ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想や評価一覧
更新を購読できます

第35回日本アカデミー賞2012優秀賞と最優秀賞の全30作品まとめ(2011年映画)

第35回日本アカデミー賞2012優秀賞と最優秀賞の全30作品まとめ(2011年映画)

第35回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全作品(2011年公開映画)の、部門別一覧まとめです。2012年1月に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2012年3月2日でした。

最多の最優秀賞は『八日目の蝉』の計10部門(優秀賞は計12部門で13賞)です。次に最多の優秀賞は『最後の忠臣蔵』が12部門、『ステキな金縛り』が10部門です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

今回の対象は、2010年11月28日から2011年12月10日の間に公開開始し、商業映画劇場で1週間以上、上映された映画です。

第35回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

作品賞の優秀賞と最優秀賞

  • 【最優秀賞】八日目の蝉
  • 大鹿村騒動記
  • 最後の忠臣蔵
  • ステキな金縛り
  • 探偵はBARにいる

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

コクリコ坂から

平均評価
★★★★★67/100
私の評価
★★★★★45/100
日本興行収入
44.6億円
日本公開
2011.7.16
上映時間
91分
コクリコ坂から
原題/英題
From Up On Poppy Hill
映画監督
宮崎吾朗
主な出演者
長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、石田ゆり子、柊瑠美
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、スタジオジブリ

『コクリコ坂から』あらすじ(ネタバレなし)や概要

スタジオジブリ作品。1963年の横浜の女子学生・松崎海は、海の見える丘に立つコクリコ荘で毎朝、船乗りの父に教わったとおり旗をあげていた。ある日、高校の文化部の建物、通称カルチェラタンが老朽化のため取り壊されることに反対する、新聞部の俊と出会う。2人はひかれあい、海は役立ちたいと思い、女子生徒たちも巻き込んでの、カルチェラタン大掃除を決行する。しかし学校側は取り壊しをやめようとしない。一方、俊は海に対して、あるきっかけの後からよそよそしくなる。その理由はなんと...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 67/100換算

掲載スタジオジブリ映画興行収入ランキングと評価一覧

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 【最優秀賞】八日目の蝉(成島出)
  • 大鹿村騒動記(阪本順治)
  • 一枚のハガキ(新藤兼人)
  • 最後の忠臣蔵(杉田成道)
  • ステキな金縛り(三谷幸喜)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 【最優秀賞】八日目の蝉(奥寺佐渡子)
  • 大鹿村騒動記(荒井晴彦、阪本順治)
  • 探偵はBARにいる(古沢良太、須藤泰司)
  • 最後の忠臣蔵(田中陽造)
  • ステキな金縛り(三谷幸喜)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 【最優秀賞】大鹿村騒動記(原田芳雄)
  • 探偵はBARにいる(大泉洋)
  • 武士の家計簿(堺雅人)
  • RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ(三浦友和)
  • 最後の忠臣蔵(役所広司)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 【最優秀賞】八日目の蝉(井上真央)
  • モテキ(長澤まさみ)
  • 阪急電車 片道15分の奇跡(中谷美紀)
  • ステキな金縛り(深津絵里)
  • ツレがうつになりまして(宮崎あおい)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 【最優秀賞】冷たい熱帯魚(でんでん)
  • あしたのジョー(伊勢谷友介)
  • 大鹿村騒動記(岸部一徳)
  • 最後の忠臣蔵(佐藤浩市)
  • 探偵はBARにいる(松田龍平)

冷たい熱帯魚

平均評価
★★★★★72/100
私の評価
★★★★★69/100
日本公開
2011.1.29
上映時間
146分 予告動画
冷たい熱帯魚
原題/英題
Cold Fish
映画監督
園子温
主な出演者
吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、梶原ひかり
映倫区分
日本:R18+
(C)日活、

『冷たい熱帯魚』あらすじ(ネタバレなし)や概要

いくつかの実話を混ぜて映画化。小さな熱帯魚店を営む社本信行は、妻と前妻の娘にはさまれながらも2人の仲の悪さを解決しようともせず静かに暮らしていた。ある日、娘がスーパーで万引きするが、店長と顔見知りの村田によって許される。大型熱帯魚店を経営する村田は、社本の娘をバイトで雇い、社本には利益の大きいビジネスを持ちかける。村田との交流を続けるうちに、社本は想像もしなかった恐ろしい事件に巻きこまれていき...

『冷たい熱帯魚』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 【最優秀賞】八日目の蝉(永作博美)
  • モテキ(麻生久美子)
  • 八日目の蝉(小池栄子)
  • 一命(満島ひかり)
  • 阪急電車 片道15分の奇跡(宮本信子)

第40回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

  • 【最優秀賞】八日目の蝉(安川午朗)
  • 探偵はBARにいる(池頼広)
  • モテキ(岩崎太整)
  • ステキな金縛り(荻野清子)
  • 最後の忠臣蔵(加古隆)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 【最優秀賞】八日目の蝉(藤澤順一)
  • 大鹿村騒動記(笠松則通)
  • 最後の忠臣蔵(長沼六男)
  • 岳 ガク(藤石修)
  • ステキな金縛り(山本英夫)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 【最優秀賞】八日目の蝉(金沢正夫)
  • 大鹿村騒動記(岩下和裕)
  • 最後の忠臣蔵(宮西孝明)
  • 岳 ガク(川辺隆之)
  • ステキな金縛り(小野晃)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 【最優秀賞】最後の忠臣蔵(西岡善信、原田哲男)
  • 武士の家計簿(近藤成之)
  • ステキな金縛り(種田陽平)
  • 一命(林田裕至)
  • 八日目の蝉(松本知恵)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 【最優秀賞】八日目の蝉(藤本賢一)
  • ステキな金縛り(瀬川徹夫)
  • 探偵はBARにいる(田村智昭、室薗剛)
  • 大鹿村騒動記(照井康政)
  • 最後の忠臣蔵(中路豊隆、瀬川徹夫)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 【最優秀賞】八日目の蝉(三條知生)
  • モテキ(石田雄介)
  • ステキな金縛り(上野聡一)
  • 最後の忠臣蔵(長田千鶴子)
  • 探偵はBARにいる(只野信也)

第40回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

英国王のスピーチ

平均評価
★★★★★78/100
私の評価
★★★★★70/100
世界興行収入
414百万US$
日本興行収入
18.2億円
日本公開
2011.2.26
上映時間
118分
英国王のスピーチ
原題/英題
The King's Speech
製作国
イギリス、オーストラリア(2010.11.26公開)
映画監督
トム・フーパー
主な出演者
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、デレク・ジャコビ
製作費
約US$ 15,000,000(約17億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ギャガ、モメンタム・ピクチャーズ(USA)、シー・ソウ・フィルムズ、ベッドラム・プロダクションズ

『英国王のスピーチ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法士の助けを借りて障害を克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター。監督は「くたばれ!ユナイテッド」のトム・フーパー。第83回米アカデミー賞で作品、監督、主演男優、脚本賞を受賞した。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 78/100換算

掲載2010映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

新人俳優賞(俳優・女優)

  • さや侍(熊田聖亜)
  • 最後の忠臣蔵(桜庭ななみ)
  • 八日目の蝉(渡邉このみ)
  • 漫才ギャング(上地雄輔)
  • 軽蔑(高良健吾)
  • さや侍(野見隆明)
  • セカンドバージン(長谷川博己)

会長特別賞

  • 岡田茂(製作者)
  • 佐野武治(照明)
  • 高峰秀子(俳優)
  • 原田芳雄(俳優)
  • 森田芳光(監督)

協会特別賞

  • 御所園久利(大道具)

話題賞

  • 作品部門: モテキ
  • 俳優部門: もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(前田敦子)

以上が、2012年3月の授賞式で発表された、第35回日本アカデミー賞(2011年公開映画)の部門別一覧です。

2017年発表作品は第40回日本アカデミー賞第89回米国アカデミー賞を、2016年発表は第39回日本アカデミー賞第88回米国アカデミー賞、それ以前のは下をご覧ください。

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ評価と感想

エイリアン コヴェナント上映中感想あり

2017.9.18更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ評価と感想

新感染 ファイナル・エクスプレス上映中感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ評価と感想

ワンダーウーマン上映中感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ評価と感想

スパイダーマン ホームカミング上映中感想あり

2017.9.20更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ評価と感想

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女今年!感想あり

2017.9.5更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー今年!感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)今年!感想あり

2017.7.8更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2今年!感想あり

2017.7.7更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ今年!感想あり

2017.8.4更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン今年!感想あり

2017.7.11更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

2017.7.14更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

2017.9.13更新 ★★★★★

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

2017.9.10更新 ★★★★★

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

2017.8.22更新 ★★★★★

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

2017.9.19更新 ★★★★★

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

2017.8.2更新 ★★★★★

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

2017.8.25更新 ★★★★★

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

アサシン クリードネタバレあらすじ評価と感想

アサシン クリード今年!感想あり

2017.5.11更新 ★★★★★

ラ・ラ・ランドネタバレあらすじ評価と感想

ラ・ラ・ランド今年!感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

トリプルX 再起動ネタバレあらすじ評価と感想

トリプルX 再起動今年!感想あり

2017.7.6更新 ★★★★★

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

2017.9.16更新 ★★★★★

君の名は。ネタバレあらすじ評価と感想

君の名は。昨年!感想あり

2017.8.8更新 ★★★★★

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

2017.4.3更新 ★★★★★

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.8.29更新

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.9.20更新

エイリアンシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

エイリアンシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.9.22更新

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

2017.9.19更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング