに行くが、誰も通りそうにない谷間で落下し、右手を岩に挟まれてしまう。そこから5日間、身動きの取れなくなったアーロンは必死に脱出をはかるが……。ボイル監督とともに脚本を手がけたのは「スラムドッグ$ミリオネア」のサイモン・ビューホイ。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

トゥルー・グリット

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
252百万US$
日本興行収入
2.0億円
日本公開
2011.3.18
上映時間
110分
トゥルー・グリット
原題/英題
True Grit
製作国
アメリカ(2010.12.22公開)
映画監督
ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
主な出演者
ジェフ・ブリッジス、マット・デイモン、ヘイリー・スタインフェルド、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー、ブルース・グリーン
製作費
約US$ 38,000,000(約42億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:PG-13
(C)Paramount Pictures、、Skydance Productions、Scott Rudin Productions、Mike Zoss Productions

『トゥルー・グリット』あらすじ(ネタバレなし)や概要

「ノーカントリー」のコーエン兄弟が、ジョン・ウェイン主演の名作西部劇「勇気ある追跡」(1969)をジェフ・ブリッジス主演でリメイク。父親を殺された14歳の少女マッティは犯人を追跡するため、隻眼の凄腕連邦保安官コグバーン(ブリッジス)を雇う。だが、コグバーンは元泥棒で大酒飲みの自堕落な男で、彼を信用できないマッティはコグバーンに同行して犯人を追うことになる。共演にマット・デイモン、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2011キネマ旬報ベストテン外国映画ランキング(第85回)

ウィンターズ・ボーン

平均評価
★★★★★73/100
世界興行収入
13百万US$
日本公開
2011.10.29
上映時間
100分
ウィンターズ・ボーン
原題/英題
Winter's Bone
製作国
アメリカ(2010.6.11公開)
映画監督
デブラ・グラニク
主な出演者
ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、ケビン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント
製作費
約US$ 2,000,000(約2億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)ブロードメディア・スタジオ、Anonymous Content、Winter's Bone Productions

『ウィンターズ・ボーン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

2010年サンダンス映画祭でグランプリを受賞し、第83回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞ほか4部門にノミネートされたヒューマンドラマ。米ミズーリ州南部・オザーク山脈の村に住む17歳の少女リーは、心を病んだ母親に代わり幼い弟と妹の世話をして暮らしていた。しかしある日、とうの昔に家を出て逮捕された父親が自宅と土地を保釈金の担保にして失踪。このまま裁判に出廷しなければ家を没収されてしまう。やむを得ずリーは自ら父親捜しに乗り出すのだが……[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 73/100換算

掲載2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

BIUTIFUL ビューティフル

平均評価
★★★★★72/100
世界興行収入
25百万US$
日本公開
2011.6.25
上映時間
148分
BIUTIFUL ビューティフル
原題/英題
Biutiful
製作国
スペイン・メキシコ合作(2010.10.22公開)
映画監督
アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
主な出演者
ハビエル・バルデム、マリセル・アルバレス、ハナ・ボウチャイブ、ギレルモ・エストレラ、エドゥアルド・フェルナンデス
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)ファントム・フィルム、チャ・チャ・チャ・フィルムズ、ユニバーサル・ピクチャーズ、フォーカス・フィーチャーズ

『BIUTIFUL ビューティフル』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スペイン、バルセロナに暮らすウスバルは、2人の愛する子どもと情緒不安定でドラッグに頼る妻を養うため、麻薬取引や移民の不法労働の手配など、違法な仕事にも手を出してきた。そんなある日、自身が末期ガンにおかされていることを知ったウスバルは、家族にその事実を隠し通そうとするが……。「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作。ハビエル・バルデムが第83回米アカデミー主演男優賞にノミネートされた人間ドラマ。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 72/100換算

掲載2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

ブルーバレンタイン

平均評価
★★★★★75/100
世界興行収入
12百万US$
日本公開
2011.4.23
上映時間
114分
ブルーバレンタイン
原題/英題
Blue Valentine
製作国
アメリカ(2010.12.29公開)
映画監督
デレク・シアンフランス
主な出演者
ライアン・ゴズリング、ミシェル・ウィリアムズ、フェイス・ウラディカ
製作費
約US$ 1,000,000(約1億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)クロックワークス、ワインスタイン・カンパニー(USA)、Hunting Lane Films、Silverwood Films

『ブルーバレンタイン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

仕事が芳しくないディーンと、長年の勉強の末に資格を取り、病院で忙しく働くシンディの夫婦は、娘のフランキーと3人暮らし。2人はお互いに相手に不満を抱えていたが、それを口に出せば平和な日常が崩れてしまうことを恐れていた……。夢や希望にあふれていた過去と現在を交錯させ、2人の愛の変遷を描くラブストーリー。主演はライアン・ゴズリングと、本作で第83回米アカデミー主演女優賞にノミネートされたミシェル・ウィリアムズ。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 75/100換算

掲載2011ライムスター宇多丸のシネマランキング!映画ベスト20

ザ・タウン

平均評価
★★★★★74/100
世界興行収入
154百万US$
日本興行収入
2.3億円
日本公開
2011.2.5
上映時間
124分
ザ・タウン
原題/英題
The Town
製作国
アメリカ(2010.9.17公開)
映画監督
ベン・アフレック
主な出演者
ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、クリス・クーパー、ブレイク・ライブリー
製作費
約US$ 37,000,000(約41億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures、Legendary Pictures、GKフィルムズ、サンダー・ロード・ピクチャーズ

『ザ・タウン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

チャック・ホーガン原作の「強盗こそ、われらが宿命(さだめ)」を、ベン・アフレック監督・主演で映画化した犯罪ドラマ。全米一、銀行強盗発生率の高い街ボストン・チャールズタウン。そこで育ったダグ(アフレック)は当然のように強盗を生業として暮らしていた。だがある日、強盗に入った銀行の行員クレアに一目惚れをしてしまう。そんなダグにFBIの捜査の手が迫る……。共演にレベッカ・ホール、クリス・クーパー、ジェレミー・レナー。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 74/100換算

掲載2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

ヒックとドラゴン

平均評価
★★★★★82/100
私の評価
★★★★★75/100
世界興行収入
494百万US$
日本公開
2010.8.7
上映時間
98分 予告動画
ヒックとドラゴン
原題/英題
How to Train Your Dragon
製作国
アメリカ(2010.3.26公開)
映画監督
ディーン・デュボア、クリス・サンダース
主な出演者
ジェイ・バルチェル、ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ、クレイグ・ファーガソン、ジョナ・ヒル
製作費
約US$ 165,000,000(約182億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)Paramount Pictures、DreamWorks SKG・アニメーション

『ヒックとドラゴン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞ノミネート作。バイキングのリーダーの息子・少年ヒックは、ひ弱でドラゴンとの戦いでも活躍できず、少しでも役立とうとして発明品などを作っていた。ある日、発明品を使って偶然にも、最強といわれるドラゴン、ナイト・フューリーを捕えた。他の誰にも言わず、トゥースと名付けてこっそり面倒をみながら、ドラゴンの習性を覚えた。そして、発明品によって飛べるようにしたのだが、ドラゴンを敵とみなすバイキング仲間に見つかってしまい...

『ヒックとドラゴン』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

アリス・イン・ワンダーランド

平均評価
★★★★★63/100
世界興行収入
1,025百万US$
日本興行収入
118.0億円
日本公開
2010.4.17
上映時間
109分
アリス・イン・ワンダーランド
原題/英題
Alice in Wonderland
製作国
アメリカ(2010.3.5公開)
映画監督
ティム・バートン
主な出演者
ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ
製作費
約US$ 200,000,000(約220億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Walt Disney Pictures、ロス・フィルムズ、ザ・ザナック・カンパニー、チーム・トッド

『アリス・イン・ワンダーランド』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ティム・バートン監督が、ルイス・キャロル原作の「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」を元に描く冒険ファンタジー。不思議の国を冒険してから3年後、19歳のアリスはあの冒険を忘れていた。ある日、アリスは貴族のヘイミッシュに求愛されるが混乱して逃げ出してしまう。すると服を着た白ウサギを見つけ、後を追うと再び不思議の国へ迷い込む。マッドハッターやチェシャ猫たちと再会するが、その世界は赤の女王に支配されていて...。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 63/100換算

掲載歴代映画興行収入ランキング!オールタイム日本ベスト26

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

平均評価
★★★★★74/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
960百万US$
日本興行収入
68.6億円
日本公開
2010.11.19
上映時間
146分 予告動画
ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
原題/英題
Harry Potter and the Deathly Hallows: Part 1
製作国
イギリス、アメリカ(2010.11.19公開)
映画監督
デビッド・イェーツ
主な出演者
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン
製作費
約US$ 250,000,000(約275億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、ヘイデイ・フィルムズ

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ハリーポッターシリーズ7作目。最終章の前編。不死鳥の騎士団や魔法省まで襲われ、ハリー、ハーマイオニー、ロンの3人はヴォルデモート卿を倒すため、分霊箱を探す旅に出る。やがてダンブルドア家やハリーゆかりの地ゴドリックの谷にたどり着き、様々な場所に共通の印を見つけたハリーらはルーナの父に会いに行くのだが...

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ヒア アフター

平均評価
★★★★★65/100
世界興行収入
105百万US$
日本興行収入
6.9億円
日本公開
2011.2.19
上映時間
129分
ヒア アフター
原題/英題
Hereafter
製作国
アメリカ(2010.10.22公開)
映画監督
クリント・イーストウッド
主な出演者
マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、ジョージ・マクラレン
製作費
約US$ 50,000,000(約55億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Amblin Entertainment、Kennedy/Marshall Company、Malpaso Productions

『ヒア アフター』あらすじ(ネタバレなし)や概要

巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働者のジョージ、臨死体験をしたパリ在住のジャーナリスト・マリー、兄を亡くしたロンドン在住の小学生マーカスの3人が、互いの問いかけに導かれるようにめぐり会い、生きる喜びを見出していく姿を描く。脚本は「クイーン」「フロスト×ニクソン」のピーター・モーガン。出演はマット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 65/100換算

掲載2011キネマ旬報ベストテン外国映画ランキング(第85回)

アイアンマン2

平均評価
★★★★★71/100
私の評価
★★★★★78/100
世界興行収入
623百万US$
日本興行収入
12.0億円
日本公開
2010.6.11
上映時間
124分
アイアンマン2
原題/英題
Iron Man 2
製作国
アメリカ(2010.5.7公開)
映画監督
ジョン・ファヴロー
主な出演者
ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロウ、ドン・チードル、スカーレット・ヨハンソン、ミッキー・ローク
製作費
約US$ 200,000,000(約220億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Paramount Pictures、Marvel Studios、フェアヴュー・エンターテインメント

『アイアンマン2』あらすじ(ネタバレなし)や概要

マーベル・シネマティックユニバース作品。トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が自らアイアンマンであると公表してから半年。紛争を解決し続けるが、政府からパワード・スーツ受け渡しの命令をうけ拒否した。しかしトニーの体はアーク・リアクターの「パラジウム」毒素に蝕まれつつあり、スターク・インダストリーズ社長を秘書のペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)に譲り、新秘書にナタリー・ラッシュマン(スカーレット・ヨハンソン)をヘッドハンティングする。モナコでアイアンマンと同等のパワーを持つ、ウィップラッシュ(ミッキー・ローク)が現れ、一度は阻止したが新たな敵となる。一方、トニーの友人、ジェームズ・ローズ空軍中佐は彼の蛮行を止めるために、「マーク2」を装着して、空軍に持ち帰ってしまう。ハマー社がそれを「ウォーマシン」に改良したことから...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 71/100換算

掲載マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

塔の上のラプンツェル

平均評価
★★★★★79/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
591百万US$
日本興行収入
25.6億円
日本公開
2011.3.12
上映時間
92分 予告動画
塔の上のラプンツェル
原題/英題
Tangled
製作国
アメリカ(2010.11.24公開)
映画監督
ネイサン・グレノ、バイロン・ハワード
主な出演者
マンディ・ムーア、ザカリー・リーバイ、ドナ・マーフィ、ロン・パールマン、ブラッド・ギャレット
製作費
約US$ 260,000,000(約286億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

『塔の上のラプンツェル』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ディズニーアニメ映画。原作はグリム童話。少女ラプンツェルは、森の奥深くの高い塔で18年間暮らしている。育ての母マザー・ゴーテルから、塔の外へ出ることは禁じられていた。ラプンツェルは、18歳の誕生日前日に、塔に忍び込んできたフリン・ライダーに外を案内するよう頼み冒険がはじまる。一方、ラプンツェルが塔の外に出たことを知ったゴーテルは...。第83回アカデミー賞の歌曲賞でノミネート。

『塔の上のラプンツェル』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

トロン: レガシー

平均評価
★★★★★64/100
世界興行収入
400百万US$
日本興行収入
21.2億円
日本公開
2010.12.17
上映時間
126分
トロン: レガシー
原題/英題
Tron Legacy
製作国
アメリカ(2010.12.17公開)
映画監督
ジョセフ・コジンスキー
主な出演者
ジェフ・ブリッジス、ギャレット・ヘドランド、オリビア・ワイルド、マイケル・シーン、ボー・ガレット
製作費
約US$ 170,000,000(約187億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Walt Disney Pictures、LivePlanet

『トロン: レガシー』あらすじ(ネタバレなし)や概要

1982年に世界初のデジタル・コンピュータ・グラフィックスを導入したSFアドベンチャー「トロン」の3D版続編。「トロイ」「エラゴン」のギャレット・ヘドランドが主演を務め、その父を「クレイジー・ハート」のジェフ・ブリッジスが演じる。7歳の息子サムをひとり残し、デジタル界のカリスマ、ケビン・フリンがこつ然と姿を消す。20年後、サムは父から届いたメッセージに従い、あらゆる不完全性を排除した理想世界「トロン」へ向かう。そこで未知の敵と激戦を繰り広げながら、「トロン」に隠された秘密に迫る。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 64/100換算

掲載2010映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

ソルト

平均評価
★★★★★66/100
世界興行収入
293百万US$
日本興行収入
20.5億円
日本公開
2010.7.31
上映時間
105分
ソルト
原題/英題
Salt
製作国
アメリカ(2010.7.23公開)
映画監督
フィリップ・ノイス
主な出演者
アンジェリーナ・ジョリー、リーブ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー、ダニエル・オルブリフスキー、アンドレ・ブラウアー
製作費
約US$ 110,000,000(約121億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、Columbia Pictures、Relativity Media、Di Bonaventura Pictures

『ソルト』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アンジェリーナ・ジョリーとフィリップ・ノイス監督が、「ボーン・コレクター」以来となるタッグを組んだスパイ・アクション。CIA職員のイブリン・ソルト(ジョリー)は、謎のロシア男性の告白により、大統領暗殺のために送り込まれたロシアの二重スパイの嫌疑をかけられる。CIAから追われる身となったイブリンは顔を変え、髪の毛の色を変え、別人になりすまして真相を突き止めようとするが……。共演にリーブ・シュレイバー、キウェテル・イジョフォー。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 66/100換算

掲載2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

以上が、2011年2月の授賞式で発表された、第83回アカデミー賞(2010年公開映画)ノミネートと受賞の部門別一覧です。

参考にしたページ

第83回アカデミー賞

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

ジオストームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジオストーム上映中感想あり

2018.2.19更新 ★★★★★

キングスマン ゴールデン・サークルネタバレあらすじ感想と評価一覧

キングスマン ゴールデン・サークル上映中感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

スター・ウォーズ 最後のジェダイネタバレあらすじ感想と評価一覧

スター・ウォーズ 最後のジェダイ昨年!感想あり

2018.2.20更新 ★★★★★

IT イット それが見えたら、終わり。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

IT イット それが見えたら、終わり。昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

マイティ・ソー バトルロイヤルネタバレあらすじ感想と評価一覧

マイティ・ソー バトルロイヤル昨年!感想あり

2018.2.10更新 ★★★★★

ゲット・アウトネタバレあらすじ感想と評価一覧

ゲット・アウト昨年!感想あり

2018.1.20更新 ★★★★★

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォーネタバレあらすじ感想と評価一覧

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー昨年!感想あり

2018.2.9更新 ★★★★★

僕のワンダフル・ライフネタバレあらすじ感想と評価一覧

僕のワンダフル・ライフ昨年!感想あり

2018.1.23更新 ★★★★★

ドリームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ドリーム昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ感想と評価一覧

エイリアン コヴェナント昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

ダンケルクネタバレあらすじ感想と評価一覧

ダンケルク昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ感想と評価一覧

新感染 ファイナル・エクスプレス昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ感想と評価一覧

ワンダーウーマン昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ベイビー・ドライバーネタバレあらすじ感想と評価一覧

ベイビー・ドライバー昨年!感想あり

2018.2.12更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ感想と評価一覧

スパイダーマン ホームカミング昨年!感想あり

2018.1.20更新 ★★★★★

トランスフォーマー 最後の騎士王ネタバレあらすじ感想と評価一覧

トランスフォーマー 最後の騎士王昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

君の膵臓をたべたいネタバレあらすじ感想と評価一覧

君の膵臓をたべたい昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ感想と評価一覧

パワーレンジャー昨年!感想あり

2018.2.2更新 ★★★★★

銀魂ネタバレあらすじ感想と評価一覧

銀魂昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ライフ(2017)昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジョン・ウィック チャプター2昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊ネタバレあらすじ感想と評価一覧

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ感想と評価一覧

ハクソー・リッジ昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

22年目の告白 私が殺人犯ですネタバレあらすじ感想と評価一覧

22年目の告白 私が殺人犯です昨年!感想あり

2018.2.8更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ感想と評価一覧

LOGAN ローガン昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ感想と評価一覧

メッセージ昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.12.20更新

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

2018.1.24更新

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

2018.2.1更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

2018.1.24更新

2017年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2018発表/第90回)

2017年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2018発表/第90回)

2018.1.26更新

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2018.1.24更新

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2017.12.9更新

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2017.12.9更新

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2017.12.9更新

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2017.12.9更新

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2017.12.9更新

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2017.12.9更新

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2017.12.9更新

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2017.12.9更新

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2017.12.9更新

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2017.12.9更新

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2017.12.9更新

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2017.12.9更新

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2017.12.9更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

2018.2.1更新

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2018.1.24更新

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2017.12.9更新

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2017.12.9更新

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2017.12.10更新

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2017.12.11更新

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2017.12.11更新

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2017.12.11更新

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2017.12.11更新

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2017.12.27更新

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2017.12.11更新

2007年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2008発表/第31回/全29作品)

2007年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2008発表/第31回/全29作品)

2018.1.27更新

2006年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2007発表/第30回/全26作品)

2006年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2007発表/第30回/全26作品)

2018.1.27更新

2005年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2006発表/第29回/全15作品)

2005年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2006発表/第29回/全15作品)

2018.1.27更新

歴代の報知映画賞ノミネートと受賞作

歴代のゴールデングローブ賞ノミネートと受賞作