ピクシーン 映画ランキング/興行収入/評価まとめ/ネタバレあらすじ感想 pickup scene

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

第39回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全作品(2015年公開映画)の、部門別一覧まとめです。2016年1月18日に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2016年3月4日でした。

最多の最優秀賞は『海街diary』の計4部門(優秀賞は12部門で13賞)です。次に最多の優秀賞は『日本のいちばん長い日』『母と暮せば』の計11部門です。

第39回日本アカデミー賞の対象は、2014年12月14日から2015年12月15日の間に、東京地区の商業映画劇場で1日3回以上、2週間以上、有料上映された、40分以上の映画です。

映画名クリックで詳細ページ(興行収入や評価まとめやネタバレあらすじ)へ移動できます。2017年公開の映画ランキングと映画賞まとめもご覧くださいね。

2015年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

第39回日本アカデミー賞の最優秀賞一覧まとめ

  • 作品賞海街diary
  • アニメーション作品賞バケモノの子
  • 監督賞海街diary(是枝裕和)
  • 脚本賞百円の恋(足立紳)
  • 主演男優賞母と暮せば(二宮和也)
  • 主演女優賞百円の恋(安藤サクラ)
  • 助演男優賞日本のいちばん長い日(本木雅弘)
  • 助演女優賞母と暮せば(黒木華)
  • 外国作品賞アメリカン・スナイパー

作品賞の優秀賞と最優秀賞

  • 最優秀賞海街diary
  • 海難1890
  • 日本のいちばん長い日
  • 母と暮せば
  • 百円の恋

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 最優秀賞海街diary(是枝裕和)
  • バクマン。(大根仁)
  • 百円の恋(武正晴)
  • 海難1890(田中光敏)
  • 日本のいちばん長い日(原田眞人)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 最優秀賞百円の恋(足立紳)
  • 海難1890(小松江里子)
  • 海街diary(是枝裕和)
  • 日本のいちばん長い日(原田眞人)
  • 母と暮せば(山田洋次・平松恵美子)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞母と暮せば(二宮和也)
  • 海難1890(内野聖陽)
  • 駆込み女と駆出し男(大泉洋)
  • 起終点駅 ターミナル(佐藤浩市)
  • 日本のいちばん長い日(役所広司)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞百円の恋(安藤サクラ)
  • 海街diary(綾瀬はるか)
  • 映画 ビリギャル(有村架純)
  • あん(樹木希林)
  • 母と暮せば(吉永小百合)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞日本のいちばん長い日(本木雅弘)
  • 母と暮せば(浅野忠信)
  • 百円の恋(新井浩文)
  • 映画 ビリギャル(伊藤淳史)
  • バクマン。(染谷将太)
  • 天空の蜂(本木雅弘)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

第39回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

  • 最優秀賞バクマン。(サカナクション)
  • 海難1890(大島ミチル)
  • 海街diary(菅野よう子)
  • 日本のいちばん長い日(富貴晴美)
  • ソロモンの偽証 前篇・事件(安川午朗)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 最優秀賞海街diary(瀧本幹也)
  • 日本のいちばん長い日(柴主高秀)
  • 母と暮せば(近森眞史)
  • 海難1890(永田鉄男)
  • ソロモンの偽証 前篇・事件(藤澤順一)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 最優秀賞海街diary(藤井稔恭)
  • 日本のいちばん長い日(宮西孝明)
  • 母と暮せば(渡邊孝一)
  • 海難1890(安藤清人)
  • ソロモンの偽証 前篇・事件(金沢正夫)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 最優秀賞海難1890(花谷秀文)
  • バクマン。(都築雄二)
  • 母と暮せば(出川三男)
  • 日本のいちばん長い日(原田哲男)
  • 海街diary(三ツ松けいこ)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 最優秀賞海難1890(松陰信彦)
  • 母と暮せば(岸田和美)
  • 海街diary(弦巻裕)
  • 日本のいちばん長い日(照井康政(録音)・矢野正人(整音))
  • バクマン。(渡辺真司)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 最優秀賞バクマン。(大関泰幸)
  • 母と暮せば(石井巌)
  • 海難1890(川島章正)
  • 海街diary(是枝裕和)
  • 日本のいちばん長い日(原田遊人)

第39回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

新人俳優賞(俳優・女優)

協会栄誉賞

  • 仲代達矢

協会特別賞

  • 松田和夫(衣裳)
  • ガル・エンタープライズ(予告編製作)

話題賞

  • 作品部門バクマン。
  • 俳優部門幕が上がる(ももいろクローバーZ)

映画名クリックで詳細ページ(興行収入や評価まとめやネタバレあらすじ)へ移動できます。2017年公開の映画ランキングと映画賞まとめもご覧くださいね。

以上が、2016年の授賞式で発表された、第39回日本アカデミー賞(2015年公開映画)の部門別一覧です。

参考にしたページ

日本アカデミー賞公式サイト

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

今話題の映画やランキング