映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』評価は?ネタバレ感想考察

映画ガールズ&パンツァー 劇場版

『ガールズ&パンツァー 劇場版』あらすじ概要

人気TVアニメの劇場版。「戦車道」が大和なでしこのたしなみとされる世界。大洗女子学園の戦車道チームは、戦車道の全国大会で優勝し、学校の存続を勝ち取った。記念に大洗町では、知波単学園との混成チームと、聖グロリアーナ女学院とプラウダ高校の混成チームが対戦する、エ..(ネタバレ感想考察↓)

映画名/邦題 ガールズ&パンツァー 劇場版
日本公開日 2015/11/21 [予告↓]上映時間 119分
映倫区分日本 G(年齢制限なし)
映画監督水島努
キャスト
出演者
渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香
配給/製作(C)ショウゲート/アクタス
日本興行収入25.0億円年間25位
平均評価★★★★★82私の評価↓は含まず)

『ガールズ&パンツァー 劇場版』予告動画

ネタバレ感想『ガールズ&パンツァー 劇場版』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。

私の評価 ★★★★★76/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、茶道や華道にならぶ「戦車道」が女子のたしなみとされる、架空世界でのスポーツ対戦アクションです。コメディ要素も満載で、多数の女子キャラが出る萌えアニメでもありますが、戦車での戦闘がメインです。

この映画を特におすすめしたい人は、仲間と一緒に努力や根性や知恵で勝利をつかむスポーツものが好きな人や、戦車戦にくわしい人、多数多種類の萌女子キャラが出るアニメ好きの人、30vs30台ものチーム戦を見たい人などです。

痛そうだけど決して誰も死なないので、小さな子どもと一緒でも、安心して見れます。戦車戦などが好きではない女子でも、そのロジカルな戦闘に魅了される可能性はあります。それぞれのイメージ国の違いにゆるキャラ設定も楽しめるかもしれません。

この映画のおすすめ、5つのポイント

  • 音響・戦車数・アクションなどは家より劇場で必見
  • 30vs30台という大規模の戦車チーム戦が圧巻
  • 実際の戦車戦の戦術もまじえ、肉弾戦・頭脳戦が展開
  • 登場人物が多いが、国別などキャラ設定がわかりやすい
  • 家族や子どもと安心して見れる
映画ガールズ&パンツァー 劇場版

少し残念?つっこみどころ、2つのポイント

  • TVアニメを見てない人は世界観やキャラを把握できない
  • 話してるキャラの戦車の位置や状況がわかりづらい

深夜TVアニメで人気のあった作品なので、それを見てない人には入りづらいです。TV版には総集編が2つあるので、それだけ見れば最低限の世界観や主要キャラは、把握できるのでおすすめです。特に「決して死なない」設定を知らないとあせります。

導入部から戦車戦で、その後少しの間、キャラ設定の説明も含むがっくり状態があり、最後に大規模な戦車戦で盛り上がります。ストーリーの進行も無理がなく、今の戦闘や状況を観るのに集中できる作りは素晴らしいと思います。

それにしても大洗女子学園の援軍が来ることはわかりきってましたが、まさか「転校」してくるとは、度肝をぬかれました。ここまで振り切ってるのも、この作品の大きな魅力ですね(笑)

大学選抜チーム側のキャラは初見なので、少し把握しづらいですが、わからなければさっと飛ばすのがいいでしょう。大洗女子学園(転校組も含む)の方は、それぞれのキャラにそった見せ場が用意されてて、パターン化とはいえ安心できます。

戦車の重量・スピード・大きさや地形を駆使した、頭脳バトルがこれでもか!と展開されていくので爽快です。単純に戦車戦だけを楽しみたいなら、どんな洋画ですらかなわないレベルだと思います。そのために都合悪い設定は全て排除してますので最強です。

ラストバトルの決着の付け方は、すでにネタつき感がありましたが、うまく意表をついてくれました。続編がまた発表されましたが、もはや戦車数はこれ以上増やせないだろうから、どんな風に驚かせてくれるのか楽しみですね!

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2020新作79鑑賞。2019年249本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/非日常/多幸感/クール/ストーリー/MCU/本格ミステリ/ホラー。海外旅行135国。コメントや誤文報告は@pixiins
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2020新作79本/2019年249本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/非日常/多幸感/クール/ストーリー/MCU/本格ミステリ/ホラー
今話題の映画やランキング