映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
新年のギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『ワルキューレ』あらすじや予告動画や映画情報

ワルキューレ
  • 平均評価 ★★★★★66/100
  • 私の評価 ★★★★★62
  • 日本興行収入 12.5億円
  • 世界興行収入 2.0億US$
  • 日本公開 2009.3.20
  • 上映時間 120分 予告

『ワルキューレ』あらすじ(ネタバレなし)

1943年の第二次世界大戦末期、シュタウフェンベルク大佐は、北アフリカ戦線で左目・右手などを失う重傷を負い、ドイツに帰国する。彼はヒトラー総統の独裁政権に絶望していて、暗殺を企てる計画に参加する。当初のずさんな計画を、制圧まで考えた「ワルキューレ作戦」にあらため、ヒトラーにサインさせることにも成功する。準備は着々と進み、ヒトラー出席の「狼の巣」の会合で小型爆弾を爆発させるが...(ネタバレあらすじ↓)

ワルキューレの予告動画

映画『ワルキューレ』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Valkyrie
製作国
ドイツ、アメリカ(2008.12.25公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 75,000,000(約83億円)
配給/製作
(C)東宝東和、MGM(USA)、ユナイテッド・アーティスツ
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
ブライアン・シンガー
キャスト/出演者
トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン
レビューサイト平均評価 ★★★★★66/100換算

ネタバレあらすじや感想『ワルキューレ』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。ワルキューレ

★★★★★ 62点/100(60が平均)

『ワルキューレ』は、史実をもとにした歴史物語です。ヒトラー独裁政権下であっても、ドイツの先行きを不安に思い、暗殺および制圧の計画を実行しようとする、シュタウフェンベルク大佐とその組織、そして「ワルキューレ作戦」について描いています。

この映画のおすすめ、6つのポイント

  • 歴史の事実として興味深い
  • ワルキューレ作戦の成否についてがサスペンス
  • 計画の障害を、1つずつ発見できる
  • トム・クルーズの演じる、キレとテキトーを見られる
  • 眼帯トム・クルーズがかっこいい
  • 計画組織内を、職場などに置き換えて見ると楽しめるかも

少し残念?つっこみどころ、3つのポイント

  • 計画成功の雰囲気が皆無なのが残念
  • 結末は知れてるけど、何か1つでも成果を見せてほしかった
  • 立案者以外に、作戦で動きまわる者の視点もほしかった

計画上層部の優柔不断さが強調されていましたが、シュタウフェンベルク大佐のテキトーさがなければ、もっと信頼された気がします。一般企業での、決断が遅い上司と、つめが甘い部下の関係を連想させます。

計画の準備段階からトラブルが発生して、失敗しそうな雰囲気がただよっていますが、そのまま失敗してしまうと、なんの面白みもありません。カタルシスも感じられません。トラブル続きでも成功させる『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』とは真逆です。

ただ史実なので結果は決まっています。その上でも面白くするためには、もっと動き回る人、例えばワルキューレ作戦の一般兵士の視点から、アクションシーンなども盛り込んだりすれば、もっと違う評価になったかもしれません。

暴力シーンなどはあまりないけど、戦争の悲惨な場面や、人に銃を向けたりする描写も多く、ラストは無抵抗の者が銃殺されたりするので、小さな子どもが見るのは、おすすめできません。戦争の悲惨さを見せたい年齢であれば、いいかもしれません。

「ワルキューレ作戦」を題材にした映画は他にもありますが、この作品は、少しぬけているトム・クルーズを見れるということで、一度は観ることをおすすめしたい映画です!

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年128本
今話題の映画やランキング