ピクシーン
映画ランキング/興行収入/評価一覧/ネタバレあらすじ感想
更新を購読できます

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

第34回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全30作品(2010年公開映画)の部門別一覧まとめです。2010年12月に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2011年2月18日でした。

最多の最優秀賞は『悪人』が計5部門、『十三人の刺客』『告白』が計4部門です。最多の優秀賞は『悪人』の計13部門15賞です。

第34回日本アカデミー賞の対象は、2009年12月5日から2010年11月27日の間に、商業映画劇場で1週間以上、上映された映画です。

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

2010年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

第34回日本アカデミー賞の最優秀賞一覧まとめ

作品賞の優秀賞と最優秀賞

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 最優秀賞告白(中島哲也)
  • 孤高のメス(成島出)
  • 十三人の刺客(三池崇史)
  • おとうと(山田洋次)
  • 悪人(李相日)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 最優秀賞告白(中島哲也)
  • 孤高のメス(加藤正人)
  • 十三人の刺客(天願大介)
  • おとうと(山田洋次、平松恵美子)
  • 悪人(吉田修一、李相日)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞悪人(妻夫木聡)
  • おとうと(笑福亭鶴瓶)
  • 孤高のメス(堤真一)
  • 必死剣鳥刺し(豊川悦司)
  • 十三人の刺客(役所広司)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞悪人(深津絵里)
  • キャタピラー(寺島しのぶ)
  • 告白(松たか子)
  • 今度は愛妻家(薬師丸ひろ子)
  • おとうと(吉永小百合)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞悪人(柄本明)
  • 今度は愛妻家(石橋蓮司)
  • 悪人(岡田将生)
  • 告白(岡田将生)
  • 必死剣鳥刺し(吉川晃司)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞悪人(樹木希林)
  • おとうと(蒼井優)
  • 告白(木村佳乃)
  • 孤高のメス(夏川結衣)
  • 悪人(満島ひかり)

2010年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

  • 最優秀賞悪人(久石譲)
  • 十三人の刺客(遠藤浩二)
  • BECK(GRAND FUNK ink.)
  • おとうと(冨田勲)
  • 今度は愛妻家(めいなCo.)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 最優秀賞十三人の刺客(北信康)
  • 告白(阿藤正一、尾澤篤史)
  • 必死剣鳥刺し(石井浩一)
  • 悪人(笠松則通)
  • おとうと(近森眞史)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 最優秀賞十三人の刺客(渡部嘉)
  • 告白(高倉進)
  • 必死剣鳥刺し(椎原敦貴)
  • 悪人(岩下和裕)
  • おとうと(渡邊孝一)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 最優秀賞十三人の刺客(林田裕至)
  • 告白(桑島十和子)
  • 悪人(種田陽平、杉本亮)
  • 大奥(花谷秀文)
  • 桜田門外ノ変(松宮敏之)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 最優秀賞十三人の刺客(中村淳)
  • おとうと(岸田和美)
  • 悪人(白取貢)
  • 必死剣鳥刺し(田中靖志)
  • 告白(矢野正人)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 最優秀賞告白(小池義幸)
  • おとうと(石井巌)
  • 悪人(今井剛)
  • 必死剣鳥刺し(洲崎千恵子)
  • 十三人の刺客(山下健治)

2010年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

新人俳優賞(俳優・女優)

  • ゴースト もういちど抱きしめたい(芦田愛菜)
  • きな子 見習い警察犬の物語(大野百花)
  • ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲、時をかける少女(仲里依紗)
  • ソフトボーイ(永山絢斗)
  • THE LAST MESSAGE 海猿(三浦翔平)
  • RAIL WAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(三浦貴大)

会長特別賞

  • 井上梅次(監督)
  • 北林谷栄(女優)
  • 木村威夫(美術監督)
  • 小林桂樹(俳優)
  • 西河克己(監督)

協会特別賞

  • 上野隆三(殺陣)
  • 久世浩(殺陣)
  • 松本良二(装飾)
  • 矢島信男(特殊技術)
  • 野上照代(記録・黒澤組プロダクションマネージャー)

岡田茂賞

  • 映像京都

話題賞

  • 作品部門SP 野望篇
  • 俳優部門てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡(岡村隆史)

主要なノミネートと受賞作品一覧

告白

平均評価
★★★★★76/100
日本興行収入
38.5億円
日本公開
2010.6.5
上映時間
106分
告白
原題/英題
Confessions
映画監督
中島哲也
主な出演者
松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫
映倫区分
日本:R15+
(C)東宝、映像制作部、リクリ

『告白』あらすじ(ネタバレなし)や概要

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口(松)は、愛娘を学校のプールで殺害される。警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。共演に岡田将生、木村佳乃。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2010映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

借りぐらしのアリエッティ

平均評価
★★★★★70/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
145百万US$
日本興行収入
92.5億円
日本公開
2010.7.17
上映時間
94分 予告動画
借りぐらしのアリエッティ
原題/英題
The Secret World of Arrietty
映画監督
米林宏昌
主な出演者
志田未来、神木隆之介、大竹しのぶ、竹下景子、藤原竜也
映倫区分
日本:G/一般、USA:G
(C)東宝、スタジオジブリ

『借りぐらしのアリエッティ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スタジオジブリ作品。小人の少女アリエッティは両親と一緒に、人間に見つからないよう、借りぐらしで生活している。ある日「借り」る時に、人間の少年の翔に見つかり、家政婦ハルも小人を捕まえようとするので、小人の家族は引越しの準備を進めるのだが...

『借りぐらしのアリエッティ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

アバター

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
2,787百万US$
日本興行収入
156.0億円
日本公開
2009.12.23
上映時間
162分
アバター
原題/英題
Avatar
製作国
アメリカ、イギリス(2009.12.18公開)
映画監督
ジェームズ・キャメロン
主な出演者
サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバー、スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ
製作費
約US$ 237,000,000(約261億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)20th Century Fox、Lightstorm Entertainment、

『アバター』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。22世紀、地球のエネルギー問題を解決するため人類はパンドラに進出する。しかしパンドラの先住民ナヴィとの交渉は難航していた。元海兵隊員ジェイクは、自らの分身、人工生命体「アバター」を操り、ナヴィと接触するが交渉は一行に進まず、やがて鉱物資源を巡り、人類とナヴィとの戦争が勃発していき...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載歴代映画興行収入ランキング!オールタイム日本ベスト26

十三人の刺客

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★76/100
世界興行収入
17百万US$
日本興行収入
16.0億円
日本公開
2010.9.25
上映時間
141分 予告動画
十三人の刺客
原題/英題
13 Assassins
映画監督
三池崇史
主な出演者
役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太
製作費
約US$ 6,000,000(約7億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)東宝、マグノリア・ピクチャーズ(USA)、セディックインターナショナル

『十三人の刺客』あらすじ(ネタバレなし)や概要

過去作のリメイク。江戸時代末期、将軍の異母弟の松平斉韶(なりつぐ)の暴君ぶりを訴えるために、明石藩の間宮が老中の門前で切腹自害した。幕府内では秘密裏に斉韶を暗殺するべく、御目付役の島田新左衛門に命をくだす。新左衛門はおいの新六郎や道中で山の民も加えて、十三の刺客のみでの暗殺を計画。斉韶に恨みを持つ尾張藩などにも協力を要請し、落合宿を要塞化して参勤交代中の斉韶一行を誘い込むのだが...

『十三人の刺客』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦

平均評価
★★★★★59/100
日本興行収入
31.6億円
日本公開
2010.3.6
上映時間
99分
映画ドラえもん のび太の人魚大海戦
映画監督
楠葉宏三
主な出演者
水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、映画ドラえもん制作委員会

『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』あらすじ(ネタバレなし)や概要

30周年を迎えたシリーズ「映画ドラえもん」の30作品目。「のび太の新魔界大冒険」の真保裕一が脚本を担当。のび太とドラえもんがひみつ道具「架空水」で町を海の底にして遊んでいると、5000年前に地球へやってきた人魚族の王女・ソフィアが迷い込んでくる。のび太たちはソフィアと一緒に海の世界へ冒険に出かけるが、突然巨大ウツボに襲われ、しずかちゃんが何者かにさらわれてしまう。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 59/100換算

掲載ドラえもん映画シリーズ興行収入ランキングと評価一覧

名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)

平均評価
★★★★★72/100
日本興行収入
32.0億円
日本公開
2010.4.17
上映時間
102分
名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)
原題/英題
Detective Conan: The Lost Ship in The Sky
映画監督
山本泰一郎
主な出演者
高山みなみ、小山力也、山崎和佳奈、山口勝平、岩居由希子
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、トムス・エンタテインメント

『名探偵コナン 天空の難破船(ロストシップ)』あらすじ(ネタバレなし)や概要

青山剛昌による人気コミックシリーズの劇場版14作目。大富豪・鈴木次郎吉は、世界中の宝石を狙う怪盗キッドに向け、「世界最大の飛行船ベルツリー号に収めた宝石・天空の貴婦人を盗んでみよ」という挑戦状を叩きつける。キッドから宝石を守るため、コナン一行も飛行船に招待されるが、突然謎のテロリスト「赤いシャムネコ」が飛行船を襲う。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 72/100換算

掲載名探偵コナン劇場版シリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

ONE PIECE FILM STRONG WORLD

平均評価
★★★★★71/100
私の評価
★★★★★50/100
日本興行収入
48.0億円
日本公開
2009.12.12
上映時間
113分
ONE PIECE FILM STRONG WORLD
原題/英題
ONE PIECE FILM Strong World
映画監督
境宗久
主な出演者
田中真弓、中井和哉、岡村明美、山口勝平、平田広明
映倫区分
日本:G/一般
(C)東映、尾田栄一郎/集英社、フジテレビ、アニメーション、「2009 ワンピース」製作委員会

『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』あらすじ(ネタバレなし)や概要

人気マンガのアニメ映画化、第10作目。ルフィ率いる麦わらの一味は、「偉大なる航路(グランドライン)」での航海を続けていた。ある日、空飛ぶ海賊船があらわれ、ナミがさらわれて、ルフィたちも空飛ぶ島メルヴィユに落とされ、はなればなれになってしまう。それは、かつて海賊王ロジャーの時代に暴れていた、金獅子のシキのしわざだった。ルフィたちはなんとか合流して、ナミを助けにいくのだが...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 71/100換算

掲載2009映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

インセプション

平均評価
★★★★★83/100
私の評価
★★★★★88/100
世界興行収入
825百万US$
日本興行収入
35.0億円
日本公開
2010.7.23
上映時間
148分 予告動画
インセプション
原題/英題
Inception
製作国
アメリカ、イギリス(2010.7.16公開)
映画監督
クリストファー・ノーラン
主な出演者
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ
製作費
約US$ 160,000,000(約176億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Legendary Pictures、Syncopy Films

『インセプション』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。コブは、人が眠っている間に夢や潜在意識の中に潜り込み、他人のアイデアを盗むスペシャリスト。しかしその能力と好奇心ゆえに、最愛の人を失い、指名手配犯になってしまい、子供たちにすら会えなくなっていた。ある時、そんな状況を打破できる仕事がまいこんだ。それは他人の潜在意識に違うアイデアをうえつけるという、インセプションだった。必要となる人材を集めて、いざミッションにとりかかるが、予測不能な事態が発生して...

『インセプション』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

インビクタス 負けざる者たち

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
122百万US$
日本公開
2010.2.5
上映時間
134分
インビクタス 負けざる者たち
原題/英題
Invictus
製作国
アメリカ、南アフリカ(2009.12.11公開)
映画監督
クリント・イーストウッド
主な出演者
モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、スコット・イーストウッド
製作費
約US$ 60,000,000(約66億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、

『インビクタス 負けざる者たち』あらすじ(ネタバレなし)や概要

南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と同国代表ラグビーチームの白人キャプテンがワールドカップ制覇へ向け奮闘する姿を、クリント・イーストウッド監督が描いた人間ドラマ。1994年、南アフリカ初の黒人大統領となったマンデラは、アパルトヘイトによる人種差別や経済格差をなくし、国をまとめるためには、95年に自国で開催されるラグビーワールドカップでの優勝が必要と感じ、代表チームのキャプテン、ピナールとの接触を図る……。主演はモーガン・フリーマンとマット・デイモン。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2010キネマ旬報ベストテン外国映画ランキング(第84回)

トイ・ストーリー3

平均評価
★★★★★87/100
私の評価
★★★★★90/100
世界興行収入
1,066百万US$
日本興行収入
108.0億円
日本公開
2010.7.10
上映時間
103分
トイ・ストーリー3
原題/英題
Toy Story 3
製作国
アメリカ(2010.6.18公開)
映画監督
リー・アンクリッチ
主な出演者
トム・ハンクス、ティム・アレン、ジョーン・キューザック、(日本語吹き替え版)唐沢寿明、所ジョージ、日下由美
製作費
約US$ 200,000,000(約220億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:G
(C)Walt Disney Studios Motion Pictures、Pixar Animation Studios

『トイ・ストーリー3』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ピクサーのアニメ映画アカデミー賞受賞作。1作目から10年後。おもちゃ達の持ち主であるアンディは17歳。大学の寮へ引っ越す前におもちゃ整理して、手違いにより保育園に寄付されてしまう。唯一手元に残されたウッディは、アンディを信じて、傷心のおもちゃたちを助けに行くのだが...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 87/100換算

掲載ピクサーのアニメ映画興行収入ランキングと評価一覧と公開順

SP 野望篇

平均評価
★★★★★66/100
日本興行収入
36.3億円
日本公開
2010.10.30
上映時間
97分
SP 野望篇
映画監督
波多野貴文
主な出演者
岡田准一、真木よう子、香川照之、松尾諭、神尾佑
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、「SP」プロジェクトチーム

『SP 野望篇』あらすじ(ネタバレなし)や概要

フジテレビ系で人気を博したTVドラマ「SP」の劇場版2部作の前編。直木賞作家の金城一紀が原案と脚本を担当し、「エイリアン2」「ターミネーター2」でVFXを手がけたロバート・スコタックがスーパバイザーとして参加。主演に「V6」の岡田准一、共演に堤真一、真木よう子、香川照之ほか。警視庁警護課第4係に所属する井上薫は、危険を察知する能力“シンクロ”や、一瞬で物事を映像として記憶する“フォトグラフィック・メモリー”などの特殊能力を持つ男。井上や同僚のSPらは、国家を揺るがす大規模テロの脅威に追い込まれながらも、陰謀の解明に奔走する。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 66/100換算

掲載2010映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

以上が、2011年2月の授賞式で発表された、第34回日本アカデミー賞(2010年公開映画)の部門別一覧です。

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

キングスマン ゴールデン・サークルネタバレあらすじ感想と評価一覧

キングスマン ゴールデン・サークル上映中感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

スター・ウォーズ 最後のジェダイネタバレあらすじ感想と評価一覧

スター・ウォーズ 最後のジェダイ上映中感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

IT イット それが見えたら、終わり。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

IT イット それが見えたら、終わり。昨年!感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

マイティ・ソー バトルロイヤルネタバレあらすじ感想と評価一覧

マイティ・ソー バトルロイヤル昨年!感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

ゲット・アウトネタバレあらすじ感想と評価一覧

ゲット・アウト昨年!感想あり

2017.12.21更新 ★★★★★

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォーネタバレあらすじ感想と評価一覧

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー昨年!感想あり

2018.1.9更新 ★★★★★

僕のワンダフル・ライフネタバレあらすじ感想と評価一覧

僕のワンダフル・ライフ昨年!感想あり

2017.12.24更新 ★★★★★

ドリームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ドリーム昨年!感想あり

2018.1.2更新 ★★★★★

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ感想と評価一覧

エイリアン コヴェナント昨年!感想あり

2018.1.4更新 ★★★★★

ダンケルクネタバレあらすじ感想と評価一覧

ダンケルク昨年!感想あり

2018.1.18更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ感想と評価一覧

新感染 ファイナル・エクスプレス昨年!感想あり

2018.1.4更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ感想と評価一覧

ワンダーウーマン昨年!感想あり

2017.12.30更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ感想と評価一覧

スパイダーマン ホームカミング昨年!感想あり

2017.12.21更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女昨年!感想あり

2017.12.21更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ感想と評価一覧

パワーレンジャー昨年!感想あり

2018.1.2更新 ★★★★★

銀魂ネタバレあらすじ感想と評価一覧

銀魂昨年!感想あり

2017.12.22更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ライフ(2017)昨年!感想あり

2018.1.15更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジョン・ウィック チャプター2昨年!感想あり

2018.1.4更新 ★★★★★

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊ネタバレあらすじ感想と評価一覧

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊昨年!感想あり

2017.12.25更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ感想と評価一覧

ハクソー・リッジ昨年!感想あり

2018.1.15更新 ★★★★★

22年目の告白 私が殺人犯ですネタバレあらすじ感想と評価一覧

22年目の告白 私が殺人犯です昨年!感想あり

2018.1.9更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ感想と評価一覧

LOGAN ローガン昨年!感想あり

2018.1.15更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ感想と評価一覧

メッセージ昨年!感想あり

2018.1.14更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ感想と評価一覧

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス昨年!感想あり

2018.1.3更新 ★★★★★

無限の住人ネタバレあらすじ感想と評価一覧

無限の住人昨年!感想あり

2017.12.25更新 ★★★★★

君の名は。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

君の名は。感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

シン・ゴジラネタバレあらすじ感想と評価一覧

シン・ゴジラ感想あり

2017.11.12更新 ★★★★★

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番(他DCコミックス含む)

2017.11.26更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.11.1更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.12.20更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

【一覧】アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2017年映画まで)

【一覧】アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2017年映画まで)

2017.12.9更新

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2017.12.9更新

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2017.12.9更新

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2017.12.9更新

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2017.12.9更新

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2017.12.9更新

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2017.12.9更新

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2017.12.9更新

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2017.12.9更新

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2017.12.9更新

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2017.12.9更新

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2017.12.9更新

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2017.12.9更新

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2017.12.9更新

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2017.12.9更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2017年まで)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2017年まで)

2017.12.26更新

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2018.1.15更新

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2017.12.9更新

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2017.12.9更新

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2017.12.10更新

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2017.12.11更新

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2017.12.11更新

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2017.12.11更新

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2017.12.11更新

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2017.12.27更新

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2017.12.11更新

第31回日本アカデミー賞2008優秀賞と最優秀賞の全29作品まとめ(2007年映画)

第31回日本アカデミー賞2008優秀賞と最優秀賞の全29作品まとめ(2007年映画)

第30回日本アカデミー賞2007優秀賞と最優秀賞の全26作品まとめ(2006年映画)

第30回日本アカデミー賞2007優秀賞と最優秀賞の全26作品まとめ(2006年映画)

第29回日本アカデミー賞2006優秀賞と最優秀賞の全15作品まとめ(2005年映画)

第29回日本アカデミー賞2006優秀賞と最優秀賞の全15作品まとめ(2005年映画)

2017.10.9更新

歴代の報知映画賞ノミネートと受賞作

歴代のゴールデングローブ賞ノミネートと受賞作