ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

カンヌ受賞!是枝裕和監督のおすすめ映画ランキングや興行収入や作品評価一覧

カンヌ受賞!是枝裕和監督のおすすめ映画ランキングや興行収入や作品評価一覧

映画監督の是枝裕和『万引き家族』が、2018年カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドール賞を受賞しました。是枝監督作品のおすすめ映画ランキングを、興行収入やレビューサイト評価一覧などで表にするので参考にしてください。作品評価は少しづつ追加していきます。

目次[非表示]
映画名
(クリックでスクロール)
公開年
日本
興収
日本
日本興収
[億円]
興収
世界
世界興収
[億$]
評価
平均
評価
幻の光(ヴェネツィア国際映画祭 金のオゼッラ受賞)1995---
ワンダフルライフ1999---
DISTANCE2001---
カクト(プロデュース)2002---
蛇イチゴ(プロデュース)2003---
誰も知らない(カンヌ国際映画祭 最優秀男優賞(柳楽優弥)受賞)2004---
花よりもなほ2006---
ゆれる(プロデュース)2006---
歩いても 歩いても2008---
大丈夫であるように -Cocco 終らない旅-2008---
空気人形2009---
ビューティフル アイランズ(プロデュース)2010---
奇跡2011---
エンディングノート(プロデュース)2011---
そして父になる(カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞)201332.0-75
海街diary日本アカデミー賞 作品賞など4冠201516.8-77
海よりもまだ深く2016---
三度目の殺人日本アカデミー賞 作品賞など6冠201714.6-69
万引き家族(カンヌ国際映画祭 最高賞パルムドール賞受賞)201843.1-80
十年 Ten Years Japan(プロデュース)2018---
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

是枝裕和さんについて

1962年6月6日、東京生まれ。早稲田大学卒業。独立TVプロダクション「テレビマンユニオン」でドキュメンタリー番組などを演出しながら、映画監督として『幻の光』でデビューしました。2004年、監督4作目『誰も知らない』では、カンヌ国際映画祭にて映画祭史上最年少の最優秀男優賞(柳楽優弥)を受賞し、海外のみならず日本でも注目されました。

カンヌ国際映画祭では『空気人形』『海よりもまだ深く』が「ある視点」部門に正式出品され、『そして父になる』ではカンヌ国際映画祭 審査員賞を受賞。『海街diary』『三度目の殺人』『万引き家族』はカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、2018年『万引き家族』が最高賞パルム・ドールを受賞しました。日本人としては21年ぶり、4人目の快挙です。

2014年に制作者集団「分福」を立ち上げました。作風はテレビのドキュメンタリーディレクター時代の経験などを生かして、社会問題をあつかった作品が多く、俳優女優によるセリフや演技を大切にして脚本を書き換えることもあるようです。子どもの出演シーンにも定評があり、子役には台本を渡さず自然な台詞で撮影するのが特徴的です。

是枝裕和が監督やプロデューサーとして製作したオススメ長編映画

そして父になる

そして父になる

野々宮良多は大手建設の会社員で都心の高級マンションで、妻と息子の3人で幸せに暮らしている。ある日、息子の慶多が生まれた病院から、出生時の取り違えについて連絡がある。本当の息子は、斎木夫妻によって自由奔放に育てられていた。やがて2組の家族で会合し、子どもを交換することで話を進めるのだが...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Like Father, Like Son
映倫区分
日本: G
配給/製作
(C)ギャガ、FILM
映画監督
是枝裕和
キャスト/出演者
福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多

詳細ネタバレ感想『そして父になる』皆の評価やあらすじ ⇒

海街diary

海街diary

3人姉妹の幸、佳乃、千佳は、15年前に家を出た父の葬儀に出席する。そこで母違いの妹すずと出会い、一緒に鎌倉で暮らすことになる。明るい性格のすずは、サッカーチームに入って活躍し、チームの風太と親しくなっていく。そんな時、法事に幸たちの実母の都がやってきて、幸と口論になる。自分の母が離婚の原因を作ったという後ろめたさから、すずも心苦しさを感じるが...。第39回日本アカデミー賞では最優秀作品賞や最優秀監督賞など4冠に輝いた。(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Our Little Sister
映倫区分
日本: G
配給/製作
(C)東宝、ギャガ、「海街diary」製作委員会
映画監督
是枝裕和
キャスト/出演者
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、堤真一、樹木希林

詳細ネタバレ感想『海街diary』皆の評価やあらすじ ⇒

三度目の殺人

三度目の殺人

日本アカデミー賞6部門で最優秀賞受賞作。殺人を自供した三隅を弁護することになった重盛は、真実よりも減刑を勝ち取ることにこだわるが、三隅の供述が変化するにつれ考えが変わってきて、三隅が仲良くしてた被害者の娘の咲江から衝撃の事実を聞くと...(ネタバレあらすじ⇒)

DVD/ブルーレイ レンタル開始日,発売日
2018.3.7(販売中
原題/英題
The Third Murder
映倫区分
日本: G
配給/製作
(C)東宝、ギャガ、フジテレビジョン、アミューズ、ギャガ
映画監督
是枝裕和
キャスト/出演者
福山雅治、役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、吉田鋼太郎、満島真之介、市川実日子

詳細ネタバレ感想『三度目の殺人』皆の評価やあらすじ ⇒

万引き家族

万引き家族
  • 平均評価 ★★★★★80/100
  • 日本興行収入 43.1億円
  • 日本公開 2018.6.8
  • 上映時間 120分

再開発が進む東京の下町のなか、ポツンと残された古い住宅街に暮らす一家。日雇い労働者の父・治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、生活のために“親子”ならではの連係プレーで万引きに励んでいた。その帰り、団地の廊下で凍えている幼い女の子を見つける。思わず家に連れて帰ってきた治に、妻・信代(安藤サクラ)は腹を立てるが、ゆり(佐々木みゆ)の体が傷だらけなことから境遇を察し、面倒を見ることにする。祖母・初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす一家は、JK見学店でバイトをしている信代の妹・亜紀(松岡茉優)、新しい家族のゆりも加わり、貧しいながらも幸せに暮らしていたが……。[引用元]

映倫区分
日本: PG-12
配給/製作
(C)ギャガ、AOI Pro.
映画監督
是枝裕和
キャスト/出演者
リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ、高良健吾、池脇千鶴、樹木希林
レビューサイト平均評価 ★★★★★80/100換算

掲載2018映画興行収入ランキング!おすすめ日本ベスト(上半期+下半期の通期/毎週更新)

以上、是枝裕和が監督やプロデューサーとして制作したオススメ映画作品一覧でした。

参考にしたページ

是枝裕和

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周で世界遺産595訪問後、映画に再ハマり。家視含め3年で1500本。新作映画は、2017年 188本、2018年 60本
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
新作映画で選ぶおすすめ動画配信サービス
  • TSUTAYAの宅配レンタルと動画配信(30日無料。DVDの豊富さは映画好きにおすすめ)
  • U-NEXT(31日無料。新作映画はポイントで月数本観れる)
  • Amazonプライム(30日無料。月額325円相当。新作は見放題に少し)
  • Hulu(2週間無料。マーベル等の特集がたまにある)
  • dTV(31日無料。月額500円。新作は見放題に少ない)
関連(数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上) [目次↑] [一番上↑]
人気の映画ランキング!