おすすめ映画探せるピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
クリスマスギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『人魚の眠る家』冒頭の少年は誰?第2の父親とは?/評価あらすじ

人魚の眠る家

東野圭吾のミステリー小説を映画化。離婚を決めた夫婦が脳死状態の娘の臓器を提供するか悩みます。しかしある事がきっかけで自宅介護をはじめて、医療技術のおかげで体を動かせるようになるのだが...。目を覚ますのか?我が子なら?(ネタバレあらすじ↓)

人魚の眠る家の予告動画

映画『人魚の眠る家』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
映倫区分
日本: G
配給/製作
(C)松竹、オフィスクレッシェンド
参考
公式サイト⇒ Wikipedia⇒
映画監督
堤幸彦
キャスト/出演者
篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加
レビューサイト平均評価 ★★★★★76/100換算

『人魚の眠る家』ネタバレあらすじや結末

この先はネタバレありのあらすじです。

小学生男子たちが遊んでると野球ボールが民家の庭に入り、宗吾と呼ばれる少年が、人魚模様の門を開けて取りに行きます。奥の庭には、人魚のように眠る少女が車椅子に座っているのが見えます。

突然の不幸?臓器提供するかしないか?(ネタバレあらすじ)

播磨薫子(篠原涼子。はりま かおるこ)は長女の瑞穂(稲垣来泉(くるみ)。みずほ)と弟の生人(斎藤汰鷹(たいよう)。いくと)を養いながら仕事もしています。夫の播磨和昌(西島秀俊)とは瑞穂のお受験が終わるまで離婚を延期してるが別居中です。

ある日、瑞穂はお絵かきした「黄色いハートの場所」にいつか薫子を連れて行くとうれしそうに話します。薫子の母の千鶴子(松坂慶子)が瑞穂と生人と、薫子の妹の娘の若葉(荒川梨杏)をプールに連れて行ってくれます。

薫子は和昌と一緒に塾へ行き、小学校お受験の面接練習中に携帯に電話があり病院へ駆けつけます。瑞穂がプールの排水口に指をはさんで心肺停止で意識不明です。医師は臓器提供の決断を両親が決めれば脳死判定できるが、しない時は判定できないと言います。

日本は世界でもめずらしく「心臓停止で死と判断」する国だそうです。瑞穂はほぼ脳死なので回復の見込みはないが、薫子らは考えて回答することにします。優しい瑞穂なら他の子のために臓器提供するだろうと考え、薫子と和昌と家族全員で最後の別れをします。

脳死なのに代謝も体調も改善?(ネタバレあらすじ)

その時、指が動いて(ラザロ徴候という脊髄反射の可能性が高い)薫子と和昌は瑞穂は生きてると感じたので、自宅で延命を続けることに決めます。薫子は仕事をやめたいので、浮気を謝ってない和昌をゆるし、離婚を白紙にもどしてもらい看病に専念します。

和昌は父の多津朗(田中泯)が創業したハリマテクス社の社長です。IT医療機器のプレゼン中、障害者用機器の開発社員の星野祐也(坂口健太郎)から横隔膜ペースメーカーの存在を聞きます。すぐ瑞穂に手術して成功し、人工呼吸器をはずせて楽になります。

瑞穂の祖母の千鶴子も、自宅介護を手伝うが要領が悪くて薫子にしかられてばかりです。祖母は自分が目を離した責任を感じてるのだと知り、薫子は謝ります。瑞穂は自力呼吸のおかげで代謝が改善したので、和昌は星野に人工信号で体を動かす技術を聞きます。

脳死してても脊髄に直接、信号を流して手足を動かせるようになり、さらに代謝が向上して健康になります。勝手に手足を動かすエコー運動も起こり、薫子は期待します。星野は瑞穂に専念しすぎて、婚約者の川嶋真緒(川栄李奈)と会う時間が減ります。

生より死に執着するホラー?人魚の眠る家とは?(ネタバレあらすじ)

尾行した真緒は、別の日に薫子に偶然会い、星野の研究成果である瑞穂を見せてもらいます。薫子は星野を「第2の父親」だと感謝するが、反射で手を上げる瑞穂を見てこわくなった真緒は挨拶もせず帰ります。和昌は会社で重役達に星野の私物化を追求されます。

和昌は父にも「人工技術の領域を超えてる」と忠告されます。一方、薫子は筋肉がついてきた瑞穂を外に連れ出すことが増えるが、周囲からは気味悪く思われます。和昌はプレゼントしたぬいぐるみを、瑞穂が抱きしめて笑ったように操作する薫子に驚愕します。

脳死の人間を殺すと殺人なのか?(ネタバレあらすじ)

和昌は街頭で会った友人から、ユキノちゃんという子が海外で心臓移植手術するための募金活動をしてると聞き、100万円寄付します。それを知った薫子は、瑞穂の延命を否定されてる気がして反発するが、すぐ後にユキノは死亡します。薫子の妹の美晴(山口紗弥加)や瑞穂の弟の生人からも「瑞穂は死んでる」と指摘されます。

生人は誕生会に瑞穂が出席すると聞き、学校の友達を呼ばず、和昌も「瑞穂は医学的には死亡だ」と言うと、薫子は瑞穂に包丁をつきつけて警察を呼び「瑞穂の心臓を止めたら殺人になるのか、国や法律に決めてもらう。娘を殺したのは私でしょうか?

すると和昌が「瑞穂を殺さないでくれ」と泣きながらかばいます。薫子の妹の娘の若葉は「瑞穂ちゃんは私の指飾りを取るため潜って身代わりになったので、大きくなったら薫子おばさんを手伝うから。ごめんなさい」。生人も謝り、薫子は包丁を落とします。

『人魚の眠る家』ネタバレ結末と最後/ラスト

落ち着いたある日、和昌の提案で薫子と生人と瑞穂の家族4人で散歩してると、瑞穂がお絵かきした「ハート型の穴から陽が差し込む木」を見つけます。夜、薫子は瑞穂が目を覚まして「お母さん、今までありがとう。幸せだったよ」と言う夢を見ます。

瑞穂の様態は悪化し事故直後にもどります。薫子と和昌は医師に臓器提供を申し出ます。数日後、庭で家族葬が行われ命日は「脳死判定日」でなく「薫子がさよならを言われた8月30日」とします。「心臓死こそ死を実感できる」と話す和昌に医師は「ではまだ生きていますね」と言います。

冒頭で野球ボールを「人魚の眠る家」に取りに来た少年の宗吾(そうご)は、瑞穂の心臓を移植されて元気になります。臓器提供者は明かされないけど、なんとなく「あの家」に足が向き、行ってみると空き地になっています。

ネタバレ感想『人魚の眠る家』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありの感想・考察です。人魚の眠る家

★★★★★ 67点/100(60が平均)

監督と俳優陣について

東野圭吾の原作小説『人魚の眠る家』を、篠原涼子と西島秀俊を夫婦役として映画化したヒューマンミステリーです。作品によって振れ幅が大きくて好みの分かれる堤幸彦が監督です。監督作では映画よりTVドラマ『TRICK』『ケイゾク』『SPEC』の方が好みです。

主演女優の篠原涼子はアイドル出身でTVドラマには多数出演してるけど、映画での主演は『アンフェア the movie』シリーズで好演したのが印象的です。娘の美央(みお)への接し方は微妙だったけど、実生活で母親になった経験も生かしてか本作では鬼気迫る「愛情」を超える演技がみどころです。

本作はほぼ篠原涼子の一人舞台に近いけど、娘役の稲垣来泉、夫役の西島秀俊、祖母役の松坂慶子、第2の父親役の坂口健太郎、その恋人役の川栄李奈なども上手く演じてたと思います。息子役はセリフが少し辛かったけど、祖父の田中泯の存在感はさすがです。

あえていうと、西島秀俊は理系で社長で浮気した後ろめたさもあり、感情を表に出さない性格なのはわかるけど、それにしても表情に乏しかった気がします。ただ、篠原涼子が感情に流され、西島秀俊が理性で判断するという対称性を見せる効果はありました。

坂口健太郎の役はもっと深掘りできる気もしたけど、テーマがぶれるからか途中離脱して少し残念です。その恋人の川栄李奈は『亜人』とは全く違いかわいくてピュアな役を演じ、私たち視聴者に近い立場で「人魚」を見たと感じます。

東野圭吾ファンだけど1年半で5本映画化は多すぎ?

初期作はリアルタイムではないけど『容疑者Xの献身』くらいまでは、ほぼ全て追っかけるように読んでた小説ファンです。だから『人魚の眠る家』を観た時も『変身』『分身』などの禁断の医療技術ミステリーを思い出せました。

加賀恭一郎シリーズやガリレオシリーズ以降はほとんどの作品が実写映画化されて、2017年9月『ナミヤ雑貨店の奇蹟』から『祈りの幕が下りる時』『ラプラスの魔女』『人魚の眠る家』と2019年1月『マスカレード・ホテル』まで5作が連続公開されます。

東野圭吾は多作化してから内容が薄くなったと聞くこともあるけど、常に一定水準は保ち、時事的な社会派要素も取り入れ、最後には泣ける作品が多くて映画には向いてます。上映された作品も年間ベストに挙げられることは少ないけど平均点はクリアしてます。

しかしさすがにこの1年半くらいは東野圭吾作品が続きすぎて、設定は違っても展開のさせ方が似てるので、飽きられないか心配です。興行収入が下がり気味なのも気になります。個人的には人魚までの4作品の中では『祈りの幕が下りる時』が一番好きです。

家族愛の物語も部外者から見るとホラー映画?

自分の愛する娘が突然、心臓は動いてて体も温かいのに脳死状態になった場合、臓器提供のためにお別れできるかと言われれば、ほとんどの人ができないと思います。しかし世界の多くの国では「脳死は死」なので日本より延命させる率は低いのでしょうか。

本作の篠原涼子演じる薫子も、一度は「優しい娘だった瑞穂」の立場で解釈して臓器提供を決断するが、指がピクッと動いたのを感じて、たとえそれがラザロ徴候と呼ばれる反射だとしても延命させて人間的に育てることにします。

瑞穂から目を離した責任を感じてる祖母の千鶴子(松坂慶子)や、別居して父親の責任を果たせてない後ろめたさもある和昌(西島秀俊)も最初は薫子と同じ気持ちで瑞穂を見守ります。この状況は多くの視聴者も共感できたのではないでしょうか。

しかし部外者の川嶋真緒(川栄李奈)が瑞穂を見た瞬間から、ホラーっぽい雰囲気がただよってきます。雨の日、夕焼け、青っぽいライト、不穏な音楽などもホラー演出を助長します。家族以外の人間には「フランケンシュタイン」に見えると気づかされます。

川栄李奈は出番は少ないけど、物語の重要な分岐点を上手く恐ろしげに演じていました。それ以降「生きる者より脳死の瑞穂を大切にする」薫子に家族ですら疑問を持ち始め言動に現れてきて、孤独な薫子はさらに「娘への献身」に執着して現実離れしていきます。

我が子が脳死になったら「死」を受け入れるべきなのか?

本作でも最善策は語られないし、人によっても考えた方は違うので正解はありません。しかし実際に娘が脳死になった場合、心臓を止める決断をする自信は私にはありません。特に突発的な事故ではすぐに死を受け入れられず、1週間は延命させたいと考えそうです。

しかし1週間が1ヶ月、2ヶ月になっても心の整理はつかない気もします。本作ではテーマがぶれないように主人公は富裕層の妻で経済的な心配は不要な設定だから満足いくまで看病できたけど、現実的には金銭的な問題で「別れ」の決断をせまられそうです。

物語の後半では「脳死で将来のない娘」にいつまでも関わっているよりも「生きて将来のある息子や薫子自身」に目を向けた方が建設的だと、真緒や和昌や生人の言葉で語られます。かなりデリケートな問題で冷たくも感じるけど納得感もあります。

瑞穂は体調も良いし、機械信号とはいえ体も動かせるし笑うこともできるけど、全て自分の脳での考えや意思ではないので実質は星野が嫌った「ロボット・機械」と同じです。その状態で生かし続け、無理やりぬいぐるみを抱かせることは確かにホラーです。

瑞穂が生きようとした目的や意味とは?

では少しホラー的・超常的に考えて、脳死状態の瑞穂が生きていた意味、心臓が止まらなかった理由を考えてみます。それはプール事故の日に薫子に見せてあしらわれた「お絵かき」が答えだと思います。つまりあの場所に行くまで、瑞穂は死ねなかったのです。

それを感じたからこそ薫子はその場所を探し回るが、1人で見つけても意味はないのです。瑞穂が最後に願ったのは、母の薫子と父の和昌と弟の生人と娘の瑞穂の4人が、家族愛を象徴するハートマークの場所に集まること、すなわち「家族再生」だったのです。

社会派ドラマにしては、あざとすぎる演出ですが、それが「東野圭吾は泣ける」と多くの人の心をとらえてるのは確かでしょう。そしてもう1つのあざとい泣かせる演出として、終盤に薫子の妹の娘の若葉に、自分の身代わりで瑞穂が死んだと告白させます。

瑞穂にとって大切な友人でもあった若葉が、この先も黙ってて責任を感じ続けるのはつらいだろうから、告白させて心を軽くしてあげたい、というのも瑞穂が生きてやりたかったことだと感じます。指飾りの花は四つ葉のクローバーのようにも見えます。

脳死状態の人間を殺すと殺人になるのか?

法律的な解釈や判例などは知りませんが、安楽死も殺人になる現状だと、たとえ脳死患者であっても臓器摘出の手術以外で心臓を止める行為は殺人だと思います。それに薫子は「まだ娘は生きている」と思っている状態で心臓を止めるのでなおさらです。

本作でこのアンチテーゼ(対立命題)を突きつけてくるのは、さすが東野圭吾です。警察を呼ぶのは映画的にしすぎだけど「最後は国に決めてもらう」というセリフを生かすためには必要です。西島秀俊が唯一父親に見えた名場面でもあります。

ちなみに、予告編やポスターでの「娘を殺したのは私でしょうか?」の使い方は、悪い意味でフジテレビ風のあざとさを感じます。娘を祖母にまかせっきりにした責任を感じた発言だと思ったのですが、まさかあの場面での言葉だったとはがっかりです。

マッドサイエンティストの第2の父親を生かしきれてない?

星野(坂口健太郎)が最初登場した時は、好青年というよりマッドサイエンティストの雰囲気がかもし出されていて期待したのですが、残念ながら本作では深掘りされませんでした。「第2の父親」という発言もあったので、サスペンスにもできたはずです。

しかし本作はあくまでも「家族再生」のヒューマンドラマなので、フランケンシュタインのような展開には踏み込みませんでした。というより東野圭吾の小説の特性で、そこまで闇落ちする人間はあまりいない気がします。

星野の異常性は、対照的な恋人の真緒(川栄李奈)が感じさせてくれます。仕事のことを熱弁する星野にひかれたけど「生きてる真緒より、脳死の瑞穂」を選ぶ星野に対しては、動物を生かす仕事の獣医に関わる真緒だからこそ冷静に気味悪さを感じたのでしょう。

ラストで再会した真緒が星野に「おかえりなさい」と言いますが、これは星野をゆるして、よりをもどすつもり、というよりは「『生』の世界へお帰りなさい」という意味だと解釈します。

瑞穂の心臓を移植された少年が見た空き地の意味は?

冒頭プロローグと最後のエピローグに登場する宗吾(そうご)という少年は、おそらく冒頭で野球ボールを取りに入った後に心臓病が発覚し、臓器提供された瑞穂の心臓を移植されて元気に回復したのでしょう。ラストで宗吾が気になって見た空き地は冒頭でボールを取りに入った「人魚の眠る家」つまり薫子と瑞穂の暮らしていた家です。

薫子には思い出が強すぎて引越した可能性もありますが、和昌と離婚して2人で暮らすには広いし経済的な理由で実家に戻ったのかもしれません。または和昌と復縁して3人で新天地で、瑞穂の思い出とともに仲良く暮らしてる可能性に期待したいです。

『人魚の眠る家』含む映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり。家視聴含め3年半で1800本。新作は2017年192本、2018年98本
今話題の映画やランキング