映画評価ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
映画もアニメも アマゾンでお得に⇒

『ラストウィッチハンター』皆の評価は?感想ネタバレ解説あらすじ

映画 ラストウィッチハンター
タイトル/邦題 ラスト・ウィッチ・ハンター
日本公開 2016.9.30 予告↓上映時間 106分
映倫区分日本 PG12(小学生指導必要)USA PG-13
製作国アメリカ
原題/英題THE LAST WITCH HUNTER
映画監督ブレック・アイズナー
キャスト
出演者
ビン・ディーゼル、イライジャ・ウッド、ローズ・レスリー、マイケル・ケイン、オーラブル・ダッリ・オラフソン
配給/製作(C)プレシディオ、Lionsgate/Summit(USA)
世界興行収入1.4億US$
製作費約US$ 90,000,000(約99億円)
平均評価★★★★★61私の評価★★★★★53
値段を調べる ムビチケAmazon楽天Yahoo

『ラストウィッチハンター』あらすじ(ネタバレなし)

コールダーは、800年前、魔女の女王クイーン・ウィッチを倒した時に、不死の呪いをかけられ、現代まで生き残る唯一のウィッチ・ハンター。彼を見守るドーラン神父の36代目が、何者かに殺害されてしまう。37代目ドーランとともに真相を調査するが、やがてクイーン・ウィッチの復活がからんでいることがわかる。コールダーの過去の記憶がキーになるため、人間と共生している魔女クロエの協力を借りて記憶をさかのぼるのだが...(ネタバレあらすじ↓)

『ラスト・ウィッチ・ハンター』予告動画

ネタバレあらすじや感想『ラストウィッチハンター』考察・評価レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想/考察です。ラスト・ウィッチ・ハンター

★★★★★ 53点/100(60が平均)

『ラスト・ウィッチ・ハンター』は、『ワイルド・スピード SKY MISSION』のシリーズや『トリプルX』などで一躍スターになった、ヴィン・ディーゼル主演の、よくあるハンター映画です。『ブレイド』シリーズが近いかも。

出演者や設定・世界観は良いし期待させるのですが、ストーリーがありきたりで、アクションも斬新ではなく、いろいろ退屈な映画で、もったいないです。相棒も、37代目ドーランか魔女クロエか両方か、はっきりしないので、バディ感も薄いです。

この映画のおすすめ、3つのポイント

  • 中世や魔女の世界?の雰囲気、世界観は素晴らしい
  • 冒頭の多数vs多数のバトルは楽しめる
  • 魔女が生き残るためのこの策略は、新しい気がする

少し残念?つっこみどころ?、5つのポイント

  • クイーン・ウィッチ以外の魔女が弱すぎる。魔女の個性がない
  • 37代目ドーランは不要。小物っぷりや正体が残念すぎる
  • 魔女クロエの能力が、都合良すぎる
  • 心臓のシンクロ、どこから奪ったのかなどがわかりにくい
  • ラスボスの倒され方に、ひねりがなくあっさりすぎる

そもそもウィッチ・ハンターの条件ってなんでしょうか。血統ですか。銃や剣を使えて、筋肉あればOKというなら『エクスペンダブルズ』を連れてくれば、もっと簡単に片付きますね。それともあの剣はハンターにしか扱えないのでしょうか。

続編がありそうな雰囲気で終わりましたが、よくあるパターンとして「女王を凌ぐ者の復活」や「別のウィッチ・ハンターが敵になる」みたいな展開はやめてほしいです。マッチョな相棒が登場して、2人で魔女をなぐって倒すってのはどうでしょうか!

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2018新作146本/2017年198。驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリー重視。海外135国/大食い/TV捨てた/マツコ世界オファー経験
今話題の映画やランキング