映画評価ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
映画もアニメも アマゾンでお得に⇒

『ワイルドスピードX2』皆の評価は?感想ネタバレ解説あらすじ

映画 ワイルドスピードX2
タイトル/邦題 ワイルド・スピードX2
日本公開 2003.8.23 予告↓上映時間 108分
映倫区分日本 G(年齢制限なし)USA PG-13
参考世界興行収入Wiki
製作国アメリカ
原題/英題2 Fast 2 Furious
映画監督ジョン・シングルトン
キャスト
出演者
ポール・ウォーカー、タイリース、エバ・メンデス、コール・ハウザー、リュダクリス
配給/製作(C)UIP/Original Film、Mikona Productions、ニール・H・モリッツ・プロダクションズ
シリーズ/関連ワイルドスピードシリーズ
日本興行収入7.0億円
世界興行収入2.3億US$
製作費約US$ 76,000,000(約84億円)
平均評価★★★★★65私の評価★★★★★63
値段を調べる ムビチケAmazon楽天Yahoo

『ワイルドスピードX2』あらすじ(ネタバレなし)

ワイルドスピードシリーズ第2弾。『ワイルド・スピード』でドミニクを逃して警官を失職したブライアンは、マイアミでストリート・カーレーサーとして生活してたが、ある日逮捕される。FBIではこれまでの罪と引き換えに、貿易商に偽装しているカーターの組織へのおとり捜査を依頼される。ブライアンは旧友ピアースを相棒として捜査を開始するが、別のおとり捜査官や地元警察もからんできて...(ネタバレあらすじ↓)

『ワイルド・スピードX2』予告動画

ネタバレあらすじや感想『ワイルドスピードX2』考察・評価レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想/考察です。続編前作や関連映画は、ワイルドスピードシリーズ一覧も参考にしてください。ワイルド・スピードX2

★★★★★ 63点/100(60が平均)

『ワイルド・スピードX2』ネタバレ感想の総括

前作『ワイルド・スピード』は、警察の潜入捜査をからめたカーアクションとしてや、チームでの作戦実行ものとしても、とても楽しめる映画でした。その成功を受けての2作目ですが、ヴィン・ディーゼルは出演しておらず、チーム感がない点で少し失速した気がします。

警察ミステリーとしての要素は、前作同様それほど比重は高くないけど、カーアクションの派手さは前作を上回っています。そしてこの派手さは今後のシリーズが進むにつれて、どんどんインフレを起こしていき、リアルを超えていくことになりますが、それがワイルドスピードシリーズの魅力にもなっていきます。

『ワイルド・スピードX2』では、FBIとのやりとりを何度も繰り返して、そのたびに物語が停滞したり、ラストのオチも弱すぎるのが気になりました。一方でブライアンとピアースのバディ感や、FBIや麻薬組織とのだましあい、大量のカーチェイスなど、視聴者にもたくみに隠す頭脳プレーなどは楽しめました

この映画のおすすめ、5つのポイント

  • 潜入捜査のカーアクション映画
  • ブライアンとピアースのバディ感
  • 大量パトカーからの脱出方法が面白い
  • モニカの存在で最後までハラハラ
  • 派手なカーアクションが楽しい

少し残念?つっこみどころ、3つのポイント

  • FBIとの何度ものやりとりが退屈
  • カーターも部下も無能すぎる
  • FBIも無能すぎる

『ワイルド・スピードX2』あらすじにそってネタバレ感想

前作でドミニク(ヴィン・ディーゼル)を逃したブライアン(ポール・ウォーカー)は警察に追われる身になって、マイアミでストリートカーレーサーをしながら生活しています。すでにレーサーとしてはカリスマ的存在で、その夜もレース主催の黒人テズ・パーカーに呼び出されて、勝ち抜き賞金を手にします。

しかしレース後にブライアンは、あっさりとFBIにつかまります。こんな簡単に捕まるのなら、今まで警察は何してたんだろうと思います。FBIのビルキンスはブライアンの罪を帳消しにする代わりに、貿易商のカーター・ベローン(コール・ハウザー)の逮捕に協力するよう要請します。

ブライアンは旧友ローマン・ピアース(タイリース・ギブソン)を相棒にして、彼の前科もなしにするという条件で要求をのみます。カーターは貿易商を隠れみのにしながら麻薬取引しています。片腕のモニカは恋人でもあります。モニカの正体は、FBI潜入捜査官ですが、カーターにほれてるようにも見え、敵か味方か不明です。

カーターは強力な運び屋を雇いたいために、カーレースに自身のありそうなメンバーを集めて、実際にレースさせます。ブライアンとピアースはダントツで勝利し、カーターにも認められ、運び屋として雇われます。FBIには脱走を疑われ、カーターにはおどされて見張りもつけられ、モニカには仕事の後で殺されると忠告されます。

このカーレースで、ブライアンらとのライバル的存在がいないのがさみしいです。また、FBIとは何度か直接会って意見交換しますが、そんなリスクおかした割に実のない話ばかりなので観てて退屈です。FBIはブライアンらを働かせるだけで無能にしか見えません。カーターも同様で組織の割に有能人材がゼロなのが気になります。

『ワイルド・スピードX2』ネタバレ結末/ラストシーン

カーターは計画が実行することになり、モニカは目的の空港名をFBIに連絡します。ブライアンはテズにニトロ噴射装置を車の助手席にも取り付けてもらい、ピアースと共に、カーターのために大量の現金輸送を行います。そして大量のパトカーやヘリとカーチェイスしながら、倉庫へと入っていきます。

パトカーに囲まれますが、倉庫のシャッターがいっせいに開くと、中から4WDが出てパトカーの道をふさぎ、大量の車も出てきてブライアンらの車を見失います。警察が追った車にはテズが乗ってました。ピアースは助手席のカーターの部下をニトロ噴射装置でふっ飛ばします。

そしてブライアンも助手席をぶっ飛ばそうとしたところ、終着点はモニカの告げた空港ではなくターポン・ポイントだと言われます。ブライアンはモニカがカーターと一緒にいるため逃げることもできず、指示通りカーターのいる場所へと行き、殺されそうになります。モニカは裏切っておらず、潜入捜査がバレて嘘の目的地を教えられていたのです。

ここでなぜかカーターがすぐにブライアンを殺さず、ピアースが現れるのを待つ流れはさすがにおかしいです。2人は部下を倒し、これまたなぜか用意されたジャンプ台で飛んで、車ごとボートの上へ突っ込みます。そしてまたすぐ銃を撃たないカーターが、逆に撃たれて逮捕されます。

モニカは救い出されて、強奪した現金はFBIへ引き渡されます。ラストでモニカがブライアンに目配せしますが『ワイルド・スピード5 MEGA MAX』のラストにも登場します。ピアースは抜け目なく、現金を抜き取ってますが、後でFBIが現金を数えればバレそうです。カーターの部下のせいにでもするのかもしれません。

全体をとおしては前作より面白みが増してる気がしますが、脚本の甘さというか演出の悪さ?によってご都合主義的な展開が多いのが残念です。あとピアースと一緒にカーアクションしてる時に、前作のような連携プレーがほとんどなかったのもさみしいです。

最初と中盤に出てきた、車の機能を無効にする装置は、かなり強力なのでワイルドスピードシリーズの天敵になりそうな気がしたけど、この作品以降は出てないですよね。物語のバランスをくずしかねないので封印されたのでしょうか。

ヴィン・ディーゼルがカメオ出演(端役)でさえ出てないのはこの作品だけなので、シリーズのファンには物足りないかもしれません。しかしピアースやテズはシリーズの重要キャラになるので、ぜひ1度は観ることをおすすめします!

続編前作や関連映画は、ワイルドスピードシリーズ一覧も参考にしてください。

『ワイルドスピードX2』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2018新作146本/2017年198。驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリー重視。海外135国/大食い/TV捨てた/マツコ世界オファー経験
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
人気の映画ランキング!