映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』評価は?ネタバレ感想考察/彼女の愛は誰に?最後の手紙とは?TV版あらすじも

映画劇場版ヴァイオレットエヴァーガーデン

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』あらすじ概要

戦争終結後、電話も普及しつつあるが、ドールの仕事は予約でいっぱい。様々な「愛」を知ったヴァイオレットは、不治の病の少年の依頼を受けます。そんなある日一通の手紙が…。ヴァイオレットのその後は?電話がつなぐ愛?(ネタバレ感想考察↓)

映画名/邦題 劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン
日本公開日 2020/9/18 [予告↓]上映時間 140分
映倫区分日本 G(年齢制限なし)
映画監督石立太一 [キャスト↓]
配給/製作(C)松竹/京都アニメーション
シリーズ/関連< 前作『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝 永遠と自動手記人形』
日本興行収入5.5億円
参考公式サイトWiki映画館
平均評価★★★★★90私の評価↓は含まず)

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』予告動画

キャラ ランキング(キャスト/出演者/吹替声優)

個人的なキャラクターランキングです。
※キャラクター名(吹き替え声優)

キャラ・ランキングは劇場版まで考慮

  • 1位ヴァイオレット・エヴァーガーデン(石川由依)感情の薄い金髪少女。元ギルベルト直属の凄腕軍人。愛の意味を探す
  • 2位ギルベルト・ブーゲンビリア(浪川大輔)少佐。ヴァイオレットの名づけ親かつ上官。重傷を負い生死不明
  • 3位ディートフリート・ブーゲンビリア(木内秀信)ギルベルト少佐の兄。ヴァイオレットに複雑な感情を持つ
  • 4位クラウディア・ホッジンズ(子安武人)中佐。ギルベルトの親友。ヴァイオレットの後見を頼まれた
  • 5位カトレア・ボードレール(遠藤綾)C.H郵便社の人気の自動手記人形。ホッジンズと仲がよい
  • ベネディクト・ブルー(内山昂輝)C.H郵便社の配達員。カトレアとのけんかが絶えない
  • エリカ・ブラウン(茅原実里)C.H郵便社の自動手記人形。おとなしくて依頼主との対話が苦手
  • アイリス・カナリー(戸松遥)C.H郵便社の自動手記人形。自信家だがミスも多い

ネタバレ感想『劇場版ヴァイオレットエヴァーガーデン』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

私の評価 ★★★★★70/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

ヴァイオレット・エヴァーガーデンのテルシス大陸地図テルシス大陸地図『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

観る順番・理想の聖女性と成長・描画の美しさなど

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、京アニ(京都アニメーション)出版の、暁佳奈による小説が原作です。TVオリジナルアニメーション、劇場版アニメも制作されて、小説がベースですが独自キャラ等オリジナルな部分も多いです。

ジャンルは「ヒューマンドラマ」とゆるやかな「ラブストーリー」。TV版では一部「戦争アクション」も。感動できる物語の連続で、一気見すると涙が枯れそうなほど号泣。ここではふれないけど、京アニの境遇を考えると、公開したことには感謝しかないです。

本作一番の見どころは、圧倒的な描画の美しさとマッチした音楽です。背景は写真レベルの高水準。そして主人公ヴァイオレットの「理想の女性像」「聖女」性のトリコにもされます。「性」は一切感じさせず、愛する我が子の成長を応援したくなるような感覚です。

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』観る順番
  • TVアニメシリーズ 全13話
  • TVアニメの外伝(DVD特典)TV版の4と5話の間で観てもOK
  • 外伝 永遠と自動手記人形
  • 本作『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
映画劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン

TV序盤!自動手記人形とは?見つけたい感情とは?

全13話のテレビアニメーションシリーズを勝手に三幕に分けて、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの過去や成長等についてまとめます。序盤は1-4話と、特別番外編(4と5話の間の外伝スペシャル・Extra Episode)までを含みます。

ベッドで目覚めたヴァイオレットは「少佐」から頼まれたというクラウディア・ホッジンズにより、C.H郵便社で新たに働き始めます。身寄りがなかったので後見人の姓をもらい「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」になりました。

「少佐」は別任務中とのこと。幼少から戦争の「道具」として兵器同然の任務を続けてきたヴァイオレットは両腕が義手で「少佐の命令」だけが行動原理。ある軍事作戦で負傷した少佐の最後の命令は「生きて自由になりなさい」と「心から愛してる」

軍隊作法しか知らないヴァイオレットは、人として未熟で感情にとぼしく「考えの裏を読む必要のある仕事」に苦戦。その仕事を行う自動手記人形とは、依頼人の心をすくい上げてタイピングで代筆する人間のことで「ドール」とも呼ばれます

ヴァイオレットは、自動手記人形の養成学校のタイピング速度や正確さや学科では一番の成績ですが、代筆した手紙は無機質。しかし妹ルクリアから兄への、短いが愛のこもった手紙「生きてるだけでうれしい」を代筆し修了を認められます。

ドール仲間のアイリスの故郷カザリで初恋話を聞いたり、歌姫イルマのオペラ歌詞での恋文を苦労して仕上げたヴァイオレットは自動手記人形として急成長します。それでもまだ、少佐の言った「愛してる」という感情はわからないままです。

TV中盤!いろんな愛の形とは?少佐の真実は?

テレビアニメーションシリーズの中盤は「いろんな愛の形を知る」5-7話と、「少佐の真実を知る」7話終盤から9話の二幕に分かれています。

西部のドロッセル王国の14歳の王女シャルロッテと、隣国フリューゲル王国の王子ダミアンは、和平を結ぶ「婚姻外交」のための儀式「公開恋文」を行います。シャルロッテ側に指名された自動手記人形ヴァイオレットは、見事にこなします。

しかし一度会った王子に恋したシャルロッテの心には「美しすぎる」手紙は響きません。そこでヴァイオレットは相手ドールに連絡し「本人たちの言葉」で恋文を書かせて恋愛を成就させます。結婚式の当日、王女が侍女アルベルタとの別れを悲しむのは「育て親への愛」です。

シャヘル天文台では、200年に1度のアリー彗星を眺めながらヴァイオレットに「恋愛未遂」で終わったリオンの成長が描かれます。湖畔の戯曲家オスカーは、愛する亡き娘オリビアが「いつかきっと」日傘で湖を歩くと言った姿を、ヴァイオレットに見せられ戯曲を完成させます。

ヴァイオレットは多くの「いつかきっと」を奪ったと思い、心の火傷に気づきます。そして「少佐の死」を聞かされ戦地へ探しに行くが遺体は見つかりません「ヴァイオレットの名」と「少佐の瞳色エメラルド」は少佐からのプレゼントです。

少佐の瞳は出会った時から『美しい』です」と言った時、ヴァイオレットは「美しい」の意味を知りました。ヴァイオレットは「死」も考えるが、少佐から救われた命や、C.H郵便社の仲間の支えを感じて自動手記人形として再び歩み始めます。

ヴァイオレット・エヴァーガーデンのテルシス大陸地図テルシス大陸地図『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト

TV終盤!見つけた感情とは?武器が戦争を終結?

テレビアニメーションシリーズの終盤は第10-13話語です。

第7話で「父親から亡き娘への愛」を知ったヴァイオレットは、第10話では「亡き母親から娘への永遠の愛」を体験し号泣します。この愛は「少佐からヴァイオレットへの『愛』」に近い感情だと思うので、ついに見つけたのでしょう。

亡くなる母が、残される子に毎年手紙を送る物語は使い古されています(邦画では宮崎あおい出演等)。しかし本作は「保護される対象だったヴァイオレットが、擬似的に保護者を体験した」意味と、構成や演出の面で最も感動的に描かれてます。

北部と南部の大戦は終結するが、戦争で儲けたクトリガル国では継続派が和平派と争います。そこから依頼を受けパラシュート落下したヴァイオレットは、息絶える前のエイダンから両親と恋人への愛のつまった手紙を執筆し届けて、涙します。

南北をつなぐ大陸縦断鉄道で和平調印式へ向かう、C.H郵便社の仲間と護衛のディートフリート(少佐の兄)隊は、和平反対派に襲撃されます。ディートフリートは、兄を守れなかった「道具」を恨んだが、そのヴァイオレットに救われます。

無事に南部ライデンシャフトリヒと、北部ガルダリク帝国の和平調印式が行われます。条約文書の代筆はカトレアによるのでしょうが、彼女を送り届けたヴァイオレットも貢献しました。戦争「道具」が、ついに戦争を終結させたのです。

平和になり航空祭では、みんなの「愛」や「心」がつまった手紙が空から放出されます。ヴァイオレットも書きます「親愛なるギルベルト少佐…」。

ラストシーン、依頼主に会ったヴァイオレットは一瞬「はっ」という顔でほおを赤らめて挨拶します「お客様がお望みなら、どこでも駆けつけます。自動手記人形サービス、ヴァイオレット・エヴァーガーデンです」。

劇場版!デイジーの素性は?過去とのつながり?

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』冒頭、デイジーという少女が祖母の死にふれ、疎遠にしてた母(祖母の娘)を非難します。祖母の名前はアン。アンは幼い頃にその母を亡くしたが、50年間誕生日に、母からの手紙を受け取り続けました。

TV版第10話を覚えてる人は、このエピソード聞いただけで涙が止まらなくなるかもしれません。私も最も涙した話です。デイジーの時代には電話等が普及して、多くの人が字の読み書きできる時代なので「自動手記人形」はほぼいないようです。

デイジーは毎年のアン宛の手紙を読んで心うたれ、代筆したのが「伝説のドール ヴァイオレット・エヴァーガーデン」だと知り興味を持って調べ始めます。ヴァイオレットは18歳でC.H郵便社をやめて、それ以降は記録にないようです。

この展開には意表つかれました。まさか同日公開の某映画と同様に「時間のはさみうち」(未来からと現在でヴァイオレットをたどる)でくるとは予想もできませんでした。アンの子孫というのもズルい(ほめてる)。

休暇の行き先は?ディートフリートの自責とは?

公開恋文や海への讃歌などで有名になったヴァイオレット・エヴァーガーデンは、自動手記人形サービスの代筆業が3ヶ月先まで予約でいっぱい。でもふと手を休めると「親愛なるギルベルト少佐…」と書き始めてしまうのです。

そんなヴァイオレットも休暇にはどこかへ出かけます。月命日に「ギルベルト少佐の母親の墓地」へ花を手向けていたのです。戦争終結から数年経ってるので、第13話で登場した時には記憶があいまいだった母親はもう亡くなってたのですね。

少佐の兄ディートフリートは「ギルベルトのことは忘れるべき」と言うが、ヴァイオレットは「『忘れる』は難しいです」と答えます。後日リボンを返しに来たディートフリートは、少佐の子ども時代の品が必要なら取りに来るよう伝えます。

ディートフリートは幼少期に、陸軍家系を継がせようとする父に反発し海軍に入ります。弟ギルベルトが陸軍に入りブーゲンビリア家を継いだのは、自分のせいと感じてます。少佐の遊び道具を喜んでもらって帰るヴァイオレットはかわいすぎ

本作では新たな戦争描写がないため、ヴァイオレットのアクションを見れなくて残念ですが、テーマに反するのであえて排除したのでしょう。唯一、ディートフリートがポケットに手を入れた時、素早く手をおさえたシーンは鳥肌ものです。

不治の病の少年の言葉を伝えた方法とは?

ヴァイオレットは、入院中の不治の病の少年ユリスから代筆の依頼を受けます。お金足りない人用の特別救済プランとかで笑わせてくれます。少年は、両親の子どもに生まれたことを感謝し、幼い弟には「生まれてきた時うれしかった。僕の分まで甘えてね」と手紙で伝えます。

それらの手紙は少年が亡くなった日に渡される予定でしたが、ヴァイオレットはライデンから3日かかる場所にいたため、アイリスに代理を頼みます。人一倍仕事に忠実なヴァイオレットも「少佐が生きてるかも?」で頭いっぱいだったのです。

少年は、弱った姿を見られたくなくて「お見舞いに来るな」と言ってしまった、幼なじみの友人リュカが気になってました。手紙はもう間に合いません。そこで「電話という新技術」でリアルタイムの声で、お詫びや最後の話を伝えました。少年の死後、両親と弟にもアイリスが手紙を渡します。

冒頭のアンの物語とは逆に「亡き子から両親へ」の手紙です。TV版11話も戦死する息子から両親への手紙でしたが、今回は人生これからの子どもが、まだ死を理解できない弟や友人へ言葉を伝えるという展開なのでつらいです。

ギルベルト少佐の生死は?手がかりは何?

C.H郵便社の優しい白ひげの配達員ローランドさんが管理してた「届け先不明郵便」の中に、少佐の筆跡に似た手紙をホッジンズ社長が見つけます。少佐の兄ディートフリートさえも認めたので、社長はヴァイオレットを連れて郵送元へ。

鉄道と船で片道3日かかるエカルテ島は、文明から取り残された田舎の孤島です。大戦時はガルダリク帝国の北軍として男性が徴兵されて多くは戻らず、現在は老人と女性と子どもが大半。敵だったライデンシャフトリヒをうらんでいます。

エカルテ島で子ども達になつかれてる教師ギルベール先生の正体こそ、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが探し求めてたギルベルト少佐です!インテンスの戦いでの負傷で、片腕と右目を失い眼帯姿ですが、ありがちな記憶喪失ではないです(笑)

大聖堂の爆発後、失ってた意識が回復すると、戦場にはもどらず大陸中を放浪し、エカルテ島で生きてく場所を見つけたのです。死んだことにしたかったので家族にさえ連絡しなかったのですが、さすがに母親にも伝えなかったのは残酷ですね。

ヴァイオレットの最後の手紙とは?切手の絵柄は?

ギルベルト少佐は、「戦争の道具」にしてしまったことを悔いて大きな責任を感じてるため、「会いたい」「愛してるの意味が少しはわかるようになった」と泣いて懇願するヴァイオレットに顔を見せることすらできません。

その夜、不治の病の少年の手紙が両親と弟に渡ったことを知り、ヴァイオレットは「少佐宛に最後の手紙」を書きます。「親愛なるギルベルト少佐…名前をくださってありがとうございます…少佐の瞳の色の美しいブローチをくださって…

翌早朝、収穫した作物を最上段へ運ぶ装置を作ったギルベルトに、島の老人が「あんたが背負いこむ必要はない」と言い、昨日来てたのに顔出さなかった兄ディートフリートが「母は待ってたぞ。家のことはもういい。行けよ」と。

上から運ばれた「最後の手紙」を読んだギルベルトは涙し、兄にも背中をおされて船で去るヴァイオレットの方へ駆け出します。声を聞いた彼女も、船から飛び降りてずっと待ち続けてきた「あいしてる」と告白されます。

18歳のヴァイオレット・エヴァーガーデンはC.H郵便社の予約仕事を終わらせた後、ギルベルト少佐と一緒にエカルテ島に移り住みました。その後は灯台の郵便局で仕事し、エカルテ島は大陸で最も1人当たりの手紙量が多い場所となりました。

2世代以上の未来で、過去の自動手記人形を探す旅に出たデイジー(アンの孫)は、ライデンのC.H郵便社跡の博物館である切手を見つけます。その「エカルテ島の記念切手」には、ヴァイオレット・エヴァーガーデンが描かれています。

少佐が頑固すぎたり、ヴァイオレットのあきらめが早かったりなのは少しモヤモヤしたけど、TVアニメシリーズを観てきた人たちが待望した完璧な終わり方で、劇場内も私も大号泣でした。最後の指での握手…子孫はいないのかな?

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』私の評価感想と京アニ

京アニ(京都アニメーション)については2019年に悲しい事件がありましたが、つらすぎてトラウマなのでここではふれません。しかし本作をもってのシリーズ完結は、それらの人たちの念願でもあったことでしょう。

本作では、ヴァイオレットが「さまざまな愛」を学んだ「手紙」に代わる「電話」を登場させることで「自動手記人形/ドール」の時代の終わりも感じさせます。電話は直接やりとりするため、第三者が他者の愛を仲介できないのは残念ですね。

同時に、ヴァイオレット・エヴァーガーデンの少女期も終わり「唯一の本当の愛」を知ることができます。ヴァイオレットは大陸中の現在未来だけでなく、私たち視聴者にとっても「伝説のドール」となりました。

TV版の延長として最高のラストですが、予測できるストーリーにはもう少しひねりがほしかったです。あと、少佐の真意は、ややわかりづらかったです。個人的には「少佐のいない世界で悩みつつも、新しい愛の形を見つける成長」も期待してました。熱狂ファンには叱られそうですが。

それだけハードル上げたのも、TV版の出来栄えが素晴らしすぎたからです。Netflix等でも配信してるので、世界中の人が観れば優しい気持ちになれるし「戦争反対の共通言語」になればいいなと感じます。この作品「真に心からあいしています

他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

『劇場版ヴァイオレットエヴァーガーデン』含む映画ランキングや映画賞

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2020新作98鑑賞。2019年255本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/非日常/多幸感/クール/ストーリー/MCU/本格ミステリ/ホラー。海外旅行135国。コメントや誤文報告は@pixiins
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2020新作98本/2019年255本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/非日常/多幸感/クール/ストーリー/MCU/本格ミステリ/ホラー
今話題の映画やランキング