映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

映画『モヒカン故郷に帰る』評価は?ネタバレ感想考察

更新
映画 モヒカン故郷に帰る
タイトル/邦題 モヒカン故郷に帰る
日本公開日 2016年4月9日 [予告↓]上映時間 125分
映倫区分日本 G(年齢制限なし)
映画監督沖田修一
キャスト
出演者
松田龍平、柄本明、前田敦子、もたいまさこ、千葉雄大
配給/製作(C)東京テアトル/オフィス・シロウズ
平均評価★★★★★70私の評価↓は含まず)

映画『モヒカン故郷に帰る』あらすじ

モヒカン頭の永吉は、売れないデスメタルバンドのボーカル。恋人の由佳が妊娠し、結婚を決め、7年ぶりに故郷の広島県の瀬戸内海に浮かぶ戸鼻島(とびじま)に帰郷した。実家には、矢沢永吉を心から愛する父、広島カープの熱狂ファンの母、そして弟の浩二も帰ってきていた。父と..(ネタバレ感想考察↓)

『モヒカン故郷に帰る』予告動画

ネタバレ感想『モヒカン故郷に帰る』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

私の評価 ★★★★★57/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

『モヒカン故郷に帰る』は、夢を実現するために東京へ出た主人公が、結婚を報告するため、久しぶりに故郷の家族に会いに行き、昔は大きな存在だった父が、だんだん弱っていく姿を見ながら、自分の行動も見直していくという家族ドラマです。

この映画のおすすめ、6つのポイント

  • 父の病気により、家族がまとまっていく様子
  • 都会にはない地元の一体感や閉塞感
  • 広島出身者や矢沢永吉ファンには、あるある?
  • 親子だけでなく、学生と父との関係性も見逃せない
  • 夢をあきらめそうな息子と、夢を応援する父
  • 子どもや家族と一緒に安心して観られる

映画モヒカン故郷に帰る

少し残念?つっこみどころ、3つのポイント

  • よくあるストーリー展開。あまり特徴がない
  • コメディ要素がほとんど似かよっている
  • ラストの断末魔の後の父への行為はひどい

家族の誰かが病気になって、それを支えたり、葛藤したりしながら、家族がまとまっていく物語は、TVドラマも含めると本当によくあります。ラストが近づくに連れて、寿命がつきる人の過去の話などで差別化するけど、似てる話が多くて印象に残りません。

この映画では、両親が矢沢永吉や広島カープの大ファンで、その他にも広島リスペクトを感じました。そして息子の永吉がバンドのボーカルやってたり、父は吹奏楽部のコーチしてたりと、音楽も重要なキーになっていきます。

もう1つのテーマは「夢」だと感じました。父は息子に「永吉」という名前をつけて、音楽でビッグになる「夢」を託しました。しかし現実は甘くはなく、永吉はそろそろ「夢」をあきらめようと考えています。映画の後にどうなるかはわかりません。

あと永吉の命が尽きようとしているのとは対照的に、由佳のお腹が大きくなっていきます。生と死は隣り合わせで、繰り返されていくことを表してるような気がしました。最近、両親に会ってない人、故郷に帰ってない人には、特におすすめしたい映画です!

他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

『モヒカン故郷に帰る』含む映画ランキングや映画賞

ゆめぴょん@ピクシーン
ゆめぴょん(映画・旅行好き/管理人)
興行収入は毎週更新!2020新作31本。2019年196。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/非日常/多幸感/クール/ストーリー/MCU/本格ミステリ/ホラー。海外旅行135国。誤文報告や他コメントは@pixiins
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
今話題の映画やランキング
「タイトルとURL」
コピー完了!