映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
新年のギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『スタートレック BEYOND』あらすじや予告動画や映画情報

スター・トレック BEYOND

『スタートレック BEYOND』あらすじ(ネタバレなし)

アカデミー賞ノミネート作。人気シリーズ13作目。新章3作目。エンタープライズは、5年の任務のうち、3年が経とうとしていた。カークは異星人との交渉に行くが決裂して、やや疲れ気味。そこで物資補給もかねて、巨大宇宙基地ヨークタウンに停泊した。そこへ助けを求める異星人がやってきて、未知の星へ向かうことになる。しかしバリアも効かない無数の飛行物体の攻撃を受け、エンタープライズ号は撃破。乗組員は星へ脱出し散り散りになる。スコットは謎の異星人ジェイラに出会い、彼女が住む旧型宇宙船での脱出を考える。カークはこの襲撃の黒幕クロールのねらいに気づくのだが...(ネタバレあらすじ↓)

スター・トレック BEYONDの予告動画

映画『スタートレック BEYOND』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Star Trek Beyond
製作国
アメリカ(2016.7.22公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 185,000,000(約204億円)
配給/製作
(C)東和ピクチャーズ、スカイダンス・プロダクションズ、K/Oペーパー・プロダクションズ、Bad Robot Productions
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
ジャスティン・リン
キャスト/出演者
クリス・パイン、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン
レビューサイト平均評価 ★★★★★73/100換算

ネタバレあらすじや感想『スタートレック BEYOND』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。スター・トレック BEYOND

★★★★★ 68点/100(60が平均)

『スター・トレック BEYOND』は、『スター・トレック』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』に続く新章3作目です。旧シリーズの前日譚にあたりますが、タイムトラベルによる歴史改変により、同じタイムライン上ではないため、新章だけ観ても違和感はありません。

この映画のおすすめ、8つのポイント

  • SFスペースオペラとして安定の出来ばえ
  • 宇宙艦隊戦や肉弾戦などアクションも多い
  • 宇宙基地ヨークタウンの造形が素晴らしい
  • 敵の小型飛行物体による攻撃が斬新で恐ろしい
  • 接点の少ない主要キャラどおしがバディで行動
  • 新キャラ・ジェイラが魅力的。続投にも期待
  • ラストで敵ボスや不時着宇宙船の正体に驚き
  • 歌が重要な武器になる

少し残念?つっこみどころ、6つのポイント

  • エンタープライズ号はいつも壊れすぎ。引き際が遅い
  • エンタープライズの主要キャラ以外の命が軽すぎる
  • フロールの狙いをカークらが持ってるのは都合良すぎる
  • 敵ボス・フロールの恨みや目的があまり伝わってこない
  • フロールの復讐はヨークタウン撃破だけで満足なのか?
  • カークとスポックの悩みがあまり伝わってこない

このシリーズは一定の面白さは確実なので、安心して見れます。ただ毎回お約束みたいな展開になるので、何かシリーズを串刺しするような敵キャラやアイテムが必要かなとも思っています。そういう意味でカーンの再登場や、今回のパワーストーンの扱いにも注目したいです。

今回も救助ミッションに向かったら、いきなり総攻撃されてエンタープライズ号が撃破される、というお決まりの展開です。この宇宙船が圧倒的有利に戦うシーンを、一度は見てみたいです。それには装備が貧弱すぎる気がしますね。

フロールが率いる敵の兵器は、小型飛行物体ですが、宇宙船を貫くにはかなりの強度が必要だと思います。そんな兵器開発を見過ごしてた惑星連邦の情報収集力には疑問を感じます。ただ今回知れたので、次作ではこの兵器をエンタープライズに搭載してほしいです。

ところで、フロールがほしがった古代武器?パワーストーン?とは、何だったのでしょうか。最初の異星人との会合でも確信にはふれませんでした。あの黒い虫のようなものが大量に取り囲んで爆発させる兵器だとすると、由来を知りたかったです。

フロールは惑星連邦に恨みを持つことはわかりましたが、その復讐がヨークタウンごときの破壊というのは規模が小さすぎて、感情移入できませんでした。自らも犠牲になろうとしてたので、何か破壊すれば満足だったのでしょうか。有能な部下がいないのはカリスマのなさ?

不時着した星では、主要キャラが散り散りになりましたが、そのバディの組み方が、いつもはからみの少ない者どおしなのが良かったです。最初はちぐはぐだけど、少しづつ連帯感が生まれてくる様子が見れます。

スコットが出会ったジェイラは魅力的なキャラでした。スター・トレックは女性キャラが圧倒的に少ないので、異星人ですが今後も登場してほしいです。ところで、フロールが映ってた昔の映像でいた女性はジェイラではないですよね?

このシリーズはシーンの移り変わりが早くて、今やってる行動の意味がわからなくなりがちですが、今作では少しましでした。でも宿敵カーンの存在が際立ってた前作の方が私は好きです。続編4作目も決定してるようなので、それまでに両作とも観ることをおすすめします!

『スタートレック BEYOND』含む映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年128本
今話題の映画やランキング