ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ評価と感想
更新を購読できます

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞の全作品(2013年アメリカ公開映画)の、部門別一覧まとめです。2014年3月2日、ロサンゼルス市ハリウッドのドルビー・シアターの授賞式で発表されました。

最多部門受賞は『ゼロ・グラビティ』の7部門(ノミネートも最多の10部門)です。他の最多部門ノミネートは『アメリカン・ハッスル』が10部門、『それでも夜は明ける』が9部門。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(主要部門)

作品賞ノミネートと受賞作品 - Best Picture

それでも夜は明ける

平均評価
★★★★★78/100
私の評価
★★★★★65/100
世界興行収入
187百万US$
日本興行収入
4.0億円
日本公開
2014.3.7
上映時間
134分 予告動画
それでも夜は明ける
原題/英題:
12 Years a Slave
製作国:
アメリカ・イギリス合作(2013.11.8公開)
映画監督:
スティーブ・マックイーン
主な出演者:
キウェテル・イジョフォー、マイケル・ファスベンダー、ベネディクト・カンバーバッチ、ポール・ダノ、ギャレット・ディラハント
製作費:
約US$ 20,000,000(約22億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)ギャガ、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ(USA)、Regency Enterprises、River Road Entertainment、Plan B Entertainment、New Regency Pictures、Film4、Regency Enterprises

『それでも夜は明ける』あらすじ(ネタバレなし)や概要

自伝の実話ベース。1841年、アメリカのニューヨークで家族と暮らしていた自由黒人で音楽家のソロモンは、だまされて誘拐され、南部へ奴隷として売り飛ばされた。最初の農園主は温和だったが、監督の白人に目をつけられて、ソロモンは別の農園へ売られてしまう。そこの主エドウィンは白人選民思想を持ち残忍で、奴隷たちを苦しめていた。ある日、奴隷に白人が加えられ、好機とみたソロモンは手紙の送付をお願いするのだが...。第86回アカデミー賞9部門ノミネートで作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門を受賞。

『それでも夜は明ける』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

監督賞ノミネートと受賞作品(監督)- Directing

ゼロ・グラビティ

平均評価
★★★★★80/100
私の評価
★★★★★78/100
世界興行収入
723百万US$
日本興行収入
32.3億円
日本公開
2013.12.13
上映時間
91分 予告動画
ゼロ・グラビティ
原題/英題:
Gravity
製作国:
アメリカ、イギリス(2013.10.4公開)
映画監督:
アルフォンソ・キュアロン
主な出演者:
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、エド・ハリス
製作費:
約US$ 100,000,000(約110億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Heyday Films

『ゼロ・グラビティ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーは、スペースシャトルで船外作業を行っていた。ところが、ロシアが自国の衛星を破壊して発生した宇宙ゴミにより、ライアンは無重力空間に放り出されてしまう。マットは船外活動ユニットを操作してライアンをロープでつなぎとめるが、地球とは連絡が取れず、空気や燃料も残りわずかで、生還するために行動を開始するが...。第86回アカデミー賞で9ノミネートで7部門受賞。

『ゼロ・グラビティ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

主演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Actor

ダラス・バイヤーズクラブ

平均評価
★★★★★78/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
55百万US$
日本公開
2014.2.22
上映時間
117分 予告動画
ダラス・バイヤーズクラブ
原題/英題:
Dallas Buyers Club
製作国:
アメリカ(2013.11.1公開)
映画監督:
ジャン=マルク・バレ
主な出演者:
マシュー・マコノヒー、ジャレッド・レト、ジェニファー・ガーナー、ダラス・ロバーツ、グリフィン・ダン
製作費:
約US$ 5,000,000(約6億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)ファインフィルムズ、フォーカス・フィーチャーズ(USA)、Truth Entertainment、Voltage Pictures

『ダラス・バイヤーズクラブ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

実話ベース。1985年、アメリカ南部テキサス州で、電気技師ロンは酒・女・ドラッグにおぼれた生活をしていたが、HIV陽性で余命30日と診断される。エイズについて調べるうちに、米国では許可された治療薬が少ないことを知り、メキシコや日本へ買いに行き、トランスジェンダーのレイヨンと共に無許可販売を行う「ダラス・バイヤーズクラブ」を設立。利用者は増えたが司法当局に目をつけられ...。第86回アカデミー賞6部門ノミネートで主演・助演男優賞とメイク賞を受賞。

『ダラス・バイヤーズクラブ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

主演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Actress

ブルージャスミン

平均評価
★★★★★74/100
世界興行収入
97百万US$
日本公開
2014.5.10
上映時間
98分 予告動画
ブルージャスミン
原題/英題:
Blue Jasmine
製作国:
アメリカ(2013.8.23公開)
映画監督:
ウディ・アレン
主な出演者:
ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、ピーター・サースガード、ルイス・C・K
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)ロングライド、ソニー・ピクチャーズ・クラシックス、Gravier Productions、Perdido Productions

『ブルージャスミン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ウッディ・アレン監督が初タッグとなるケイト・ブランシェットを主演に、上流階級から転落したヒロインが再起をかけて奮闘し、苦悩する姿を描いたドラマ。ニューヨークの資産家ハルと結婚し、セレブリティとして裕福な生活を送っていたジャスミンは、ハルとの結婚生活が破綻したことで地位も資産も全て失ってしまう。サンフランシスコで庶民的な生活を送る妹ジンジャーのもとに身を寄せたものの、不慣れな仕事や生活に神経を擦り減らせ、次第に精神が不安定になっていく。それでも再び華やかな世界へと返り咲こうと躍起になるジャスミンだったが……。第86回アカデミー賞3部門ノミネートでブランシェットが主演女優賞を受賞。共演にアレック・ボールドウィン、サリー・ホーキンス、ピーター・サースガードら。[引用元]

『ブルージャスミン』レビューサイト評価一覧

助演男優賞ノミネートと受賞作品(俳優)- Best Supporting Actor

助演女優賞ノミネートと受賞作品(女優)- Best Supporting Actress

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(副主要部門)

脚本賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Original Screenplay

オリジナル・独自の脚本におくられる賞です。小説・舞台などから起こされた脚本は、下の脚色賞が対象です。

her 世界でひとつの彼女

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★66/100
世界興行収入
47百万US$
日本興行収入
1.4億円
日本公開
2014.6.28
上映時間
126分 予告動画
her 世界でひとつの彼女
原題/英題:
Her
製作国:
アメリカ(2014.1.10公開)
映画監督:
スパイク・ジョーンズ
主な出演者:
ホアキン・フェニックス、エイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリビア・ワイルド、スカーレット・ヨハンソン
製作費:
約US$ 21,000,000(約23億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)アスミック・エース、Warner Bros.(USA)、アンナプルナ・ピクチャーズ

『her 世界でひとつの彼女』あらすじ(ネタバレなし)や概要

近未来のロスアンゼルスで、セオドアは他人の代わりに手紙を書く代筆ライターの仕事をしていた。妻のキャサリンと別れたばかりで傷心してたある日、コンピューター用の最新の人工知能OS・サマンサに出会う。彼女との会話は楽しくて、しだいにひかれていく。サマンサ以外の女性とはうまくいかず、サマンサを携帯電話に移して一緒に街を歩いたりもした。やがて2人の間には恋心が芽生え始めるのだが...。第86回アカデミー賞で5部門ノミネート、脚本賞を受賞。

『her 世界でひとつの彼女』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

脚色賞ノミネートと受賞作品(脚本家)- Writing Adapted Screenplay

小説・舞台などから起こされた脚本におくられる賞です。オリジナル・独自の映画は、上の脚本賞が対象です。

長編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Writing Adapted Screenplay

条件は上映時間が40分以上で、その75%以上がアニメーションで、主要キャラクターがアニメであることです。

アナと雪の女王

平均評価
★★★★★73/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
1,276百万US$
日本興行収入
254.8億円
日本公開
2014.3.14
上映時間
102分 予告動画
アナと雪の女王
原題/英題:
Frozen
製作国:
アメリカ(2013.11.27公開)
映画監督:
クリス・バック、ジェニファー・リー
主な出演者:
クリスティン・ベル、イディナ・メンゼル、ジョナサン・グロフ、(日本語吹き替え版)神田沙也加、松たか子
製作費:
約US$ 150,000,000(約165億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Walt Disney Pictures、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ

『アナと雪の女王』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アンデルセン「雪の女王」ベースのディズニーアニメ版。触れたものを凍らせる魔法を持つエルサは、妹アナを傷つけてしまい、城の部屋に閉じこもって暮らしていた。10年後、女王の座につくことになるエルサは、戴冠式で力を制御しきれずに王国を真冬の世界に変えてしまい、自らは雪山に逃げてしまう。アナはエルサと王国を救うため、山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏にあこがれる雪だるまのオラフとともに旅立つが...。イディナ・メンゼルの「Let It Go」を、松たか子が歌い好評だった。第86回アカデミー賞第38回日本アカデミー賞で受賞。

『アナと雪の女王』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

外国語映画賞ノミネートと受賞作品(国名)- Best Foreign Language Film

各国から1作品だけ出品できます。条件は前年10月から本年9月の間に、劇場で最低7日間連続で商業上映された映画です。この賞のみ、アメリカ国内で上映された必要はありません。

  • グレート・ビューティー/追憶のローマ(イタリア)
  • オーバー・ザ・ブルースカイ(ベルギー)
  • 消えた画 クメール・ルージュの真実(カンボジア)
  • 偽りなき者(デンマーク)
  • オマールの壁(パレスチナ)

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(視覚映像技術部門)

撮影賞ノミネートと受賞作品(撮影監督等)- Best Cinematography

編集賞ノミネートと受賞作品(編集技師等)- Film Editing

美術賞ノミネートと受賞作品(美術監督等)- Best Art Direction

華麗なるギャツビー

平均評価
★★★★★69/100
私の評価
★★★★★64/100
世界興行収入
351百万US$
日本興行収入
11.3億円
日本公開
2013.6.14
上映時間
143分 予告動画
華麗なるギャツビー
原題/英題:
The Great Gatsby
製作国:
アメリカ(2013.5.10公開)
映画監督:
バズ・ラーマン
主な出演者:
レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、アイラ・フィッシャー
製作費:
約US$ 104,500,000(約115億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Bazmark Films、Red Wagon Productions、Village Roadshow Pictures、A&Eテレビジョン

『華麗なるギャツビー』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アメリカの古典小説の再映画化。1920年代、ニューヨークへやってきた作家志望のニック・キャラウェイは、隣家の豪邸で毎夜豪華絢爛なパーティーを開く謎の大富豪ジェイ・ギャツビーから、彼の生い立ちを聞かされる。その豪邸の向こう岸には、ニックのいとこのデイジーが上流階級の夫とともに暮らしていた。ニックはギャツビーがデイジーに恋してる以外にも何か隠してると気づくが...。第86回アカデミー賞で衣装デザイン賞と美術賞を受賞。

『華麗なるギャツビー』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

衣装デザイン賞ノミネートと受賞作品(映画衣装デザイナー等)- Costume Design

メイクアップ&ヘアスタイリング賞ノミネートと受賞作品(特殊メイクアップ・アーティスト等)- Best Makeup and Hairstyling

視覚効果賞ノミネートと受賞作品(視覚効果アーティスト等)- Visual Effects

優れた視覚効果(VFX)を使った映画におくられます。

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(音楽技術部門)

作曲賞ノミネートと受賞作品(作曲家)- Original Music Score

歌曲賞ノミネートと受賞作品(作曲・作詞家)曲名 - Best Original Song

音響編集賞ノミネートと受賞作品(音響編集者等)- Sound Editing

録音賞ノミネートと受賞作品(音響技術者等)- Sound Mixing

第86回アカデミー賞ノミネートと受賞作品(その他部門)

長編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Feature

  • 【受賞】バックコーラスの歌姫たち(モーガン・ネヴィル、ギル・フリーザー、カトリン・ロジャーズ)
  • アクト・オブ・キリング(ジョシュア・オッペンハイマー、シーネ・ビルゲ・ソーレンセン)
  • キューティー&ボクサー(ザカリー・ヘインザーリング、リディア・ディーン・ピルチャー)
  • Dirty Wars(リチャード・ローリー、ジェレミー・スケイヒル)
  • The Square(ジェヘイン・ヌジェーム、Karim Amer)

短編ドキュメンタリー映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Documentary Short Subject

  • 【受賞】The Lady in Number 6: Music Saved My Life(マルコルム・クラーク、ニコラス・リード)
  • CaveDigger(ジェフリー・カロフ)
  • Facing Fear(ジェイソン・コーエン)
  • Karama Has No Walls(サラ・イスハーク)
  • Prison Terminal: The Last Days of Private Jack Hall(Edgar Barens)

短編実写映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Best Live Action Short Film

  • 【受賞】ヘリウム(Anders Walter、Kim Magnusson)
  • Aquel No Era Yo (That Wasn't Me)(Esteban Crespo)
  • 全てを失う前に(グザヴィエ・ルグラン)
  • Pitääkö Mun Kaikki Hoitaa? (Do I Have to Take Care of Everything?)(Selma Vilhunen、Kirsikka Saari)
  • ミスター・ヴォーマン(Mark Gil、Baldwin Li)

短編アニメ映画賞ノミネートと受賞作品(監督)- Animated Short Film

  • 【受賞】ミスター・ウブロ(Laurent Witz、Alexandre Espigares)
  • Feral(ダニエル・ソウザ、ダン・ゴールデン)
  • ミッキーのミニー救出大作戦(ローレン・マクマラン、ドロシー・マッキム)
  • 九十九(森田修平)
  • Room on the Broom(マックス・ラング、Jan Lachauer)

特別賞

  • アカデミー名誉賞: アンジェラ・ランズベリー、スティーヴ・マーティン、ピエロ・トージ
  • ジーン・ハショルト友愛賞: アンジェリーナ・ジョリー

以上が、2014年3月の授賞式で発表された、第86回アカデミー賞(2013年公開映画)ノミネートと受賞の部門別一覧です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは下をご覧ください。

参考にしたページ

第86回アカデミー賞

スポンサーリンク

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.16更新

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.8更新

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.7更新

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.28更新

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.19更新

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.21更新

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.5更新

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ラ・ラ・ランドネタバレあらすじ評価と感想

ラ・ラ・ランド今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

トリプルX 再起動ネタバレあらすじ評価と感想

トリプルX 再起動今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.6更新

ドクター・ストレンジネタバレあらすじ評価と感想

ドクター・ストレンジ今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

マグニフィセント・セブンネタバレあらすじ評価と感想

マグニフィセント・セブン今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.15更新

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.16更新

湯を沸かすほどの熱い愛ネタバレあらすじ評価と感想

湯を沸かすほどの熱い愛昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

何者ネタバレあらすじ評価と感想

何者昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.24更新

ジェイソン・ボーンネタバレあらすじ評価と感想

ジェイソン・ボーン昨年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

怒りネタバレあらすじ評価と感想

怒り昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.9更新

映画 聲の形ネタバレあらすじ評価と感想

映画 聲の形昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.20更新

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.3更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー感想あり

★★★★★ 2017.5.31更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.5.4更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.7.16更新

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

2017.7.16更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

第89回アカデミー賞2017ノミネートと受賞の全62作品まとめ(2016年映画)

2017.6.21更新

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

第88回アカデミー賞2016ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2015年映画)

2017.3.9更新

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

第87回アカデミー賞2015ノミネートと受賞の全60作品まとめ(2014年映画)

2017.3.9更新

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

第86回アカデミー賞2014ノミネートと受賞の全57作品まとめ(2013年映画)

2017.3.9更新

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

第85回アカデミー賞2013ノミネートと受賞の全53作品まとめ(2012年映画)

2017.3.9更新

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

第84回アカデミー賞2012ノミネートと受賞の全61作品まとめ(2011年映画)

2017.3.10更新

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

第83回アカデミー賞2011ノミネートと受賞の全56作品まとめ(2010年映画)

2017.3.10更新

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

第82回アカデミー賞2010ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2009年映画)

2017.3.10更新

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

第81回アカデミー賞2009ノミネートと受賞の全50作品まとめ(2008年映画)

2017.3.10更新

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

第80回アカデミー賞2008ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2007年映画)

2017.3.10更新

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

第79回アカデミー賞2007ノミネートと受賞の全58作品まとめ(2006年映画)

2017.3.12更新

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

第78回アカデミー賞2006ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2005年映画)

2017.3.13更新

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

第77回アカデミー賞2005ノミネートと受賞の全54作品まとめ(2004年映画)

2017.3.13更新

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

第76回アカデミー賞2004ノミネートと受賞の全49作品まとめ(2003年映画)

2017.3.13更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング