ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ評価と感想
更新を購読できます

2013キネマ旬報の読者ベストテン外国映画ランキング(第87回)

2013キネマ旬報の読者ベストテン外国映画ランキング(第87回)

2013年のキネマ旬報ベスト・テンの読者が選んだ外国映画ランキングです。毎年2月上旬発売の「キネマ旬報」にて掲載されるため、他の賞と比べても透明性は高いのが特徴です。キネマ旬報の映画好き読者が選ぶため、興行収入などで大衆受けした作品が選ばれないこともあります。

目次[非表示]

映画名
(↓クリックでスクロール)
興収日本
[億円]
興収世界
[億$]
100点
評価
10セデック・バレ 第一部 太陽旗--79
10セデック・バレ 第ニ部 虹の橋--77
9もうひとりの息子---
8嘆きのピエタ---
7きっと、うまくいく---
6ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日19.16.0976
5キャプテン・フィリップス5.72.1877
4ゼロ・ダーク・サーティ4.31.3275
3愛、アムール-0.1976
2ジャンゴ 繋がれざる者4.74.2580
1ゼロ・グラビティ32.37.2380

2013年 キネマ旬報の読者ベスト・テン 外国映画ランキング

1924年からはじまった、日本どころか世界でも最古クラスの映画ランキングです。米国アカデミー賞より1回古いです。今のように日本映画・外国映画で分かれたのは1926年からで、読者選出ベスト・テンは1972年度から始まりました。興行収入的に成功した映画が選ばれるとは限らないのが特徴です。

ピクシーンで紹介した映画は興行収入だけでなく、あらすじ・ネタバレ感想・評価・予告動画なども見れますよ!

[10位]セデック・バレ 第一部 太陽旗

平均評価
★★★★★79/100
日本公開
2013.4.20
上映時間
143分 予告動画
セデック・バレ 第一部 太陽旗
原題/英題:
Warriors of the Rainbow I : Sun Flag
映画監督:
ウェイ・ダーション
主な出演者:
リン・チンタイ、マー・ジーシアン、安藤政信、河原さぶ、ビビアン・スー
映倫区分
日本:R15+
(C)太秦、ARS Film Production、Central Motion、Pictures Corporation

『セデック・バレ 第一部 太陽旗』あらすじ(ネタバレなし)や概要

台湾で大ヒットを記録した「海角七号 君想う、国境の南」のウェイ・ダーション監督が、日本統治下の台湾で起こった台湾先住民族セデック族による抗日暴動「霧社事件」を全2部作で描いた歴史大作の前編。ジョン・ウー、テレンス・チャンらもプロデューサーを務め、プロダクションデザインの種田陽平、日本軍人役の安藤政信、木村祐一ら、日本からもスタッフ、キャストが参加している。1895年、日清戦争で清が敗れると、台湾中部の山岳地帯に暮らす狩猟民族セデック族の集落にまで日本の統治が及び、平穏な生活が奪われていく。それから35年、父親の跡を継ぎ一族の頭目となったモーナは、村の人々とともに日々を耐え忍んで生きていたが、ひとりのセデック族が日本人警察官と衝突したことから、一族のおさえこまれていた感情が爆発する。[引用元]

『セデック・バレ 第一部 太陽旗』レビューサイト評価一覧

[10位]セデック・バレ 第ニ部 虹の橋

平均評価
★★★★★77/100
日本公開
2013.4.20
上映時間
132分 予告動画
セデック・バレ 第ニ部 虹の橋
原題/英題:
Warriors of the Rainbow II: Rainbow Bridge
映画監督:
ウェイ・ダーション
主な出演者:
リン・チンタイ、マー・ジーシアン、安藤政信、河原さぶ、ビビアン・スー
映倫区分
日本:R15+
(C)太秦、ARS Film Production、Central Motion、Pictures Corporation

『セデック・バレ 第ニ部 虹の橋』あらすじ(ネタバレなし)や概要

1930年、日本統治下の台湾で起こった先住民族セデック族による抗日暴動「霧社事件」を描いた歴史大作2部作の後編。セデック族の決起部隊が学校を襲撃し、女子どもの区別もなく多くの日本人の命が奪われる。これを鎮圧するため日本軍が直ちに出動するが、山岳地帯の地の利を知り尽くしたセデック族の前に苦戦を強いられる。しかし、圧倒的な武力で徐々に形勢は日本軍に傾いていき、セデック族の戦士たちはひとりまたひとりと命を落としていく。監督は「海角七号 君想う、国境の南」のウェイ・ダーション。製作にジョン・ウー、テレンス・チャンらも参加。[引用元]

『セデック・バレ 第ニ部 虹の橋』レビューサイト評価一覧

[9位]もうひとりの息子

[8位]嘆きのピエタ

[7位]きっと、うまくいく

[6位]ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日

平均評価
★★★★★76/100
世界興行収入
609百万US$
日本興行収入
19.1億円
日本公開
2013.1.24
上映時間
127分 予告動画
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
原題/英題:
Life of Pi
製作国:
アメリカ(2012.11.21公開)
映画監督:
アン・リー
主な出演者:
スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー
製作費:
約US$ 120,000,000(約132億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG
(C)20th Century Fox、フォックス2000ピクチャーズ

『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』あらすじ(ネタバレなし)や概要

カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し、ブッカー賞を受賞した世界的ベストセラー小説「パイの物語」を、「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」のアン・リー監督が映画化。乗っていた貨物船が遭難し、一匹のトラとともに救命ボートで漂流することになった少年パイのたどる運命を描く。1960年インド・ポンディシェリに生まれた少年パイは、父親が経営する動物園でさまざまな動物たちと触れ合いながら育つ。パイが16歳になった年、両親はカナダへの移住を決め、一家は動物たちを貨物船に乗せてインドをたつが、洋上で嵐に遭遇し貨物船が沈没。必死で救命ボートにしがみついたパイはひとり一命を取りとめるが、そこには体重200キロを超すベンガルトラがいた。第85回アカデミー賞で全11部門にノミネートされ、アン・リーが自身2度目となる監督賞受賞を果たした。[引用元]

『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』レビューサイト評価一覧

[5位]キャプテン・フィリップス

平均評価
★★★★★77/100
私の評価
★★★★★62/100
世界興行収入
218百万US$
日本興行収入
5.7億円
日本公開
2013.11.29
上映時間
134分 予告動画
キャプテン・フィリップス
原題/英題:
Captain Phillips
製作国:
アメリカ(2013.10.11公開)
映画監督:
ポール・グリーングラス
主な出演者:
トム・ハンクス、キャサリン・キーナー、バーカッド・アブディ、バーカッド・アブディラマン、ファイサル・アメッド
製作費:
約US$ 55,000,000(約61億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、Michael De Luca Productions、Scott Rudin Productions、Translux、Trigger Street Productions

『キャプテン・フィリップス』あらすじ(ネタバレなし)や概要

実話ベース。2009年、アラバマ号のキャプテンであるフィリップスは、オマーンからケニアへ援助物資を運搬していた。そこへ海賊が小さなモーターボートで追跡してくる。海軍との交信や放水などで対処するが、すきをついて船内に侵入される。フィリップスは人質にとられて、海賊4人と救命艇で船を離れて、絶体絶命になるが駆引きも忘れない。海賊は身代金を要求しようとするが、米ネイビーシールズも動き出し...。第86回アカデミー賞で6部門ノミネート。

『キャプテン・フィリップス』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

[4位]ゼロ・ダーク・サーティ

平均評価
★★★★★75/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
132百万US$
日本興行収入
4.3億円
日本公開
2013.2.15
上映時間
158分 予告動画
ゼロ・ダーク・サーティ
原題/英題:
Zero Dark Thirty
製作国:
アメリカ(2012.12.19公開)
映画監督:
キャスリン・ビグロー
主な出演者:
ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク、ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー、マーク・ストロング
製作費:
約US$ 40,000,000(約44億円)
映倫区分
日本:PG/一般12、USA:R
(C)ギャガ、コロンビア映画(USA)、Annapurna Pictures

『ゼロ・ダーク・サーティ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

実話ベース。2001年9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が発生。CIAはテロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビン・ラディンを追うために、巨額の予算をつぎ込むが成果は得られなかった。そんな時、若き女性分析官マヤがパキスタンのCIA支局に派遣される。マヤはテロリストの拷問にも立ち会い、ビンラディンの連絡係アブ・アフメドという人物が気になるが、何も進展せず、自爆テロは続いて...。第85回アカデミー賞作品賞、主演女優賞、脚本賞などにノミネートし、音響編集賞のみ受賞。

『ゼロ・ダーク・サーティ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

[3位]愛、アムール

平均評価
★★★★★76/100
私の評価
★★★★★52/100
世界興行収入
19百万US$
日本公開
2013.3.9
上映時間
127分 予告動画
愛、アムール
原題/英題:
Amour
製作国:
フランス・ドイツ・オーストリア合作(2012.10.24公開)
映画監督:
ミヒャエル・ハネケ
主な出演者:
ジャン=ルイ・トランティニャン、エマニュエル・リバ、イザベル・ユペール、アレクサンドル・タロー、ウィリアム・シメル
製作費:
約US$ 8,900,000(約10億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)ロングライド、Canal+、Wega Film、Les Films du Losange、X-Filme Creative Pool、フランス3シネマ

『愛、アムール』あらすじ(ネタバレなし)や概要

パリの高級アパルトマンで老後生活をおくっている音楽家夫婦の、ジョルジュとアンヌは、アンヌの弟子ピアニストの演奏会へ行き楽しんだ。翌朝、食事中にアンヌの動きが停止したが、しばらくすると元に戻った。医者に診てもらうと手術が必要だとわかるが失敗して、体が不自由になってしまう。アンヌは病院嫌いだったので、ジョルジュが自宅で車椅子のアンヌと暮らすことにするが...。第85回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。

『愛、アムール』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

[2位]ジャンゴ 繋がれざる者

平均評価
★★★★★80/100
私の評価
★★★★★67/100
世界興行収入
425百万US$
日本興行収入
4.7億円
日本公開
2013.3.1
上映時間
165分 予告動画
ジャンゴ 繋がれざる者
原題/英題:
Django Unchained
製作国:
アメリカ(2012.12.25公開)
映画監督:
クエンティン・タランティーノ
主な出演者:
ジェイミー・フォックス、クリストフ・ワルツ、レオナルド・ディカプリオ、ケリー・ワシントン、サミュエル・L・ジャクソン
製作費:
約US$ 100,000,000(約110億円)
映倫区分
日本:R15+、USA:R
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、ワインスタイン・カンパニー(USA)、ア・バンド・アパート

『ジャンゴ 繋がれざる者』あらすじ(ネタバレなし)や概要

第85回アカデミー賞で5部門ノミネートし助演男優賞など2部門受賞。南北戦争直前のアメリカ南部。黒人奴隷ジャンゴは、賞金稼ぎのキング・シュルツにより自由を与えられ、賞金稼ぎとしての生き方を教えられる。シュルツの標的の三兄弟を始末後は、ジャンゴの妻だったブルームヒルダを探し、悪名高い領主キャンディのもとにいることを突き止める。そして2人はキャンディに近づき、策を用いてヒルダを助け出そうとするが...

『ジャンゴ 繋がれざる者』レビューサイト評価一覧

[1位]ゼロ・グラビティ

平均評価
★★★★★80/100
私の評価
★★★★★78/100
世界興行収入
723百万US$
日本興行収入
32.3億円
日本公開
2013.12.13
上映時間
91分 予告動画
ゼロ・グラビティ
原題/英題:
Gravity
製作国:
アメリカ、イギリス(2013.10.4公開)
映画監督:
アルフォンソ・キュアロン
主な出演者:
サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、エド・ハリス
製作費:
約US$ 100,000,000(約110億円)
映倫区分
日本:G/一般、USA:PG-13
(C)Warner Bros. Pictures、Heyday Films

『ゼロ・グラビティ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

メディカル・エンジニアのライアン・ストーン博士と、ベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキーは、スペースシャトルで船外作業を行っていた。ところが、ロシアが自国の衛星を破壊して発生した宇宙ゴミにより、ライアンは無重力空間に放り出されてしまう。マットは船外活動ユニットを操作してライアンをロープでつなぎとめるが、地球とは連絡が取れず、空気や燃料も残りわずかで、生還するために行動を開始するが...。第86回アカデミー賞で9ノミネートで7部門受賞。

『ゼロ・グラビティ』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

以上、2013キネマ旬報の読者ベストテン(外国映画ランキング)でした。

スポンサーリンク

新作映画のあらすじ評価・ネタバレ感想もチェック!

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.16更新

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.8更新

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.7更新

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン上映中感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.28更新

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.19更新

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.21更新

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

★★★★★ 2017.5.5更新

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.5更新

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

ラ・ラ・ランドネタバレあらすじ評価と感想

ラ・ラ・ランド今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.14更新

トリプルX 再起動ネタバレあらすじ評価と感想

トリプルX 再起動今年!感想あり

★★★★★ 2017.7.6更新

ドクター・ストレンジネタバレあらすじ評価と感想

ドクター・ストレンジ今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

マグニフィセント・セブンネタバレあらすじ評価と感想

マグニフィセント・セブン今年!感想あり

★★★★★ 2017.6.15更新

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.16更新

湯を沸かすほどの熱い愛ネタバレあらすじ評価と感想

湯を沸かすほどの熱い愛昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.5更新

何者ネタバレあらすじ評価と感想

何者昨年!感想あり

★★★★★ 2017.5.24更新

ジェイソン・ボーンネタバレあらすじ評価と感想

ジェイソン・ボーン昨年!感想あり

★★★★★ 2017.7.11更新

怒りネタバレあらすじ評価と感想

怒り昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.9更新

映画 聲の形ネタバレあらすじ評価と感想

映画 聲の形昨年!感想あり

★★★★★ 2017.6.20更新

シン・ゴジラネタバレあらすじ評価と感想

シン・ゴジラ昨年!感想あり

★★★★★ 2017.4.3更新

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー感想あり

★★★★★ 2017.5.31更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.5.4更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.7.16更新

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

パイレーツ・オブ・カリビアン・シリーズ興行収入ランキングと評価一覧や見る順番

2017.7.16更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

興行収入ランキング(日本国内)

2017映画興行収入ランキング!上半期の日本ベスト(毎週更新)

2017映画興行収入ランキング!上半期の日本ベスト(毎週更新)

2017.7.21更新

歴代映画興行収入ランキング!オールタイム日本ベスト25

歴代映画興行収入ランキング!オールタイム日本ベスト25

2017.4.27更新

2016映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2016映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.5.18更新

2016上半期!映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト15

2016上半期!映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト15

2017.3.31更新

2015映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2015映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2014映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2014映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2013映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2013映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.5.25更新

2012映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2012映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2011映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2011映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2010映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2010映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2009映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2009映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2008映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2008映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2007映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2007映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2006映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2006映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2005映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2005映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2004映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2004映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2003映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2003映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2002映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2002映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2001映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2001映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.4.1更新

2000映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2000映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

2017.6.23更新

【一覧】映画興行収入ランキング!日本ベスト20(歴代と2000-2016年)

【一覧】映画興行収入ランキング!日本ベスト20(歴代と2000-2016年)

2017.6.23更新

興行収入ランキング(全世界)

2017映画興行収入ランキング!上半期の世界おすすめベスト(毎週更新)

2017映画興行収入ランキング!上半期の世界おすすめベスト(毎週更新)

2017.7.19更新

歴代映画興行収入ランキング!オールタイム世界ベスト28

歴代映画興行収入ランキング!オールタイム世界ベスト28

2017.5.25更新

2016映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2016映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.17更新

2016上半期!映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト10

2016上半期!映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト10

2017.4.11更新

2015映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2015映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.13更新

2014映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2014映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.1更新

2013映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2013映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.1更新

2012映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2012映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2011映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2011映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2010映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2010映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2009映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2009映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2008映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2008映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2007映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2007映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2006映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2006映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2005映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2005映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2004映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2004映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2003映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2003映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2002映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2002映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.6.16更新

2001映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2001映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.4.3更新

2000映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2000映画興行収入ランキング!世界おすすめベスト20

2017.3.30更新

【一覧】映画興行収入ランキング!世界ベスト20(歴代と2000-2016年)

【一覧】映画興行収入ランキング!世界ベスト20(歴代と2000-2016年)

2017.6.23更新

マーベル映画やピクシーンのおすすめ映画ランキング