映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
新年のギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『SAFE セイフ』あらすじや予告動画や映画情報

SAFE セイフ

『SAFE セイフ』あらすじ(ネタバレなし)

ルーク・ライトは、元ニューヨーク市警の刑事だったが、正義感がじゃまして職を失い、地下での格闘技ファイターをしながら生活していた。ある日、ロシアン・マフィアから指示された八百長試合を無視してしまい、制裁され自殺を考えていた。その時目の前を通った中国人少女が、ロシアン・マフィアに追われてることに気づいて、助け出すと、今度は中国マフィアや汚職警官たちまで敵にまわすはめになり...(ネタバレあらすじ↓)

SAFE セイフの予告動画

映画『SAFE セイフ』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Safe
製作国
アメリカ(2012.4.27公開)
映倫区分
日本: R15+、USA: R
製作費
約US$ 30,000,000(約33億円)
配給/製作
(C)ブロードメディア・スタジオ/ポニーキャニオン、ライオンズゲート(USA)、トリガー・ストリート・プロダクション
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
ボアズ・イェーキン
キャスト/出演者
ジェイソン・ステイサム、キャサリン・チェン、ジェームズ・ホン、クリス・サランドン、ジョセフ・シコラ
レビューサイト平均評価 ★★★★★65/100換算

ネタバレあらすじや感想『SAFE セイフ』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。SAFE セイフ

★★★★★ 63点/100(60が平均)

『SAFE セイフ』はジェイソン・ステイサムが多勢の敵を、格闘技や銃撃で、バッタバタと倒していく痛快アクションです。

この映画のおすすめ、3つのポイント

  • ジェイソン・ステイサムの強すぎるアクションシーン
  • 軽く頭も使って、マフィアや汚職警官を手のひらで転がす
  • 単純な復讐ものではない(中国少女がからむ)のが良い

少しだけ残念に感じた、4つのポイント

  • たった1人でマフィア組織2つと汚職警官を壊滅はやりすぎ
  • この強さ前提なら、刑事時代にマフィアをつぶせたはず
  • 途中から中国少女を守ることは放棄?殺されないから?
  • 金庫の中身にひねりがなく、がっかり感

最終的には市長まで手玉に取ったりと、めずらしく頭脳戦も見せますが、そもそもこれだけ強ければ、刑事時代にやめさせられることも回避できたし、ロシアン・マフィアに八百長を強要された時に、マフィアごと壊滅させとけば、中国少女のかわりに妻と逃亡できたと思います。

中国人少女を守るという設定はステイサムにしては新鮮です。が、デジタル機器の情報は盗まれるから、少女の記憶力に頼るという設定なのに、結局その少女が拉致されるのなら、遠隔操作で情報を破壊できるデジタル機器の方がましだと思うのは私だけではないはずです。

以上いろいろつっこみどころも満載ですが、アクション・戦闘シーンは見ててスカッとするし、悪党のみがやられていく姿は万国共通でうける要素だと思います。小さな子供と見るには暴力シーン多すぎるので注意。ちょっと複雑なアクション映画みたい人におすすめです。

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年128本
今話題の映画やランキング