ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ評価と感想
更新を購読できます

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

第84回アカデミー賞ノミネートと受賞の全作品(2011年アメリカ公開映画)の、部門別一覧まとめです。2012年2月26日、ロサンゼルス市ハリウッドのコダック・シアター(現ドルビー・シアター)の授賞式で発表されました。

最多部門受賞は『ヒューゴの不思議な発明』(ノミネートも最多の11部門)と『アーティスト』(ノミネートは10部門)の5部門です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

第84回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(主要部門)

作品賞ノミネートと受賞作品 - Best Picture

アーティスト

平均評価
★★★★★80/100
世界興行収入
133百万US$
日本興行収入
4.8億円
日本公開
2012.4.7
上映時間
101分 予告動画
アーティスト
原題/英題:
The Artist
製作国:
フランス(2011.10.12公開)
映画監督:
ミシェル・アザナビシウス
主な出演者:
ジャン・デュジャルダン、ベレニス・ベジョ、ジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラー
製作費:
約US$ 15,000,000(約17億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)ギャガ、La Petite Reine、La Classe Americaine、JD Prod、France 3 Cinema、Jouror Productions、uFilm、ARP Sélection

『アーティスト』あらすじ(ネタバレなし)や概要

2011年・第64回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受賞した白黒&サイレントのラブストーリー。舞台は1927年のハリウッド。スター俳優のジョージ・バレンタインは若い端役女優のペピー・ミラーを見初めてスターへと導くが、折しも映画産業は無声からトーキーのへの移行期。無声映画に固執し続けるジョージが落ちぶれていく一方で、ペピーはスターダムを駆け上がっていく。監督は06年の第19回東京国際映画祭グランプリ受賞作「OSS 117 私を愛したカフェオーレ」のミシェル・アザナビシウス。第84回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞ほか5部門を受賞。フランス映画として初の米アカデミー作品賞受賞作となった。[引用元]

『アーティスト』レビューサイト評価一覧

監督賞ノミネートと受賞作品(監督)- Directing

主演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Actor

主演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Actress

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

平均評価
★★★★★65/100
世界興行収入
114百万US$
日本興行収入
9.5億円
日本公開
2012.3.16
上映時間
105分 予告動画
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
原題/英題:
The Iron Lady
製作国:
イギリス(2012.1.6公開)
映画監督:
フィリダ・ロイド
主な出演者:
メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド、リチャード・E・グラント
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)ギャガ、Pathe、Film4、UK Film Council

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』あらすじ(ネタバレなし)や概要

イギリス史上初の女性首相で、その強硬な性格と政治方針から「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャーの半生をメリル・ストリープ主演で描いたドラマ。父の影響で政治家を志すようになったマーガレットは1975年、50歳で保守党党首に選出され、79年にはイギリス初の女性首相となった。国を変えるため男社内の中で奮闘するマーガレットは「鉄の女」と呼ばれるようになるが、そんな彼女にも妻や母としての顔があり、知られざる孤独と苦悩があった。マーガレットを支えた夫デニス役にジム・ブロードベント。監督は「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド。第84回アカデミー賞ではストリープが主演女優賞を受賞。ストリープは史上最多17回目のノミネートにして、「クレイマー、クレイマー」(79)、「ソフィーの選択」(82)に続く3つ目のオスカー像を手にした。[引用元]

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』レビューサイト評価一覧

助演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Supporting Actor

人生はビギナーズ

平均評価
★★★★★73/100
世界興行収入
14百万US$
日本公開
2012.2.4
上映時間
105分 予告動画
人生はビギナーズ
原題/英題:
Beginners
製作国:
アメリカ(2011.6.3公開)
映画監督:
マイク・ミルズ
主な出演者:
ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、ゴラン・ビシュニック
製作費:
約US$ 3,200,000(約4億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ファントム・フィルム、クロックワークス、Olympus Pictures、Parts and Labor、Northwood Productions

『人生はビギナーズ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ユアン・マクレガー主演で人生を前向きに生きようと変化してく人々の姿を繊細に描いた人間ドラマ。38歳独身で奥手なオリバーは、母に先立たれ5年がたったある日、ガンの宣告を受けた父からゲイであることをカミングアウトされる。衝撃を受けたオリバーは事実をなかなか受け止められず臆病になってしまい、運命的な出会いを果たした女性アナとの関係も自ら終わらせてしまう。しかし、真実を告白した父は残された人生を謳歌し、その姿を見たオリバーは自分の気持ちに正直に生きることを学んでいく。監督は「サムサッカー」のマイク・ミルズ。主人公の父親を演じたクリストファー・プラマーが、第84回アカデミー賞で助演男優賞を受賞。受賞時82歳で演技賞史上最高齢でのアカデミー賞受賞となった。[引用元]

『人生はビギナーズ』レビューサイト評価一覧

助演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Supporting Actress

ヘルプ 心がつなぐストーリー

平均評価
★★★★★79/100
世界興行収入
216百万US$
日本公開
2012.3.31
上映時間
146分 予告動画
ヘルプ 心がつなぐストーリー
原題/英題:
The Help
製作国:
アメリカ(2011.8.10公開)
映画監督:
テイト・テイラー
主な出演者:
エマ・ストーン、ビオラ・デイビス、オクタビア・スペンサー、ブライス・ダラス・ハワード、ジェシカ・チャステイン
製作費:
約US$ 25,000,000(約28億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、DreamWorks SKG、Reliance Entertainment、Participant Media、Imagenation Abu Dhabi FZ、1492 Pictures、Harbinger Pictures、タッチストーン・ピクチャーズ

『ヘルプ 心がつなぐストーリー』あらすじ(ネタバレなし)や概要

1960年代の米ミシシッピを舞台に、白人女性と黒人家政婦たちの友情が旧態依然とした街を変革していく様子を描いたベストセラー小説の映画化。南部の上流階級に生まれた作家志望のスキーターは、当たり前のように黒人のメイドたちに囲まれて育ったが、大人になり白人社会に置かれたメイドたちの立場に疑問を抱きはじめる。真実を明らかにしようとメイドたちにインタビューを試みるスキーターだったが、誰もが口を閉ざすばかり。そんな中、ひとりのメイドがインタビューに応じたことから、社会全体を巻き込んだ大きな事態へと進展していく。主演はエマ・ストーンとビオラ・デイビス。監督は「ウィンターズ・ボーン」などにも出演している俳優のテイト・テイラー。第84回アカデミー賞でオクタビア・スペンサーが助演女優賞を受賞した。[引用元]

『ヘルプ 心がつなぐストーリー』レビューサイト評価一覧

第84回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(副主要部門)

脚本賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Original Screenplay

オリジナル・独自の脚本におくられる賞です。小説・舞台などから起こされた脚本は、下の脚色賞が対象です。

  • 【受賞】ミッドナイト・イン・パリ(ウディ・アレン)
  • アーティスト(ミシェル・アザナヴィシウス)
  • ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン(クリステン・ウィグ、アニー・ムモーロ)
  • マージン・コール(J・C・チャンダー)
  • 別離(アスガル・ファルハーディー)

ミッドナイト・イン・パリ

平均評価
★★★★★78/100
世界興行収入
151百万US$
日本公開
2012.5.26
上映時間
94分 予告動画
ミッドナイト・イン・パリ
原題/英題:
Midnight in Paris
製作国:
スペイン・アメリカ合作(2011.5.13公開)
映画監督:
ウディ・アレン
主な出演者:
キャシー・ベイツ、エイドリアン・ブロディ、カーラ・ブルーニ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス
製作費:
約US$ 17,000,000(約19億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)ロングライド、Gravier Productions、Mediapro、Pontchartrain Productions、Televisio de Catalunya、Versatil Cinema

『ミッドナイト・イン・パリ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

「アニー・ホール」「それでも恋するバルセロナ」のウッディ・アレン監督・脚本によるラブコメディ。ハリウッドで売れっ子の脚本家ギルは、婚約者イネズと彼女の両親とともにパリに遊びに来ていた。パリの魔力に魅了され、小説を書くためにパリへの引越しを決意するギルだったが、イネズは無関心。2人の心は離ればなれになり……。キャストはギルにオーウェン・ウィルソン、イネズにレイチェル・マクアダムスのほか、マリオン・コティヤール、仏大統領夫人としても知られるイタリア出身の歌手カーラ・ブルーニら豪華スターが顔をそろえる。第84回アカデミー賞では、アレン自身3度目となる脚本賞を受賞した。[引用元]

『ミッドナイト・イン・パリ』レビューサイト評価一覧

脚色賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Adapted Screenplay

小説・舞台などから起こされた脚本におくられる賞です。オリジナル・独自の映画は、上の脚本賞が対象です。

  • 【受賞】ファミリー・ツリー(アレクサンダー・ペイン、ナット・ファクソン、ジム・ラッシュ)
  • ヒューゴの不思議な発明(ジョン・ローガン)
  • スーパー・チューズデー 正義を売った日(ジョージ・クルーニー、グラント・ヘスロヴ、ボー・ウィリモン)
  • マネーボール(スティーヴン・ザイリアン、アーロン・ソーキン、原案: スタン・チャーヴィン)
  • 裏切りのサーカス(ブリジット・オコナー、ピーター・ストローハン)

ファミリー・ツリー

平均評価
★★★★★75/100
世界興行収入
177百万US$
日本興行収入
0.0億円
日本公開
2012.5.18
上映時間
115分 予告動画
ファミリー・ツリー
原題/英題:
The Descendants
製作国:
アメリカ(2011.11.16公開)
映画監督:
アレクサンダー・ペイン
主な出演者:
ジョージ・クルーニー、シャイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)フォックス・サーチライト・ピクチャーズ、Fox Searchlight Pictures、Ad Hominem Enterprises

『ファミリー・ツリー』あらすじ(ネタバレなし)や概要

「サイドウェイ」「アバウト・シュミット」のアレクサンダー・ペイン監督がジョージ・クルーニーを主演に迎え、ハワイで暮らすある家族に起こる出来事を描いたドラマ。祖先の土地を受け継ぎ、ハワイで妻と2人の娘とともに暮らすマット・キングだが、ある日、妻のエリザベスがボートの事故でこん睡状態に陥ってしまう。さらに、エリザベスには不倫の相手がおり、離婚まで考えていたことが発覚。友人や長女もその事実を知っていたことにがく然としたマットは、自らの人生を見つめ直すことになる。第84回アカデミー賞で脚色賞を受賞。[引用元]

『ファミリー・ツリー』レビューサイト評価一覧

長編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Animated Feature

条件は上映時間が40分以上で、その75%以上がアニメーションで、主要キャラクターがアニメであることです。

ランゴ

平均評価
★★★★★69/100
世界興行収入
245百万US$
日本公開
2011.10.22
上映時間
107分 予告動画
ランゴ
原題/英題:
Rango
製作国:
アメリカ(2011.3.4公開)
映画監督:
ゴア・バービンスキー
主な出演者:
ジョニー・デップ、アイラ・フィッシャー、アビゲイル・ブレスリン、アルフレッド・モリーナ、ビル・ナイ
製作費:
約US$ 135,000,000(約149億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)Paramount Pictures、Blind Wink Productions、GK Films、Nickelodeon Movies

『ランゴ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

人間のペットとして飼われていたお調子者のカメレオン、ランゴは、飼い主と離ればなれになってしまう。西部の荒野にある町ダートにたどりついたランゴは、町の保安官として生きることになるのだが……。「パイレーツ・オブ・カリビアン」のゴア・バービンスキー監督が手がけたフルCGアニメーション。ランゴの動きは、ジョニー・デップの演技をモーションキャプチャーでとらえて再現。声優もデップが務める。第84回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞。[引用元]

『ランゴ』レビューサイト評価一覧

外国語映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Foreign Language Film

各国から1作品だけ出品できます。条件は前年10月から本年9月の間に、劇場で最低7日間連続で商業上映された映画です。この賞のみ、アメリカ国内で上映された必要はありません。

  • 【受賞】別離(アスガル・ファルハーディー)イラン
  • 闇を生きる男(ミヒャエル・ロスカム)ベルギー
  • フットノート(ヨセフ・シダー)イスラエル
  • ソハの地下水道(アニエスカ・ホランド)ポーランド
  • ぼくたちのムッシュ・ラザール(フィリップ・ファラルドー)カナダ

別離

平均評価
★★★★★80/100
世界興行収入
19百万US$
日本公開
2012.4.7
上映時間
123分 予告動画
別離
原題/英題:
Jodaeiye Nader az Simin
映画監督:
アスガー・ファルハディ
主な出演者:
レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ、シャハブ・ホセイニ、サレー・バヤト、サリナ・ファルハディ
製作費:
約US$ 50(約0億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)マジックアワー/ドマ、Asghar Farhadi

『別離』あらすじ(ネタバレなし)や概要

2011年・第61回ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞と男優、女優陣のアンサンブルに対して銀熊賞(男優賞・女優賞)が授与され、ベルリン映画祭史上初の作品および男優、女優賞の3冠を達成したイラン映画。第84回米アカデミー賞でもイラン映画として初の外国語映画賞を受賞したほか、脚本賞にもノミネートされた。離婚の危機を迎えた夫婦を軸に、両親をつなぎとめようとする娘や、彼らの問題に巻き込まれてしまうもうひとつの家族の物語が絡み合い、複雑な人間心理を描き出していく。監督は「彼女が消えた浜辺」(09)でもベルリン国際映画祭の銀熊賞(監督賞)を受賞したイランの新鋭アスガー・ファルハディ。[引用元]

『別離』レビューサイト評価一覧

第84回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(視覚映像技術部門)

撮影賞ノミネートと受賞作品(撮影監督等)- Best Cinematography

編集賞ノミネートと受賞作品(編集技師等)- Film Editing

ドラゴン・タトゥーの女

平均評価
★★★★★77/100
世界興行収入
232百万US$
日本興行収入
12.5億円
日本公開
2012.2.10
上映時間
158分 予告動画
ドラゴン・タトゥーの女
原題/英題:
The Girl with the Dragon Tattoo
製作国:
アメリカ、スウェーデン、イギリス、ドイツ(2011.12.21公開)
映画監督:
デビッド・フィンチャー
主な出演者:
ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ、クリストファー・プラマー、スティーブン・バーコフ、ステラン・スカルスガルド
製作費:
約US$ 90,000,000(約99億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、Columbia Pictures、Metro-Goldwyn-Mayer、Scott Rudin Productions、Yellow Bird Films、Film Rites、Ground Control、オプティマム・リリーシング、BBCフィルムズ、ベータ・シネマ、レラティビティ・メディア

『ドラゴン・タトゥーの女』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラーを映画化したスウェーデン映画「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」(2009)を、「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」のデビッド・フィンチャー監督がハリウッドリメイクしたミステリーサスペンス。経済誌「ミレニアム」の発行責任者で経済ジャーナリストのミカエルは、資産家のヘンリック・バンゲルから40年前に起こった少女ハリエットの失踪事件の真相追究を依頼される。ミカエルは、背中にドラゴンのタトゥをした天才ハッカーのリスベットとともに捜査を進めていくが、その中でバンゲル家に隠された闇に迫っていく。主演はダニエル・クレイグと「ソーシャル・ネットワーク」のルーニー・マーラ。[引用元]

『ドラゴン・タトゥーの女』レビューサイト評価一覧

美術賞ノミネートと受賞作品(美術監督等)- Best Art Direction

衣装デザイン賞ノミネートと受賞作品(映画衣装デザイナー等)- Costume Design

  • 【受賞】アーティスト(マーク・ブリッジス)
  • もうひとりのシェイクスピア(リジー・クリストル)
  • ヒューゴの不思議な発明(サンディ・パウエル)
  • ジェーン・エア(マイケル・オコナー)
  • ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋(アリアンヌ・フィリップス)

メイクアップ賞ノミネートと受賞作品(特殊メイクアップ・アーティスト等)- Best Makeup

視覚効果賞ノミネートと受賞作品(視覚効果アーティスト等)- Visual Effects

優れた視覚効果(VFX)を使った映画におくられます。

第84回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(音楽技術部門)

作曲賞ノミネートと受賞作品(作曲家)- Original Music Score

歌曲賞ノミネートと受賞作品(作曲・作詞家)曲名 - Best Original Song

  • 【受賞】ザ・マペッツ(ブレット・マッケンジー)Man or Muppet
  • ブルー 初めての空へ(セルジオ・メンデス、カルリーニョス・ブラウン、サイーダ・ギャレット)Real in Rio

音響編集賞ノミネートと受賞作品(音響編集者等)- Sound Editing

ヒューゴの不思議な発明

平均評価
★★★★★73/100
世界興行収入
185百万US$
日本興行収入
10.2億円
日本公開
2012.3.1
上映時間
126分 予告動画
ヒューゴの不思議な発明
原題/英題:
Hugo
製作国:
アメリカ、イギリス(2011.11.23公開)
映画監督:
マーティン・スコセッシ
主な出演者:
エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、サシャ・バロン・コーエン、ベン・キングズレー、ジュード・ロウ
製作費:
約US$ 170,000,000(約187億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)Paramount Pictures、、GK Films、Infinitum Nihil

『ヒューゴの不思議な発明』あらすじ(ネタバレなし)や概要

世界各国でベストセラーとなったブライアン・セルズニックの冒険ファンタジー小説「ユゴーの不思議な発明」を、マーティン・スコセッシ監督が3Dで映画化。駅の時計台に隠れ住む孤児の少年ヒューゴの冒険を、「映画の父」として知られるジョルジュ・メリエスの映画創世記の時代とともに描き出す。1930年代のパリ。父親の残した壊れた機械人形とともに駅の時計塔に暮らす少年ヒューゴは、ある日、機械人形の修理に必要なハート型の鍵を持つ少女イザベルと出会い、人形に秘められた壮大な秘密をめぐって冒険に繰り出す。主人公ヒューゴを演じるのは「縞模様のパジャマの少年」のエイサ・バターフィールド。イザベル役に「キック・アス」「モールス」のクロエ・モレッツ。2012年・第84回アカデミー賞では作品賞含む11部門で同年最多ノミネート。撮影賞、美術賞など計5部門で受賞を果たした。[引用元]

『ヒューゴの不思議な発明』レビューサイト評価一覧

録音賞ノミネートと受賞作品(音響技術者等)- Sound Mixing

第84回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(その他部門)

長編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Feature

  • 【受賞】アンディフィーテッド 栄光の勝利(T・J・マーティン、ダニエル・リンジー、リチャード・ミドルマス)
  • Hell and Back Again(ダンファン・デニス、マイク・ラーナー)
  • もしもぼくらが木を失ったら(マーシャル・カリー、サム・カルマン)
  • Paradise Lost 3: Purgatory(ジョー・バーリンジャー、ブルース・シノフスキー)
  • Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち(ヴィム・ヴェンダース、ジャン=ピエロ・リンゲル)

短編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Short Subject

  • 【受賞】Saving Face(ダニエル・ユンゲ、シャーミーン・オベイド=チノイ)
  • The Barber of Birmingham: Foot Soldier of the Civil Rights Movement(ロビン・フライデー、Gail Dolgin)
  • God Is the Bigger Elvis(レベッカ・カミサ、ジュリー・アンダーソン)
  • Incident in New Baghdad(James Spione)
  • 津波そして桜(ルーシー・ウォーカー、キーラ・カーステンセン)

短編実写映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Live Action Short Film

  • 【受賞】The Shore(テリー・ジョージ、オルラ・ジョージ)
  • Pentecost(Peter McDonald、Eimear O'Kane)
  • Raju(Max Zähle、Stefan Gieren)
  • Time Freak(Andrew Bowler、Gigi Causey)
  • Tuba Atlantic(Hallvar Witzø)

短編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Animated Short Film

  • 【受賞】The Fantastic Flying Books of Mr. Morris Lessmore(ウィリアム・ジョイス、ブランドン・オルデンブルク)
  • Dimanche(パトリック・ドヨン)
  • 月と少年(エンリコ・ カーサロッサ)
  • A Morning Stroll(グラント・オーチャード、スー・ゴフ)
  • Wild Life(Amanda Forbis、Wendy Tilby)

特別賞

  • アカデミー名誉賞: ジェームズ・アール・ジョーンズ、ディック・スミス
  • ジーン・ハーショルト友愛賞: オプラ・ウィンフリー

以上が、2012年2月の授賞式で発表された、第84回アカデミー賞(2011年公開映画)ノミネートと受賞の部門別一覧です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは下をご覧ください。

参考にしたページ

第84回アカデミー賞

スポンサーリンク

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.16更新

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.8更新

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.7更新

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.28更新

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.19更新

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.21更新

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.5更新

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ラ・ラ・ランドネタバレあらすじ評価と感想

ラ・ラ・ランド今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

トリプルX 再起動ネタバレあらすじ評価と感想

トリプルX 再起動今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.6更新

ドクター・ストレンジネタバレあらすじ評価と感想

ドクター・ストレンジ今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

マグニフィセント・セブンネタバレあらすじ評価と感想

マグニフィセント・セブン今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.15更新

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.16更新

湯を沸かすほどの熱い愛ネタバレあらすじ評価と感想

湯を沸かすほどの熱い愛昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

何者ネタバレあらすじ評価と感想

何者昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.24更新

ジェイソン・ボーンネタバレあらすじ評価と感想

ジェイソン・ボーン昨年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

怒りネタバレあらすじ評価と感想

怒り昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.9更新

映画 聲の形ネタバレあらすじ評価と感想

映画 聲の形昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.20更新

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.3更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー感想あり

★★★★★ 2017.5.31更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.5.4更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.7.16更新

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

2017.7.16更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

2017.6.21更新

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

2017.3.9更新

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

2017.3.9更新

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

2017.3.9更新

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

2017.3.9更新

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

2017.3.10更新

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

2017.3.10更新

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

2017.3.10更新

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

2017.3.10更新

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

2017.3.10更新

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

2017.3.12更新

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

2017.3.13更新

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

2017.3.13更新

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

2017.3.13更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング