映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
新年のギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『メメント』あらすじや予告動画や映画情報

メメント

『メメント』あらすじ(ネタバレなし)

保険の調査員レナードは、妻が強盗犯に襲われた後、約10分間しか記憶できなくなった。ポラロイド写真とメモ書き、そして体中にタトゥーを掘ることにより、記憶を忘れても思い出せるようにしながら、犯人のジョン・Gを追っていた。警官のテディと、バーに勤めるナタリーという女性が、手伝ってくれるが、すぐに忘れるレナードの記憶や時系列は混乱する一方。おまけに保険員の時に担当したサミーの一件もからんできて...(ネタバレあらすじ↓)

メメントの予告動画

映画『メメント』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Memento
製作国
アメリカ(2000.9.3公開)
映倫区分
設定なし、USA: R
製作費
約US$ 9,000,000(約10億円)
配給/製作
(C)東芝/アミューズピクチャーズ、サミット・エンターテインメント(USA)、チーム・トッド
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
クリストファー・ノーラン
キャスト/出演者
ガイ・ピアース、キャリー=アン・モス、ジョー・パントリアーノ、マーク・ブーン・ジュニア、ジョージャ・フォックス
レビューサイト平均評価 ★★★★★79/100換算

ネタバレあらすじや感想『メメント』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。メメント

★★★★★ 70点/100(60が平均)

『メメント』は、おすすめのミステリー映画などで、よく紹介されています。サスペンスやミステリー好きは1度は見ておいた方が良い映画だと思います。一方で、家族などとのんびり見たい時には、難解なのであまり向いてないでしょう。

おそらくほとんどの人が、一度見たくらいでは、内容をよく理解できないと思います。レナードは10分しか記憶できないため、最新の記憶は常に妻が暴行されて倒れているシーンなんでしょうか。それは辛すぎて精神崩壊しそうですよね。

この映画のおすすめ、4つのポイント

  • 映像化の難しそうなトリックを優れた手法で見せてる
  • 鑑賞後に、考察したり議論したりできる
  • 保険の顧客サミーの真実に驚き
  • 一体誰が嘘をついてるのかを考えると奥が深い

少し残念?つっこみどころ?、3つのポイント

  • 映像がフェアではないので、謎解きできる映画ではない
  • 女性の登場人物の顔が区別しづらい。私が日本人だから?
  • 結局、妻に対する暴行犯人への復讐の真相はわからず終了

1人で集中しながら見ることをおすすめしたい映画です。『ファイト・クラブ』『ユージュアル・サスペクツ』などと同様です。ネットでも多くの考察が出てますが、憶測も多く、真相は各自で考えればいいと思っています。

物語の最大のネタバレは、サミーの行動として記憶している妻殺しが、実は自分が行ったということです。ただ、サミーに関する記憶は、頭部損傷の前のことなので、忘れないはずなんですが、おそらく防衛本能が働き、記憶を改ざんしてるのだと思われます。

1つわからなかったのは、妻が生きてる時にすでに「ジョン・Gが妻を殺害した」「(復讐は)完了した!」のタトゥーが胸に彫られていることの理由です。この映像じたい、レナードの記憶混乱を表すものなのか、または真犯人殺しに妻も関わったのか、真相は闇の中です!

『メメント』含む映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年128本
今話題の映画やランキング