ピクシーン 映画ランキング/興行収入/評価まとめ/ネタバレあらすじ感想 pickup scene

ジェイソンボーンシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

ジェイソンボーンシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

ジェイソン・ボーン・シリーズの映画興行収入ランキングと、主要レビューサイトの平均評価一覧などについてのまとめです。マット・デイモン以外の主演作も含めてのランキングです。

目次[非表示]

映画名
(クリックでスクロール)
公開年
日本
興収
日本
日本興収
[億円]
興収
世界
世界興収
[億$]
評価
平均
評価
1ボーン・アイデンティティー200316.02.1474
2ボーン・スプレマシー200512.52.8875
3ボーン・アルティメイタム200716.54.4279
4ボーン・レガシー2012---
5ジェイソン・ボーン201615.14.1568
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

ジェイソン・ボーン・シリーズを見る順番は?

公開順に見れば問題ありません。ただし『ボーン・レガシー』だけは飛ばして見ても問題ありません。

ジェイソン・ボーン・シリーズの公開順(古い順)

情報を順次追加していきます。

[1作目]ボーン・アイデンティティー

ボーン・アイデンティティー
  • 平均評価 ★★★★★74/100
  • 日本興行収入 16.0億円
  • 世界興行収入 2.1億US$
  • 日本公開 2003.1.25
  • 上映時間 119分 予告

シリーズ1作目。マルセイユ沖で、1人の男が海上を漂っているのを漁船が見つける。男は記憶喪失だったが、唯一の手がかりのチューリヒ銀行の貸金庫から、ジェイソン・ボーン名義のパスポートや高額の現金や銃などを見つける。一方CIAでは、政治家ウォンボジ暗殺に失敗したボーンの行方を探していた。追われるボーンは、偶然居合わせたマリーの車で、パリへ行くが暗殺者に襲われる。真相を突き止めるため、マルセイユに向かい、そこでも暗殺者と戦い、CIAの元上司と取引することになったのだが...

原題/英題
THE BOURNE IDENTITY
製作国
アメリカ(2002.6.14公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
映画監督
ダグ・リーマン
主な出演者
マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、クリス・クーパー、クライブ・オーウェン、ブライアン・コックス
製作費
約US$ 60,000,000(約66億円)
配給/製作
(C)UIP、Universal(USA)、ケネディ/マーシャル

『ボーン・アイデンティティー』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

[2作目]ボーン・スプレマシー

ボーン・スプレマシー
  • 平均評価 ★★★★★75/100
  • 日本興行収入 12.5億円
  • 世界興行収入 2.8億US$
  • 日本公開 2005.2.11
  • 上映時間 108分 予告

ボーン・アイデンティティー』の続編2作目。元CIA工作員のジェイソン・ボーンは、記憶喪失で過去を捨て、インドで恋人マリーと幸せに暮らしていたが、謎の暗殺者にねらわれる。一方ベルリンでは、CIAの不正送金を調査中の諜報員が殺され、ボーンの指紋が残っていた。ボーンもCIAの陰謀に近づくが、初任務の記憶がよみがえり...

原題/英題
THE BOURNE SUPREMACY
製作国
アメリカ(2004.7.15公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
映画監督
ポール・グリーングラス
主な出演者
マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョアン・アレン、ジュリア・スタイルズ、カール・アーバン
製作費
約US$ 75,000,000(約83億円)
配給/製作
(C)UIP、Universal(USA)、ケネディ/マーシャル、ラドラム・エンターテインメント

『ボーン・スプレマシー』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

[3作目]ボーン・アルティメイタム

ボーン・アルティメイタム
  • 平均評価 ★★★★★79/100
  • 日本興行収入 16.5億円
  • 世界興行収入 4.4億US$
  • 日本公開 2007.11.10
  • 上映時間 115分 予告

ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』に続くシリーズ3作目。前作でモスクワにいるボーンは、警察の追跡から逃れる。しばらく後ボーンは、トレッドストーン計画についての新聞記事を書いたロスとの接触を試みて、情報源のいるマドリッドへ向かう。そこでニッキーと再会し、モロッコのタンジールへ行くが、2人とも暗殺者にねらわれる。CIA内では、ボーン殺害を命令するヴォーゼンに対して、パメラが疑問をしめす。やがてトレッドストーン計画の真相に近づくボーンは、ついにはじまりの場所へたどり着くのだが...

原題/英題
THE BOURNE ULTIMATUM
製作国
アメリカ(2007.8.3公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
映画監督
ポール・グリーングラス
主な出演者
マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、デビッド・ストラザーン、スコット・グレン、パディ・コンシダイン
製作費
約US$ 110,000,000(約121億円)
配給/製作
(C)東宝東和、Universal(USA)、ケネディ/マーシャル、ラドラム・エンターテインメント

『ボーン・アルティメイタム』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

[5作目]ジェイソン・ボーン

ジェイソン・ボーン
  • 平均評価 ★★★★★68/100
  • 日本興行収入 15.1億円
  • 世界興行収入 4.1億US$
  • 日本公開 2016.10.7
  • 上映時間 123分 予告

シリーズ5作目だが、マット・デイモン主演は4作目。前作で生死不明だったジェイソン・ボーンは、地下格闘技で稼ぎながら、すさんだ暮らしをしていた。ある日、CIA元同僚のニッキーが、ボーンの過去情報を持ってきたことにより、暗殺者アセットに命をねらわれる。CIA内では、長官デューイがボーン殺害を指示するが、ヘザー・リーが取り込みを提案し了承される。しかし恨みを持つアセットは執拗にねらう。やがてボーンの父の死やトレッドストーン計画が明らかになっていき...

原題/英題
Jason Bourne
製作国
アメリカ(2016.7.29公開)
映倫区分
日本: G/一般、USA: PG-13
映画監督
ポール・グリーングラス
主な出演者
マット・デイモン、トミー・リー・ジョーンズ、アリシア・ビカンダー、バンサン・カッセル、ジュリア・スタイルズ
製作費
約US$ 120,000,000(約132億円)
配給/製作
(C)東宝東和、Universal(USA)、ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー、キャプティベイト・エンターテインメント、パール・ストリート・フィルムズ

『ジェイソン・ボーン』ネタバレあらすじ感想や評価一覧

以上、ジェイソン・ボーン・シリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧などについてでした。

新作映画のネタバレあらすじ評価と感想もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

今話題の映画やランキング
カテゴリ一覧
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
新作映画で選ぶおすすめ動画配信サービス
  • music.jp(30日無料。新作映画多く観れる。漫画/音楽も)
  • TSUTAYAの宅配レンタルと動画配信(30日無料。DVDの豊富さは映画好きにおすすめ)
  • U-NEXT(31日無料。新作映画はポイントで月数本観れる)
  • Amazonプライム(30日無料。月額325円相当。新作は見放題に少し)
  • Hulu(2週間無料。マーベル等の特集がたまにある)
  • dTV(31日無料。月額500円。新作は見放題に少ない)
関連(数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上) [目次↑] [一番上↑]
人気の映画ランキング!