ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

この順番!オーシャンズ11シリーズ全4作品の評価ランキングや興行収入や公開順番

この順番!オーシャンズ11シリーズ全4作品の評価ランキングや興行収入や公開順番

映画『オーシャンズ11』シリーズを見る順番(時系列、公開順、評価ランキング)、あらすじ、感想レビューの一覧です。評価や興行収入の表で並替えもできます。ネタバレ、キャスト、上映時間などの情報もまとめてます!

2018年夏公開の『オーシャンズ8』は、サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ミンディ・カリング、リアーナ、サラ・ポールソン、オークワフィナ、ヘレナ・ボナム=カーター等の女性軍団になりそうです!

目次[非表示]

映画名
(クリックでスクロール)
公開年
日本
興収
日本
日本興収
[億円]
興収
世界
世界興収
[億$]
評価
平均
評価
1オーシャンズ11200270.04.5075
2オーシャンズ12200536.03.6266
3オーシャンズ13200732.03.1170
4オーシャンズ8 6週目201815.72.9468
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

オーシャンズ11シリーズを見る順番

初めてなら、映画の公開順番に見るのがおすすめです。『オーシャンズ8』以外は時系列も同じです。リンク先は、ネタバレを含みます。

[1作目]オーシャンズ11

オーシャンズ11
  • 平均評価 ★★★★★75/100
  • 私の評価 ★★★★★72
  • 日本興行収入 70.0億円
  • 世界興行収入 4.5億US$
  • 日本公開 2002.2.2
  • 上映時間 117分 予告

不可能な金庫破りを計画する、チーム強奪映画(ケイパー)ってワクワクしませんか?オーシャンズ11シリーズはこの1作目のヒットにより続編も制作され、クセある豪華俳優のオールスター共演も話題でした。盗むのは現金だけでなく...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Ocean's Eleven
製作国
アメリカ(2001.12.7公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 85,000,000(約94億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、ジェリー・ワイントローブ・プロダクションズ、NPVエンタテインメント
映画監督
スティーブン・ソダーバーグ
キャスト/出演者(吹き替え声優)
ジョージ・クルーニー(小山力也)、ブラッド・ピット(細井治)、ジュリア・ロバーツ(佐々木優子)、マット・デイモン(竹若拓磨)、アンディ・ガルシア(内田直哉)、エリオット・グールド(富田耕生)、カール・ライナー(大木民夫)、ドン・チードル(大黒和広) ※声優はソフト版

詳細ネタバレ感想『オーシャンズ11』皆の評価やあらすじ ⇒

[2作目]オーシャンズ12

オーシャンズ12
  • 平均評価 ★★★★★66/100
  • 私の評価 ★★★★★64
  • 日本興行収入 36.0億円
  • 世界興行収入 3.6億US$
  • 日本公開 2005.1.22
  • 上映時間 125分 予告

誰かに人生を操作されてると感じたことはありますか?オーシャンズ・シリーズ2作目は、1人メンバーが追加された12人で、とんでもない強敵に挑戦します。5者もの勢力が登場しかなり難解ですが、最後まで見ると良かったなと思いますよ!(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Ocean's Twelve
製作国
アメリカ、オーストラリア(2004.12.10公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 110,000,000(約121億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures
映画監督
スティーブン・ソダーバーグ
キャスト/出演者
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンディ・ガルシア

詳細ネタバレ感想『オーシャンズ12』皆の評価やあらすじ ⇒

[3作目]オーシャンズ13

オーシャンズ13
  • 平均評価 ★★★★★70/100
  • 私の評価 ★★★★★72
  • 日本興行収入 32.0億円
  • 世界興行収入 3.1億US$
  • 日本公開 2007.8.10
  • 上映時間 122分 予告

ホテルなどの格付けって、誰がどう調べてるのか知ってますか?オーシャンズ・シリーズ3作目は、仲間の無念をはらすため再びカジノに挑み、チーム強奪を計画する原点回帰作です。かわいそうな格付け員と笑えるマットデイモンも見どころ!(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Ocean's Thirteen
製作国
アメリカ(2007.6.8公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 100,000,000(約110億円)
配給/製作
(C)ワーナーブラザース、ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
映画監督
スティーブン・ソダーバーグ
キャスト/出演者
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ドン・チードル、バーニー・マック、エレン・バーキン、アル・パチーノ

詳細ネタバレ感想『オーシャンズ13』皆の評価やあらすじ ⇒

[4作目]オーシャンズ8

オーシャンズ8
  • 平均評価 ★★★★★68/100
  • 日本興行収入 15.7億円
  • 世界興行収入 2.9億US$
  • 日本公開 2018.8.10
  • 上映時間 110分

スティーブン・ソダーバーグ監督が手がけ、主演のジョージ・クルーニーほかオールスターキャスト共演で話題を集めた「オーシャンズ」シリーズを、新たにオール女性キャストで描くクライムエンタテインメント。クルーニーが演じたダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャンが主人公となり、女性版オーシャンズが結成される。史上最強の犯罪ドリームチーム「オーシャンズ」を率いたカリスマ的リーダー、ダニー・オーシャンの妹デビーが仮釈放された。出所したデビーは犯罪プロフェッショナルである7人の女性に声をかけ、ニューヨークで開催される世界的ファッションイベント「メットガラ」の会場で1億5000万ドルの宝石を盗み出すという前代未聞の計画を実行に移すのだが...[引用元]

原題/英題
Ocean's Eight
製作国
アメリカ(2018.6.8公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 70,000,000(約77億円)
配給/製作
(C)ワーナー・ブラザース映画、ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース、ラットパック=デューン・エンターテインメント
映画監督
ゲイリー・ロス
キャスト/出演者(吹き替え声優)
サンドラ・ブロック(本田貴子)、ケイト・ブランシェット(塩田朋子)、アン・ハサウェイ(甲斐田裕子)、ミンディ・カリング(釘宮理恵)、サラ・ポールソン(園崎未恵)、オークワフィナ(杉浦慶子)、リアーナ(村中知)、ヘレナ・ボナム=カーター(高乃麗)
レビューサイト平均評価 ★★★★★68/100換算

掲載2018映画興行収入ランキング!おすすめ日本ベスト(上半期+下半期の通期/毎週更新)

以上、オーシャンズ11シリーズ一覧の評価ランキング、見る順番(公開順や時系列)、映画興行収入のまとめでした。

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周で世界遺産595訪問後、映画に再ハマり。家視含め3年で1500本。新作映画は、2017年 188本、2018年 60本
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
新作映画で選ぶおすすめ動画配信サービス
  • TSUTAYAの宅配レンタルと動画配信(30日無料。DVDの豊富さは映画好きにおすすめ)
  • U-NEXT(31日無料。新作映画はポイントで月数本観れる)
  • Amazonプライム(30日無料。月額325円相当。新作は見放題に少し)
  • Hulu(2週間無料。マーベル等の特集がたまにある)
  • dTV(31日無料。月額500円。新作は見放題に少ない)
関連(数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上) [目次↑] [一番上↑]
人気の映画ランキング!