おすすめ映画探せるピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

妖怪ウォッチ映画シリーズ興行収入ランキングと評価一覧

妖怪ウォッチ映画シリーズ興行収入ランキングと評価一覧

妖怪ウォッチ映画シリーズの興行収入ランキングと、主要レビューサイトの平均評価一覧などについてのまとめです。

目次[非表示]

映画名
(クリックでスクロール)
公開年
日本
興収
日本
日本興収
[億円]
評価
平均
評価
1映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!201478.067
2映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!201555.367
3映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!201632.6-
4映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活201720.465
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

妖怪ウォッチ映画シリーズの公開順や見る順番は?

最初は公開順に観ることをおすすめします。

[1作目]映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!

映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!
  • 平均評価 ★★★★★67/100
  • 日本興行収入 78.0億円
  • 日本公開 2014.12.20
  • 上映時間 97分

「イナズマイレブン」や「ダンボール戦機」などのヒット作を送り出してきたレベルファイブが2013年に発売したゲームを原作に、コミックやアニメも含めたクロスメディア展開で、子どもたちの間で大ブームを巻き起こしている「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ。ある日、寝ていた..[引用元]

映倫区分
日本: G
配給/製作
(C)東宝、OLM TEAM INOUE、映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2014
映画監督
髙橋滋春、ウシロシンジ
キャスト/出演者
戸松遥、関智一、小桜エツコ、朴璐美、梶裕貴、島崎遥香、片岡愛之助、志村けん
レビューサイト平均評価 ★★★★★67/100換算

掲載2014年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[2作目]映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
  • 平均評価 ★★★★★67/100
  • 日本興行収入 55.3億円
  • 日本公開 2015.12.19
  • 上映時間 94分

ゲーム、アニメ主題歌などで社会現象を巻き起こした「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ第2弾。天野ケータのほか、未空イナホがダブル主人公として加わり、新たなアイドル妖怪USA(ウサ)ピョンも登場する。街で見知らぬ少年を助けたことで死んでしまったケータが、とり憑いた人..[引用元]

映倫区分
日本: G
配給/製作
(C)東宝、OLM TEAM KOITABASHI and INOUE
映画監督
髙橋滋春 ウシロシンジ
キャスト/出演者(吹き替え声優)
(声)戸松遥、悠木碧、関智一、小桜エツコ、遠藤綾、重本ことり、梶裕貴、木村良平
レビューサイト平均評価 ★★★★★67/100換算

掲載2015年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[4作目]映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
  • 平均評価 ★★★★★65/100
  • 日本興行収入 20.4億円
  • 日本公開 2017.12.16
  • 上映時間 94分

かつて、妖怪を操る不思議な“腕輪(ウォッチ)”を持った少年がいた。ところが、少年が大人になったとき、彼には妖怪の姿が見えなくなってしまった。役目を終えたその“腕輪”は時空の彼方に葬り去られた……。それから30年後。穏やかな日常は終わりを告げ、迫りくる彗星とと..[引用元]

DVD/ブルーレイ レンタル開始日,発売日
2018.7.4(発売中
原題/英題
Yo-kai Watch Shadowside: Oni-ō no Fukkatsu
映倫区分
日本: G
配給/製作
(C)東宝、OLM TEAM INOUE
映画監督
ウシロシンジ
キャスト/出演者
上白石萌音、千葉雄大、田村睦心、関智一、黒田崇矢
レビューサイト平均評価 ★★★★★65/100換算

掲載2017年映画興行収入ランキング(日本)上半期と下半期含む通期おすすめベスト

以上、妖怪ウォッチ映画シリーズ興行収入ランキングと評価一覧などについてでした。

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり。家視聴含め3年半で1800本。新作は2017年192本、2018年90本
今話題の映画やランキング