映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
新年のギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『インデペンデンスデイ』あらすじや予告動画や映画情報

インデペンデンス・デイ
  • 平均評価 ★★★★★71/100
  • 私の評価 ★★★★★82
  • 日本興行収入 106.5億円
  • 世界興行収入 8.1億US$
  • 日本公開 1996.12.7
  • 上映時間 145分 予告

『インデペンデンスデイ』あらすじ(ネタバレなし)

アメリカ独立記念日前の7月2日、ホイットモア大統領は、巨大宇宙船の出現報告を受け、数時間後には、世界中の大都市上空へと飛来した。ケーブル技師のデイビッドは、衛星通信の信号が攻撃のカウントダウンだと気づき、元妻のいるホワイトハウスへと向かう。7月3日、空軍パイロット・ヒラー大尉の部隊が宇宙船に攻撃を仕掛けるが、バリアにはばまれ、彼をのぞいて全滅。ヒラーは宇宙人を捕獲して、アル中のラッセルたちと秘密の軍基地へ向かい、大統領たちと合流する。運命が引き合わせた人々は、宇宙人の侵略に対して最後の作戦を実行するのだが...(ネタバレあらすじ↓)

インデペンデンス・デイの予告動画

映画『インデペンデンスデイ』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
INDEPENDENCE DAY
製作国
アメリカ(1996.7.2公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 75,000,000(約83億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、セントロポリス・エンターテインメント
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
ローランド・エメリッヒ
キャスト/出演者
ウィル・スミス、ビル・プルマン、ジェフ・ゴールドブラム、メアリー・マクドネル、ジャド・ハーシュ
レビューサイト平均評価 ★★★★★71/100換算

ネタバレあらすじや感想『インデペンデンスデイ』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。インデペンデンス・デイ

★★★★★ 82点/100(60が平均)

『インデペンデンス・デイ』は、もう20年も前の映画ですが、今見てもそれほど違和感なく見れます。登場人物や場面の切り替えが多くて、最初は混乱しがちですが、やがて1ヶ所に集まっていく流れは、上手い手法だしわかりやすくて良いです。

宇宙人の目的やエイリアンの造形をラスト近くまで隠していて、最後に盛り上がる場面で見せる映画が多い気がしますが、本作はそれらは惜しげもなく前半で見せて、侵略の阻止をメインにします。

この映画のおすすめ、5つのポイント

  • SFパニックだが、知恵と勇気で解決。娯楽として楽しめる
  • キャラの配置、ストーリーの進行や見せ方が素晴らしい
  • ラストへ集約していく流れにカタルシスを感じられる
  • 絶望的な状況になるが、笑えるネタもある
  • 家族や子供とも安心して見れる

少し残念?つっこみどころ、5つのポイント

  • 凶暴なはずの宇宙人側の攻撃が後手すぎる。弱すぎる
  • 宇宙船の主砲発射まで時間長すぎ。弱点は防御するはず
  • 人類の武器を積んだ昔の機体をマザーシップが受け入れるの変
  • マザーシップ破壊で、全てのバリヤが消えるの都合よすぎ
  • 久々に戦闘機にのる大統領が生き残るのはあり得ない

日本漫画や洋画でもよくある「敵が待ってくれる」や「本体やっつければ勝利」(例:『オール・ユー・ニード・イズ・キル』)みたいな、人類側に都合の良い設定が多すぎるので、そのへんが気になると楽しめないかもしれません。

だから目をつぶりましょう(笑)。すると、かなり出来の良い娯楽映画だと思います。パニック映画でありがちな、一筋の希望が見えて終了や、絶望だけで終了みたいな終わり方はせず、完全勝利のラストなので、そういうの好きな人はすっきりすると思います。

有名なアメリカ大統領の演説は素晴らしいし、気持ちが高ぶります。いろんなアラは目立っても、こういう気持ちの良い映画も、たまにはいいと感じました。何度も見たいおすすめ映画です。続編『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』もあります!

『インデペンデンスデイ』含む映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年128本
今話題の映画やランキング