ピクシーン
映画ランキング/興行収入/評価一覧/ネタバレあらすじ感想
更新を購読できます

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

第35回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全30作品(2011年公開映画)の部門別一覧まとめです。2012年1月に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2012年3月2日でした。

最多の最優秀賞は『八日目の蝉』の計10部門(優秀賞は計12部門で13賞)です。次に最多の優秀賞は『最後の忠臣蔵』が12部門、『ステキな金縛り』が10部門です。

第37回日本アカデミー賞の対象は、2010年11月28日から2011年12月10日の間に公開開始し、商業映画劇場で1週間以上、上映された映画です。

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

2011年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

第35回日本アカデミー賞の最優秀賞一覧まとめ

  • 作品賞八日目の蝉
  • アニメーション作品賞コクリコ坂から
  • 監督賞八日目の蝉(成島出)
  • 脚本賞八日目の蝉(奥寺佐渡子)
  • 主演男優賞大鹿村騒動記(原田芳雄)
  • 主演女優賞八日目の蝉(井上真央)
  • 助演男優賞冷たい熱帯魚(でんでん)
  • 助演女優賞八日目の蝉(永作博美)
  • 外国作品賞英国王のスピーチ

作品賞の優秀賞と最優秀賞

  • 最優秀賞八日目の蝉
  • 大鹿村騒動記
  • 最後の忠臣蔵
  • ステキな金縛り
  • 探偵はBARにいる

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 最優秀賞八日目の蝉(成島出)
  • 大鹿村騒動記(阪本順治)
  • 一枚のハガキ(新藤兼人)
  • 最後の忠臣蔵(杉田成道)
  • ステキな金縛り(三谷幸喜)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 最優秀賞八日目の蝉(奥寺佐渡子)
  • 大鹿村騒動記(荒井晴彦、阪本順治)
  • 探偵はBARにいる(古沢良太、須藤泰司)
  • 最後の忠臣蔵(田中陽造)
  • ステキな金縛り(三谷幸喜)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞大鹿村騒動記(原田芳雄)
  • 探偵はBARにいる(大泉洋)
  • 武士の家計簿(堺雅人)
  • RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(三浦友和)
  • 最後の忠臣蔵(役所広司)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞八日目の蝉(井上真央)
  • モテキ(長澤まさみ)
  • 阪急電車 片道15分の奇跡(中谷美紀)
  • ステキな金縛り(深津絵里)
  • ツレがうつになりまして(宮崎あおい)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞冷たい熱帯魚(でんでん)
  • あしたのジョー(伊勢谷友介)
  • 大鹿村騒動記(岸部一徳)
  • 最後の忠臣蔵(佐藤浩市)
  • 探偵はBARにいる(松田龍平)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞八日目の蝉(永作博美)
  • モテキ(麻生久美子)
  • 八日目の蝉(小池栄子)
  • 一命(満島ひかり)
  • 阪急電車 片道15分の奇跡(宮本信子)

2011年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

  • 最優秀賞八日目の蝉(安川午朗)
  • 探偵はBARにいる(池頼広)
  • モテキ(岩崎太整)
  • ステキな金縛り(荻野清子)
  • 最後の忠臣蔵(加古隆)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 最優秀賞八日目の蝉(藤澤順一)
  • 大鹿村騒動記(笠松則通)
  • 最後の忠臣蔵(長沼六男)
  • 岳 ガク(藤石修)
  • ステキな金縛り(山本英夫)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 最優秀賞八日目の蝉(金沢正夫)
  • 大鹿村騒動記(岩下和裕)
  • 最後の忠臣蔵(宮西孝明)
  • 岳 ガク(川辺隆之)
  • ステキな金縛り(小野晃)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 最優秀賞最後の忠臣蔵(西岡善信、原田哲男)
  • 武士の家計簿(近藤成之)
  • ステキな金縛り(種田陽平)
  • 一命(林田裕至)
  • 八日目の蝉(松本知恵)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 最優秀賞八日目の蝉(藤本賢一)
  • ステキな金縛り(瀬川徹夫)
  • 探偵はBARにいる(田村智昭、室薗剛)
  • 大鹿村騒動記(照井康政)
  • 最後の忠臣蔵(中路豊隆、瀬川徹夫)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 最優秀賞八日目の蝉(三條知生)
  • モテキ(石田雄介)
  • ステキな金縛り(上野聡一)
  • 最後の忠臣蔵(長田千鶴子)
  • 探偵はBARにいる(只野信也)

2011年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

新人俳優賞(俳優・女優)

  • さや侍(熊田聖亜)
  • 最後の忠臣蔵(桜庭ななみ)
  • 八日目の蝉(渡邉このみ)
  • 漫才ギャング(上地雄輔)
  • 軽蔑(高良健吾)
  • さや侍(野見隆明)
  • セカンドバージン(長谷川博己)

会長特別賞

  • 岡田茂(製作者)
  • 佐野武治(照明)
  • 高峰秀子(俳優)
  • 原田芳雄(俳優)
  • 森田芳光(監督)

協会特別賞

  • 御所園久利(大道具)

話題賞

  • 作品部門モテキ
  • 俳優部門もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(前田敦子)

主要なノミネートと受賞作品一覧

コクリコ坂から

平均評価
★★★★★67/100
私の評価
★★★★★45/100
日本興行収入
44.6億円
日本公開
2011.7.16
上映時間
91分
コクリコ坂から
原題/英題
From Up On Poppy Hill
映画監督
宮崎吾朗
主な出演者
長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子、柊瑠美
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、スタジオジブリ

『コクリコ坂から』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スタジオジブリ作品。1963年の横浜の女子学生・松崎海は、海の見える丘に立つコクリコ荘で毎朝、船乗りの父に教わったとおり旗をあげていた。ある日、高校の文化部の建物、通称カルチェラタンが老朽化のため取り壊されることに反対する、新聞部の俊と出会う。2人はひかれあい、海は役立ちたいと思い、女子生徒たちも巻き込んでの、カルチェラタン大掃除を決行する。しかし学校側は取り壊しをやめようとしない。一方、俊は海に対して、あるきっかけの後からよそよそしくなる。その理由はなんと...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 67/100換算

掲載スタジオジブリ映画興行収入ランキングと評価一覧

冷たい熱帯魚

平均評価
★★★★★72/100
私の評価
★★★★★69/100
日本公開
2011.1.29
上映時間
146分 予告動画
冷たい熱帯魚
原題/英題
Cold Fish
映画監督
園子温
主な出演者
吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり
映倫区分
日本:R18+
(C)日活、

『冷たい熱帯魚』あらすじ(ネタバレなし)や概要

いくつかの実話を混ぜて映画化。小さな熱帯魚店を営む社本信行は、妻と前妻の娘にはさまれながらも2人の仲の悪さを解決しようともせず静かに暮らしていた。ある日、娘がスーパーで万引きするが、店長と顔見知りの村田によって許される。大型熱帯魚店を経営する村田は、社本の娘をバイトで雇い、社本には利益の大きいビジネスを持ちかける。村田との交流を続けるうちに、社本は想像もしなかった恐ろしい事件に巻きこまれていき...

『冷たい熱帯魚』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

英国王のスピーチ

平均評価
★★★★★78/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
414百万US$
日本興行収入
18.2億円
日本公開
2011.2.26
上映時間
118分
英国王のスピーチ
原題/英題
The King's Speech
製作国
イギリス、オーストラリア(2010.11.26公開)
映画監督
トム・フーパー
主な出演者
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、デレク・ジャコビ
製作費
約US$ 15,000,000(約17億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ギャガ、モメンタム・ピクチャーズ(USA)、シー・ソウ・フィルムズ、ベッドラム・プロダクションズ

『英国王のスピーチ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター。監督は「くたばれ!ユナイテッド」のトム・フーパー。第83回米アカデミー賞で作品、監督、主演男優、脚本賞を受賞した。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 78/100換算

掲載2010映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

ステキな金縛り

平均評価
★★★★★71/100
私の評価
★★★★★65/100
日本興行収入
42.8億円
日本公開
2011.10.29
上映時間
142分
ステキな金縛り
原題/英題
Once in a Blue Moon
映画監督
三谷幸喜
主な出演者
深津絵里、西田敏行、阿部寛、竹内結子、浅野忠信
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、フジテレビ、

『ステキな金縛り』あらすじ(ネタバレなし)や概要

三流弁護士の宝生エミは、妻殺しの容疑者・矢部五郎の弁護をすることになる。しかし矢部が主張するアリバイは、旅館で金縛りにあったとのこと。エミは旅館に行き、矢部を金縛りにした落ち武者の幽霊・更科六兵衛と出会うが、彼を法廷につれていっても、ほとんどの人には見えない。しかも相手検事は、幽霊を信じず六兵衛の証言は無効だと主張。それでもエミは矢部の無罪を証明するために、六兵衛を証人として法廷に連れて行こうとするが...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 71/100換算

掲載2011映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

平均評価
★★★★★66/100
日本興行収入
31.5億円
日本公開
2011.4.16
上映時間
109分
名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)
原題/英題
Detective Conan Quarter of Silence
映画監督
山本泰一郎
主な出演者
高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、茶風林、緒方賢一
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、トムス・エンタテインメント、東京ムービー

『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』あらすじ(ネタバレなし)や概要

青山剛昌原作コミックの人気アニメーション劇場版15周年作品。12月のある日、再選を果たした朝倉都知事宛にナゾの脅迫状が届く。翌日、開通したばかりの都営新地下鉄のトンネル爆破事件が発生。コナンは朝倉に恨みを抱く者の犯行と疑い、朝倉が国土交通大臣時代に建設したダムの関係者を捜査するため、新潟県に向かう。その矢先、捜査先の雪原で死因不明の遺体が発見され……。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 66/100換算

掲載名探偵コナン劇場版シリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

猿の惑星 創世記 ジェネシス

平均評価
★★★★★74/100
私の評価
★★★★★75/100
世界興行収入
481百万US$
日本興行収入
24.2億円
日本公開
2011.10.7
上映時間
106分 予告動画
猿の惑星 創世記 ジェネシス
原題/英題
Rise of the Planet of the Apes
製作国
アメリカ(2011.8.5公開)
映画監督
ルパート・ワイアット
主な出演者
ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、トム・フェルトン
製作費
約US$ 93,000,000(約102億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)20th Century Fox、Chernin Entertainment、、WETAデジタル

『猿の惑星 創世記 ジェネシス』あらすじ(ネタバレなし)や概要

猿の惑星の新シリーズ第1弾。旧シリーズの前日譚。製薬会社ジェネシスに勤務するウィルは、アルツハイマー治療薬をメス猿に実験投与する。すると猿の知能が劇的に向上し、子猿を守るため凶暴化したため射殺されてしまう。ウィルは子猿にシーザーと名付け育てるが、母親と同じような高い知能を示しはじめて...

『猿の惑星 創世記 ジェネシス』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ソーシャルネットワーク

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
224百万US$
日本興行収入
14.2億円
日本公開
2011.1.15
上映時間
120分 予告動画
ソーシャルネットワーク
原題/英題
The Social Network
製作国
アメリカ(2010.10.1公開)
映画監督
デビッド・フィンチャー
主な出演者
ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョセフ・マッゼロ、ルーニー・マーラ
製作費
約US$ 40,000,000(約44億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:PG-13
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、コロンビア映画(USA)、レラティビティ・メディア、トリガー・ストリート・プロダクション

『ソーシャルネットワーク』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。2003年、ハーバード大学に通うマーク・ザッカーバーグは、恋人のエリカに「あなたはオタクが悪いわけではなく性格が最低」と言われて別れたばかり。やけで作った女子学生たちをランク付けするサイトが大ヒットして、資産家の双子ウィンクルボス兄弟にネットの社交場サイトの制作を持ちかけられる。そのアイデアをもとにマークは親友のエドゥアルドと「Facebook」の元を完成させ、どんどん拡張していく。しかし双子や親友に訴えられてしまい...

『ソーシャルネットワーク』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ブラック・スワン

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★65/100
世界興行収入
329百万US$
日本興行収入
23.9億円
日本公開
2011.5.11
上映時間
108分 予告動画
ブラック・スワン
原題/英題
Black Swan
製作国
アメリカ(2010.12.3公開)
映画監督
ダーレン・アロノフスキー
主な出演者
ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー
製作費
約US$ 13,000,000(約14億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)20th Century Fox、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ(USA)、フェニックス・ピクチャーズ

『ブラック・スワン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。ニナは、ニューヨークの一流バレエ団に所属し、人生の全てをバレエの向上に注ぎ込んでいる。ニナの母も元バレリーナで、自分が果たせなかった夢を、ニナに対して過剰に期待している。そんな時、次の『白鳥の湖』の主役プリマの候補に、ニナが選ばれた。ライバルたちと競いながらも、なかなか黒鳥をうまく演じることのできないニナは、少しづつ心の闇にとらわれていき...

『ブラック・スワン』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

マネーボール

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
110百万US$
日本興行収入
9.0億円
日本公開
2011.11.11
上映時間
133分
マネーボール
原題/英題
Moneyball
製作国
アメリカ(2011.9.23公開)
映画監督
ベネット・ミラー
主な出演者
ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・プラット
製作費
約US$ 50,000,000(約55億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、Michael De Luca Productions、Scott Rudin Productions、Specialty Films

『マネーボール』あらすじ(ネタバレなし)や概要

メジャーリーグ「オークランド・アスレチックス」のGM(ゼネラルマネージャー)、ビリー・ビーンの半生を、ブラッド・ピット主演で映画化。全米約30球団の中でも下から数えたほうが早いといわれた弱小球団のアスレチックスを独自の「マネー・ボール理論」により改革し、常勝球団に育てあげたビーンの苦悩と栄光のドラマを描く。監督は「カポーティ」のベネット・ミラー。「シンドラーのリスト」のスティーブン・ザイリアンと「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキンが脚本を担当した。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 76/100換算

掲載2011キネマ旬報ベストテン外国映画ランキング(第85回)

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

以上が、2012年3月の授賞式で発表された、第35回日本アカデミー賞(2011年公開映画)の部門別一覧です。

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

ジオストームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジオストーム上映中感想あり

2018.2.19更新 ★★★★★

キングスマン ゴールデン・サークルネタバレあらすじ感想と評価一覧

キングスマン ゴールデン・サークル上映中感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

スター・ウォーズ 最後のジェダイネタバレあらすじ感想と評価一覧

スター・ウォーズ 最後のジェダイ昨年!感想あり

2018.2.20更新 ★★★★★

IT イット それが見えたら、終わり。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

IT イット それが見えたら、終わり。昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

マイティ・ソー バトルロイヤルネタバレあらすじ感想と評価一覧

マイティ・ソー バトルロイヤル昨年!感想あり

2018.2.10更新 ★★★★★

ゲット・アウトネタバレあらすじ感想と評価一覧

ゲット・アウト昨年!感想あり

2018.1.20更新 ★★★★★

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォーネタバレあらすじ感想と評価一覧

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー昨年!感想あり

2018.2.9更新 ★★★★★

僕のワンダフル・ライフネタバレあらすじ感想と評価一覧

僕のワンダフル・ライフ昨年!感想あり

2018.1.23更新 ★★★★★

ドリームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ドリーム昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ感想と評価一覧

エイリアン コヴェナント昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

ダンケルクネタバレあらすじ感想と評価一覧

ダンケルク昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ感想と評価一覧

新感染 ファイナル・エクスプレス昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ感想と評価一覧

ワンダーウーマン昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ベイビー・ドライバーネタバレあらすじ感想と評価一覧

ベイビー・ドライバー昨年!感想あり

2018.2.12更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ感想と評価一覧

スパイダーマン ホームカミング昨年!感想あり

2018.1.20更新 ★★★★★

トランスフォーマー 最後の騎士王ネタバレあらすじ感想と評価一覧

トランスフォーマー 最後の騎士王昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

君の膵臓をたべたいネタバレあらすじ感想と評価一覧

君の膵臓をたべたい昨年!感想あり

2018.2.1更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ感想と評価一覧

パワーレンジャー昨年!感想あり

2018.2.2更新 ★★★★★

銀魂ネタバレあらすじ感想と評価一覧

銀魂昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ライフ(2017)昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジョン・ウィック チャプター2昨年!感想あり

2018.2.3更新 ★★★★★

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊ネタバレあらすじ感想と評価一覧

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊昨年!感想あり

2018.1.26更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ感想と評価一覧

ハクソー・リッジ昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

22年目の告白 私が殺人犯ですネタバレあらすじ感想と評価一覧

22年目の告白 私が殺人犯です昨年!感想あり

2018.2.8更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ感想と評価一覧

LOGAN ローガン昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ感想と評価一覧

メッセージ昨年!感想あり

2018.2.14更新 ★★★★★

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.12.20更新

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

2018.1.24更新

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

2018.2.1更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

【一覧】米国アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2018年発表)

2018.1.24更新

2017年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2018発表/第90回)

2017年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2018発表/第90回)

2018.1.26更新

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2018.1.24更新

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2017.12.9更新

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2017.12.9更新

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2017.12.9更新

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2017.12.9更新

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2017.12.9更新

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2017.12.9更新

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2017.12.9更新

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2017.12.9更新

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2017.12.9更新

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2017.12.9更新

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2017.12.9更新

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2017.12.9更新

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2017.12.9更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2008-2018年発表)

2018.2.1更新

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2017年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2018発表/第41回)

2018.1.24更新

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2017.12.9更新

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2017.12.9更新

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2017.12.10更新

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2017.12.11更新

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2017.12.11更新

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2017.12.11更新

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2017.12.11更新

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2017.12.27更新

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2017.12.11更新

2007年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2008発表/第31回/全29作品)

2007年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2008発表/第31回/全29作品)

2018.1.27更新

2006年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2007発表/第30回/全26作品)

2006年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2007発表/第30回/全26作品)

2018.1.27更新

2005年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2006発表/第29回/全15作品)

2005年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2006発表/第29回/全15作品)

2018.1.27更新

歴代の報知映画賞ノミネートと受賞作

歴代のゴールデングローブ賞ノミネートと受賞作