おすすめ映画探せるピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

2017年ライムスター宇多丸のシネマランキング!おすすめ映画ベスト10+リスナーランキング

2017年ライムスター宇多丸のシネマランキング!おすすめ映画ベスト10+リスナーランキング

ライムスター宇多丸の2017年のシネマランキングです。新作映画から選んだベスト10と各賞を発表しました。対象はラジオ番組ウィークエンド・シャッフルの「ムービーウォッチメン」で紹介した映画49本です。

【一覧】ライムスター宇多丸のシネマランキング(2008-2017年)もご確認ください。

目次[非表示]

映画名
(クリックでスクロール)
興収
日本
日本興収
[億円]
興収
世界
世界興収
[億$]
評価
平均
評価
1ドリーム4.62.3581
2ムーンライト---
3アトミック・ブロンド---
4エル ELLE---
5ありがとう、トニ・エルドマン---
6ハクソー・リッジ-1.7578
7パターソン---
8SING シング51.16.3472
9沈黙 サイレンス8.40.2375
10KUBO クボ 二本の弦の秘密---
--サバイバル・ファミリー---
--夜は短し歩けよ乙女---
--ザ・コンサルタント-1.5571
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

2017年 宇多丸のシネマランキング おすすめ映画ベスト10+各賞

映画評論家でもあるライムスター宇多丸さんが、2017年にムービーウォッチメンで紹介した49の洋画・邦画の中から選んだ映画ランキングです。紹介する映画はガチャルーレットで決めるため、大作や有名作品や単館映画が抜けたりしますが、2017年は小規模上映の作品が良かったなどの映画の傾向はつかめて面白いです。

ピクシーンで紹介した映画は興行収入だけでなく、あらすじ・ネタバレ感想・評価・予告動画なども見れますよ!

[1位]ドリーム

ドリーム
  • 平均評価 ★★★★★81/100
  • 私の評価 ★★★★★78
  • 日本興行収入 4.6億円
  • 世界興行収入 2.3億US$
  • 日本公開 2017.9.29
  • 上映時間 127分 予告

アカデミー賞ノミネート作。1961年、ソ連と冷戦下のアメリカでは宇宙開発競争に負けないよう取り組んでいた。NASAで働く黒人女性たちは優秀でも人種差別によって、希望する部署への配属も昇進も白人と同じトイレに入ることすらできなかった。それでも活躍して、宇宙飛行士ジョン・グレンが米初の地球周回軌道飛行に挑む時には...(ネタバレあらすじ⇒)

DVD/ブルーレイ レンタル開始日,発売日
2018.2.2(発売中
原題/英題
Hidden Figures
製作国
アメリカ(2016.12.25公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG
製作費
約US$ 25,000,000(約28億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、フォックス2000・ピクチャーズ、レヴァンティン・フィルムズ、チャーニン・エンターテインメント、TSGエンターテインメント
映画監督
セオドア・メルフィ
キャスト/出演者
タラジ・P・ヘンソン、オクタビア・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケビン・コスナー、キルステン・ダンスト

詳細ネタバレ感想『ドリーム』皆の評価やあらすじ ⇒

[6位]ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ

アカデミー賞6部門ノミネート、2部門受賞。実話。デズモンド・ドスは少年時の父との確執、恋愛、厳しい陸軍訓練、軍法会議を経て、第2次世界大戦の沖縄戦に米軍衛生兵として参加することになるのだが...(ネタバレあらすじ⇒)

DVD/ブルーレイ レンタル開始日,発売日
2017.11.3(発売中
原題/英題
Hacksaw Ridge
製作国
アメリカ・オーストラリア合作(2016.11.4公開)
映倫区分
日本: PG12、USA: R
製作費
約US$ 40,000,000(約44億円)
配給/製作
(C)キノフィルムズ、クロス・クリーク・ピクチャーズ、IMグローバル、アイコン・プロダクションズ、AIフィルム、パンデモニウム・フィルムズ、パーマット・プレゼンテーションズ、ウィンディ・ヒル・ピクチャーズ、ヴェンディアン・エンターテインメント、デマレスト・メディア、キルバーン・メディア
映画監督
メル・ギブソン
キャスト/出演者
アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィービング

詳細ネタバレ感想『ハクソー・リッジ』皆の評価やあらすじ ⇒

[8位]SING シング

SING シング
  • 平均評価 ★★★★★72/100
  • 私の評価 ★★★★★63
  • 日本興行収入 51.1億円
  • 世界興行収入 6.3億US$
  • 日本公開 2017.3.17
  • 上映時間 108分 予告

ミニオンズのイルミネーション製作。コアラのバスター・ムーンはかつて栄えたが今は衰退した劇場の支配人で、銀行や取引先への未払金も払わず逃げてばかり。そんな時、賞金をかけた歌唱コンテストの開催を思いつく。個性豊かな歌い手が本戦へ進むが、劇場が存続できない事態におちいり...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Sing
製作国
アメリカ(2016.12.21公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG
製作費
約US$ 75,000,000(約83億円)
配給/製作
(C)東宝東和、Illumination Entertainment
映画監督
ガース・ジェニングス
キャスト/出演者
マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー

詳細ネタバレ感想『SING シング』皆の評価やあらすじ ⇒

[9位]沈黙 サイレンス

沈黙 サイレンス
  • 平均評価 ★★★★★75/100
  • 私の評価 ★★★★★69
  • 日本興行収入 8.4億円
  • 世界興行収入 0.2億US$
  • 日本公開 2017.1.21
  • 上映時間 162分 予告

アカデミー賞ノミネート作。原作は遠藤周作の小説。17世紀、江戸初期の日本ではキリシタン弾圧が行われ、宣教師フェレイラが信仰を棄てたと聞いた弟子ロドリゴとガルペは、日本人キチジローの手引きで長崎に上陸した。そこでは想像以上の弾圧が行われており、ロドリゴらも信仰か棄教か迫られ...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Silence
製作国
アメリカ(2016.12.23公開)
映倫区分
日本: PG12、USA: R
製作費
約US$ 51,000,000(約56億円)
配給/製作
(C)KADOKAWA、IMグローバル
映画監督
マーティン・スコセッシ
キャスト/出演者
アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、リーアム・ニーソン、窪塚洋介、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮

詳細ネタバレ感想『沈黙 サイレンス』皆の評価やあらすじ ⇒

ザ・コンサルタント

ザ・コンサルタント

会計士クリスチャン・ウルフは、ある大企業から引き受けた財務調査で不正を見つけるが、なぜかその依頼は打ち切られ、何者かに命をねらわれるようになる。しかし実はウルフは裏社会でも凄腕スナイパーで、次々に敵を倒していくが、ある過去の人間関係が浮かび上がってきて...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
The Accountant
製作国
アメリカ(2016.10.14公開)
映倫区分
日本: G、USA: R
製作費
約US$ 44,000,000(約48億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、エレクトリック・シティ・エンターテイメント、Advanced Underwriting Concepts、ラットパック=デューン・エンターテインメント、ゼロ・グラビティ・マネジメント
映画監督
ギャビン・オコナー
キャスト/出演者
ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、ジョン・バーンサル、ジョン・リスゴー

詳細ネタバレ感想『ザ・コンサルタント』皆の評価やあらすじ ⇒

ゴールデンタマデミー賞(部門別賞)

ベストガイ部門(別名:ジャック・リーチャー部門)

  • 『ナイスガイズ!』ジャクソン・ヒーリー(俳優: ラッセル・クロウ)、ホランド・マーチ(俳優: ライアン・ゴズリング)
  • 次点『僕のワンダフル・ライフ』カルロス(俳優: ジョン・オーティス)

ベストガール部門

『アトミック・ブロンド』ロレーン・ブロートン(女優: シャーリーズ・セロン)

最低/最高悪役部門

ベスト新人賞

『全員死刑』小林勇貴監督

ベストオープニング部門

『ナイス・ガイズ!』『22年目の告白 私が殺人犯です

ベストエンディング部門

ラ・ラ・ランド

2017年シネマ流行語大賞

『HiGH&LOW THE MOVIE 2 END OF SKY』『HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION』善信吉龍(俳優: 岸谷五朗)「い・ん・ぺ・い・できるんだよォ~!」「に・げ・ね・ぇ・よォ~!」

ベストサントラ部門

ベストダンス部門(新設)

『夜は短し歩けよ乙女』詭弁論部のみなさんによる「詭弁踊り」

リスナーランキング

以上、ライムスター宇多丸のシネマランキング2017の映画ベスト10+各賞でした。【一覧】ライムスター宇多丸のシネマランキング(2008-2017年)もご確認ください。

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり。家視聴含め3年半で1800本。新作は2017年191本、2018年85本
今話題の映画やランキング