ピクシーンPick Scene映画ランキング/興行収入/評価まとめ/ネタバレあらすじ感想

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

第34回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全30作品(2010年公開映画)の部門別一覧まとめです。2010年12月に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2011年2月18日でした。

最多の最優秀賞は『悪人』が計5部門、『十三人の刺客』『告白』が計4部門です。最多の優秀賞は『悪人』の計13部門15賞です。

第34回日本アカデミー賞の対象は、2009年12月5日から2010年11月27日の間に、商業映画劇場で1週間以上、上映された映画です。

映画名クリックで詳細ページ(興行収入や評価まとめやネタバレあらすじ)へ移動できます。2017年公開の映画ランキングと映画賞まとめもご覧くださいね。

2010年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

第34回日本アカデミー賞の最優秀賞一覧まとめ

作品賞の優秀賞と最優秀賞

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 最優秀賞告白(中島哲也)
  • 孤高のメス(成島出)
  • 十三人の刺客(三池崇史)
  • おとうと(山田洋次)
  • 悪人(李相日)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 最優秀賞告白(中島哲也)
  • 孤高のメス(加藤正人)
  • 十三人の刺客(天願大介)
  • おとうと(山田洋次、平松恵美子)
  • 悪人(吉田修一、李相日)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞悪人(妻夫木聡)
  • おとうと(笑福亭鶴瓶)
  • 孤高のメス(堤真一)
  • 必死剣鳥刺し(豊川悦司)
  • 十三人の刺客(役所広司)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞悪人(深津絵里)
  • キャタピラー(寺島しのぶ)
  • 告白(松たか子)
  • 今度は愛妻家(薬師丸ひろ子)
  • おとうと(吉永小百合)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞悪人(柄本明)
  • 今度は愛妻家(石橋蓮司)
  • 悪人(岡田将生)
  • 告白(岡田将生)
  • 必死剣鳥刺し(吉川晃司)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞悪人(樹木希林)
  • おとうと(蒼井優)
  • 告白(木村佳乃)
  • 孤高のメス(夏川結衣)
  • 悪人(満島ひかり)

2010年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

  • 最優秀賞悪人(久石譲)
  • 十三人の刺客(遠藤浩二)
  • BECK(GRAND FUNK ink.)
  • おとうと(冨田勲)
  • 今度は愛妻家(めいなCo.)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 最優秀賞十三人の刺客(北信康)
  • 告白(阿藤正一、尾澤篤史)
  • 必死剣鳥刺し(石井浩一)
  • 悪人(笠松則通)
  • おとうと(近森眞史)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 最優秀賞十三人の刺客(渡部嘉)
  • 告白(高倉進)
  • 必死剣鳥刺し(椎原敦貴)
  • 悪人(岩下和裕)
  • おとうと(渡邊孝一)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 最優秀賞十三人の刺客(林田裕至)
  • 告白(桑島十和子)
  • 悪人(種田陽平、杉本亮)
  • 大奥(花谷秀文)
  • 桜田門外ノ変(松宮敏之)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 最優秀賞十三人の刺客(中村淳)
  • おとうと(岸田和美)
  • 悪人(白取貢)
  • 必死剣鳥刺し(田中靖志)
  • 告白(矢野正人)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 最優秀賞告白(小池義幸)
  • おとうと(石井巌)
  • 悪人(今井剛)
  • 必死剣鳥刺し(洲崎千恵子)
  • 十三人の刺客(山下健治)

2010年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

新人俳優賞(俳優・女優)

  • ゴースト もういちど抱きしめたい(芦田愛菜)
  • きな子 見習い警察犬の物語(大野百花)
  • ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲、時をかける少女(仲里依紗)
  • ソフトボーイ(永山絢斗)
  • THE LAST MESSAGE 海猿(三浦翔平)
  • RAIL WAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(三浦貴大)

会長特別賞

  • 井上梅次(監督)
  • 北林谷栄(女優)
  • 木村威夫(美術監督)
  • 小林桂樹(俳優)
  • 西河克己(監督)

協会特別賞

  • 上野隆三(殺陣)
  • 久世浩(殺陣)
  • 松本良二(装飾)
  • 矢島信男(特殊技術)
  • 野上照代(記録・黒澤組プロダクションマネージャー)

岡田茂賞

  • 映像京都

話題賞

  • 作品部門SP 野望篇
  • 俳優部門てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡(岡村隆史)

映画名クリックで詳細ページ(興行収入や評価まとめやネタバレあらすじ)へ移動できます。2017年公開の映画ランキングと映画賞まとめもご覧くださいね。

以上が、2011年2月の授賞式で発表された、第34回日本アカデミー賞(2010年公開映画)の部門別一覧です。

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

今話題の映画やランキング