おすすめ映画探せるピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

ネタバレ感想『パディントン』あらすじや予告動画や映画情報

パディントン

『パディントン』あらすじ(ネタバレなし)

イギリスの児童文学を初めて実写映画化。赤い帽子をかぶりマーマレード好きな話せるクマが、南米ペルーからロンドンへ家を探しにやってきた。親切なブラウン一家が屋根裏に泊めてあげることになり、駅の名前から「パディントン」と名付けられた。初めての都会暮らしで、家を洪水や火事にしそうになったり、ドタバタ騒動の連続。ペルーで両親が親切にされた探検家を探すが、ミリセントという女性が博物館のはくせいにしようとつけねらい...(ネタバレあらすじ↓)

パディントンの予告動画

映画『パディントン』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Paddington
製作国
イギリス、フランス(2014.11.28公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG
製作費
約US$ 55,000,000(約61億円)
配給/製作
(C)キノフィルムズ、Studio Canal(USA)、Studio Canal, Anton Capital Entertainment (ACE), TF1 Films Production
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
ポール・キング
キャスト/出演者
ヒュー・ボネビル、サリー・ホーキンス、ジュリー・ウォルターズ、ジム・ブロードベント、ピーター・キャパルディ、ニコール・キッドマン
レビューサイト平均評価 ★★★★★75/100換算

ネタバレあらすじや感想『パディントン』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。パディントン

★★★★★ 65点/100(60が平均)

『パディントン』は、人間と会話できるクマが、ペルーの奥地からロンドンへやってきて、慣れない都会生活や、自分をはくせいにしようとする謎の女性から逃れながら、ブラウン一家とともにドタバタ劇を起こす、ファンタジーコメディ映画です。

この映画のおすすめ、8つのポイント

  • パディントンは、もふもふでかわいい
  • パディントンは英国人の誰よりも紳士で丁寧
  • ブラウン一家のキャラが特徴的
  • ミリセントのキャラも面白い。正体に驚き
  • パディントンの引きおこす騒動が笑える
  • ミッションインポッシブルのオマージュ
  • 鳩が何度も出てきてかわいい。それは伏線
  • 子どもや家族と一緒に安心して観られる

少し残念?つっこみどころ、4つのポイント

  • 見知らぬ土地へ来た人(クマ)のよくある話
  • 一家で敵に対して運良く勝てるありきたり展開
  • パディントンのキャラが一番薄い
  • パディントンは住所だけで探せるとは思えない

もふもふのクマが主人公なので『テッド』とかぶるけど、あちらはおっさんクマの毒舌コメディで、子どもには見せたくないけど、パディントンはコメディなので、子どもと一緒に見て笑えるのが良いですね。

ただストーリーや展開は、とてもよくある話なので、映画をよくみる人にはデジャブ感があちこちで起こると思います。そういう意味では、観終わった後も印象に残りにくくて、続編があってもあまり観たいという気にはなれません。

見どころは、都会暮らしが初めてのパディントンが、いろんな勘違いから引きおこすトラブル騒動です。浴室を洪水にして湯船を船のようにして階段をすべったり、ニコール・キッドマン演じるミリセントとの格闘コメディで火事にしたり。

パディントンが家を出た後は、住所と名前からペルーへ来た探検家を探すのですが、かなり無茶な設定だと感じました。そしてお約束のように一番最後の家が正解という展開で、洋画ではよくある9と6の見間違い。しかし出てきた人には驚かされました。

途中でバッキンガム宮殿の衛兵交代も出てきて、サービス精神満点だと思いました。パディントンが衛兵にもらったサンドイッチは、イギリスのだからあまり美味しくないのでしょうけど、あの状況なら何をもらっても感謝ですよね。

終盤はブラウン一家が、それぞれの得意分野を生かして、パディントンを救出しようとします。特におばあちゃんがセキュリティルームや、ミリセントをやっつける役など大活躍で笑ってしまいました。

パディントンが煙突を登るのが『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』のオマージュで、しかもテーマ音楽までかかりました。ミリセントがワイヤーで降りてきたのは『ミッション:インポッシブル2(M:I-2)』か1ですよね。ちなみに演じたニコール・キッドマンはトム・クルーズと結婚経験があります。

パディントンが煙突を登る時に、クマ語で叫んで、それを長女ジュディが翻訳したりクマ語で返答するのですが、普通に英語でも大声なら聞こえるんではないでしょうか。ジュディの活躍を無理に作ったような場面だと思いました。

マーマレードが大好物で、最後のサンドイッチを赤い帽子の中に持ち歩いているのですが、最初に一切れあげてから、鳩がずっと狙っています。しつこいくらい出てきますが、それが伏線となって、ラストで鳩を使うのには感心しました。

ファンタジー映画としては少し物足りなさを感じたけど、コメディやファミリー映画としては十分に楽しめるので、1度は観ることをおすすめしたいです!

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり。家視聴含め3年半で1800本。新作は2017年192本、2018年90本
今話題の映画やランキング