ピクシーン
映画ランキング/興行収入/評価一覧/ネタバレあらすじ感想
更新を購読できます

2009年映画ゴールデングローブ賞ノミネートと最優秀賞まとめ(2010発表/第67回)

2009年映画ゴールデングローブ賞ノミネートと最優秀賞まとめ(2010発表/第67回)

第67回ゴールデングローブ賞の映画部門ノミネートと最優秀賞(2009年公開映画)の部門別一覧まとめです。2009年12月にノミネートが発表され、授賞式は2010年1月です。一部作品は興行収入、レビューサイト評価一覧、あらすじなども紹介します。

下の表では、人物主体の賞も作品を先に表記します。2009年ゴールデングローブ賞の対象は、2009年1月1日から12月31日までにロサンゼルス地域で公開された映画です。アカデミー賞の前哨戦的な見方をする人もいるようです。

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

2009年映画ゴールデングローブ賞ノミネートと最優秀賞

ゴールデングローブ賞全部門の受賞一覧まとめ

  • 作品賞 ドラマ部門アバター
  • 作品賞 ミュージカル・コメディ部門ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
  • 主演男優賞 ドラマ部門クレイジー・ハート(ジェフ・ブリッジス)
  • 主演男優賞 ミュージカル・コメディ部門シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)
  • 主演女優賞 ドラマ部門しあわせの隠れ場所(サンドラ・ブロック)
  • 主演女優賞 ミュージカル・コメディ部門ジュリー&ジュリア(メリル・ストリープ)
  • 助演男優賞イングロリアス・バスターズ(クリストフ・ワルツ)
  • 助演女優賞プレシャス(モニーク)
  • 監督賞アバター(ジェームズ・キャメロン)
  • 脚本賞マイレージ、マイライフ(ジェイソン・ライトマン、シェルダン・ターナー)
  • 作曲賞カールじいさんの空飛ぶ家(マイケル・ジアッキノ)
  • 主題歌賞クレイジー・ハート(The Weary Kind (Theme From Crazy Heart))
  • 長編アニメーション映画賞カールじいさんの空飛ぶ家
  • 外国語映画賞白いリボン(ドイツ)

作品賞(ドラマ部門)ノミネートと最優秀賞

作品賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネートと最優秀賞

主演男優賞(ドラマ部門)ノミネートと最優秀賞

主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)
  • インフォーマント!(マット・デイモン)
  • NINE(ダニエル・デイ=ルイス)
  • (500)日のサマー(ジョセフ・ゴードン=レビット)
  • シリアスマン(マイケル・スタールバーグ)

主演女優賞(ドラマ部門)ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞しあわせの隠れ場所(サンドラ・ブロック)
  • ヴィクトリア女王 世紀の愛(エミリー・ブラント)
  • 終着駅 トルストイ最後の旅(ヘレン・ミレン)
  • 17歳の肖像(キャリー・マリガン)
  • プレシャス(ガボリー・シディベ)

主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞ジュリー&ジュリア(メリル・ストリープ)
  • あなたは私の婿になる(サンドラ・ブロック)
  • NINE(マリオン・コティヤール)
  • デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく(ジュリア・ロバーツ)
  • 恋するベーカリー(メリル・ストリープ)

助演男優賞ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞イングロリアス・バスターズ(クリストフ・ワルツ)
  • インビクタス 負けざる者たち(マット・デイモン)
  • メッセンジャー(ウッディ・ハレルソン)
  • 終着駅 トルストイ最後の旅(クリストファー・プラマー)
  • ラブリーボーン(スタンリー・トゥッチ)

助演女優賞ノミネートと最優秀賞

監督賞ノミネートと最優秀賞

脚本賞ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞マイレージ、マイライフ(ジェイソン・ライトマン、シェルダン・ターナー)
  • 第9地区(ニール・ブロムカンプ、テリー・タッチェル)
  • ハート・ロッカー(マーク・ボール)
  • イングロリアス・バスターズ(クエンティン・タランティーノ)
  • 恋するベーカリー(ナンシー・マイヤーズ)

作曲賞ノミネートと最優秀賞

  • 最優秀賞カールじいさんの空飛ぶ家(マイケル・ジアッキノ)
  • インフォーマント!(マービン・ハムリッシュ)
  • アバター(ジェームズ・ホーナー)
  • シングルマン(アベル・コジェニオウスキ)
  • かいじゅうたちのいるところ(カレンO、カーター・バーウェル)

主題歌賞ノミネートと最優秀賞(曲名)

  • 最優秀賞クレイジー・ハート(The Weary Kind (Theme From Crazy Heart))
  • NINE(Cinema Italiano)
  • アバター(I See Yo)
  • みんな元気(I Want To Come Home)
  • マイ・ブラザー(Winter)

長編アニメーション映画賞ノミネートと最優秀賞

外国語映画賞ノミネートと最優秀賞(国名)

  • 最優秀賞白いリボン(ドイツ)
  • シチリア!シチリア!(イタリア)
  • 抱擁のかけら(スペイン)
  • La nana (The Maid)(チリ)
  • 預言者(フランス)

主要なノミネートと受賞作品一覧

アバター

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
2,787百万US$
日本興行収入
156.0億円
日本公開
2009.12.23
上映時間
162分
アバター
原題/英題
Avatar
製作国
アメリカ、イギリス(2009.12.18公開)
映画監督
ジェームズ・キャメロン
主な出演者
サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ
製作費
約US$ 237,000,000(約261億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)20th Century Fox、Lightstorm Entertainment、

『アバター』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。22世紀、地球のエネルギー問題を解決するため人類はパンドラに進出する。しかしパンドラの先住民ナヴィとの交渉は難航していた。元海兵隊員ジェイクは、自らの分身、人工生命体「アバター」を操り、ナヴィと接触するが交渉は一行に進まず、やがて鉱物資源を巡り、人類とナヴィとの戦争が勃発していき...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載歴代映画興行収入ランキング!オールタイム日本ベスト26

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

平均評価
★★★★★74/100
私の評価
★★★★★60/100
世界興行収入
467百万US$
日本公開
2010.7.3
上映時間
100分 予告動画
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い
原題/英題
The Hangover
製作国
アメリカ(2009.6.5公開)
映画監督
トッド・フィリップス
主な出演者
ブラッドリー・クーパー、エド・ヘルムズ、ザック・ガリフィアナキス、ヘザー・グラハム、ジャスティン・バーサ
製作費
約US$ 35,000,000(約39億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures、Legendary Pictures

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』あらすじ(ネタバレなし)や概要

シリーズ第1作目。結婚式2日前のダグは、悪友2人と新婦の弟との4人で、独身旅行としてラスベガスへ行き、夜は酒を飲み交わした。翌朝、ダグ以外の3人は二日酔い状態でホテルの部屋で目を覚ますが、前夜の記憶はなかった。そこにはなぜか虎と赤ちゃんがいて、スチュは前歯がなくなってた。3人はダグを探しはじめるが、昨日乗ってきたベンツはなぜかパトカーに変わっていて...。第67回ゴールデングローブ賞でコメディ・ミュージカル部門作品賞を受賞。

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

シャーロック・ホームズ

平均評価
★★★★★72/100
世界興行収入
524百万US$
日本興行収入
21.6億円
日本公開
2010.3.12
上映時間
129分
シャーロック・ホームズ
原題/英題
Sherlock Holmes
製作国
イギリス、アメリカ、オーストラリア(2009.12.24公開)
映画監督
ガイ・リッチー
主な出演者
ロバート・ダウニー・Jr.、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、エディ・マーサン
製作費
約US$ 90,000,000(約99億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、シルバー・ピクチャーズ、ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ

『シャーロック・ホームズ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞ノミネート作。19世紀末のロンドン。ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)と医師ワトソン(ジュード・ロウ)の2人は、怪しい黒魔術の儀式を行い、若い女性を次々と殺害するブラックウッド卿を逮捕する。だが、処刑されたはずのブラックウッドが蘇り、再び殺人事件が発生するが...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 72/100換算

掲載2009映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

マイレージ、マイライフ

平均評価
★★★★★73/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
166百万US$
日本公開
2010.3.20
上映時間
109分 予告動画
マイレージ、マイライフ
原題/英題
UP IN THE AIR
製作国
アメリカ(2009.12.25公開)
映画監督
ジェイソン・ライトマン
主な出演者
ジョージ・クルーニー、ベラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック、ジェイソン・ベイトマン、エイミー・モートン
製作費
約US$ 25,000,000(約28億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)Paramount Pictures、ドリームワークス、Cold Spring Pictures、The Montecito Picture Company、Rickshaw Productions、Right of Way Films

『マイレージ、マイライフ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞ノミネート作。ライアンはリストラ宣告人として、年間300日以上もアメリカ各地へ飛行機で出張を続けながら、ある野望のためにマイレージを貯めていた。ところがある日、新入社員ナタリーの提案で、ネットの映像電話を使う出張コストの削減計画を知る。ライアンはナタリーを連れて、現地での人間味ある対応を体験させた。そんな時、妹が結婚すると聞き、同じく出張が多くて各地で恋人のような関係になっていたアレックスを、式へ連れて行くことにしたのだが...

『マイレージ、マイライフ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

カールじいさんの空飛ぶ家

平均評価
★★★★★77/100
私の評価
★★★★★68/100
世界興行収入
735百万US$
日本興行収入
50.0億円
日本公開
2009.12.5
上映時間
103分 予告動画
カールじいさんの空飛ぶ家
原題/英題
Up
製作国
アメリカ(2009.5.29公開)
映画監督
ピート・ドクター
主な出演者
エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト
製作費
約US$ 175,000,000(約193億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Pixar Animation Studios

『カールじいさんの空飛ぶ家』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。少年カールと少女エリーは、冒険にあこがれて意気投合し結婚し、出会った空き家で幸せに暮らした。やがてエリーは亡くなり、78歳のカールじいさんは、家に大量の風船をつけて、妻との夢だった南米のパラダイスフォールへと旅立つ。しかし少年ラッセルは偶然その家にいて...

『カールじいさんの空飛ぶ家』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

(500)日のサマー

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
60百万US$
日本公開
2010.1.9
上映時間
96分
(500)日のサマー
原題/英題
(500) Days of Summer
製作国
アメリカ(2009.8.7公開)
映画監督
マーク・ウェブ
主な出演者
ジョセフ・ゴードン=レビット、ズーイー・デシャネル、ジェフリー・エアンド、クロエ・グレース・モレッツ、マシュー・グレイ・ガブラー
製作費
約US$ 7,500,000(約8億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:PG-13
(C)20th Century Fox、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ(USA)、Fox Searchlight Pictures

『(500)日のサマー』あらすじ(ネタバレなし)や概要

建築家を夢見つつもグリーティング・カード会社で働くトムは、社長秘書として入社してきたサマーに一目ぼれをする。運命の恋を信じるトムは果敢にアタックし、遂に一夜を共にするのだが、サマーにとってトムは運命の人ではなく、ただの「友だち」でしかなかった。そんな、トムとサマーの500日の出来事を軽快に描くビター・スウィートなラブコメディ。主演は「G.I.ジョー」のジョセフ・ゴードン=レビットと「ハプニング」のズーイー・デシャネル。監督はCMやミュージック・クリップなどで活躍する映像作家のマーク・ウェブ。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2010ライムスター宇多丸のシネマランキング!映画ベスト20

インビクタス 負けざる者たち

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
122百万US$
日本公開
2010.2.5
上映時間
134分
インビクタス 負けざる者たち
原題/英題
Invictus
製作国
アメリカ、南アフリカ(2009.12.11公開)
映画監督
クリント・イーストウッド
主な出演者
モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、スコット・イーストウッド
製作費
約US$ 60,000,000(約66億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、

『インビクタス 負けざる者たち』あらすじ(ネタバレなし)や概要

南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンがワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を、クリント・イーストウッド監督が描いた人間ドラマ。1994年、南アフリカ初の黒人大統領となったマンデラは、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差をなくし、国をまとめるためには、95年に自国で開催されるラグビーワールドカップでの優勝が必要と感じ、代表チームのキャプテン、ピナールとの接触を図る……。主演はモーガン・フリーマンとマット・デイモン。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2010キネマ旬報ベストテン外国映画ランキング(第84回)

第9地区

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★72/100
世界興行収入
210百万US$
日本公開
2010.4.10
上映時間
111分 予告動画
第9地区
原題/英題
District 9
製作国
アメリカ、南アフリカ共和国、ニュージーランド(2009.8.14公開)
映画監督
ニール・ブロムカンプ
主な出演者
シャルト・コプリー、ジェイソン・コープ、デビッド・ジェームズ、バネッサ・ハイウッド、マンドラ・ガドゥカ
製作費
約US$ 30,000,000(約33億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)ワーナー・ブラザース/GAGA、TriStar Pictures/MGM(USA)、TriStar Pictures、QED International、WingNut Films、Key Creatives

『第9地区』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞ノミネート作。突然、南アフリカ共和国に巨大宇宙船(UFO)が飛来してきて停止。中には不衛生で弱ったエイリアンの群れがいた。政府は彼らを難民として、第9地区に受け入れるが、時が経つにつれてスラム化していた。やがて民間企業マルチ・ナショナル・ユナイテッド社(MNU)がその管理を委託され、28年後にはエイリアンをさらに劣悪な第10地区へ移住させることが決定。ヴィカスが責任者として任され、エイリアンたちの承認を強行して取り付ける。しかしある日、謎の液体をあびてしまったことから、エイリアンたちに助けを求めることになり...

『第9地区』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

プリンセスと魔法のキス

平均評価
★★★★★73/100
私の評価
★★★★★72/100
世界興行収入
267百万US$
日本公開
2010.3.6
上映時間
97分 予告動画
プリンセスと魔法のキス
原題/英題
The Princess and the Frog
製作国
アメリカ(2009.12.11公開)
映画監督
ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
主な出演者
アニカ・ノニ・ローズ、ブルーノ・カンポス、キース・デビッド、ジェニファー・ルイス、ジョン・グッドマン
製作費
約US$ 105,000,000(約116億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:G
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Walt Disney Animation Studios

『プリンセスと魔法のキス』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ディズニーアニメ映画第82回アカデミー賞で歌曲賞など3ノミネート。ニューオリンズでウェイトレスをするティアナは、亡き父の夢だったレストラン開業を夢みながら働く。ある日、友人シャーロットの家で仮面舞踏会が開かれ、注文されたベニエを持っていく。すると魔術師にカエルにされたナヴィーン王子がキスをせまってきたので、しぶしぶ応じると自分までカエルになってしまう。2匹は魔法を解くために冒険をはじめるのだが...

『プリンセスと魔法のキス』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

以上が、2010年1月に発表された、第67回ゴールデングローブ賞(2009年公開映画)の部門別一覧です。

参考にしたページ

ゴールデングローブ賞

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

ジオストームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジオストーム上映中感想あり

2018.2.19更新 ★★★★★

キングスマン ゴールデン・サークルネタバレあらすじ感想と評価一覧

キングスマン ゴールデン・サークル上映中感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

スター・ウォーズ 最後のジェダイネタバレあらすじ感想と評価一覧

スター・ウォーズ 最後のジェダイ昨年!感想あり

2018.2.20更新 ★★★★★

IT イット それが見えたら、終わり。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

IT イット それが見えたら、終わり。昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

マイティ・ソー バトルロイヤルネタバレあらすじ感想と評価一覧

マイティ・ソー バトルロイヤル昨年!感想あり

2018.2.10更新 ★★★★★

ゲット・アウトネタバレあらすじ感想と評価一覧

ゲット・アウト昨年!感想あり

2018.1.20更新 ★★★★★

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォーネタバレあらすじ感想と評価一覧

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー昨年!感想あり

2018.2.9更新 ★★★★★

僕のワンダフル・ライフネタバレあらすじ感想と評価一覧

僕のワンダフル・ライフ昨年!感想あり

2018.1.23更新 ★★★★★

ドリームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ドリーム昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ感想と評価一覧

エイリアン コヴェナント昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

ダンケルクネタバレあらすじ感想と評価一覧

ダンケルク昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ感想と評価一覧

新感染 ファイナル・エクスプレス昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ感想と評価一覧

ワンダーウーマン昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ベイビー・ドライバーネタバレあらすじ感想と評価一覧

ベイビー・ドライバー昨年!感想あり

2018.2.12更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ感想と評価一覧

スパイダーマン ホームカミング昨年!感想あり

2018.1.20更新 ★★★★★

トランスフォーマー 最後の騎士王ネタバレあらすじ感想と評価一覧

トランスフォーマー 最後の騎士王昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

君の膵臓をたべたいネタバレあらすじ感想と評価一覧

君の膵臓をたべたい昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ感想と評価一覧

パワーレンジャー昨年!感想あり

2018.2.2更新 ★★★★★

銀魂ネタバレあらすじ感想と評価一覧

銀魂昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ライフ(2017)昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジョン・ウィック チャプター2昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊ネタバレあらすじ感想と評価一覧

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ感想と評価一覧

ハクソー・リッジ昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

22年目の告白 私が殺人犯ですネタバレあらすじ感想と評価一覧

22年目の告白 私が殺人犯です昨年!感想あり

2018.2.8更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ感想と評価一覧

LOGAN ローガン昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ感想と評価一覧

メッセージ昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.12.20更新

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

2018.1.24更新

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

2018.2.1更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

2018.1.24更新

2017年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2018発表/第90回)

2017年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2018発表/第90回)

2018.1.26更新

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2018.1.24更新

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2017.12.9更新

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2017.12.9更新

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2017.12.9更新

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2017.12.9更新

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2017.12.9更新

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2017.12.9更新

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2017.12.9更新

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2017.12.9更新

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2017.12.9更新

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2017.12.9更新

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2017.12.9更新

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2017.12.9更新

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2017.12.9更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

2018.2.1更新

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2018.1.24更新

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2017.12.9更新

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2017.12.9更新

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2017.12.10更新

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2017.12.11更新

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2017.12.11更新

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2017.12.11更新

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2017.12.11更新

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2017.12.27更新

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2017.12.11更新

2007年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2008発表/第31回/全29作品)

2007年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2008発表/第31回/全29作品)

2018.1.27更新

2006年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2007発表/第30回/全26作品)

2006年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2007発表/第30回/全26作品)

2018.1.27更新

2005年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2006発表/第29回/全15作品)

2005年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2006発表/第29回/全15作品)

2018.1.27更新

歴代の報知映画賞ノミネートと受賞作

歴代のゴールデングローブ賞ノミネートと受賞作