映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
新年のギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』あらすじや予告動画や映画情報

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
  • 平均評価 ★★★★★63/100
  • 私の評価 ★★★★★58
  • 日本興行収入 13.0億円
  • 世界興行収入 2.6億US$
  • 日本公開 2005.3.19
  • 上映時間 108分 予告

『ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』あらすじ(ネタバレなし)

イギリスの人気小説の映画化。『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編。ブリジット・ジョーンズは、前作で知り合った弁護士マーク・ダーシーと恋人状態で幸せだった。ある日、マークの誘いでパーティーに出席するが、マークのそばに寄り添う美人女性レベッカの存在が気になったりして、失態をおかしてしまう。そしてついには、マークの部屋から出ていく。数週間後、仕事でタイへ行き、昔の恋人ダニエルと一緒に仕事をこなし、良い雰囲気になる。しかし帰国時に、荷物の中から麻薬が発見されて、留置所行きになり...(ネタバレあらすじ↓)

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月の予告動画

映画『ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Bridget Jones: The Edge of Reason
製作国
イギリス、アメリカ(2004.11.16公開)
映倫区分
設定なし、USA: R
製作費
約US$ 40,000,000(約44億円)
配給/製作
(C)UIP、Universal(USA)、ミラマックス、ユニバーサル・ピクチャーズ、スタジオカナル、ワーキング・タイトル・フィルムズ、リトル・バード
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
ビーバン・キドロン
キャスト/出演者
レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファース、ジム・ブロードベント、ジャシンダ・バレット
レビューサイト平均評価 ★★★★★63/100換算

ネタバレあらすじや感想『ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

★★★★★ 58点/100(60が平均)

『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』は、前作『ブリジット・ジョーンズの日記』同様、30歳超えの独身女性が、意外とモテるけどドジして悪い方向へ向かってしまうという、コメディ・ラブストーリーです。

この映画のおすすめ、6つのポイント

  • 独身女性の考え方やあるあるに共感できるかも?
  • ブリジットはダメだけど、どこか憎めない
  • ブリジットの失態やドジっぷりが笑える
  • タイの留置所でのブリジットの言動が面白い
  • マークかダニエル、最終的な相手が気になる
  • マークとレベッカの関係には驚き

少し残念?つっこみどころ、2つのポイント

  • かっこいい男性にモテすぎて、かわいそうに感じない
  • マークに人間味が少ない

前作は独身女性のみじめさや、あせりなどが、うまく笑いに結びついてて面白かったです。しかし今回は最初からかっこいい恋人がいるため、同情もわかないし、むしろうらやましい気持ちの方が大きかったです。そしてコメディ要素も微妙でした。

それでもブリジットは等身大のままで、感じたままに話すのは、あいかわらず楽しめました。それに比べて、恋人マークの言動には人間味がなく冷たいロボットのようで、ブリジットへのフォローも足りないと感じました。

そんなマークも、ブリジットがタイの留置所送りになった時は、影でフォローしてたようですが、そういうのは口に出して言わないと伝わらないので、少しじれったく思いました。今回は友人たちが明かしましたが、情報入手の方法が気になります。

ブリジットがタイの留置所に入った展開は、マンネリ防止としても面白かったです。ブリジットの人間としての良さを、あらためて実感できましたし。ただそれ以外のストーリーは、前作をなぞったりしてて退屈でした。

ダニエルもTVレポーターに転職したのは驚きましたが、オフィスワークより似合うかもしれないと思いました。しかしあの軽薄さは、さすがにすぐ視聴者に見抜かれそうです。ただ、ダニエルの一切ブレない感じは、結構好きだったりします。近寄りたくはないですが。

ラストでのレベッカの一言には意表をつかれましたが、そういうことも本来はマークが言うべきではないのでしょうか。この時代だと、まだ言わない方がいいのかな。いろいろ前作よりも失速ぎみですが、2016年には新作続編も上映予定なので、その前に観るのをおすすめします!

『ブリジットジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』含む映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり、家見含め3年半で1800本。新作は2017年193本、2018年128本
今話題の映画やランキング