映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
新年のギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『スタートレック ネメシス S.T.X』あらすじや予告動画や映画情報

スタートレック ネメシス S.T.X

『スタートレック ネメシス S.T.X』あらすじ(ネタバレなし)

アメリカの人気TVシリーズの劇場版10作目。新シリーズ4部作の最終章。エンタープライズ号の乗組員、ライカーとトロイの結婚式が地球で行われ、トロイの故郷星へ向かう途中、データのプロトタイプB-4を発見する。一方、ロミュラン帝国ではシンゾンによるクーデターが発生し、連邦と和平交渉を希望したため、最も近接してたエンタープライズに任務が下る。ピカードらはシンゾンと会合するが、そこで驚くべき事実に直面。そしてシンゾンのねらいは、地球の破滅だとわかり、ピカードやデータらは阻止しようとするが...(ネタバレあらすじ↓)

スタートレック ネメシス S.T.Xの予告動画

映画『スタートレック ネメシス S.T.X』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
STAR TREK: NEMESIS
製作国
アメリカ(2002.12.13公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 60,000,000(約66億円)
配給/製作
(C)UIP、パラマウント映画(USA)、リック・バーマン・プロダクション
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
スチュアート・ベアード
キャスト/出演者
パトリック・スチュワート、ジョナサン・フレイクス、ブレント・スピナー、トム・ハーディ、ウーピー・ゴールドバーグ
レビューサイト平均評価 ★★★★★64/100換算

ネタバレあらすじや感想『スタートレック ネメシス S.T.X』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。スタートレック ネメシス S.T.X

★★★★★ 63点/100(60が平均)

『スタートレック ネメシス S.T.X』は、『スタートレック ジェネレーションズ』からはじまった、ピカード艦長のシリーズとしては、最終章になり、スタートレック映画版の時系列的にも最後にあたります(2016年時点)。

この映画のおすすめ、5つのポイント

  • SFスペースオペラとして楽しめる
  • クローン、アンドロイド、小型転送装置などSFらしい
  • いよいよロミュラン帝国との決着
  • 宇宙艦隊戦、肉弾戦のアクションも見どころ
  • ライカー、トロイの結婚などそれぞれが新しい一歩

少し残念?つっこみどころ、5つのポイント

  • これだけ科学が進歩してれば、特定の骨髄も作れそう
  • シンゾウの所に来るのが、ピカードなのは偶然では?
  • ピカードらがB-4を拾ってしかも積んだままなのは偶然では?
  • シンゾウが骨髄をあきらめたのは、ピカードらしくない
  • 複製が可能に思えるため、データの死が悲しくない

時系列では、スタートレックの最後にあたるため、ピカード艦長の最大の敵は自分の暗黒面だったというオチです。そしてクローンが自分の元をうらみ、ねたむという話ですが、これはよくある気がします。もう少しクローンであることを面白く使ってほしかったです。

アンドロイド・データは、『スタートレック ジェネレーションズ』で感情を、『スタートレック ファーストコンタクト』で肉と血を得て人間に近づいたと思ったのに、今回はあまり進展なく残念でした。

そのデータの第1号?のプロトタイプが、今回登場します。結局これはシンゾンの仕込みだったのですが、そういうことは警戒するでしょうし、データが調べればわかるような気がします。そもそもエンタープライズが収容したまま、シンゾウの元に来たのはかなりの偶然だと思います。

シンゾウはピカードのクローンなので、その手腕も引き継いでロミュラン帝国をまとめあげます。しかし、ピカードの骨髄を途中であきらめたり、うまく転送を使わなかったりと、やはりオリジナルほどでないのが、大きな敗因です。

しかし1体のクローンのみで、ロミュラン帝国を従えることが可能なのなら、クリンゴンや他の惑星連邦に逆らう星々全てに、ピカードのクローンを送りこむという作戦は、有効だと思うのですがどうでしょうか。今回のように敵対する危険性もあるので不採用でしょうね。

前作『スタートレック 叛乱』は1惑星内で完結してて小ぶりでしたが、今回は宇宙や地球周辺での戦闘などもあり、スケールは抜群でした。クローン、アンドロイドなど面白くなりそうな要素もそろえてるのに、演出やストーリーがありきたりでした。

ラストの小型転送装置を使うあたりは、伏線回収的にも良かったのですが、クローンやプロトタイプというガジェットを、いまいち有効にストーリーに生かせてない気がします。

例えばクローンとの違いとして、オリジナルのピカードとデータは、前作でボーグ同化の事実があるので、それによるメリットを使えば、もっと面白い展開や頭脳戦なども考えられたはずです。

終盤の宇宙艦隊戦ですが、なぜかステルス技術を未だ開発してない?連邦は弱すぎます。スタートレックの過去作で出てくる技術が、まとめて出てくると見続けてる人ほどうれしいと思いますが、悲しいことに連邦の技術開発は止まっています。

ラストは、エンタープライズ号を突撃させて、敵艦に転送して攻撃を止めるという、どこかで見たような展開。新章『スター・トレック』以降はこの辺のマンネリを解消し、スピード感を出してる点が評価できます。歴史の最後のページとしては、おすすめの映画です!

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年128本
今話題の映画やランキング