映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
新年のギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『スタートレック 叛乱』あらすじや予告動画や映画情報

スタートレック 叛乱

『スタートレック 叛乱』あらすじ(ネタバレなし)

アメリカの人気TVシリーズの劇場版9作目。新シリーズ4部作の第3弾。エンタープライズEの艦長ピカードは、クルーのデータ少佐が誤作動したという惑星バクーへ行き、ルアフォ総統に破壊される寸前に回収。バクーの村を調査するうちに、ソーナ人と惑星連邦の提督が、バクー人を隠れて観察していた驚くべき理由が判明。ピカードら少数の乗組員は、この陰謀を阻止するため、連邦に反旗をひるがえすのだが...(ネタバレあらすじ↓)

スタートレック 叛乱の予告動画

映画『スタートレック 叛乱』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
STAR TREK: INSURRECTION
製作国
アメリカ(1998.12.11公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG
製作費
約US$ 58,000,000(約64億円)
配給/製作
(C)UIP、パラマウント映画(USA)、リック・バーマン・プロ
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
ジョナサン・フレイクス
キャスト/出演者
パトリック・スチュワート、ジョナサン・フレイクス、ブレント・スピナー、レバー・バートン、マイケル・ドーン
レビューサイト平均評価 ★★★★★63/100換算

ネタバレあらすじや感想『スタートレック 叛乱』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。スタートレック 叛乱

★★★★★ 63点/100(60が平均)

『スタートレック 叛乱』は、『スタートレック ジェネレーションズ』『スタートレック ファーストコンタクト』に続く、ピカード艦長シリーズの3作目です。今作だけ見ても、それなりには楽しめますよ。

この映画のおすすめ、4つのポイント

  • スタートレックにしては、物語がわかりやすい
  • ピカードらが惑星連邦に対し叛乱を起こすエピソード
  • バクー人の村の秘密に驚き
  • バクー人とそれを観察してたソーナ人との関係に驚き

少し残念?つっこみどころ、3つのポイント

  • SFスペースオペラの感じがしない。地球の話としても可能
  • 冒頭のデータ少佐のホログラム破壊等がわかりにくい
  • 科学力の高いバクー人が、ホログラムを見抜けない?

前作まででデータ少佐は、より人間に近づいたので、今回も何かそういうエピソードなのかと思いきや、冒頭でデータ少佐が誤動作を起こしたと言われ、意表をつかれました。そのホログラムを解除する部分の映像が、わかりにくくて状況を飲みこめないのは残念です。

そもそもデータ少佐が、エンタープライズEから離れて、そんな極秘任務についてたことじたいが、ご都合主義ですし、観察する方としてもリスクを考える必要があったと思います。それがマシュー・ダワティ提督が有能ではない感じを示しています。

バクー人たちは、科学技術を捨てて、中世のような生活でのんびり暮らしています。実際に不老不死になる場所を見つけても、同じように鎖国してひっそり暮らす気がします。私なら、ある年齢までは世界を旅行して、あとは永遠と旅行記などを書きつづりたいです。

しかしこの場所の秘密は、ソーナ人が存在する時点で、もはや秘密ではないので、バクー人はもっと警戒すべきだったと思います。こんな場所があるなら、惑星連邦が介入するのも明白ですが、こそこそしないで外交官を派遣するのが普通だと思います。

目を治したりもできるので、湯治の温泉宿のようなものを作って、観光地にするのもいいでしょうが、実際には政府高官が別荘を立てて住むのが目に見えるので、結局は知る者のみで、こそこそ恩恵にあずかるのが最良なのかもしれません。

今回のピカードらの判断には、同意しますが、これは惑星連邦に対しての叛乱というよりも、ダワティ提督個人に対するものにしか見えません。実際に最後はそのように処理されたようですし。だから勇気ある決断というより、悪代官を倒した程度にしか見えないのが残念です。

あと、今回の映画では、ほとんど宇宙を感じなかったので、SFスペースオペラでやるよりも『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』シリーズなどでやった方が、見応えはあった気がします。

藤子不二雄とか日本の漫画家が考えそうなストーリーですが、スタートレックとしては異色の映画だと思います。SFがそれほど好きでない人や、スタートレックを知らない人でも、この作品だけで完結してるので、一度は観ることをおすすめしたいです!

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年128本
今話題の映画やランキング