ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想や評価一覧
更新を購読できます

第34回日本アカデミー賞2011優秀賞と最優秀賞の全30作品まとめ(2010年映画)

第34回日本アカデミー賞2011優秀賞と最優秀賞の全30作品まとめ(2010年映画)

第34回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全作品(2010年公開映画)の、部門別一覧まとめです。2010年12月に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2011年2月18日でした。

最多の最優秀賞は『悪人』が計5部門、『十三人の刺客』『告白』が計4部門です。最多の優秀賞は『悪人』の計13部門15賞です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

今回の対象は、2009年12月5日から2010年11月27日の間に、商業映画劇場で1週間以上、上映された映画です。

第34回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

作品賞の優秀賞と最優秀賞

告白

平均評価
★★★★★76/100
日本興行収入
38.5億円
日本公開
2010.6.5
上映時間
106分
告白
原題/英題
Confessions
映画監督
中島哲也
主な出演者
松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫
映倫区分
日本:R15+
(C)東宝、映像制作部、リクリ

『告白』あらすじ(ネタバレなし)や概要

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松)は、愛娘を学校のプールで殺害される。警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。共演に岡田将生、木村佳乃。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2010映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

借りぐらしのアリエッティ

平均評価
★★★★★70/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
145百万US$
日本興行収入
92.5億円
日本公開
2010.7.17
上映時間
94分 予告動画
借りぐらしのアリエッティ
原題/英題
The Secret World of Arrietty
映画監督
米林宏昌
主な出演者
志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也
映倫区分
日本:G/一般、USA:G
(C)東宝、スタジオジブリ

『借りぐらしのアリエッティ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スタジオジブリ作品。小人の少女アリエッティは両親と一緒に、人間に見つからないよう、借りぐらしで生活している。ある日「借り」る時に、人間の少年の翔に見つかり、家政婦ハルも小人を捕まえようとするので、小人の家族は引越しの準備を進めるのだが...

『借りぐらしのアリエッティ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 【最優秀賞】悪人(妻夫木聡)
  • おとうと(笑福亭鶴瓶)
  • 孤高のメス(堤真一)
  • 必死剣鳥刺し(豊川悦司)
  • 十三人の刺客(役所広司)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 【最優秀賞】悪人(深津絵里)
  • キャタピラー(寺島しのぶ)
  • 告白(松たか子)
  • 今度は愛妻家(薬師丸ひろ子)
  • おとうと(吉永小百合)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 【最優秀賞】悪人(柄本明)
  • 今度は愛妻家(石橋蓮司)
  • 悪人(岡田将生)
  • 告白(岡田将生)
  • 必死剣鳥刺し(吉川晃司)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 【最優秀賞】悪人(樹木希林)
  • おとうと(蒼井優)
  • 告白(木村佳乃)
  • 孤高のメス(夏川結衣)
  • 悪人(満島ひかり)

第34回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

  • 【最優秀賞】悪人(久石譲)
  • 十三人の刺客(遠藤浩二)
  • BECK(GRAND FUNK ink.)
  • おとうと(冨田勲)
  • 今度は愛妻家(めいなCo.)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

十三人の刺客

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★76/100
世界興行収入
17百万US$
日本興行収入
16.0億円
日本公開
2010.9.25
上映時間
141分 予告動画
十三人の刺客
原題/英題
13 Assassins
映画監督
三池崇史
主な出演者
役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太
製作費
約US$ 6,000,000(約7億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)東宝、マグノリア・ピクチャーズ(USA)、セディックインターナショナル

『十三人の刺客』あらすじ(ネタバレなし)や概要

過去作のリメイク。江戸時代末期、将軍の異母弟の松平斉韶(なりつぐ)の暴君ぶりを訴えるために、明石藩の間宮が老中の門前で切腹自害した。幕府内では秘密裏に斉韶を暗殺するべく、御目付役の島田新左衛門に命をくだす。新左衛門はおいの新六郎や道中で山の民も加えて、十三の刺客のみでの暗殺を計画。斉韶に恨みを持つ尾張藩などにも協力を要請し、落合宿を要塞化して参勤交代中の斉韶一行を誘い込むのだが...

『十三人の刺客』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

第34回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

アバター

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
2,787百万US$
日本興行収入
156.0億円
日本公開
2009.12.23
上映時間
162分
アバター
原題/英題
Avatar
製作国
アメリカ、イギリス(2009.12.18公開)
映画監督
ジェームズ・キャメロン
主な出演者
サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ
製作費
約US$ 237,000,000(約261億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)20th Century Fox、Lightstorm Entertainment、

『アバター』あらすじ(ネタバレなし)や概要

22世紀、地球のエネルギー問題を解決するため人類はパンドラに進出する。しかしパンドラの先住民ナヴィとの交渉は難航していた。元海兵隊員ジェイクは、自らの分身、人工生命体「アバター」を操り、ナヴィと接触するが交渉は一行に進まず、やがて鉱物資源を巡り、人類とナヴィとの戦争が勃発していき...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載歴代映画興行収入ランキング!オールタイム日本ベスト26

新人俳優賞(俳優・女優)

  • ゴースト もういちど抱きしめたい(芦田愛菜)
  • きな子 見習い警察犬の物語(大野百花)
  • ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲、時をかける少女(仲里依紗)
  • ソフトボーイ(永山絢斗)
  • THE LAST MESSAGE 海猿(三浦翔平)
  • RAIL WAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(三浦貴大)

会長特別賞

  • 井上梅次(監督)
  • 北林谷栄(女優)
  • 木村威夫(美術監督)
  • 小林桂樹(俳優)
  • 西河克己(監督)

協会特別賞

  • 上野隆三(殺陣)
  • 久世浩(殺陣)
  • 松本良二(装飾)
  • 矢島信男(特殊技術)
  • 野上照代(記録・黒澤組プロダクションマネージャー)

岡田茂賞

  • 映像京都

話題賞

  • 作品部門: SP 野望篇
  • 俳優部門: てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡(岡村隆史)

以上が、2011年2月の授賞式で発表された、第34回日本アカデミー賞(2010年公開映画)の部門別一覧です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは下をご覧ください。

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ評価と感想

エイリアン コヴェナント上映中感想あり

2017.9.18更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ評価と感想

新感染 ファイナル・エクスプレス上映中感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ評価と感想

ワンダーウーマン上映中感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ評価と感想

スパイダーマン ホームカミング上映中感想あり

2017.9.20更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ評価と感想

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女上映中感想あり

2017.9.5更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー今年!感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)今年!感想あり

2017.7.8更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2今年!感想あり

2017.7.7更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ今年!感想あり

2017.8.4更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン今年!感想あり

2017.7.11更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

2017.7.14更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

2017.9.13更新 ★★★★★

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

2017.9.10更新 ★★★★★

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

2017.8.22更新 ★★★★★

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

2017.9.19更新 ★★★★★

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

2017.8.2更新 ★★★★★

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

2017.8.25更新 ★★★★★

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

アサシン クリードネタバレあらすじ評価と感想

アサシン クリード今年!感想あり

2017.5.11更新 ★★★★★

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

2017.9.16更新 ★★★★★

映画 聲の形ネタバレあらすじ評価と感想

映画 聲の形昨年!感想あり

2017.6.20更新 ★★★★★

君の名は。ネタバレあらすじ評価と感想

君の名は。昨年!感想あり

2017.8.8更新 ★★★★★

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

2017.4.3更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー感想あり

2017.5.31更新 ★★★★★

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.8.29更新

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.9.20更新

トランスフォーマーシリーズ実写映画興行収入ランキングと評価一覧

トランスフォーマーシリーズ実写映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.8.9更新

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

2017.9.19更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング