映画評価ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
映画もアニメも アマゾンでお得に⇒

『22ジャンプストリート』皆の評価は?感想ネタバレ解説あらすじ

映画 22ジャンプストリート
タイトル/邦題 22ジャンプストリート
日本公開 未定 予告↓上映時間 112分
映倫区分USA R
製作国アメリカ
原題/英題22 JUMP STREET
映画監督フィル・ロード、クリストファー・ミラー
キャスト
出演者
ジョナ・ヒル、チャニング・テイタム、ピーター・ストーメア、アイス・キューブ
配給/製作(C)Sony/Columbia(USA)/Columbia Pictures、Metro-Goldwyn-Mayer (MGM)、LStar Capital
世界興行収入3.3億US$
製作費約US$ 50,000,000(約55億円)
平均評価★★★★★74私の評価★★★★★68
値段を調べる ムビチケAmazon楽天Yahoo

『22ジャンプストリート』あらすじ(ネタバレなし)

21ジャンプストリート』の続編。学生時代にオタクだったシュミットと、マッチョなスポーツマンで人気者だったジェンコは、今度は22ジャンプストリートから大学へ潜入捜査することになる。そこでは、女子大生が新型麻薬で死亡する事件が発生したので、取引主を探すことに。シュミットは女子大生と恋に落ち、ジェンコはアメフトで大活躍して、2人は別々に大学生活を満喫する。ドラッグ犯にはすぐたどり着くが、事件の真相は意外な実行犯だとわかり...(ネタバレあらすじ↓)

『22ジャンプストリート』予告動画

ネタバレあらすじや感想『22ジャンプストリート』考察・評価レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想/考察です。22ジャンプストリート

★★★★★ 68点/100(60が平均)

『22ジャンプストリート』は、高校に潜入捜査してドタバタしながらも事件解決した1作目『21ジャンプストリート』の続編です。捜査本部の場所が向かいになって、今度は大学へ潜入捜査することになります。

おバカなアメリカンコメディが好きな人や、少しくらい下品ギャグがあっても深く考えずに楽しめる映画が好きな人には、おすすめです。

前作同様、アメリカではR指定です。暴力や性表現を扱うギャグが多いため、小さな子どもと一緒にみるのは、おすすめできません。日本では残念ながら、劇場では未公開で、DVDスルーとして発売・レンタルされています。

この映画のおすすめ、5つのポイント

  • アメリカンコメディ好きには楽しめるし高評価
  • 前作で逮捕した犯人も登場。笑わせてくれる
  • 実行犯やシュミットの彼女の正体には驚かされる
  • 終盤のアクションシーンのキレの良さは健在
  • エンドロール前の続編告知は見逃せない

少し残念?つっこみどころ、1つのポイント

  • 下品ギャグが苦手な人は注意

あいかわらず、おバカなアメリカンコメディは健在で、バディでの潜入捜査ものとしても楽しめます。今回は前フリはいらないため、大学生活をじっくりと見れるのもいいです。シュミットのオタクキャラが薄かったのは少し残念でした。

前作ではジョニー・デップ主演シーンなどで、少し意表をつかれましたが、今回はシュミットが関わる2人の女性の正体が予想外で、驚かされました。バディものでお決まりの、仲が悪くなりいったん別れる展開にも発展していきます。

終盤のアクションシーンは、前作の方が派手で時間も長かった印象ですが、アクションの中のコメディ感は今回の方が上です。特にシュミットと実行犯とのなぐりあいやキスのくだりは、子どものケンカみたいで笑えました。

ラストで事件解決後のエンドロール前では、続編告知のパロディが次々とながれます。23ジャンプストリートは医大への潜入捜査で、24、25、26...と続いていきますが、∞(無限大)や最後は2121ジャンプストリートまで出てきます。

アメリカンコメディが好きな人は『テッド』や『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』のシリーズもおすすめですよ!

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2018新作146本/2017年198。驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリー重視。海外135国/大食い/TV捨てた/マツコ世界オファー経験
今話題の映画やランキング