ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想や評価一覧
更新を購読できます

第32回日本アカデミー賞2009優秀賞と最優秀賞の全28作品まとめ(2008年映画)

第32回日本アカデミー賞2009優秀賞と最優秀賞の全28作品まとめ(2008年映画)

第32回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全作品(2008年公開映画)の、部門別一覧まとめです。2008年12月に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2009年2月20日でした。

最多の最優秀賞は『おくりびと』の計10部門です。最多の優秀賞は『おくりびと』が計13部門、『母べえ』が12部門です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

今回の対象は、2007年12月から2008年11月の間に、商業映画劇場で1週間以上、上映された映画です。

第32回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

作品賞の優秀賞と最優秀賞

おくりびと

平均評価
★★★★★78/100
日本興行収入
64.8億円
日本公開
2008.9.13
上映時間
130分
おくりびと
原題/英題
Departures
映画監督
滝田洋二郎
主な出演者
本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)松竹、映画「おくりびと」製作委員会

『おくりびと』あらすじ(ネタバレなし)や概要

遺体を棺に納める“納棺師”という職業を通して、様々な死と向き合い人生をみつめるヒューマンドラマ。監督は「壬生義士伝」の滝田洋二郎、音楽を久石譲が担当。ひょんなことから納棺師の見習いとなった元チェリストの大悟は、妻の美香には冠婚葬祭の仕事とごまかして働いていた。日々とまどいながらも様々な死と出会い成長していく大悟と、それを見守る美香を本木雅弘と広末涼子が好演。第81回アカデミー賞で、日本映画史上初の外国語映画賞を受賞した。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 78/100換算

掲載2008映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

  • 【最優秀賞】崖の上のポニョ
  • 映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
  • スカイ・クロラ
  • 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
  • ONE PIECE ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパープラス 冬に咲く、奇跡の桜

崖の上のポニョ

平均評価
★★★★★68/100
私の評価
★★★★★55/100
世界興行収入
201百万US$
日本興行収入
155.0億円
日本公開
2008.7.19
上映時間
101分 予告動画
崖の上のポニョ
原題/英題
Ponyo
映画監督
宮崎駿
主な出演者
山口智子、長嶋一茂、天海祐希、所ジョージ、奈良柚莉愛、土井洋輝、柊瑠美、矢野顕子、吉行和子、奈良岡朋子
製作費
約34億円
映倫区分
日本:G/一般、USA:G
(C)東宝、スタジオジブリ

『崖の上のポニョ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スタジオジブリ作品。海辺の崖の上で両親と3人暮らしの5歳の少年の宗介は、家出してきた魚を助けてポニョと名付ける。2人は仲良くなるが、すぐにポニョは魔法使いの父フジモトにより海に連れ戻される。しかし人間になりたいポニョは逃げ出し、母を引き継ぐ強力な魔法で偶然にも世界を破滅へと導き...

『崖の上のポニョ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 【最優秀賞】おくりびと(滝田洋二郎)
  • パコと魔法の絵本(中島哲也)
  • クライマーズ・ハイ(原田眞人)
  • ザ・マジックアワー(三谷幸喜)
  • 母べえ(山田洋次)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 【最優秀賞】おくりびと(小山薫堂)
  • アフタースクール(内田けんじ)
  • クライマーズ・ハイ(加藤正人、成島出、原田眞人)
  • ザ・マジックアワー(三谷幸喜)
  • 母べえ(山田洋次、平松恵美子)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 【最優秀賞】おくりびと(本木雅弘)
  • ザ・マジックアワー(佐藤浩市)
  • クライマーズ・ハイ(堤真一)
  • デトロイト・メタル・シティ(松山ケンイチ)
  • パコと魔法の絵本(役所広司)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 【最優秀賞】ぐるりのこと。(木村多江)
  • 私は貝になりたい(仲間由紀恵)
  • おくりびと(広末涼子)
  • 母べえ(吉永小百合)
  • まぼろしの邪馬台国 YAMATAIKOKU(吉永小百合)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

第32回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 【最優秀賞】おくりびと(浜田毅)
  • パコと魔法の絵本(阿藤正一、尾澤篤史)
  • クライマーズ・ハイ(小林元)
  • 母べえ(長沼六男)
  • 私は貝になりたい(松島孝助)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 【最優秀賞】おくりびと(髙屋齋)
  • パコと魔法の絵本(高倉進)
  • クライマーズ・ハイ(堀直之)
  • 母べえ(中須岳士)
  • 私は貝になりたい(木村太朗)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 【最優秀賞】パコと魔法の絵本(桑島十和子)
  • おくりびと(小川富美夫)
  • ザ・マジックアワー(種田陽平)
  • 母べえ(出川三男)
  • クライマーズ・ハイ(福澤勝広)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 【最優秀賞】おくりびと(尾崎聡、小野寺修)
  • 母べえ(岸田和美)
  • ザ・マジックアワー(瀬川徹夫)
  • パコと魔法の絵本(福田伸、太斉唯夫)
  • クライマーズ・ハイ(矢野正人)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 【最優秀賞】おくりびと(川島章正)
  • 母べえ(石井巌)
  • ザ・マジックアワー(上野聡一)
  • パコと魔法の絵本(小池義幸)
  • クライマーズ・ハイ(須永弘志、原田遊人)

第32回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

ダークナイト

平均評価
★★★★★88/100
私の評価
★★★★★93/100
世界興行収入
1,004百万US$
日本興行収入
16.1億円
日本公開
2008.8.9
上映時間
152分 予告動画
ダークナイト
原題/英題
The Dark Knight
製作国
アメリカ、イギリス(2008.7.18公開)
映画監督
クリストファー・ノーラン
主な出演者
クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マイケル・ケイン、マギー・ギレンホール
製作費
約US$ 185,000,000(約204億円)
映倫区分
日本:設定なし、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Legendary Pictures、Syncopy Films

『ダークナイト』あらすじ(ネタバレなし)や概要

DCコミックスのダークナイト3部作の第2弾。『バットマン ビギンズ』の続編。ジョーカー役のヒース・レジャーが死後、アカデミー賞で助演男優賞受賞。ブルース・ウェインはバットマンとしてゴッサム・シティの悪と戦い、ゴードン警部補やハービー・デント検事と協力してマフィアを追いつめるが、史上最悪の犯罪者ジョーカーが現れ...

『ダークナイト』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

新人俳優賞(俳優・女優)

  • ホームレス中学生(小池徹平)
  • イキガミ(松田翔太)
  • パコと魔法の絵本(アヤカ・ウィルソン)
  • 三本木農業高等学校、馬術部 盲目の馬と少女の実話(長渕文音)
  • 櫻の園 さくらのその(福田沙紀)
  • 蛇にピアス(吉高由里子)

会長特別賞

  • 市川崑(監督)
  • 緒形拳(俳優)

協会特別賞

  • 鳴海聡(操演)
  • 羽鳥博幸(操演)
  • 宮忠臣(ドッグトレーナー)

岡田茂賞

  • 株式会社 スタジオジブリ

話題賞

  • 作品部門: 容疑者Xの献身
  • 俳優部門: デトロイト・メタル・シティ(松山ケンイチ)

以上が、2009年2月の授賞式で発表された、第32回日本アカデミー賞(2008年公開映画)の部門別一覧です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは下をご覧ください。

参考にしたページ

日本アカデミー賞公式サイト

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ評価と感想

エイリアン コヴェナント上映中感想あり

2017.9.18更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ評価と感想

新感染 ファイナル・エクスプレス上映中感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ評価と感想

ワンダーウーマン上映中感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ評価と感想

スパイダーマン ホームカミング上映中感想あり

2017.9.20更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ評価と感想

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女今年!感想あり

2017.9.5更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー今年!感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)今年!感想あり

2017.7.8更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2今年!感想あり

2017.7.7更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ今年!感想あり

2017.8.4更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン今年!感想あり

2017.7.11更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

2017.7.14更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

2017.9.13更新 ★★★★★

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

2017.9.10更新 ★★★★★

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

2017.8.22更新 ★★★★★

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

2017.9.19更新 ★★★★★

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

2017.8.2更新 ★★★★★

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

2017.8.25更新 ★★★★★

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

アサシン クリードネタバレあらすじ評価と感想

アサシン クリード今年!感想あり

2017.5.11更新 ★★★★★

ラ・ラ・ランドネタバレあらすじ評価と感想

ラ・ラ・ランド今年!感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

トリプルX 再起動ネタバレあらすじ評価と感想

トリプルX 再起動今年!感想あり

2017.7.6更新 ★★★★★

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

2017.9.16更新 ★★★★★

君の名は。ネタバレあらすじ評価と感想

君の名は。昨年!感想あり

2017.8.8更新 ★★★★★

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

2017.4.3更新 ★★★★★

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.8.29更新

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.9.20更新

エイリアンシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

エイリアンシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.9.22更新

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

2017.9.19更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング