ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

第32回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全28作品(2008年公開映画)の部門別一覧まとめです。2008年12月に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2009年2月20日でした。

最多の最優秀賞は『おくりびと』の計10部門です。最多の優秀賞は『おくりびと』が計13部門、『母べえ』が12部門です。

第32回日本アカデミー賞の対象は、2007年12月から2008年11月の間に、商業映画劇場で1週間以上、上映された映画です。

2008年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

第32回日本アカデミー賞の最優秀賞一覧まとめ

作品賞の優秀賞と最優秀賞

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

  • 最優秀賞崖の上のポニョ
  • 映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝
  • スカイ・クロラ
  • 名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)
  • ONE PIECE ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパープラス 冬に咲く、奇跡の桜

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 最優秀賞おくりびと(滝田洋二郎)
  • パコと魔法の絵本(中島哲也)
  • クライマーズ・ハイ(原田眞人)
  • ザ・マジックアワー(三谷幸喜)
  • 母べえ(山田洋次)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 最優秀賞おくりびと(小山薫堂)
  • アフタースクール(内田けんじ)
  • クライマーズ・ハイ(加藤正人、成島出、原田眞人)
  • ザ・マジックアワー(三谷幸喜)
  • 母べえ(山田洋次、平松恵美子)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞おくりびと(本木雅弘)
  • ザ・マジックアワー(佐藤浩市)
  • クライマーズ・ハイ(堤真一)
  • デトロイト・メタル・シティ(松山ケンイチ)
  • パコと魔法の絵本(役所広司)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞ぐるりのこと。(木村多江)
  • 私は貝になりたい(仲間由紀恵)
  • おくりびと(広末涼子)
  • 母べえ(吉永小百合)
  • まぼろしの邪馬台国 YAMATAIKOKU(吉永小百合)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞おくりびと(余貴美子)
  • 歩いても 歩いても(樹木希林)
  • 母べえ(檀れい)
  • デトロイト・メタル・シティ(松雪泰子)
  • 容疑者Xの献身(松雪泰子)

2008年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

  • 最優秀賞崖の上のポニョ(久石譲)
  • ザ・マジックアワー(荻野清子)
  • パコと魔法の絵本(ガブリエル・ロベルト)
  • 母べえ(冨田勲)
  • おくりびと(久石譲)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 最優秀賞おくりびと(浜田毅)
  • パコと魔法の絵本(阿藤正一、尾澤篤史)
  • クライマーズ・ハイ(小林元)
  • 母べえ(長沼六男)
  • 私は貝になりたい(松島孝助)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 最優秀賞おくりびと(髙屋齋)
  • パコと魔法の絵本(高倉進)
  • クライマーズ・ハイ(堀直之)
  • 母べえ(中須岳士)
  • 私は貝になりたい(木村太朗)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 最優秀賞パコと魔法の絵本(桑島十和子)
  • おくりびと(小川富美夫)
  • ザ・マジックアワー(種田陽平)
  • 母べえ(出川三男)
  • クライマーズ・ハイ(福澤勝広)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 最優秀賞おくりびと(尾崎聡、小野寺修)
  • 母べえ(岸田和美)
  • ザ・マジックアワー(瀬川徹夫)
  • パコと魔法の絵本(福田伸、太斉唯夫)
  • クライマーズ・ハイ(矢野正人)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 最優秀賞おくりびと(川島章正)
  • 母べえ(石井巌)
  • ザ・マジックアワー(上野聡一)
  • パコと魔法の絵本(小池義幸)
  • クライマーズ・ハイ(須永弘志、原田遊人)

2008年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

新人俳優賞(俳優・女優)

  • ホームレス中学生(小池徹平)
  • イキガミ(松田翔太)
  • パコと魔法の絵本(アヤカ・ウィルソン)
  • 三本木農業高等学校、馬術部 盲目の馬と少女の実話(長渕文音)
  • 櫻の園 さくらのその(福田沙紀)
  • 蛇にピアス(吉高由里子)

会長特別賞

  • 市川崑(監督)
  • 緒形拳(俳優)

協会特別賞

  • 鳴海聡(操演)
  • 羽鳥博幸(操演)
  • 宮忠臣(ドッグトレーナー)

岡田茂賞

  • 株式会社 スタジオジブリ

話題賞

  • 作品部門容疑者Xの献身
  • 俳優部門デトロイト・メタル・シティ(松山ケンイチ)

以上が、2009年2月の授賞式で発表された、第32回日本アカデミー賞(2008年公開映画)の部門別一覧です。

参考にしたページ

日本アカデミー賞公式サイト

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周で世界遺産595訪問後、映画に再ハマり。家視含め3年で1500本。新作映画は、2017年 181本、2018年 42本
今話題の映画やランキング