ピクシーン
映画ランキング/興行収入/評価一覧/ネタバレあらすじ感想
更新を購読できます

【一覧】ブルーリボン賞の歴代受賞映画まとめ(1990-2017年発表)

【一覧】ブルーリボン賞の歴代受賞映画まとめ(1990-2017年発表)

ブルーリボン賞の受賞一覧まとめです。毎年1月に発表され、授賞式は2月です。1950年に創設され古い歴史を誇る映画賞です。現在の主催は東京のスポーツ7誌で、映画担当記者によってノミネートが決まり、選考会で合議の後の投票によって受賞が決定します。

下の表では、人物主体の賞も作品を先に表記します。ブルーリボン賞の対象は、1月1日から12月31日までに、首都圏で封切られた全作品です。新人賞は監督も含み、映画デビュー2年以内が対象です。

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

歴代のブルーリボン賞 受賞一覧まとめ

第59回ブルーリボン賞 受賞一覧(2016年映画)

第58回ブルーリボン賞 受賞一覧(2015年映画)

  • 作品賞日本のいちばん長い日
  • 監督賞恋人たち(橋口亮輔)
  • 主演男優賞駆込み女と駆出し男(大泉洋)
  • 主演女優賞ストロボ・エッジ、ビリギャル(有村架純)
  • 助演男優賞日本のいちばん長い日、天空の蜂(本木雅弘)
  • 助演女優賞ビリギャル、脳内ポイズンベリー、愛を積むひと(吉田羊)
  • 新人賞ガールズ・ステップ、ソロモンの偽証(石井杏奈)
  • 外国作品賞マッドマックス 怒りのデス・ロード

第57回ブルーリボン賞 受賞一覧(2014年映画)

  • 作品賞超高速!参勤交代
  • 監督賞そこのみにて光輝く(呉美保)
  • 主演男優賞私の男(浅野忠信)
  • 主演女優賞0.5ミリ、百円の恋(安藤サクラ)
  • 助演男優賞紙の月、海を感じる時、ぼくたちの家族(池松壮亮)
  • 助演女優賞紙の月(小林聡美)
  • 新人賞魔女の宅急便(小芝風花)
  • 外国作品賞ジャージー・ボーイズ

第56回ブルーリボン賞 受賞一覧(2013年映画)

  • 作品賞横道世之介
  • 監督賞ぼっちゃん、さよなら渓谷(大森立嗣)
  • 主演男優賞横道世之介(高良健吾)
  • 主演女優賞くちづけ(貫地谷しほり)
  • 助演男優賞凶悪、くじけないで、そして父になる(ピエール瀧)
  • 助演女優賞地獄でなぜ悪い、脳男、四十九日のレシピ(二階堂ふみ)
  • 新人賞舟を編む、草原の椅子、シャニダールの花(黒木華)
  • 外国作品賞(製作国)ゼロ・グラビティ(アメリカ)
  • 特別賞大島渚、三國連太郎

第55回ブルーリボン賞 受賞一覧(2012年映画)

  • 作品賞かぞくのくに
  • 監督賞鍵泥棒のメソッド(内田けんじ)
  • 主演男優賞麒麟の翼、テルマエ・ロマエ、カラスの親指(阿部寛)
  • 主演女優賞かぞくのくに(安藤サクラ)
  • 助演男優賞かぞくのくに(井浦新)
  • 助演女優賞鍵泥棒のメソッド(広末涼子)
  • 新人賞苦役列車(マキタスポーツ)
  • 外国作品賞(製作国)レ・ミゼラブル(イギリス)
  • 特別賞若松孝二

第54回ブルーリボン賞 受賞一覧(2011年映画)

  • 作品賞冷たい熱帯魚
  • 監督賞一枚のハガキ(新藤兼人)
  • 主演男優賞太平洋の奇跡(竹野内豊)
  • 主演女優賞八日目の蝉(永作博美)
  • 助演男優賞あしたのジョー、カイジ2人生奪回ゲーム(伊勢谷友介)
  • 助演女優賞モテキ(長澤まさみ)
  • 新人賞うさぎドロップ、阪急電車 片道15分の奇跡(芦田愛菜)
  • 外国作品賞(製作国)ブラック・スワン(アメリカ)
  • 特別賞原田芳雄

第53回ブルーリボン賞 受賞一覧(2010年映画)

  • 作品賞告白
  • 監督賞川の底からこんにちは(石井裕也)
  • 主演男優賞悪人(妻夫木聡)
  • 主演女優賞キャタピラー(寺島しのぶ)
  • 助演男優賞アウトレイジ、今度は愛妻家(石橋蓮司)
  • 助演女優賞告白(木村佳乃)
  • 新人賞人間失格、ハナミズキ(生田斗真)
  • 新人賞最後の忠臣蔵、書道ガールズ!! わたしたちの甲子園(桜庭ななみ)
  • 外国作品賞(製作国)第9地区(南アフリカ共和国)

第52回ブルーリボン賞 受賞一覧(2009年映画)

  • 作品賞劒岳 点の記
  • 監督賞ディア・ドクター(西川美和)
  • 主演男優賞ディア・ドクター(笑福亭鶴瓶)
  • 主演女優賞綾瀬はるか(おっぱいバレー)
  • 助演男優賞ディア・ドクター、ガマの油、なくもんか、のだめカンタービレ最終楽章(瑛太)
  • 助演女優賞ヤッターマン(深田恭子)
  • 新人賞重力ピエロ、ホノカアボーイ、劒岳 点の記(岡田将生)
  • 新人賞劒岳 点の記(木村大作)
  • 外国作品賞グラン・トリノ
  • 特別賞釣りバカ日誌シリーズ

第51回ブルーリボン賞 受賞一覧(2008年映画)

  • 作品賞クライマーズ・ハイ
  • 監督賞歩いても 歩いても(是枝裕和)
  • 主演男優賞おくりびと(本木雅弘)
  • 主演女優賞ぐるりのこと。(木村多江)
  • 助演男優賞アフタースクール、クライマーズ・ハイ(堺雅人)
  • 助演女優賞歩いても 歩いても(樹木希林)
  • 新人賞蛇にピアス(吉高由里子)
  • 新人賞ぐるりのこと。(リリー・フランキー)
  • 外国作品賞(製作国)ダークナイト(アメリカ)
  • 特別賞市川崑、緒形拳

第50回ブルーリボン賞 受賞一覧(2007年映画)

  • 作品賞キサラギ
  • 監督賞それでもボクはやってない(周防正行)
  • 主演男優賞それでもボクはやってない(加瀬亮)
  • 主演女優賞夕凪の街 桜の国(麻生久美子)
  • 助演男優賞松ヶ根乱射事件、転々(三浦友和)
  • 助演女優賞腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(永作博美)
  • 新人賞恋するマドリ、ワルボロ、恋空(新垣結衣)
  • 外国作品賞(製作国)ドリームガールズ(アメリカ)
  • 特別賞植木等

第49回ブルーリボン賞 受賞一覧(2006年映画)

  • 作品賞フラガール
  • 監督賞ゆれる(西川美和)
  • 主演男優賞明日の記憶(渡辺謙)
  • 主演女優賞フラガール、ハチミツとクローバー(蒼井優)
  • 助演男優賞ゆれる、出口のない海、明日の記憶(香川照之)
  • 助演女優賞フラガール、犬神家の一族、寝ずの番(富司純子)
  • 新人賞間宮兄弟(塚地武雅)
  • 新人賞武士の一分(檀れい)
  • 外国作品賞(製作国)父親たちの星条旗(アメリカ)
  • 特別賞今村昌平

第48回ブルーリボン賞 受賞一覧(2005年映画)

  • 作品賞パッチギ!
  • 監督賞男たちの大和 YAMATO(佐藤純彌)
  • 主演男優賞亡国のイージス(真田広之)
  • 主演女優賞空中庭園(小泉今日子)
  • 助演男優賞ALWAYS 三丁目の夕日、フライ、ダディ、フライ(堤真一)
  • 助演女優賞ALWAYS 三丁目の夕日、オペレッタ狸御殿(薬師丸ひろ子)
  • 新人賞HINOKIO、青空のゆくえ(多部未華子)
  • 外国作品賞(製作国)ミリオンダラー・ベイビー(アメリカ)
  • 特別賞岡本喜八
  • スタッフ賞運命じゃない人(内田けんじ)

第47回ブルーリボン賞 受賞一覧(2004年映画)

  • 作品賞誰も知らない
  • 監督賞誰も知らない(是枝裕和)
  • 主演男優賞半落ち(寺尾聰)
  • 主演女優賞父と暮せば(宮沢りえ)
  • 助演男優賞血と骨、この世の外へ クラブ進駐軍(オダギリジョー)
  • 助演女優賞世界の中心で、愛をさけぶ、深呼吸の必要(長澤まさみ)
  • 新人賞下妻物語、茶の味(土屋アンナ)
  • 新人賞世界の中心で、愛をさけぶ(森山未來)
  • 外国作品賞(製作国)ミスティック・リバー(アメリカ)

第46回ブルーリボン賞 受賞一覧(2003年映画)

  • 作品賞赤目四十八瀧心中未遂
  • 監督賞阿修羅のごとく(森田芳光)
  • 主演男優賞ゲロッパ!、釣りバカ日誌14(西田敏行)
  • 主演女優賞赤目四十八瀧心中未遂、ヴァイブレータ(寺島しのぶ)
  • 助演男優賞MOON CHILD、ゲロッパ!、精霊流し(山本太郎)
  • 助演女優賞座頭市、赤目四十八瀧心中未遂(大楠道代)
  • 新人賞わたしのグランパ(石原さとみ)
  • 外国作品賞(製作国)インファナル・アフェア(香港)
  • 特別賞ラスト サムライ(渡辺謙。アメリカ製作)

第45回ブルーリボン賞 受賞一覧(2002年映画)

  • 作品賞たそがれ清兵衛
  • 監督賞刑務所の中(崔洋一)
  • 主演男優賞KT(佐藤浩市)
  • 主演女優賞ハッシュ!(片岡礼子)
  • 助演男優賞模倣犯(津田寛治)
  • 助演女優賞たそがれ清兵衛(宮沢りえ)
  • 新人賞ピンポン(中村獅童)
  • 新人賞阿弥陀堂だより(小西真奈美)
  • 外国作品賞(製作国)少林サッカー(香港)
  • 特別賞深作欣二

第44回ブルーリボン賞 受賞一覧(2001年映画)

  • 作品賞千と千尋の神隠し
  • 監督賞GO(行定勲)
  • 主演男優賞陰陽師(野村萬斎)
  • 主演女優賞狗神、連弾、千年の恋 ひかる源氏物語(天海祐希)
  • 助演男優賞GO(山崎努)
  • 助演女優賞ホタル(奈良岡朋子)
  • 新人賞GO(柴咲コウ)
  • 外国作品賞(製作国)JSA(韓国)

第43回ブルーリボン賞 受賞一覧(2000年映画)

  • 作品賞バトル・ロワイアル
  • 監督賞(阪本順治)
  • 主演男優賞ホワイトアウト(織田裕二)
  • 主演女優賞長崎ぶらぶら節(吉永小百合)
  • 助演男優賞スリ、独立少年合唱団(香川照之)
  • 助演女優賞雨あがる(宮崎美子)
  • 新人賞バトル・ロワイアル(藤原竜也)
  • 外国作品賞(製作国)ダンサー・イン・ザ・ダーク(デンマーク)

第42回ブルーリボン賞 受賞一覧(1999年映画)

  • 作品賞御法度
  • 監督賞御法度(大島渚)
  • 主演男優賞鉄道員(高倉健)
  • 主演女優賞39 刑法第三十九条(鈴木京香)
  • 助演男優賞御法度(武田真治)
  • 助演女優賞おもちゃ(富司純子)
  • 新人賞御法度(松田龍平)
  • 外国作品賞(製作国)ライフ・イズ・ビューティフル(イタリア)

第41回ブルーリボン賞 受賞一覧(1998年映画)

  • 作品賞HANA-BI
  • 監督賞HANA-BI(北野武)
  • 主演男優賞HANA-BI(ビートたけし)
  • 主演女優賞愛を乞うひと(原田美枝子)
  • 助演男優賞HANA-BI(大杉漣)
  • 助演女優賞学校III、あ、春(余貴美子)
  • 新人賞がんばっていきまっしょい(田中麗奈)
  • 外国作品賞(製作国)L.A.コンフィデンシャル(アメリカ)
  • 特別賞黒澤明、木下恵介

第40回ブルーリボン賞 受賞一覧(1997年映画)

  • 作品賞バウンス ko GALS
  • 監督賞バウンス ko GALS(原田眞人)
  • 主演男優賞うなぎ、失楽園、CURE(役所広司)
  • 主演女優賞東京夜曲(桃井かおり)
  • 助演男優賞マルタイの女、ラヂオの時間(西村雅彦)
  • 助演女優賞うなぎ、東京夜曲(倍賞美津子)
  • 新人賞ラヂオの時間(三谷幸喜)
  • 新人賞バウンス ko GALS(佐藤仁美)
  • 外国作品賞(製作国)タイタニック(アメリカ)
  • 特別賞もののけ姫

第39回ブルーリボン賞 受賞一覧(1996年映画)

  • 作品賞岸和田少年愚連隊
  • 監督賞キッズ・リターン(北野武)
  • 主演男優賞Shall we ダンス?、眠る男、シャブ極道(役所広司)
  • 主演女優賞(該当者なし)
  • 助演男優賞わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語(渡哲也)
  • 助演女優賞学校の怪談2、八つ墓村(岸田今日子)
  • 新人賞岸和田少年愚連隊(ナインティナイン)
  • 外国作品賞(製作国)セブン(アメリカ)
  • 特別賞眠る男(渥美清、群馬県)

第38回ブルーリボン賞 受賞一覧(1995年映画)

  • 作品賞午後の遺言状
  • 監督賞ガメラ 大怪獣空中決戦(金子修介)
  • 主演男優賞写楽、EAST MEETS WEST、緊急呼出し エマージェンシー・コール(真田広之)
  • 主演女優賞Love Letter(中山美穂)
  • 助演男優賞マークスの山(萩原聖人)
  • 助演女優賞ガメラ 大怪獣空中決戦(中山忍)
  • 新人賞幻の光(江角マキコ)
  • 外国作品賞(製作国)マディソン郡の橋(アメリカ)
  • 特別賞渥美清

第37回ブルーリボン賞 受賞一覧(1994年映画)

  • 作品賞棒の哀しみ
  • 監督賞棒の哀しみ(神代辰巳)
  • 主演男優賞棒の哀しみ(奥田瑛二)
  • 主演女優賞忠臣蔵外伝 四谷怪談(高岡早紀)
  • 助演男優賞集団左遷(中村敦夫)
  • 助演女優賞室井滋(居酒屋ゆうれい)
  • 新人賞愛の新世界(鈴木砂羽)
  • 外国作品賞(製作国)パルプ・フィクション(アメリカ)

第36回ブルーリボン賞 受賞一覧(1993年映画)

  • 作品賞月はどっちに出ている
  • 監督賞僕らはみんな生きている(滝田洋二郎)
  • 主演男優賞僕らはみんな生きている(真田広之)
  • 主演女優賞月はどっちに出ている(ルビー・モレノ)
  • 助演男優賞まあだだよ(所ジョージ)
  • 助演女優賞まあだだよ(香川京子)
  • 新人賞月はどっちに出ている(岸谷五朗)
  • 新人賞高校教師(遠山景織子)
  • 外国作品賞(製作国)ジュラシックパーク(アメリカ)
  • 特別賞欽ちゃんのシネマジャック(萩本欽一)

第35回ブルーリボン賞 受賞一覧(1992年映画)

  • 作品賞シコふんじゃった。
  • 監督賞シコふんじゃった。(周防正行)
  • 主演男優賞シコふんじゃった。(本木雅弘)
  • 主演女優賞遠き落日(三田佳子)
  • 助演男優賞修羅の伝説、死んでもいい(室田日出男)
  • 助演女優賞女殺油地獄、寝盗られ宗介(藤谷美和子)
  • 新人賞墨東綺譚(墨田ユキ)
  • 外国作品賞(製作国)JFK(アメリカ)

第34回ブルーリボン賞 受賞一覧(1991年映画)

  • 作品賞あの夏、いちばん静かな海。
  • 監督賞あの夏、いちばん静かな海。(北野武)
  • 主演男優賞無能の人(竹中直人)
  • 主演女優賞戦争と青春(工藤夕貴)
  • 助演男優賞息子(永瀬正敏)
  • 助演女優賞無能の人(風吹ジュン)
  • 新人賞ふたり、咬みつきたい、あいつ(石田ひかり)
  • 外国作品賞(製作国)羊たちの沈黙(アメリカ)

第33回ブルーリボン賞 受賞一覧(1990年映画)

  • 作品賞少年時代
  • 監督賞少年時代(篠田正浩)
  • 主演男優賞浪人街、われ撃つ用意あり(原田芳雄)
  • 主演女優賞死の棘(松坂慶子)
  • 助演男優賞さらば愛しのやくざ(柳葉敏郎)
  • 助演女優賞つぐみ(中嶋朋子)
  • 新人賞東京上空いらっしゃいませ、つぐみ(牧瀬里穂)
  • 新人賞バタアシ金魚(松岡錠司)
  • 外国作品賞(製作国)フィールド・オブ・ドリームス(アメリカ)
  • スタッフ賞稲村ジェーン(桑田佳祐と音楽スタッフ)

主要なノミネートと受賞作品一覧

シン・ゴジラ

平均評価
★★★★★77/100
私の評価
★★★★★85/100
世界興行収入
77百万US$
日本興行収入
82.5億円
日本公開
2016.7.29
上映時間
119分 予告動画
シン・ゴジラ
原題/英題
GODZILLA Resurgence
映画監督
庵野秀明、樋口真嗣
主な出演者
長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、大杉漣
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、映画、シネバザール

『シン・ゴジラ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

第40回日本アカデミー賞で11部門の優秀賞、うち7部門が最優秀賞。東京湾沖で水蒸気が噴出したり、アクアラインのトンネル崩壊事故などが発生。内閣官房副長官の矢口は、ネット動画などから巨大生物の可能性を示すが、政府は海底火山などと見て対応を進める。しかしすぐに巨大生物の尻尾がTV報道され、自衛隊の攻撃も付近住民が確認されて中止となる。ゴジラと名付けられた生物は、放射能を有するため、米軍の爆撃機による攻撃もはじまるが...

『シン・ゴジラ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

この世界の片隅に

平均評価
★★★★★84/100
私の評価
★★★★★83/100
日本興行収入
26.0億円
日本公開
2016.11.12
上映時間
128分 予告動画
この世界の片隅に
原題/英題
In this Corner of This World
DVD/Blu-rayレンタル開始日,発売日
2017.9.15(販売中
映画監督
片渕須直
主な出演者
のん、細谷佳正、尾身美詞、稲葉菜月、小野大輔、潘めぐみ、牛山茂
製作費
約3億円
映倫区分
日本:G/一般
(C)東京テアトル、GENCO、MAPPA

『この世界の片隅に』あらすじ(ネタバレなし)や概要

日本アカデミー賞でアニメ最優秀賞。第ニ次世界大戦下の昭和19年、広島市で家族と暮らし絵を描くのが好きな18歳の少女すずは、日本海軍の拠点のある呉市へ嫁いだ。戦争で物資が不足するが、すずは工夫をこらして家族の食事を作り、笑いの絶えない食卓となる。しかし戦況が悪化するにつれ...

『この世界の片隅に』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

後妻業の女

平均評価
★★★★★66/100
私の評価
★★★★★59/100
日本興行収入
15.2億円
日本公開
2016.8.27
上映時間
128分 予告動画
後妻業の女
映画監督
鶴橋康夫
主な出演者
大竹しのぶ、豊川悦司、尾野真千子、長谷川京子、永瀬正敏、水川あさみ
映倫区分
日本:PG/一般12
(C)東宝、ROBOT

『後妻業の女』あらすじ(ネタバレなし)や概要

第40回日本アカデミー賞の主演女優賞で優秀賞。小夜子は結婚相談所が主催の婚活パーティーで、資産を持つ独身男性と結婚して、全財産を相続する「後妻業」をビジネスとする女だ。2年前に結婚した耕三がなくなり、その娘らに遺言公正証書を突きつける。娘の朋美が探偵を雇って調べると、小夜子は結婚相談所の柏木と共謀していることがわかり、追いつめていくが...

『後妻業の女』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

SCOOP!

平均評価
★★★★★72/100
私の評価
★★★★★70/100
日本興行収入
6.5億円
日本公開
2016.10.1
上映時間
120分 予告動画
SCOOP!
映画監督
大根仁
主な出演者
福山雅治、二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキー
映倫区分
日本:PG/一般12
(C)東宝、オフィスクレッシェンド、テレビ朝日、アミューズ

『SCOOP!』あらすじ(ネタバレなし)や概要

第40回日本アカデミー賞の助演男優賞で優秀賞受賞。数々の伝説的スクープを撮影してきたカメラマンの都城静は、今はフリーの芸能スキャンダル専門の中年パパラッチとなり、私生活は自堕落していた。ある時、写真週刊誌「SCOOP!」の新人記者の行川野火とコンビを組むことになるが、まったくかみあわなかった。しかし数々の芸能スクープをモノにするにつれ、2人の関係は変化していくが、ある大事件の発生により...

『SCOOP!』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

湯を沸かすほどの熱い愛

平均評価
★★★★★79/100
私の評価
★★★★★77/100
日本公開
2016.10.29
上映時間
125分 予告動画
湯を沸かすほどの熱い愛
原題/英題
Her Love Boils Bathwater
映画監督
中野量太
主な出演者
宮沢りえ、杉咲花、伊東蒼、オダギリジョー、松坂桃李
映倫区分
日本:G/一般
(C)クロックワークス、パイプライン

『湯を沸かすほどの熱い愛』あらすじ(ネタバレなし)や概要

日本アカデミー賞キネマ旬報などで受賞。夫が突然家出したが、明るさと強さで1人娘の安澄を育てる双葉は、突然の余命宣告を受けてしまう。しかし現実を受け入れて1つずつ問題を解決していき、休業中の銭湯も再開させる。そして娘とカニを食べに旅行へ行くのだが...

『湯を沸かすほどの熱い愛』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

君の名は。

平均評価
★★★★★83/100
私の評価
★★★★★88/100
世界興行収入
357百万US$
日本興行収入
250.3億円
日本公開
2016.8.26
上映時間
107分 予告動画
君の名は。
原題/英題
your name.
DVD/Blu-rayレンタル開始日,発売日
2017.7.26(販売中
映画監督
新海誠
主な出演者
神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、成田凌
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、コミックス・ウェーブ・フィルム

『君の名は。』あらすじ(ネタバレなし)や概要

日本アカデミー賞5部門で優秀賞、うち3部門で最優秀賞。新海誠監督の7作目。日本の片田舎に住む女子高生の宮水三葉は、男子高生の立花瀧として東京生活を満喫する夢を見た。瀧も片田舎の女子高生になる夢を何度も見た。しかしある日をさかいに、瀧は夢を見なくなり調べてみると驚くべき事実が...

『君の名は。』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー

平均評価
★★★★★78/100
私の評価
★★★★★66/100
世界興行収入
1,056百万US$
日本興行収入
46.3億円
日本公開
2016.12.16
上映時間
134分 予告動画
ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー
原題/英題
Rogue One: A Star Wars Story
製作国
アメリカ(2016.12.16公開)
映画監督
ギャレス・エドワーズ
主な出演者
フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ドニー・イェン、ベン・メンデルソーン、マッツ・ミケルセン
製作費
約US$ 2,000,000(約2億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Lucasfilm Limited

『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』あらすじ(ネタバレなし)や概要

第89回アカデミー賞で2部門ノミネート。ジン・アーソは幼少の頃、帝国軍に母は殺され、父は連行された。成長したジンは反乱軍の一員として、父ゲイレン・アーソが開発した究極兵器デス・スターの設計図を手に入れるミッションに参加するが、仲間のキャシアンはある任務を命じられていて...

『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

恋人たち

平均評価
★★★★★74/100
私の評価
★★★★★65/100
日本公開
2015.11.14
上映時間
140分 予告動画
恋人たち
映画監督
橋口亮輔
主な出演者
篠原篤、成嶋瞳子、池田良、光石研、安藤玉恵
映倫区分
日本:PG/一般12
(C)松竹ブロードキャスティング、アーク・フィルムズ、松竹ブロードキャスティング

『恋人たち』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アツシは、数年前に愛妻を通り魔殺人事件で失い、今は橋梁点検の仕事をしながらも、健康保険料も支払えず、裁判に奔走するが理解者も得られず、社会に恨みを抱きつつある。瞳子は理解のない夫と姑と3人暮らしで弁当屋でパート中。皇室と小説書きが趣味で現実逃避している。弁護士の四ノ宮はエリート意識が高く、ゲイだが、親友の聡を密かに想い続けていた。こんな3人とその周りの男女が織りなす、現在と過去の恋人模様の物語が交差していくにつれ...

『恋人たち』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

マッドマックス 怒りのデス・ロード

平均評価
★★★★★82/100
私の評価
★★★★★75/100
世界興行収入
378百万US$
日本興行収入
18.1億円
日本公開
2015.6.20
上映時間
120分 予告動画
マッドマックス 怒りのデス・ロード
原題/英題
Mad Max: Fury Road
製作国
オーストラリア、アメリカ(2015.5.15公開)
映画監督
ジョージ・ミラー
主な出演者
トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ゾーイ・クラヴィッツ、ライリー・キーオ、アビー・リー・カーショウ、ネイサン・ジョーンズ
製作費
約US$ 150,000,000(約165億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures、Kennedy Miller Productions, Village Roadshow Pictures、デューン・エンターテインメント

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。核兵器による戦争後、資源を武力で奪い合う荒廃した近未来が舞台のSFアクション。30年ぶりのシリーズ4作目。妻子を殺された元警官のマックスは、砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる。ある日、ジョーの女隊長フュリオサらが逃亡。マックスは彼女らと共に、自由への逃走を開始するが...

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

そこのみにて光輝く

平均評価
★★★★★72/100
私の評価
★★★★★67/100
日本公開
2014.4.19
上映時間
120分 予告動画
そこのみにて光輝く
原題/英題
THE LIGHT SHINES ONLY THERE
映画監督
呉美保
主な出演者
綾野剛、池脇千鶴、菅田将暉、高橋和也、火野正平
映倫区分
日本:R15+
(C)東京テアトル、函館シネマアイリス(北海道)、「そこのみにて光輝く」製作委員会

『そこのみにて光輝く』あらすじ(ネタバレなし)や概要

達夫は、過去の出来事により仕事をやめてフラフラしていた。パチンコ屋で知り合った拓児に連れられて、彼の家族が暮らすバラック小屋へ案内され、そこで拓児の姉・千夏と出会う。母親は寝たきりの父親の世話で疲れ果てていて、千夏は水商売で一家を支えていた。そのことでもめたりしたが、達夫と千夏は少しづつ惹かれていく。しかし千夏には、拓児のために縁の切れない有力者の男がいた。そんな時、ある事件が起きて...

『そこのみにて光輝く』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

横道世之介

平均評価
★★★★★77/100
私の評価
★★★★★67/100
日本興行収入
2.1億円
日本公開
2013.2.23
上映時間
160分 予告動画
横道世之介
映画監督
沖田修一
主な出演者
高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛
映倫区分
日本:G/一般
(C)ショウゲート、キリシマ1945

『横道世之介』あらすじ(ネタバレなし)や概要

横道世之介は、長崎の港町から大学進学のために上京。お人好しで人の頼みを断れない性格で、少し図々しいがそれが仲間を集め、共に大学生活を楽しんでいた。倉持一平、阿久津唯と一緒にサンバ同好会に入部。年上女性の片瀬千春に片思いもする。クラスメイトの加藤雄介とは一緒に自動車教習所へ通い、お嬢様育ちの与謝野祥子とも知り合い、2人で世之介の故郷へ帰ったりもした...。16年後、ある夫婦が、あるラジオDJが、あるゲイが、あるNPO活動員が世之介のことを思い出し...

『横道世之介』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

そして父になる

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★70/100
日本興行収入
32.0億円
日本公開
2013.9.28
上映時間
120分 予告動画
そして父になる
原題/英題
Like Father, Like Son
映画監督
是枝裕和
主な出演者
福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多
映倫区分
日本:G/一般
(C)ギャガ、FILM

『そして父になる』あらすじ(ネタバレなし)や概要

野々宮良多は大手建設の会社員で都心の高級マンションで、妻と息子の3人で幸せに暮らしている。ある日、息子の慶多が生まれた病院から、出生時の取り違えについて連絡がある。本当の息子は、斎木夫妻によって自由奔放に育てられていた。やがて2組の家族で会合し、子どもを交換することで話を進めるのだが...

『そして父になる』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ゼロ・グラビティ

平均評価
★★★★★79/100
私の評価
★★★★★78/100
世界興行収入
723百万US$
日本興行収入
32.3億円
日本公開
2013.12.13
上映時間
91分 予告動画
ゼロ・グラビティ
原題/英題
Gravity
製作国
アメリカ、イギリス(2013.10.4公開)
映画監督
アルフォンソ・キュアロン
主な出演者
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、エド・ハリス
製作費
約US$ 100,000,000(約110億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Heyday Films

『ゼロ・グラビティ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞9ノミネートで7部門受賞。メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーは、スペースシャトルで船外作業を行っていた。ところが、ロシアが自国の衛星を破壊して発生した宇宙ゴミにより、ライアンは無重力空間に放り出されてしまう。マットは船外活動ユニットを操作してライアンをロープでつなぎとめるが、地球とは連絡が取れず、空気や燃料も残りわずかで、生還するために行動を開始するが...

『ゼロ・グラビティ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

テルマエ・ロマエ

平均評価
★★★★★67/100
私の評価
★★★★★65/100
日本興行収入
59.8億円
日本公開
2012.4.28
上映時間
108分
テルマエ・ロマエ
原題/英題
THERMAE ROMAE
映画監督
武内英樹
主な出演者
阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、「テルマエ・ロマエ」製作委員会

『テルマエ・ロマエ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

人気マンガの実写映画化、第1弾。古代ローマの浴場設計師ルシウスは、現代日本にタイムスリップして、そこで出会った漫画家志望の山越真実や、現代日本人(平たい顔族)らの風呂文化に衝撃をうける。古代ローマに戻り、それらを取り入れた浴場を作ると一躍名声を高めることになった。そして皇帝ハドリアヌスの信頼もえて、後継者ケイオニウスのための新たな浴場建設を命じられるのだが...。阿部寛が第36回日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞を受賞した。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 67/100換算

掲載2012映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

レ・ミゼラブル

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
441百万US$
日本興行収入
58.9億円
日本公開
2012.12.21
上映時間
158分
レ・ミゼラブル
原題/英題
Les Miserables
製作国
イギリス(2012.12.25公開)
映画監督
トム・フーパー
主な出演者
ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、アーロン・トベイト
製作費
約US$ 61,000,000(約67億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)東宝東和、Universal(USA)、ワーキング・タイトル・フィルムズ

『レ・ミゼラブル』あらすじ(ネタバレなし)や概要

名作ミュージカルを映画化。ジャン・バルジャンは、貧困によりパンを盗んでしまった罪で、19年間も服役していた。仮釈放後に再び盗んでしまうが、司教が許してくれ、その寛大さに感銘を受けて、はじめて自分もそのように生きていくことをのぞんだ。その後、工場経営に成功して、市長として市民からも尊敬されていた。しかし警察署長のジャベールはジャン・バルジャンを執拗に捕らえようとする。やがて売春婦のファンティーヌと運命的に出会い、その娘コゼットや、共和派の秘密結社に属するマリウスなどと関わるうちに、パリで起こる暴動に巻きこまれていき...。第85回アカデミー賞でアン・ハサウェイが助演女優賞に輝いた。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2012映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

冷たい熱帯魚

平均評価
★★★★★72/100
私の評価
★★★★★69/100
日本公開
2011.1.29
上映時間
146分 予告動画
冷たい熱帯魚
原題/英題
Cold Fish
映画監督
園子温
主な出演者
吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり
映倫区分
日本:R18+
(C)日活、

『冷たい熱帯魚』あらすじ(ネタバレなし)や概要

いくつかの実話を混ぜて映画化。小さな熱帯魚店を営む社本信行は、妻と前妻の娘にはさまれながらも2人の仲の悪さを解決しようともせず静かに暮らしていた。ある日、娘がスーパーで万引きするが、店長と顔見知りの村田によって許される。大型熱帯魚店を経営する村田は、社本の娘をバイトで雇い、社本には利益の大きいビジネスを持ちかける。村田との交流を続けるうちに、社本は想像もしなかった恐ろしい事件に巻きこまれていき...

『冷たい熱帯魚』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ブラック・スワン

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★65/100
世界興行収入
329百万US$
日本興行収入
23.9億円
日本公開
2011.5.11
上映時間
108分 予告動画
ブラック・スワン
原題/英題
Black Swan
製作国
アメリカ(2010.12.3公開)
映画監督
ダーレン・アロノフスキー
主な出演者
ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー
製作費
約US$ 13,000,000(約14億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)20th Century Fox、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ(USA)、フェニックス・ピクチャーズ

『ブラック・スワン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。ニナは、ニューヨークの一流バレエ団に所属し、人生の全てをバレエの向上に注ぎ込んでいる。ニナの母も元バレリーナで、自分が果たせなかった夢を、ニナに対して過剰に期待している。そんな時、次の『白鳥の湖』の主役プリマの候補に、ニナが選ばれた。ライバルたちと競いながらも、なかなか黒鳥をうまく演じることのできないニナは、少しづつ心の闇にとらわれていき...

『ブラック・スワン』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

告白

平均評価
★★★★★76/100
日本興行収入
38.5億円
日本公開
2010.6.5
上映時間
106分
告白
原題/英題
Confessions
映画監督
中島哲也
主な出演者
松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫
映倫区分
日本:R15+
(C)東宝、映像制作部、リクリ

『告白』あらすじ(ネタバレなし)や概要

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松)は、愛娘を学校のプールで殺害される。警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。共演に岡田将生、木村佳乃。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2010映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

アウトレイジ

平均評価
★★★★★70/100
私の評価
★★★★★63/100
世界興行収入
8百万US$
日本興行収入
7.5億円
日本公開
2010.6.12
上映時間
109分 予告動画
アウトレイジ
原題/英題
Outrage
映画監督
北野武
主な出演者
ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、三浦友和、國村隼、杉本哲太、塚本高史、中野英雄、石橋蓮司、小日向文世、北村総一朗
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures、オフィス北野

『アウトレイジ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

シリーズ三部作の第1弾。関東一円を取り仕切る暴力団組織の山王会の加藤は、傘下の池本組組長にヤクザ村瀬と密接なことを会長が気にしてると伝える。池本は村瀬をしめろと言われるが兄弟の盃を交わした仲なのでできず、傘下の大友組に命じる。大友は面倒事だと思いながらも逆らえず村瀬組と小競り合いを始めるがやがて...

『アウトレイジ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ハナミズキ

平均評価
★★★★★63/100
日本興行収入
28.3億円
日本公開
2010.8.21
上映時間
128分
ハナミズキ
原題/英題
Hanamizuki
映画監督
土井裕泰
主な出演者
新垣結衣、生田斗真、蓮佛美沙子、ARATA、木村祐一
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝

『ハナミズキ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

人気アーティスト・一青窈の大ヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにしたラブストーリー。主演に新垣結衣、相手役で生田斗真が共演。北海道で母・良子(薬師丸ひろ子)と2人で暮らす紗枝は、東京の大学に進学することを夢見る高校生。若くして亡くなった父(ARATA)が紗枝へのメッセージとして庭に植えたハナミズキに見守られながら受験勉強に励む紗枝は、ある日、漁師の跡取りで水産高校に通う康平に出会い、互いに恋に落ちる。やがて紗枝が大学に合格し、遠距離恋愛が始まるが……。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 63/100換算

掲載2010映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

第9地区

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★72/100
世界興行収入
210百万US$
日本公開
2010.4.10
上映時間
111分 予告動画
第9地区
原題/英題
District 9
製作国
アメリカ、南アフリカ共和国、ニュージーランド(2009.8.14公開)
映画監督
ニール・ブロムカンプ
主な出演者
シャルト・コプリー、ジェイソン・コープ、デビッド・ジェームズ、バネッサ・ハイウッド、マンドラ・ガドゥカ
製作費
約US$ 30,000,000(約33億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)ワーナー・ブラザース/GAGA、TriStar Pictures/MGM(USA)、TriStar Pictures、QED International、WingNut Films、Key Creatives

『第9地区』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞ノミネート作。突然、南アフリカ共和国に巨大宇宙船(UFO)が飛来してきて停止。中には不衛生で弱ったエイリアンの群れがいた。政府は彼らを難民として、第9地区に受け入れるが、時が経つにつれてスラム化していた。やがて民間企業マルチ・ナショナル・ユナイテッド社(MNU)がその管理を委託され、28年後にはエイリアンをさらに劣悪な第10地区へ移住させることが決定。ヴィカスが責任者として任され、エイリアンたちの承認を強行して取り付ける。しかしある日、謎の液体をあびてしまったことから、エイリアンたちに助けを求めることになり...

『第9地区』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

おくりびと

平均評価
★★★★★77/100
日本興行収入
64.8億円
日本公開
2008.9.13
上映時間
130分
おくりびと
原題/英題
Departures
映画監督
滝田洋二郎
主な出演者
本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)松竹、映画「おくりびと」製作委員会

『おくりびと』あらすじ(ネタバレなし)や概要

遺体を棺に納める“納棺師”という職業を通して、様々な死と向き合い人生をみつめるヒューマンドラマ。監督は「壬生義士伝」の滝田洋二郎、音楽を久石譲が担当。ひょんなことから納棺師の見習いとなった元チェリストの大悟は、妻の美香には冠婚葬祭の仕事とごまかして働いていた。日々とまどいながらも様々な死と出会い成長していく大悟と、それを見守る美香を本木雅弘と広末涼子が好演。第81回アカデミー賞で、日本映画史上初の外国語映画賞を受賞した。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 77/100換算

掲載2008映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

ダークナイト

平均評価
★★★★★88/100
私の評価
★★★★★93/100
世界興行収入
1,004百万US$
日本興行収入
16.1億円
日本公開
2008.8.9
上映時間
152分 予告動画
ダークナイト
原題/英題
The Dark Knight
製作国
アメリカ、イギリス(2008.7.18公開)
映画監督
クリストファー・ノーラン
主な出演者
クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マイケル・ケイン、マギー・ギレンホール
製作費
約US$ 185,000,000(約204億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Legendary Pictures、Syncopy Films

『ダークナイト』あらすじ(ネタバレなし)や概要

DCコミックスのダークナイト3部作の第2弾。『バットマン ビギンズ』の続編。ジョーカー役のヒース・レジャーが死後、アカデミー賞で助演男優賞受賞。ブルース・ウェインはバットマンとしてゴッサム・シティの悪と戦い、ゴードン警部補やハービー・デント検事と協力してマフィアを追いつめるが、史上最悪の犯罪者ジョーカーが現れ...

『ダークナイト』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

武士の一分

平均評価
★★★★★71/100
日本興行収入
41.1億円
日本公開
2006.12.1
上映時間
121分
武士の一分
原題/英題
Love and Honor
映画監督
山田洋次
主な出演者
木村拓哉、檀れい、笹野高史、桃井かおり、大地康雄
映倫区分
日本:設定なし
(C)松竹、「武士の一分」製作委員会

『武士の一分』あらすじ(ネタバレなし)や概要

「たそがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く、原作・藤沢周平×山田洋次監督による時代劇3部作の最終章。東北・海坂藩の下級武士、三村新之丞は剣術の腕を認められながらも藩主の毒味役に甘んじていた。そんなある日、新之丞はいつも通りに昼食の毒味をしたところ、赤貝の毒にあたり、失明してしまう……。原作は「隠し剣秋風抄」所収の「盲目剣谺(こだま)返し」。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 71/100換算

掲載2006映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

ラスト サムライ

平均評価
★★★★★71/100
私の評価
★★★★★72/100
世界興行収入
456百万US$
日本興行収入
137.0億円
日本公開
2003.12.6
上映時間
154分
ラスト サムライ
原題/英題
The Last Samurai
製作国
アメリカ(2003.12.5公開)
映画監督
エドワード・ズウィック
主な出演者
トム・クルーズ、渡辺謙、小山田真、真田広之、小雪、ティモシー・スポール、ビリー・コノリー、原田眞人
製作費
約US$ 140,000,000(約154億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures、Cruise/Wagner Productions

『ラスト サムライ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

南北戦争の英雄、ネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)は、戦争に疲弊しアルコールびたりの暮らし。やがて彼は日本軍の教官として日本へ渡る。そこで未熟な部隊で不平士族たちと戦うが完敗して、ネイサンも勝元(渡辺謙)に捕まえられてしまう。勝元の妹たか(小雪)の手当てを受けながら、古き良き村の生活を目の当たりにすると、サムライの精神に魅せられていく。近代化の波の中でサムライの生き方を貫こうとする武将、勝元と政府軍との戦いにまきこまれていくネイサンは...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 71/100換算

掲載歴代映画興行収入ランキング!オールタイム日本ベスト26

千と千尋の神隠し

平均評価
★★★★★83/100
私の評価
★★★★★78/100
世界興行収入
276百万US$
日本興行収入
304.0億円
日本公開
2001.7.20
上映時間
124分
千と千尋の神隠し
原題/英題
Spirited Away
映画監督
宮崎駿
主な出演者
柊瑠美、入野自由、夏木マリ、中村彰男、玉井夕海、内藤剛志、沢口靖子、神木隆之介、我修院達也、大泉洋、小野武彦、上條恒彦、菅原文太
製作費
約15億円
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG
(C)東宝、スタジオジブリ

『千と千尋の神隠し』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スタジオジブリ作品。アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞。10歳の千尋は、両親と引っ越す途中、異世界の街に迷い込む。おきてを破った両親はブタにされてしまうが、千尋は少年ハクに助けられる。その世界は八百万の神が住み、人間は仕事を持たないと動物にされてしまう。千尋はハクが働く温泉宿の主人「湯婆婆(ゆばーば)」にたのんで仕事をもらうが、同時に名を奪われてしまう。本当の名を忘れると元の世界に戻れなくなるため、ハクも昔の記憶を忘れてしまったそうなのだ。果たしてハクの正体とは?千尋と両親は元の世界に戻れるのか...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 83/100換算

掲載スタジオジブリ映画興行収入ランキングと評価一覧

ホワイトアウト

平均評価
★★★★★58/100
日本興行収入
42.0億円
日本公開
2000.8.19
上映時間
129分
ホワイトアウト
原題/英題
Whiteout
映画監督
若松節朗
主な出演者
織田裕二、松嶋菜々子、佐藤浩市、石黒賢、吹越満
映倫区分
日本:設定なし
(C)東宝、デスティニー、アイ・エヌ・ビー

『ホワイトアウト』あらすじ(ネタバレなし)や概要

日本最大の貯水量を誇る新潟県奥遠和ダムが白銀に覆われた2月。新潟県警に突然「奥遠和発電所およびダムを占拠した」という無線が入った。テログループ“赤い月”はダムの職員を人質に取り50億円を要求、24時間以内に要求が達成されない場合ダムを爆破すると通告する。ダムが決壊すれば下流域の20万世帯が激流に飲まれることに。一方、テロリストの見張りを逃れたダムの運転員・富樫は、猛吹雪と豪雪で閉ざされた外部との連絡手段を探っていた。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 58/100換算

掲載2000映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

タイタニック

平均評価
★★★★★79/100
私の評価
★★★★★77/100
世界興行収入
2,186百万US$
日本興行収入
262.0億円
日本公開
1997.12.20
上映時間
189分
タイタニック
原題/英題
Titanic
製作国
アメリカ(1997.12.19公開)
映画監督
ジェームズ・キャメロン
主な出演者
レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、フランシス・フィッシャー
製作費
約US$ 286,000,000(約315億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)Paramount(USA)、20th Century Fox、Lightstorm Entertainment

『タイタニック』あらすじ(ネタバレなし)や概要

豪華客船タイタニック号での、ラブストーリーを描いた超大作。1912年4月10日、イギリスからニューヨークへ向けて、当時史上最大の豪華客船タイタニックが出発した。上流階級の令嬢ローズは、強制された婚約に気のりしてなかった。貧しい青年ジャック・ドーソンは、出港直前にポーカーで船のチケットを手に入れた。夢を求める画家志望のジャックは、政略結婚のためアメリカに向かうローズと運命的な出会いを果たす。しかし、4月14日午後12時前、巨大な氷山の姿を見つけた時にはもう遅かった。タイタニックは氷山に衝突してしまい...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 79/100換算

掲載歴代映画興行収入ランキング!オールタイム日本ベスト26

もののけ姫

平均評価
★★★★★83/100
私の評価
★★★★★88/100
日本興行収入
193.0億円
日本公開
1997.7.12
上映時間
133分
もののけ姫
原題/英題
Princess Mononoke
映画監督
宮﨑駿
主な出演者
松田洋治、石田ゆり子、田中裕子、小林薫、美輪明宏、森繁久彌、西村雅彦
製作費
約21億円
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)東宝、スタジオジブリ

『もののけ姫』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スタジオジブリ作品。舞台は室町時代の日本。エミシの村のアシタカは、村を襲ったタタリ神を退治する時に、右腕に受けた呪いを解くために西方へ旅立つ。そしてタタラ場を治めるエボシの存在を知る。エボシが村人に作らせているものには鉄や火が必要なのだが、それが自然を破壊していて、もののけ達を追いつめることになっていると気づく。やがてアシタカは、人間だが神々の側につく「もののけ姫」と呼ばれる少女サンと出会い...。アニメ作品として初の日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 83/100換算

掲載スタジオジブリ映画興行収入ランキングと評価一覧

ジュラシックパーク

平均評価
★★★★★77/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
1,029百万US$
日本興行収入
128.5億円
日本配給収入
83.0億円
日本公開
1993.7.17
上映時間
127分
ジュラシックパーク
原題/英題
Jurassic Park
製作国
アメリカ(1993.6.11公開)
映画監督
スティーヴン・スピルバーグ
主な出演者
サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、リチャード・アッテンボロー
製作費
約US$ 63,000,000(約69億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)Universal(UIP)、アンブリンエンターテインメント作品

『ジュラシックパーク』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ジュラシックパークシリーズ第1弾。現代によみがえった恐竜たちのテーマパークで起こる、SFパニック超大作。バイオテクノロジーの進化により、様々な恐竜の動きを間近に見られる光景は、当時としては映画の観客たちもとりこにした。公開前の恐竜テーマパークにまねかれた古生物学者や子供たちが、最初は恐竜の魅力にとりつかれ、そして次々起こるトラブルによりパニックになっていく様を描く。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 77/100換算

掲載ジュラシックパークシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

以上が、毎年1月に発表されるブルーリボン賞の映画賞の部門別一覧です。

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

キングスマン ゴールデン・サークルネタバレあらすじ感想と評価一覧

キングスマン ゴールデン・サークル上映中感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

スター・ウォーズ 最後のジェダイネタバレあらすじ感想と評価一覧

スター・ウォーズ 最後のジェダイ上映中感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

IT イット それが見えたら、終わり。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

IT イット それが見えたら、終わり。昨年!感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

マイティ・ソー バトルロイヤルネタバレあらすじ感想と評価一覧

マイティ・ソー バトルロイヤル昨年!感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

ゲット・アウトネタバレあらすじ感想と評価一覧

ゲット・アウト昨年!感想あり

2017.12.21更新 ★★★★★

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォーネタバレあらすじ感想と評価一覧

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー昨年!感想あり

2018.1.9更新 ★★★★★

僕のワンダフル・ライフネタバレあらすじ感想と評価一覧

僕のワンダフル・ライフ昨年!感想あり

2017.12.24更新 ★★★★★

ドリームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ドリーム昨年!感想あり

2018.1.2更新 ★★★★★

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ感想と評価一覧

エイリアン コヴェナント昨年!感想あり

2018.1.4更新 ★★★★★

ダンケルクネタバレあらすじ感想と評価一覧

ダンケルク昨年!感想あり

2018.1.18更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ感想と評価一覧

新感染 ファイナル・エクスプレス昨年!感想あり

2018.1.4更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ感想と評価一覧

ワンダーウーマン昨年!感想あり

2017.12.30更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ感想と評価一覧

スパイダーマン ホームカミング昨年!感想あり

2017.12.21更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女昨年!感想あり

2017.12.21更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ感想と評価一覧

パワーレンジャー昨年!感想あり

2018.1.2更新 ★★★★★

銀魂ネタバレあらすじ感想と評価一覧

銀魂昨年!感想あり

2017.12.22更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ライフ(2017)昨年!感想あり

2018.1.15更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジョン・ウィック チャプター2昨年!感想あり

2018.1.4更新 ★★★★★

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊ネタバレあらすじ感想と評価一覧

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊昨年!感想あり

2017.12.25更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ感想と評価一覧

ハクソー・リッジ昨年!感想あり

2018.1.15更新 ★★★★★

22年目の告白 私が殺人犯ですネタバレあらすじ感想と評価一覧

22年目の告白 私が殺人犯です昨年!感想あり

2018.1.9更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ感想と評価一覧

LOGAN ローガン昨年!感想あり

2018.1.15更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ感想と評価一覧

メッセージ昨年!感想あり

2018.1.14更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ感想と評価一覧

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス昨年!感想あり

2018.1.3更新 ★★★★★

無限の住人ネタバレあらすじ感想と評価一覧

無限の住人昨年!感想あり

2017.12.25更新 ★★★★★

君の名は。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

君の名は。感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

シン・ゴジラネタバレあらすじ感想と評価一覧

シン・ゴジラ感想あり

2017.11.12更新 ★★★★★

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番(他DCコミックス含む)

2017.11.26更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.11.1更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.12.20更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

【一覧】アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2017年映画まで)

【一覧】アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2017年映画まで)

2017.12.9更新

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2017.12.9更新

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2017.12.9更新

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2017.12.9更新

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2017.12.9更新

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2017.12.9更新

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2017.12.9更新

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2017.12.9更新

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2017.12.9更新

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2017.12.9更新

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2017.12.9更新

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2017.12.9更新

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2017.12.9更新

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2017.12.9更新

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2017.12.9更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2017年まで)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2017年まで)

2017.12.26更新

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2018.1.15更新

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2017.12.9更新

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2017.12.9更新

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2017.12.10更新

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2017.12.11更新

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2017.12.11更新

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2017.12.11更新

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2017.12.11更新

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2017.12.27更新

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2017.12.11更新

第31回日本アカデミー賞2008優秀賞と最優秀賞の全29作品まとめ(2007年映画)

第31回日本アカデミー賞2008優秀賞と最優秀賞の全29作品まとめ(2007年映画)

第30回日本アカデミー賞2007優秀賞と最優秀賞の全26作品まとめ(2006年映画)

第30回日本アカデミー賞2007優秀賞と最優秀賞の全26作品まとめ(2006年映画)

第29回日本アカデミー賞2006優秀賞と最優秀賞の全15作品まとめ(2005年映画)

第29回日本アカデミー賞2006優秀賞と最優秀賞の全15作品まとめ(2005年映画)

2017.10.9更新

歴代の報知映画賞ノミネートと受賞作

歴代のゴールデングローブ賞ノミネートと受賞作