ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

ソウSAWシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

ソウSAWシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

ソウシリーズの映画興行収入ランキングと、主要レビューサイトの平均評価一覧などについてのまとめです。

目次[非表示]

映画名
(クリックでスクロール)
公開年
日本
興収
日本
日本興収
[億円]
興収
世界
世界興収
[億$]
評価
平均
評価
1ソウ2004-1.0374
2ソウ22005-1.4765
3ソウ32006-1.6462
4ソウ42007-1.3958
5ソウ52008-1.1356
6ソウ62009-0.6859
7ソウ ザ・ファイナル 3D2010-1.3656
8ジグソウ ソウ・レガシー20171.61.0267
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

ソウSAWシリーズを見る順番と公開順

最初は公開順に見ることをおすすめします。

[1作目]ソウ

ソウ
  • 平均評価 ★★★★★74/100
  • 世界興行収入 1.0億US$
  • 日本公開 2004.10.30
  • 上映時間 103分

目が覚めると、部屋の中央には死体。対角線上には足を鎖でつながれた2人の男、ゴードンとアダム。犯人が突如として始めたゲーム。「君たちは死につつある」「6時までに相手を殺すか、自分が死ぬか」。与えられたのは、謎の猟奇殺人鬼「ジグソウ」からのメッセージが入ったカセットテープとテープレコーダー、弾丸1発、タバコ2本、着信用携帯電話、ノコギリ2本、写真。2人は犯人が部屋に残したヒントを手掛かりに、脱出しようとする。一方、ジグソウを追っていたタップ元刑事は、異様な殺人現場に残された手がかりをもとに、ジグソウを追い詰める。

原題/英題
SAW
製作国
アメリカ(2004.10.29公開)
映倫区分
日本: R15+、USA: R
製作費
約US$ 1,200,000(約1億円)
配給/製作
(C)アスミック・エース、エボリューション・エンターテイメント、ツイステッド・ピクチャーズ、バーグ・クールズ・ホフマン・プロダクション
映画監督
ジェームズ・ワン
キャスト/出演者
ケイリー・エルウィス、リー・ワネル、ダニー・グローバー、モニカ・ポッター
レビューサイト平均評価 ★★★★★74/100換算

[2作目]ソウ2

ソウ2

ソウシリーズ2作目。前作の連続殺人犯ジグソウが、ついに刑事エリックやケリーにより捕まるが、隣の部屋のモニターには8人の男女が閉じこめられた部屋で神経ガスを吸わされながら脱出ゲームをさせられる映像が見られる。エリックはそこに息子ダニエルを見つけ、ジグソウに場所を聞き出そうとするが、一緒に話をしようと言うだけで...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Saw II
製作国
アメリカ(2005.10.28公開)
映倫区分
日本: R15+、USA: R
製作費
約US$ 4,000,000(約4億円)
配給/製作
(C)アスミック・エース、ライオンズ・ゲート・フィルムズ、ツイステッド・ピクチャーズ
映画監督
ダーレン・リン・バウズマン
キャスト/出演者
ドニー・ウォールバーグ、ショウニー・スミス、トビン・ベル、フランキー・ジー、グレン・プラマー

詳細ネタバレ感想『ソウ2』皆の評価やあらすじ ⇒

[3作目]ソウ3

ソウ3

ソウシリーズ3作目。1作目のバスルームに捕らわれたエリック刑事は脱出を試みる一方、同僚のケリー刑事にも危険がせまる。ジグソウは短い命を延命させるため、リン医師をかたわらに置き、全く別のゲームも進行させる。ジグソウに心酔するアマンダは別ゲームの進捗を告げながらも、リンの存在が気になりはじめて...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Saw III
製作国
アメリカ(2006.10.27公開)
映倫区分
設定なし、USA: R
製作費
約US$ 12,000,000(約13億円)
配給/製作
(C)アスミック・エース、ツイステッド・ピクチャーズ、ライオンズゲート・フィルムズ
映画監督
ダーレン・リン・バウズマン
キャスト/出演者
トビン・ベル、ショウニー・スミス、アンガス・マクファデン、ダイナ・メイヤー

詳細ネタバレ感想『ソウ3』皆の評価やあらすじ ⇒

[4作目]ソウ4

ソウ4
  • 平均評価 ★★★★★58/100
  • 世界興行収入 1.3億US$
  • 日本公開 2007.11.17
  • 上映時間 93分

残虐かつ巧妙な殺人ゲームに強制参加させられた人々の運命を描く大ヒット・スリラー「ソウ」シリーズの第4弾。「ソウ2」「ソウ3」のダーレン・リン・バウズマンが引き続き監督を務める。ついに死を遂げたジグソウと彼の弟子アマンダ。ところが、ジグソウの遺体の胃袋から発見されたテープで、ゲームがまだ終わっていないことが明かされる。ジグソウ逮捕に執念を燃やしていたSWAT隊員リッグが新たなターゲットとなり……。[引用元]

原題/英題
Saw IV
製作国
アメリカ(2007.10.26公開)
映倫区分
日本: R15+、USA: R
製作費
約US$ 10,000,000(約11億円)
配給/製作
(C)アスミック・エース、ツイステッド・ピクチャーズ、ライオンズゲート・フィルムズ
映画監督
ダーレン・リン・バウズマン
キャスト/出演者
トビン・ベル、スコット・パターソン、ベッツィ・ラッセル、コスタス・マンディラー、リリク・ベント
レビューサイト平均評価 ★★★★★58/100換算

[5作目]ソウ5

ソウ5
  • 平均評価 ★★★★★56/100
  • 世界興行収入 1.1億US$
  • 日本公開 2008.11.28
  • 上映時間 93分

ソリッド・シチュエーション・スリラー「ソウ」シリーズの第5弾。殺人ゲームの仕掛け人ジグソウが死んだ今も残虐なサバイバルゲームが続き、FBI捜査官のストラムは、死のゲームから生還したホフマン刑事をジグソウの後継者ではないかと疑う。そして再び、コンクリートの密室で5人の男女が目覚め……。出演は歴代ジグソウ役のトビン・ベルほか。監督はシリーズ第2弾からプロダクション・デザインなどを務めてきたデビッド・ハックル。[引用元]

原題/英題
Saw V
製作国
アメリカ(2008.10.24公開)
映倫区分
設定なし、USA: R
製作費
約US$ 10,800,000(約12億円)
配給/製作
(C)アスミック・エース、ツイステッド・ピクチャーズ、ライオンズゲート・フィルムズ
映画監督
デビッド・ハックル
キャスト/出演者
トビン・ベル、コスタス・マンディラー、スコット・パターソン、ベッツィ・ラッセル、マーク・ロルストン
レビューサイト平均評価 ★★★★★56/100換算

[6作目]ソウ6

ソウ6
  • 平均評価 ★★★★★59/100
  • 世界興行収入 0.6億US$
  • 日本公開 2009.11.6
  • 上映時間 95分

大ヒット・スリラー「ソウ」シリーズの第6弾。前作でFBI捜査官のストラムが死体となって見つかるが、指紋が検出されなかったことから殺人鬼・ジグソウの後継者はストラムではないかという憶測が立てられる。しかし、ストラムの上司・エリクソンは刑事ホフマンを疑って接近していた。監督はシリーズを通して編集を担当してきたケビン・グルタート。[引用元]

原題/英題
Saw VI
製作国
アメリカ(2009.10.23公開)
映倫区分
日本: R15+、USA: R
製作費
約US$ 11,000,000(約12億円)
配給/製作
(C)アスミック・エース、ツイステッド・ピクチャーズ
映画監督
ケビン・グルタート
キャスト/出演者
コスタス・マンディラー、マーク・ロルストン、ベッツィ・ラッセル、トビン・ベル、ショウニー・スミス
レビューサイト平均評価 ★★★★★59/100換算

[7作目]ソウ ザ・ファイナル 3D

ソウ ザ・ファイナル 3D
  • 平均評価 ★★★★★56/100
  • 世界興行収入 1.3億US$
  • 日本公開 2010.10.30
  • 上映時間 90分

世界的ヒットを記録した人気ホラーシリーズの第7弾にして完結編が、シリーズ初となる3D映像で登場。前作に続きケビン・グルタートが監督を務める。ジグソウのゲームの生存者たちは、同じくゲームから生還した“精神的指導者”ボビー・デイガンの元に救いを求めて集まる。だが、ボビーの暗い過去が明らかになるにつれ、新たな恐怖が彼らを襲う。一方ホフマンとジルは、ジグソウの遺品をめぐって争いを繰り広げており……。[引用元]

原題/英題
Saw 3D
製作国
アメリカ(2010.10.29公開)
映倫区分
日本: R15+、USA: R
製作費
約US$ 20,000,000(約22億円)
配給/製作
(C)アスミック・エース、ツイステッド・ピクチャーズ、A Bigger Boat、Serendipity Productions
映画監督
ケビン・グルタート
キャスト/出演者
トビン・ベル、ケイリー・エルウィズ、コスタス・マンディラー、ベッツィ・ラッセル、ショーン・パトリック・フラナリー
レビューサイト平均評価 ★★★★★56/100換算

[8作目]ジグソウ ソウ・レガシー

ジグソウ ソウ・レガシー
  • 平均評価 ★★★★★67/100
  • 日本興行収入 1.6億円
  • 世界興行収入 1.0億US$
  • 日本公開 2017.11.10
  • 上映時間 92分

猟奇的な殺人鬼ジグソウによって密室に閉じ込められた人々が生存をかけたゲームに挑む姿を描き、「世界でもっとも成功したホラーシリーズ」としてギネスブックにも記載された「ソウ」シリーズの7年ぶりとなる第8作。監督は「プリデスティネーション」で知られる双子の兄弟ピーター&マイケル・スピエリッグ、脚本は「ピラニア3D」のピーター・ゴールドフィンガー&ジョシュ・ストールバーグのコンビが担当した。ある密室に男女5人が監禁される。5人は目の部分をくりぬいたバケツを頭にかぶせられ、身体は鎖につながれており、対面する壁には一面に鋭い刃が光っていた。一方、刑事のハロランとキース、検視官のローガンとエレノアは、町中の公園で発見された死体を検証していた。死体の無残な様子から10年前に死んだはずのジグソウの手口が浮かび上がり、死体に埋め込まれていたUSBメモリを確認すると、「ゲームは始まった。4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わらない」というジグソウの声が響きわたる。[引用元]

DVD/ブルーレイ レンタル開始日,発売日
2018.6.13(販売中
原題/英題
Jigsaw
製作国
アメリカ(2017.10.27公開)
映倫区分
日本: R15+
配給/製作
(C)アスミック・エース
映画監督
マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ
キャスト/出演者
マット・パスモア、カラム・キース・レニー、クレ・ベネット、ハンナ・エミリー・アンダーソン、ローラ・バンダーボート
レビューサイト平均評価 ★★★★★67/100換算

以上、ソウシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧などについてでした。

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周で世界遺産595訪問後、映画に再ハマり。家視含め3年で1500本。新作映画は、2017年 188本、2018年 60本
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
新作映画で選ぶおすすめ動画配信サービス
  • TSUTAYAの宅配レンタルと動画配信(30日無料。DVDの豊富さは映画好きにおすすめ)
  • U-NEXT(31日無料。新作映画はポイントで月数本観れる)
  • Amazonプライム(30日無料。月額325円相当。新作は見放題に少し)
  • Hulu(2週間無料。マーベル等の特集がたまにある)
  • dTV(31日無料。月額500円。新作は見放題に少ない)
関連(数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上) [目次↑] [一番上↑]
人気の映画ランキング!