ピクシーン
映画ランキング/興行収入/評価一覧/ネタバレあらすじ感想
更新を購読できます

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

第39回日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞の全作品(2015年公開映画)の、部門別一覧まとめです。2016年1月18日に優秀賞と新人俳優賞が発表され、最優秀賞の授賞式は2016年3月4日でした。

最多の最優秀賞は『海街diary』の計4部門(優秀賞は12部門で13賞)です。次に最多の優秀賞は『日本のいちばん長い日』『母と暮せば』の計11部門です。

第39回日本アカデミー賞の対象は、2014年12月14日から2015年12月15日の間に、東京地区の商業映画劇場で1日3回以上、2週間以上、有料上映された、40分以上の映画です。

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

2015年映画の日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(主要部門)

第39回日本アカデミー賞の最優秀賞一覧まとめ

  • 作品賞海街diary
  • アニメーション作品賞バケモノの子
  • 監督賞海街diary(是枝裕和)
  • 脚本賞百円の恋(足立紳)
  • 主演男優賞母と暮せば(二宮和也)
  • 主演女優賞百円の恋(安藤サクラ)
  • 助演男優賞日本のいちばん長い日(本木雅弘)
  • 助演女優賞母と暮せば(黒木華)
  • 外国作品賞アメリカン・スナイパー

作品賞の優秀賞と最優秀賞

  • 最優秀賞海街diary
  • 海難1890
  • 日本のいちばん長い日
  • 母と暮せば
  • 百円の恋

アニメーション作品賞の優秀賞と最優秀賞

監督賞の優秀賞と最優秀賞(監督)

  • 最優秀賞海街diary(是枝裕和)
  • バクマン。(大根仁)
  • 百円の恋(武正晴)
  • 海難1890(田中光敏)
  • 日本のいちばん長い日(原田眞人)

脚本賞の優秀賞と最優秀賞(脚本家)

  • 最優秀賞百円の恋(足立紳)
  • 海難1890(小松江里子)
  • 海街diary(是枝裕和)
  • 日本のいちばん長い日(原田眞人)
  • 母と暮せば(山田洋次・平松恵美子)

主演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞母と暮せば(二宮和也)
  • 海難1890(内野聖陽)
  • 駆込み女と駆出し男(大泉洋)
  • 起終点駅 ターミナル(佐藤浩市)
  • 日本のいちばん長い日(役所広司)

主演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

  • 最優秀賞百円の恋(安藤サクラ)
  • 海街diary(綾瀬はるか)
  • 映画 ビリギャル(有村架純)
  • あん(樹木希林)
  • 母と暮せば(吉永小百合)

助演男優賞の優秀賞と最優秀賞(俳優)

  • 最優秀賞日本のいちばん長い日(本木雅弘)
  • 母と暮せば(浅野忠信)
  • 百円の恋(新井浩文)
  • 映画 ビリギャル(伊藤淳史)
  • バクマン。(染谷将太)
  • 天空の蜂(本木雅弘)

助演女優賞の優秀賞と最優秀賞(女優)

第39回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(音楽映像技術部門)

音楽賞の優秀賞と最優秀賞(作曲・作詞家)

  • 最優秀賞バクマン。(サカナクション)
  • 海難1890(大島ミチル)
  • 海街diary(菅野よう子)
  • 日本のいちばん長い日(富貴晴美)
  • ソロモンの偽証 前篇・事件(安川午朗)

撮影賞の優秀賞と最優秀賞(撮影監督等)

  • 最優秀賞海街diary(瀧本幹也)
  • 日本のいちばん長い日(柴主高秀)
  • 母と暮せば(近森眞史)
  • 海難1890(永田鉄男)
  • ソロモンの偽証 前篇・事件(藤澤順一)

照明賞の優秀賞と最優秀賞(照明技師等)

  • 最優秀賞海街diary(藤井稔恭)
  • 日本のいちばん長い日(宮西孝明)
  • 母と暮せば(渡邊孝一)
  • 海難1890(安藤清人)
  • ソロモンの偽証 前篇・事件(金沢正夫)

美術賞の優秀賞と最優秀賞(美術監督等)

  • 最優秀賞海難1890(花谷秀文)
  • バクマン。(都築雄二)
  • 母と暮せば(出川三男)
  • 日本のいちばん長い日(原田哲男)
  • 海街diary(三ツ松けいこ)

録音賞の優秀賞と最優秀賞(録音技師等)

  • 最優秀賞海難1890(松陰信彦)
  • 母と暮せば(岸田和美)
  • 海街diary(弦巻裕)
  • 日本のいちばん長い日(照井康政(録音)・矢野正人(整音))
  • バクマン。(渡辺真司)

編集賞の優秀賞と最優秀賞(編集技師等)

  • 最優秀賞バクマン。(大関泰幸)
  • 母と暮せば(石井巌)
  • 海難1890(川島章正)
  • 海街diary(是枝裕和)
  • 日本のいちばん長い日(原田遊人)

第39回日本アカデミー賞 優秀賞と最優秀賞(その他部門)

外国作品賞の優秀賞と最優秀賞

新人俳優賞(俳優・女優)

協会栄誉賞

  • 仲代達矢

協会特別賞

  • 松田和夫(衣裳)
  • ガル・エンタープライズ(予告編製作)

話題賞

  • 作品部門バクマン。
  • 俳優部門幕が上がる(ももいろクローバーZ)

主要なノミネートと受賞作品一覧

海街diary

平均評価
★★★★★78/100
私の評価
★★★★★87/100
日本興行収入
16.8億円
日本公開
2015.6.13
上映時間
126分 予告動画
海街diary
原題/英題
Our Little Sister
映画監督
是枝裕和
主な出演者
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、堤真一、樹木希林
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、ギャガ、「海街diary」製作委員会

『海街diary』あらすじ(ネタバレなし)や概要

3人姉妹の幸、佳乃、千佳は、15年前に家を出た父の葬儀に出席する。そこで母違いの妹すずと出会い、一緒に鎌倉で暮らすことになる。明るい性格のすずは、サッカーチームに入って活躍し、チームの風太と親しくなっていく。そんな時、法事に幸たちの実母の都がやってきて、幸と口論になる。自分の母が離婚の原因を作ったという後ろめたさから、すずも心苦しさを感じるが...。第39回日本アカデミー賞では最優秀作品賞や最優秀監督賞など4冠に輝いた。

『海街diary』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

バケモノの子

平均評価
★★★★★75/100
日本興行収入
58.5億円
日本公開
2015.7.11
上映時間
119分
バケモノの子
原題/英題
The Boy and The Beast
映画監督
細田守
主な出演者
役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、山路和弘、宮野真守、山口勝平、長塚圭史、麻生久美子、黒木華、諸星すみれ、大野百花、津川雅彦、リリー・フランキー、大泉洋
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、スタジオ地図

『バケモノの子』あらすじ(ネタバレなし)や概要

「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が同作以来3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメーション。渋谷の街とバケモノたちが住まう「渋天街(じゅうてんがい)」という2つの世界を交錯させながら、バケモノと少年の奇妙な師弟関係や親子の絆を描く。脚本も細田監督が自ら手がけ、声優には、渋天街のバケモノ・熊徹に役所広司、人間界の渋谷から渋天街に迷い込み、熊徹の弟子となって九太という名前を授けられる主人公の少年に宮崎あおい(少年期)と染谷将太(青年期)、ヒロインとなる少女・楓に広瀬すずと豪華キャストが集結している。第39回日本アカデミー賞の最優秀アニメーション作品賞を受賞。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 75/100換算

掲載2015映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

アメリカン・スナイパー

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★65/100
世界興行収入
547百万US$
日本興行収入
22.5億円
日本公開
2015.2.21
上映時間
132分
アメリカン・スナイパー
原題/英題
American Sniper
製作国
アメリカ(2015.1.16公開)
映画監督
クリント・イーストウッド
主な出演者
ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライムス、ジェイク・マクドーマン、ケビン・ラーチ
製作費
約US$ 58,800,000(約65億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures、ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ、マッド・チャンス・プロダクションズ、22nd & Indiana Pictures、マルパソ・プロダクションズ(英語版)

『アメリカン・スナイパー』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。米軍史上最強の狙撃手の自伝を映画化。米海軍特殊部隊ネイビー・シールズのスナイパー、クリス・カイルは、イラク戦争で多くの仲間を救い「レジェンド」と呼ばれるが、敵兵からは「悪魔」として知られ懸賞金までかけられた。多数の敵兵の命を奪いながらも、遠く離れた妻子に対しては、良き夫や父でありたいと願っていた。しかし家族とのみぞは広がるばかりで...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 75/100換算

掲載2014映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

心が叫びたがってるんだ。

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★80/100
日本興行収入
11.2億円
日本公開
2015.9.19
上映時間
119分 予告動画
心が叫びたがってるんだ。
原題/英題
The Anthem of the Heart
映画監督
長井龍雪
主な出演者
水瀬いのり、内山昂輝、雨宮天、細谷佳正、藤原啓治、吉田羊
映倫区分
日本:設定なし
(C)アニプレックス、A-1 Pictures

『心が叫びたがってるんだ。』あらすじ(ネタバレなし)や概要

おしゃべり好きな少女の成瀬順がうっかり話したことで家族がバラバラになった後、少女は玉子の妖精によって言葉を封印された。高校2年になっても話さず1人きりの成瀬は、教師により交流会の実行委員に任命され、その1人坂上の歌を聞いたことにより、自分の物語をミュージカルにして演じることになるのだが...

『心が叫びたがってるんだ。』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

ドラゴンボールZ 復活の「F」

平均評価
★★★★★66/100
世界興行収入
61百万US$
日本興行収入
37.4億円
日本公開
2015.4.18
上映時間
93分
ドラゴンボールZ 復活の「F」
原題/英題
Dragon Ball Z: Resurrection 'F'
映画監督
山室直儀、脚本・原作:鳥山明
主な出演者
野沢雅子、中尾隆聖、山寺宏一、森田成一、堀川りょう
映倫区分
日本:G/一般
(C)東映、20th Century Fox、東映アニメーション

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』あらすじ(ネタバレなし)や概要

人気アニメの劇場版19作目。フリーザ軍の生き残りであるソルベとタゴマは、地球のドラゴンボールを集めて、神龍に「フリーザ復活」の願いをかなえてもらう。復活したフリーザは、過酷なトレーニングにも耐え、新たな軍団を率いて地球人やサイヤ人への復讐を開始する。悟空たちはそれに立ち向かうのだが...。前作劇場版で登場した破壊神ビルスとウイスや、鳥山明「銀河パトロール ジャコ」の主人公も登場する。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 66/100換算

掲載2015映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

ラブライブ!The School Idol Movie

平均評価
★★★★★73/100
日本興行収入
28.6億円
日本公開
2015.6.13
上映時間
99分
ラブライブ!The School Idol Movie
原題/英題
Love Live! The School Idol Movie
映画監督
京極尚彦
主な出演者
(声)新田恵海、南條愛乃、内田彩、三森すずこ、飯田里穂、Pile、楠田亜衣奈、久保ユリカ、徳井青空、高山みなみ
映倫区分
日本:G/一般
(C)松竹、サンライズ

『ラブライブ!The School Idol Movie』あらすじ(ネタバレなし)や概要

大人気テレビシリーズの劇場版。3年生の卒業をもって解散する予定だったが、卒業式直後に第3回「ラブライブ!」の概要が発表され、「μ's(ミューズ)」は新たなライブをすることに。海外を訪れたμ'sのメンバーたちは、ライブ場所を探すがなかなか決められず、迷子などのトラブルも重なるが...。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 73/100換算

掲載2015映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

映画 ビリギャル

平均評価
★★★★★78/100
日本興行収入
28.4億円
日本公開
2015.5.1
上映時間
117分
映画 ビリギャル
原題/英題
Biri gal
映画監督
土井裕泰
主な出演者
有村架純、伊藤淳史、野村周平、大内田悠平、奥田こころ、あがた森魚、安田顕、松井愛莉、蔵下穂波、阿部菜渚美、山田望叶、矢島健一、中村靖日、峯村リエ、吉田羊
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、フィルムフェイス

『映画 ビリギャル』あらすじ(ネタバレなし)や概要

投稿サイトに掲載された実話が原作。名古屋の女子校生さやかは、金髪パーマに厚化粧、耳にピアス、ミニスカで偏差値30の学年ビリ。担任教師からもクズ呼ばわりされていた。ある日、母に塾をすすめられ、入塾テストを受けるが結果は散々。しかし教師の坪田やゲーマーれいじと出会い、少しづつ勉強への意欲が出てくる。しかし目標の慶應義塾大学合格までの道のりは簡単ではなく...。

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 78/100換算

掲載2015映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

キングスマン

平均評価
★★★★★78/100
私の評価
★★★★★76/100
世界興行収入
414百万US$
日本興行収入
9.8億円
日本公開
2015.9.11
上映時間
129分 予告動画
キングスマン
原題/英題
Kingsman The Secret Service
製作国
イギリス(2015.1.29公開)
映画監督
マシュー・ヴォーン
主な出演者
コリン・ファース、サミュエル・L・ジャクソン、マーク・ストロング、タロン・エガートン、マイケル・ケイン
製作費
約US$ 81,000,000(約89億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)20th Century Fox(USA)、KADOKAWA、Marv Films、Cloudy Productions、TSG Entertainment

『キングスマン』あらすじ(ネタバレなし)や概要

ロンドンの高級テーラー「キングスマン」の裏の顔は、国に所属しない秘密スパイ組織で、その一員として父が命を落とした後、エグジーと母の生活は自堕落になる。父の知り合いだったハリーに誘われたエグジーはスパイ訓練を受けることになる。一方、ヴァレンタインは地球環境問題を解決しようと政府高官や著名人とも接触していたが...

『キングスマン』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

セッション

平均評価
★★★★★84/100
世界興行収入
48百万US$
日本興行収入
5.7億円
日本公開
2015.4.17
上映時間
107分
セッション
原題/英題
Whiplash
製作国
アメリカ(2014.10.10公開)
映画監督
デイミアン・チャゼル
主な出演者
マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、ポール・ライザー、オースティン・ストウェル
製作費
約US$ 3,300,000(約4億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:R
(C)ギャガ、ソニー・ピクチャーズ・クラシックス(USA)、Bold Films、Blumhouse Productions、Right of Way Films

『セッション』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞5部門ノミネート、助演男優賞ほか3部門で受賞。19歳のアンドリュー・ニーマンは、世界的ジャズドラマーを目指して名門シェイファー音楽学校へと進学。そこで最高の指揮者として名高いテレンス・フレッチャーのバンドにまねかれるが、完璧主義の彼に罵声をあびせられ、スタジオ内はしだいに狂気に満ちていく。ニーマンはフレッチャーに認められようとして多くの時間を練習に費やしたが、フレッチャーは新しいドラマーを連れてきて...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 84/100換算

掲載2015キネマ旬報ベストテン外国映画ランキング(第89回)

マッドマックス 怒りのデス・ロード

平均評価
★★★★★82/100
私の評価
★★★★★75/100
世界興行収入
378百万US$
日本興行収入
18.1億円
日本公開
2015.6.20
上映時間
120分 予告動画
マッドマックス 怒りのデス・ロード
原題/英題
Mad Max: Fury Road
製作国
オーストラリア、アメリカ(2015.5.15公開)
映画監督
ジョージ・ミラー
主な出演者
トム・ハーディ、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、ヒュー・キース・バーン、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー、ゾーイ・クラヴィッツ、ライリー・キーオ、アビー・リー・カーショウ、ネイサン・ジョーンズ
製作費
約US$ 150,000,000(約165億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)Warner Bros. Pictures、Kennedy Miller Productions, Village Roadshow Pictures、デューン・エンターテインメント

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アカデミー賞受賞作。核兵器による戦争後、資源を武力で奪い合う荒廃した近未来が舞台のSFアクション。30年ぶりのシリーズ4作目。妻子を殺された元警官のマックスは、砂漠を支配する凶悪なイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる。ある日、ジョーの女隊長フュリオサらが逃亡。マックスは彼女らと共に、自由への逃走を開始するが...

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

007 スペクター

平均評価
★★★★★71/100
私の評価
★★★★★66/100
世界興行収入
880百万US$
日本興行収入
29.6億円
日本公開
2015.12.4
上映時間
148分
007 スペクター
原題/英題
Spectre
製作国
アメリカ(2015.11.6公開)
映画監督
サム・メンデス
主な出演者
ダニエル・クレイグ、クリストフ・ヴァルツ、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ナオミ・ハリス、デビッド・バウティスタ、アンドリュー・スコット、モニカ・ベルッチ、レイフ・ファインズ
製作費
約US$ 245,000,000(約270億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Columbia(USA)、Sony Pictures Entertainment、Eon Productions

『007 スペクター』あらすじ(ネタバレなし)や概要

007シリーズ第24弾。ダニエル・クレイグ4作目。死者の日のメキシコシティで、大衆のいる上空のヘリで奮闘のすえ、ジェームズ・ボンドはスキアラから紋章の刻まれた指輪を奪い取った。前作「スカイフォール」で命を落としたMの遺言やスキアラの未亡人や、マネーペニーやQの協力も得て、悪の組織スペクターの存在に近づくのだが、それはボンドの少年時代の写真にも関連してくることで...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 71/100換算

掲載007ジェームズボンドシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

orange-オレンジ-

平均評価
★★★★★67/100
私の評価
★★★★★55/100
日本興行収入
32.5億円
日本公開
2015.12.12
上映時間
139分
orange-オレンジ-
映画監督
橋本光二郎
主な出演者
土屋太鳳、山崎賢人、竜星涼、山崎紘菜、桜田通
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、映画

『orange-オレンジ-』あらすじ(ネタバレなし)や概要

人気マンガ「orange」の実写化映画。ファンタジーラブストーリー。高校2年の高宮菜穂のもとに、10年後の自分から手紙が届いた。その内容は転校生の翔を好きになることと、彼が1年後に死ぬということだった。最初は半信半疑だったが、手紙の内容が次々起こるにつれ、少しづつ信じるようになる。そして翔を救うため、運命を変えようと動きはじめるのだが...

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 67/100換算

掲載2015映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

恋人たち

平均評価
★★★★★74/100
私の評価
★★★★★65/100
日本公開
2015.11.14
上映時間
140分 予告動画
恋人たち
映画監督
橋口亮輔
主な出演者
篠原篤、成嶋瞳子、池田良、光石研、安藤玉恵
映倫区分
日本:PG/一般12
(C)松竹ブロードキャスティング、アーク・フィルムズ、松竹ブロードキャスティング

『恋人たち』あらすじ(ネタバレなし)や概要

アツシは、数年前に愛妻を通り魔殺人事件で失い、今は橋梁点検の仕事をしながらも、健康保険料も支払えず、裁判に奔走するが理解者も得られず、社会に恨みを抱きつつある。瞳子は理解のない夫と姑と3人暮らしで弁当屋でパート中。皇室と小説書きが趣味で現実逃避している。弁護士の四ノ宮はエリート意識が高く、ゲイだが、親友の聡を密かに想い続けていた。こんな3人とその周りの男女が織りなす、現在と過去の恋人模様の物語が交差していくにつれ...

『恋人たち』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

映画 暗殺教室(第1作)

平均評価
★★★★★63/100
日本興行収入
27.7億円
日本公開
2015.3.21
上映時間
110分
映画 暗殺教室(第1作)
原題/英題
Assassination Classroom
映画監督
羽住英一郎
主な出演者
山田涼介、二宮和也、菅田将暉、山本舞香、橋本環奈、加藤清史郎、優希美青、竹富聖花、高嶋政伸、椎名桔平、上原実矩、知英
映倫区分
日本:G/一般
(C)東宝、ROBOT、映画「暗殺教室」製作委員会

『映画 暗殺教室(第1作)』あらすじ(ネタバレなし)や概要

「週刊少年ジャンプ」連載の松井優征による人気コミックを、「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が実写映画化。名門進学校・椚ヶ丘中学校の落ちこぼればかりが集められた3年E組に、突如として謎のタコ型生物が現われた。すでに月の7割を破壊したというその生物は、1年後に地球の破壊も予告しており、多くの刺客や軍隊が暗殺を試みるも全て失敗に終わっていた。そして謎の生物は、自らの希望で椚ヶ丘中学校3年E組の担任に就任。通称・殺(ころ)せんせーの暗殺を政府から秘密裏に依頼された3年E組の生徒たちは、様々な手段で暗殺に挑む一方で、意外にも生徒思いな殺せんせーのもとで成長していく。出演は、本作が映画初主演となる「Hey! Say! JUMP」の山田涼介、「共喰い」の菅田将暉、「アウトレイジ」の椎名桔平。殺せんせーの声を「嵐」の二宮和也が担当していることが、映画公開初日に発表された。[引用元]

レビューサイト平均評価 ★★★★★ 63/100換算

掲載2015映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

映画名クリックでページ下の詳細(興行収入や評価一覧やあらすじ)へ移動できます。

2017年映画賞は第89回米国アカデミー賞第40回日本アカデミー賞を、2016年映画賞は第88回米国アカデミー賞第39回日本アカデミー賞、それ以前のは歴代アカデミー賞をご覧ください。

以上が、2016年の授賞式で発表された、第39回日本アカデミー賞(2015年公開映画)の部門別一覧です。

参考にしたページ

日本アカデミー賞公式サイト

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

キングスマン ゴールデン・サークルネタバレあらすじ感想と評価一覧

キングスマン ゴールデン・サークル上映中感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

スター・ウォーズ 最後のジェダイネタバレあらすじ感想と評価一覧

スター・ウォーズ 最後のジェダイ上映中感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

IT イット それが見えたら、終わり。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

IT イット それが見えたら、終わり。昨年!感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

マイティ・ソー バトルロイヤルネタバレあらすじ感想と評価一覧

マイティ・ソー バトルロイヤル昨年!感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

ゲット・アウトネタバレあらすじ感想と評価一覧

ゲット・アウト昨年!感想あり

2017.12.21更新 ★★★★★

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォーネタバレあらすじ感想と評価一覧

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー昨年!感想あり

2018.1.9更新 ★★★★★

僕のワンダフル・ライフネタバレあらすじ感想と評価一覧

僕のワンダフル・ライフ昨年!感想あり

2017.12.24更新 ★★★★★

ドリームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ドリーム昨年!感想あり

2018.1.2更新 ★★★★★

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ感想と評価一覧

エイリアン コヴェナント昨年!感想あり

2018.1.4更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ感想と評価一覧

新感染 ファイナル・エクスプレス昨年!感想あり

2018.1.4更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ感想と評価一覧

ワンダーウーマン昨年!感想あり

2017.12.30更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ感想と評価一覧

スパイダーマン ホームカミング昨年!感想あり

2017.12.21更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女昨年!感想あり

2017.12.21更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ感想と評価一覧

パワーレンジャー昨年!感想あり

2018.1.2更新 ★★★★★

銀魂ネタバレあらすじ感想と評価一覧

銀魂昨年!感想あり

2017.12.22更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ライフ(2017)昨年!感想あり

2018.1.15更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジョン・ウィック チャプター2昨年!感想あり

2018.1.4更新 ★★★★★

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊ネタバレあらすじ感想と評価一覧

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊昨年!感想あり

2017.12.25更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ感想と評価一覧

ハクソー・リッジ昨年!感想あり

2018.1.15更新 ★★★★★

22年目の告白 私が殺人犯ですネタバレあらすじ感想と評価一覧

22年目の告白 私が殺人犯です昨年!感想あり

2018.1.9更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ感想と評価一覧

LOGAN ローガン昨年!感想あり

2018.1.15更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ感想と評価一覧

メッセージ昨年!感想あり

2018.1.14更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ感想と評価一覧

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス昨年!感想あり

2018.1.3更新 ★★★★★

追憶ネタバレあらすじ感想と評価一覧

追憶昨年!感想あり

2017.12.19更新 ★★★★★

無限の住人ネタバレあらすじ感想と評価一覧

無限の住人昨年!感想あり

2017.12.25更新 ★★★★★

君の名は。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

君の名は。感想あり

2018.1.17更新 ★★★★★

シン・ゴジラネタバレあらすじ感想と評価一覧

シン・ゴジラ感想あり

2017.11.12更新 ★★★★★

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番(他DCコミックス含む)

2017.11.26更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.11.1更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.12.20更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

歴代アカデミー賞ノミネートと受賞作

【一覧】アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2017年映画まで)

【一覧】アカデミー賞の歴代受賞まとめ(2003-2017年映画まで)

2017.12.9更新

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2016年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2017発表/第89回/全62作品)

2017.12.9更新

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2015年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2016発表/第88回/全57作品)

2017.12.9更新

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2014年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2015発表/第87回/全60作品)

2017.12.9更新

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2013年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2014発表/第86回/全57作品)

2017.12.9更新

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2012年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2013発表/第85回/全53作品)

2017.12.9更新

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2011年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2012発表/第84回/全61作品)

2017.12.9更新

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2010年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2011発表/第83回/全56作品)

2017.12.9更新

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2009年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2010発表/第82回/全58作品)

2017.12.9更新

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2008年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2009発表/第81回/全50作品)

2017.12.9更新

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2007年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2008発表/第80回/全58作品)

2017.12.9更新

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2006年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2007発表/第79回/全58作品)

2017.12.9更新

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2005年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2006発表/第78回/全54作品)

2017.12.9更新

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

2017.12.9更新

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2003年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2004発表/第76回/全49作品)

2017.12.9更新

歴代 日本アカデミー賞の優秀と最優秀賞

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2017年まで)

【一覧】日本アカデミー賞の歴代受賞映画まとめ(2017年まで)

2017.12.26更新

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2016年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2017発表/第40回)

2017.12.9更新

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2015年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2016発表/第39回)

2017.12.9更新

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2014年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2015発表/第38回)

2017.12.10更新

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2013年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2014発表/第37回/全33作品)

2017.12.11更新

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2012年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2013発表/第36回/全35作品)

2017.12.11更新

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2011年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2012発表/第35回/全30作品)

2017.12.11更新

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2010年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2011発表/第34回/全30作品)

2017.12.11更新

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2009年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2010発表/第33回/全32作品)

2017.12.27更新

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2008年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2009発表/第32回/全28作品)

2017.12.11更新

第31回日本アカデミー賞2008優秀賞と最優秀賞の全29作品まとめ(2007年映画)

第31回日本アカデミー賞2008優秀賞と最優秀賞の全29作品まとめ(2007年映画)

第30回日本アカデミー賞2007優秀賞と最優秀賞の全26作品まとめ(2006年映画)

第30回日本アカデミー賞2007優秀賞と最優秀賞の全26作品まとめ(2006年映画)

第29回日本アカデミー賞2006優秀賞と最優秀賞の全15作品まとめ(2005年映画)

第29回日本アカデミー賞2006優秀賞と最優秀賞の全15作品まとめ(2005年映画)

2017.10.9更新

歴代の報知映画賞ノミネートと受賞作

歴代のゴールデングローブ賞ノミネートと受賞作