映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

【2020年まで一覧】日本アカデミー賞ノミネート歴代受賞結果

【2020年まで一覧】日本アカデミー賞ノミネート歴代受賞結果

日本アカデミー賞の歴代・部門別ノミネートと受賞作/受賞者の全結果一覧まとめです。各作品の100点評価も掲載してます。2020年のノミネート発表は2020年1月15日、授賞式は2020年3月6日。毎年1〜3月に優秀賞(ノミネート)と最優秀賞(受賞)が発表され授賞式が行われます。

日本アカデミー賞の対象は、前年12月16日から本年12月15日までに、東京地区において初公開された有料の商業映画で、1日3回以上、2週間以上継続して上映された40分以上の作品です。

2020年のノミネート=優秀賞の発表は2020年1月15日、授賞式は2020年3月6日。が最優秀賞の受賞作/者。数値は主要レビューサイト100点換算の平均評価(私の評価は含まず)。リンク先はネタバレあり感想なので、未視聴の人はご注意ください。

押してみて↓同じボタンで戻せます

2020年発表 第43回日本アカデミー賞ノミネート速報予想

2020年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

2020年日本アカデミー 作品賞ノミネートと受賞予想

2020年 監督賞ノミネートと受賞予想

2020年 脚本賞ノミネートと受賞予想

2020年 主演男優賞ノミネートと受賞予想

2020年 主演女優賞ノミネートと受賞予想

  • シム・ウンギョン『新聞記者』
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』
  • 二階堂ふみ
    『翔んで埼玉』 予告
    75
  • 宮沢りえ『人間失格 太宰治と3人の女たち』
  • 吉永小百合『最高の人生の見つけ方』

2020年 助演男優賞ノミネートと受賞予想

2020年 助演女優賞ノミネートと受賞予想

2020年日本アカデミー優秀 新人俳優賞

2020年 音楽賞ノミネートと受賞結果

2020年 撮影賞ノミネートと受賞結果

2020年 照明賞ノミネートと受賞結果

2020年 美術賞ノミネートと受賞結果

2020年 録音賞ノミネートと受賞結果

2020年 編集賞ノミネートと受賞結果

2020年日本アカデミー賞 話題賞

  • [作品部門]『決算!忠臣蔵』
  • [俳優部門]星野源『引っ越し大名!』
↑目次

2019年発表 第42回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2019年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

2019年日本アカデミー 作品賞

2019年 監督賞

2019年 脚本賞

2019年 主演男優賞

2019年 主演女優賞

2019年 助演男優賞

  • 松坂桃李『孤狼の血』
  • 69
  • 岸部一徳『北の桜守』
  • ディーン・フジオカ『空飛ぶタイヤ』
  • 西島秀俊『散り椿』

2019年 助演女優賞

2019年日本アカデミー優秀 新人俳優賞

  • 成田凌
    『スマホを落としただけなのに』 『ビブリア古書堂の事件手帖』
    64
  • 上白石萌歌『羊と鋼の森』
  • 趣里『生きてるだけで、愛。』
  • 平手友梨奈『響 HIBIKI』
  • 芳根京子『累 かさね』『散り椿』
  • 伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』
  • 中川大志『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』
  • 吉沢亮『リバーズ・エッジ』

2019年 音楽賞(作曲・作詞家)

2019年 撮影賞(撮影監督等)

2019年 照明賞(照明技師等)

2019年 美術賞(美術監督等)

2019年 録音賞(録音技師等)

2019年 編集賞(編集技師等)

2019年日本アカデミー賞 話題賞

↑目次

2018年発表 第41回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2018年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

2018年 アニメーション作品賞

2018年 監督賞

2018年 脚本賞

2018年 主演男優賞

2018年 主演女優賞

2018年 助演男優賞

2018年 助演女優賞

2018年 新人俳優賞

2018年 音楽賞(作曲・作詞家)

2018年 撮影賞(撮影監督等)

2018年 照明賞(照明技師等)

2018年 美術賞(美術監督等)

2018年 録音賞(録音技師等)

2018年 編集賞(編集技師等)

2018年日本アカデミー賞 話題賞

↑目次

2017年発表 第40回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2017年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

2017年 アニメーション作品賞

2017年 監督賞

2017年 脚本賞

2017年 主演男優賞

2017年 助演男優賞

2017年 助演女優賞

2017年 音楽賞(作曲・作詞家)

2017年 撮影賞(撮影監督等)

2017年 照明賞(照明技師等)

2017年 美術賞(美術監督等)

2017年 録音賞(録音技師等)

2017年 編集賞(編集技師等)

2017年日本アカデミー賞 話題賞

↑目次

2016年発表 第39回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2016年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

  • 12部門13ノミネート 最多4最優秀賞 海街diary 予告 シリーズ
    76
  • 11部門ノミネート『日本のいちばん長い日』『母と暮せば』

2016年日本アカデミー 作品賞

2016年 監督賞

  • 76
  • 大根仁『バクマン。』
  • 武正晴『百円の恋』
  • 田中光敏『海難1890』
  • 原田眞人『日本のいちばん長い日』

2016年 脚本賞

  • 足立紳『百円の恋』
  • 小松江里子『海難1890』
  • 76
  • 原田眞人『日本のいちばん長い日』
  • 山田洋次・平松恵美子『母と暮せば』

2016年 主演男優賞

  • 二宮和也『母と暮せば』
  • 内野聖陽『海難1890』
  • 大泉洋『駆込み女と駆出し男』
  • 佐藤浩市『起終点駅 ターミナル』
  • 役所広司『日本のいちばん長い日』

2016年 主演女優賞

2016年 助演男優賞

  • 本木雅弘『日本のいちばん長い日』
  • 浅野忠信『母と暮せば』
  • 新井浩文『百円の恋』
  • 77
  • 染谷将太『バクマン。』
  • 本木雅弘『天空の蜂』

2016年 助演女優賞

2016年 新人俳優賞

2016年 音楽賞(作曲・作詞家)

  • サカナクション『バクマン。』
  • 大島ミチル『海難1890』
  • 76
  • 富貴晴美『日本のいちばん長い日』
  • 安川午朗『ソロモンの偽証 前篇・事件』

2016年 撮影賞(撮影監督等)

  • 76
  • 柴主高秀『日本のいちばん長い日』
  • 近森眞史『母と暮せば』
  • 永田鉄男『海難1890』
  • 藤澤順一『ソロモンの偽証 前篇・事件』

2016年 照明賞(照明技師等)

  • 76
  • 宮西孝明『日本のいちばん長い日』
  • 渡邊孝一『母と暮せば』
  • 安藤清人『海難1890』
  • 金沢正夫『ソロモンの偽証 前篇・事件』

2016年 美術賞(美術監督等)

  • 花谷秀文『海難1890』
  • 都築雄二『バクマン。』
  • 出川三男『母と暮せば』
  • 原田哲男『日本のいちばん長い日』
  • 76

2016年 録音賞(録音技師等)

  • 松陰信彦『海難1890』
  • 岸田和美『母と暮せば』
  • 76
  • 照井康政録音・矢野正人整音『日本のいちばん長い日』
  • 渡辺真司『バクマン。』

2016年 編集賞(編集技師等)

  • 大関泰幸『バクマン。』
  • 石井巌『母と暮せば』
  • 川島章正『海難1890』
  • 76
  • 原田遊人『日本のいちばん長い日』

2016年日本アカデミー賞 話題賞

  • 作品部門『バクマン。』
  • 俳優部門ももいろクローバーZ『幕が上がる』
↑目次

2015年発表 第38回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2015年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

  • 12部門ノミネート 最多8最優秀賞 『永遠の0』 予告
    76
  • 13部門ノミネートふしぎな岬の物語

2015年日本アカデミー 作品賞

  • 76
  • 『紙の月』
  • 『小さいおうち』
  • 『蜩ノ記』
  • 『ふしぎな岬の物語』

2015年 アニメーション作品賞

2015年 監督賞

  • 76
  • 小泉堯史『蜩ノ記』
  • 成島出『ふしぎな岬の物語』
  • 本木克英『超高速!参勤交代』
  • 吉田大八『紙の月』

2015年 脚本賞

  • 土橋章宏『超高速!参勤交代』
  • 加藤正人、安倍照雄『ふしぎな岬の物語』
  • 早船歌江子『紙の月』
  • 山崎貴、林民夫
    『永遠の0』 予告
    76
  • 山田洋次、平松恵美子『小さいおうち』

2015年 主演男優賞

  • 岡田准一
    『永遠の0』 予告
    76
  • 阿部寛『ふしぎな岬の物語』
  • 佐々木蔵之介『超高速!参勤交代』
  • 中井貴一『柘榴坂の仇討』
  • 役所広司『蜩ノ記』

2015年 主演女優賞

  • 宮沢りえ『紙の月』
  • 安藤サクラ『0.5ミリ』
  • 72
  • 井上真央『白ゆき姫殺人事件』
  • 二階堂ふみ『私の男』
  • 吉永小百合『ふしぎな岬の物語』

2015年 助演男優賞

  • 岡田准一『蜩ノ記』
  • 阿部寛『柘榴坂の仇討』
  • 伊藤英明『WOOD JOB!神去なあなあ日常』
  • 笑福亭鶴瓶『ふしぎな岬の物語』
  • 三浦春馬
    『永遠の0』 予告
    76

2015年 助演女優賞

  • 黒木華『小さいおうち』
  • 大島優子『紙の月』
  • 小林聡美『紙の月』
  • 竹内結子『ふしぎな岬の物語』
  • 富司純子『舞妓はレディ』

2015年 外国作品賞

2015年 新人俳優賞

  • 上白石萌音『舞妓はレディ』
  • 小松菜奈『渇き。』
  • 61
  • 池松壮亮『紙の月』『愛の渦』『ぼくたちの家族』
  • 61
  • 福士蒼汰『イン・ザ・ヒーロー』『神さまの言うとおり』『好きっていいなよ。』

2015年 音楽賞(作曲・作詞家)

  • 周防義和『舞妓はレディ』
  • 加古隆『蜩ノ記』
  • 佐藤直紀
    『永遠の0』 予告
    76
  • 久石譲『小さいおうち』
  • 安川午朗『ふしぎな岬の物語』

2015年 撮影賞(撮影監督等)

  • 柴崎幸三
    『永遠の0』 予告
    76
  • 上田正治、北澤弘之『蜩ノ記』
  • シグママコト『紙の月』
  • 近森眞史『小さいおうち』
  • 長沼六男『ふしぎな岬の物語』

2015年 照明賞(照明技師等)

  • 上田なりゆき
    『永遠の0』 予告
    76
  • 山川英明『蜩ノ記』
  • 西尾慶太『紙の月』
  • 渡邊孝一『小さいおうち』
  • 宮西孝明『ふしぎな岬の物語』

2015年 美術賞(美術監督等)

  • 上條安里
    『永遠の0』 予告
    76
  • 小川富美夫『柘榴坂の仇討』
  • 酒井賢『蜩ノ記』
  • 出川三男、須江大輔『小さいおうち』
  • 横山豊『ふしぎな岬の物語』

2015年 録音賞(録音技師等)

  • 藤本賢一
    『永遠の0』 予告
    76
  • 小野寺修『柘榴坂の仇討』
  • 加来昭彦〔録音〕矢野正人〔整音〕『紙の月』
  • 岸田和美『小さいおうち』
  • 藤本賢一『ふしぎな岬の物語』
  • 矢野正人『蜩ノ記』

2015年 編集賞(編集技師等)

  • 宮島竜治
    『永遠の0』 予告
    76
  • 阿賀英登『蜩ノ記』
  • 石井巌『小さいおうち』
  • 大畑英亮『ふしぎな岬の物語』
  • 佐藤崇『紙の月』

2015年日本アカデミー賞 話題賞

↑目次

2014年発表 第37回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2014年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

2014年日本アカデミー 作品賞

2014年 アニメーション作品賞

2014年 監督賞

2014年 脚本賞

2014年 主演男優賞

2014年 主演女優賞

2014年 助演男優賞

  • リリー・フランキー
    『そして父になる』 予告 シリーズ
    75
  • オダギリ・ジョー『舟を編む』
  • 妻夫木聡『東京家族』
  • ピエール瀧『凶悪』
  • 松田龍平『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』
  • リリー・フランキー『凶悪』

2014年 助演女優賞

  • 75
  • 蒼井優『東京家族』
  • 尾野真千子『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』
  • 中谷美紀『利休にたずねよ』
  • 余貴美子『武士の献立』

2014年 新人俳優賞

  • 忽那汐里『許されざる者』『つやのよる ある愛に関わった』『女たちの物語』
  • 黒木華『舟を編む』『草原の椅子』
  • 壇蜜『甘い鞭』
  • 濱田ここね『おしん』
  • 綾野剛『横道世之介』『夏の終り』
  • 菅田将暉『共食い』
  • 星野源『箱入り息子の恋』『地獄でなぜ悪い』
  • 吉岡竜輝『少年H』

2014年 音楽賞(作曲・作詞家)

2014年 撮影賞(撮影監督等)

2014年 照明賞(照明技師等)

2014年 美術賞(美術監督等)

  • 吉田孝『利休にたずねよ』
  • 種田陽平、黒瀧きみえ『清州会議』
  • 中澤克己『少年H』
  • 原田満生『舟を編む』
  • 原田満生、杉本亮『許されざる者』

2014年 録音賞(録音技師等)

2014年 編集賞(編集技師等)

2014年日本アカデミー賞 話題賞

↑目次

2013年発表 第36回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2013年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

2013年日本アカデミー 作品賞

2013年 アニメーション作品賞

2013年 監督賞

2013年 脚本賞

2013年 主演男優賞

2013年 主演女優賞

  • 樹木希林『わが母の記』
  • 草刈民代『終の信託』
  • 沢尻エリカ『ヘルタースケルター』
  • 松たか子『夢売るふたり』
  • 吉永小百合『北のカナリアたち』

2013年 助演男優賞

2013年 助演女優賞

  • 69
  • 寺島しのぶ『ヘルタースケルター』
  • 広末涼子『鍵泥棒のメソッド』
  • 満島ひかり『北のカナリアたち』
  • 宮崎あおい『わが母の記』

2013年 新人俳優賞

2013年 音楽賞(作曲・作詞家)

2013年 撮影賞(撮影監督等)

2013年 照明賞(照明技師等)

2013年 美術賞(美術監督等)

2013年 録音賞(録音技師等)

  • 橋本文雄『聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実』
  • 小野寺修『天地明察』
  • 志満順一
    『のぼうの城』 『北のカナリアたち』
    68
  • 69
  • 松本昇和録音、矢野正人整音『わが母の記』

2013年 編集賞(編集技師等)

2013年日本アカデミー賞 話題賞

↑目次

2012年発表 第35回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2012年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

  • 12部門13ノミネート 最多10最優秀賞八日目の蝉
  • 12部門ノミネート『最後の忠臣蔵』
  • 10部門ノミネート『ステキな金縛り』

2012年日本アカデミー 作品賞

2012年 アニメーション作品賞

2012年 監督賞

  • 成島出『八日目の蝉』
  • 阪本順治『大鹿村騒動記』
  • 新藤兼人『一枚のハガキ』
  • 杉田成道『最後の忠臣蔵』
  • 71

2012年 脚本賞

  • 奥寺佐渡子『八日目の蝉』
  • 荒井晴彦、阪本順治『大鹿村騒動記』
  • 古沢良太、須藤泰司『探偵はBARにいる』
  • 田中陽造『最後の忠臣蔵』
  • 71

2012年 主演男優賞

  • 原田芳雄『大鹿村騒動記』
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』
  • 堺雅人『武士の家計簿』
  • 三浦友和『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』
  • 役所広司『最後の忠臣蔵』

2012年 主演女優賞

  • 井上真央『八日目の蝉』
  • 長澤まさみ『モテキ』
  • 中谷美紀『阪急電車 片道15分の奇跡』
  • 71
  • 宮崎あおい『ツレがうつになりまして』

2012年 助演男優賞

  • 72
  • 伊勢谷友介『あしたのジョー』
  • 岸部一徳『大鹿村騒動記』
  • 佐藤浩市『最後の忠臣蔵』
  • 松田龍平『探偵はBARにいる』

2012年 助演女優賞

  • 永作博美『八日目の蝉』
  • 麻生久美子『モテキ』
  • 小池栄子『八日目の蝉』
  • 満島ひかり『一命』
  • 宮本信子『阪急電車 片道15分の奇跡』

2012年 新人俳優賞

  • 熊田聖亜『さや侍』
  • 桜庭ななみ『最後の忠臣蔵』
  • 渡邉このみ『八日目の蝉』
  • 上地雄輔『漫才ギャング』
  • 高良健吾『軽蔑』
  • 野見隆明『さや侍』
  • 長谷川博己『セカンドバージン』

2012年 音楽賞(作曲・作詞家)

  • 安川午朗『八日目の蝉』
  • 池頼広『探偵はBARにいる』
  • 岩崎太整『モテキ』
  • 71
  • 加古隆『最後の忠臣蔵』

2012年 撮影賞(撮影監督等)

  • 藤澤順一『八日目の蝉』
  • 笠松則通『大鹿村騒動記』
  • 長沼六男『最後の忠臣蔵』
  • 藤石修『岳 ガク』
  • 71

2012年 照明賞(照明技師等)

  • 金沢正夫『八日目の蝉』
  • 岩下和裕『大鹿村騒動記』
  • 宮西孝明『最後の忠臣蔵』
  • 川辺隆之『岳 ガク』
  • 71

2012年 美術賞(美術監督等)

  • 西岡善信、原田哲男『最後の忠臣蔵』
  • 近藤成之『武士の家計簿』
  • 71
  • 林田裕至『一命』
  • 松本知恵『八日目の蝉』

2012年 録音賞(録音技師等)

  • 藤本賢一『八日目の蝉』
  • 71
  • 田村智昭、室薗剛『探偵はBARにいる』
  • 照井康政『大鹿村騒動記』
  • 中路豊隆、瀬川徹夫『最後の忠臣蔵』

2012年 編集賞(編集技師等)

  • 三條知生『八日目の蝉』
  • 石田雄介『モテキ』
  • 71
  • 長田千鶴子『最後の忠臣蔵』
  • 只野信也『探偵はBARにいる』

2012年日本アカデミー賞 話題賞

  • 作品部門『モテキ』
  • 俳優部門前田敦子『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
↑目次

2011年発表 第34回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2011年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

2011年日本アカデミー 作品賞

2011年 監督賞

2011年 脚本賞

2011年 主演男優賞

  • 妻夫木聡『悪人』
  • 笑福亭鶴瓶『おとうと』
  • 堤真一『孤高のメス』
  • 豊川悦司『必死剣鳥刺し』
  • 76

2011年 主演女優賞

  • 深津絵里『悪人』
  • 寺島しのぶ『キャタピラー』
  • 松たか子
    『告白』 予告
    76
  • 薬師丸ひろ子『今度は愛妻家』
  • 吉永小百合『おとうと』

2011年 助演男優賞

  • 柄本明『悪人』
  • 石橋蓮司『今度は愛妻家』
  • 岡田将生『悪人』
  • 岡田将生
    『告白』 予告
    76
  • 吉川晃司『必死剣鳥刺し』

2011年 助演女優賞

  • 樹木希林『悪人』
  • 蒼井優『おとうと』
  • 木村佳乃
    『告白』 予告
    76
  • 夏川結衣『孤高のメス』
  • 満島ひかり『悪人』

2011年 新人俳優賞

  • 芦田愛菜『ゴースト もういちど抱きしめたい』
  • 大野百花『きな子 見習い警察犬の物語』
  • 仲里依紗『ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲』『時をかける少女』
  • 永山絢斗『ソフトボーイ』
  • 三浦翔平『THE LAST MESSAGE 海猿』
  • 三浦貴大『RAIL WAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』

2011年 音楽賞(作曲・作詞家)

  • 久石譲『悪人』
  • 76
  • GRAND FUNK ink.『BECK』
  • 冨田勲『おとうと』
  • めいなCo.『今度は愛妻家』

2011年 撮影賞(撮影監督等)

2011年 照明賞(照明技師等)

2011年 美術賞(美術監督等)

2011年 録音賞(録音技師等)

2011年 編集賞(編集技師等)

2011年日本アカデミー賞 話題賞

  • 66
  • 俳優部門岡村隆史『てぃだかんかん 海とサンゴと小さな奇跡』
↑目次

2010年発表 第33回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2010年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

  • 11部門ノミネート 最多6最優秀賞『劔岳 点の記』
  • 12部門ノミネート『ヴィヨンの妻』『沈まぬ太陽』
  • 11部門ノミネート『ゼロの焦点』

2010年日本アカデミー 作品賞

  • 『沈まぬ太陽』
  • 『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』
  • 『ゼロの焦点』
  • 『劔岳 点の記』
  • 『ディア・ドクター』

2010年 アニメーション作品賞

2010年 監督賞

  • 木村大作『劔岳 点の記』
  • 犬童一心『ゼロの焦点』
  • 西川美和『ディア・ドクター』
  • 根岸吉太郎『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』
  • 若松節朗『沈まぬ太陽』

2010年 脚本賞

  • 西川美和『ディア・ドクター』
  • 犬童一心、中園健司『ゼロの焦点』
  • 木村大作、菊池淳夫、宮村敏正『劔岳 点の記』
  • 田中陽造『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』
  • 西岡琢也『沈まぬ太陽』

2010年 主演男優賞

  • 渡辺謙『沈まぬ太陽』
  • 浅野忠信『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』『劔岳 点の記』
  • 大森南朋『ハゲタカ』
  • 笑福亭鶴瓶『ディア・ドクター』

2010年 主演女優賞

  • 松たか子『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』
  • 綾瀬はるか『おっぱいバレー』
  • 広末涼子『ゼロの焦点』
  • ペ・ドゥナ『空気人形』
  • 宮崎あおい『少年メリケンサック』

2010年 助演男優賞

  • 香川照之『劔岳 点の記』
  • 瑛太『ディア・ドクター』
  • 堺雅人『ジェネラル・ルージュの凱旋』
  • 玉山鉄二『ハゲタカ』
  • 三浦友和『沈まぬ太陽』

2010年 助演女優賞

  • 余貴美子『ディア・ドクター』
  • 木村多江『ゼロの焦点』
  • 鈴木京香『沈まぬ太陽』
  • 中谷美紀『ゼロの焦点』
  • 室井滋『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』

2010年 外国作品賞

2010年 新人俳優賞

2010年 音楽賞(作曲・作詞家)

  • 池辺晋一郎『劔岳 点の記』
  • 上野耕路『ゼロの焦点』
  • 住友紀人『沈まぬ太陽』
  • 向井秀徳『少年メリケンサック』
  • 吉松隆『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』

2010年 撮影賞(撮影監督等)

  • 木村大作『劔岳 点の記』
  • 柴主高秀『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』
  • 蔦井孝洋『ゼロの焦点』
  • 長沼六男『沈まぬ太陽』
  • 柳島克己『ディア・ドクター』

2010年 照明賞(照明技師等)

  • 川辺隆之『劔岳 点の記』
  • 長田達也『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』
  • 疋田ヨシタケ『ゼロの焦点』
  • 中須岳士『沈まぬ太陽』
  • 尾下栄治『ディア・ドクター』

2010年 美術賞(美術監督等)

  • 種田陽平、矢内京子『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』
  • 小川富美夫『沈まぬ太陽』
  • 瀬下幸治『ゼロの焦点』
  • 西岡善信、吉田孝『火天の城』
  • 福澤勝広、若松孝市『劔岳 点の記』

2010年 録音賞(録音技師等)

  • 石寺健一『劔岳 点の記』
  • 柿澤潔『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』
  • 郡弘道『沈まぬ太陽』
  • 志満順一『ゼロの焦点』
  • 白取貢、加藤大和『ディア・ドクター』

2010年 編集賞(編集技師等)

  • 新井孝夫『沈まぬ太陽』
  • 板垣恵一『劔岳 点の記』
  • 上野聡一『ゼロの焦点』
  • 川島章正『ヴィヨンの妻 桜桃とたんぽぽ』
  • 宮島竜治『ディア・ドクター』

2010年日本アカデミー賞 話題賞

↑目次

2009年発表 第32回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2009年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

  • 13部門ノミネート 最多10最優秀賞 おくりびと 予告
    77
  • 12部門ノミネート『母べえ』

2009年日本アカデミー 作品賞

2009年 アニメーション作品賞

  • 70
  • 『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』
  • 『スカイ・クロラ』
  • 『名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)』
  • 『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE エピソード オブ チョッパープラス 冬に咲く、奇跡の桜』

2009年 監督賞

  • 滝田洋二郎
    『おくりびと』 予告
    77
  • 中島哲也『パコと魔法の絵本』
  • 原田眞人『クライマーズ・ハイ』
  • 三谷幸喜『ザ・マジックアワー』
  • 山田洋次『母べえ』

2009年 脚本賞

  • 77
  • 内田けんじ『アフタースクール』
  • 加藤正人、成島出、原田眞人『クライマーズ・ハイ』
  • 三谷幸喜『ザ・マジックアワー』
  • 山田洋次、平松恵美子『母べえ』

2009年 主演男優賞

  • 77
  • 佐藤浩市『ザ・マジックアワー』
  • 堤真一『クライマーズ・ハイ』
  • 松山ケンイチ『デトロイト・メタル・シティ』
  • 役所広司『パコと魔法の絵本』

2009年 主演女優賞

  • 木村多江『ぐるりのこと。』
  • 仲間由紀恵『私は貝になりたい』
  • 77
  • 吉永小百合『母べえ』『まぼろしの邪馬台国 YAMATAIKOKU』

2009年 助演男優賞

2009年 助演女優賞

2009年 外国作品賞

2009年 新人俳優賞

  • 小池徹平『ホームレス中学生』
  • 松田翔太『イキガミ』
  • アヤカ・ウィルソン『パコと魔法の絵本』
  • 長渕文音『三本木農業高等学校、馬術部 盲目の馬と少女の実話』
  • 福田沙紀『櫻の園 さくらのその』
  • 吉高由里子『蛇にピアス』

2009年 音楽賞(作曲・作詞家)

2009年 撮影賞(撮影監督等)

  • 77
  • 阿藤正一、尾澤篤史『パコと魔法の絵本』
  • 小林元『クライマーズ・ハイ』
  • 長沼六男『母べえ』
  • 松島孝助『私は貝になりたい』

2009年 照明賞(照明技師等)

  • 77
  • 高倉進『パコと魔法の絵本』
  • 堀直之『クライマーズ・ハイ』
  • 中須岳士『母べえ』
  • 木村太朗『私は貝になりたい』

2009年 美術賞(美術監督等)

  • 桑島十和子『パコと魔法の絵本』
  • 小川富美夫
    『おくりびと』 予告
    77
  • 種田陽平『ザ・マジックアワー』
  • 出川三男『母べえ』
  • 福澤勝広『クライマーズ・ハイ』

2009年 録音賞(録音技師等)

  • 尾崎聡、小野寺修
    『おくりびと』 予告
    77
  • 岸田和美『母べえ』
  • 瀬川徹夫『ザ・マジックアワー』
  • 福田伸、太斉唯夫『パコと魔法の絵本』
  • 矢野正人『クライマーズ・ハイ』

2009年 編集賞(編集技師等)

  • 77
  • 石井巌『母べえ』
  • 上野聡一『ザ・マジックアワー』
  • 小池義幸『パコと魔法の絵本』
  • 須永弘志、原田遊人『クライマーズ・ハイ』

2009年日本アカデミー賞 話題賞

↑目次

2008年発表 第31回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2008年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

2008年日本アカデミー 作品賞

2008年 アニメーション作品賞

2008年 監督賞

  • 松岡錠司『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 犬童一心『眉山 びざん』
  • 佐藤祐市『キサラギ』
  • 周防正行『それでもボクはやってない』
  • 77

2008年 脚本賞

  • 松尾スズキ『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 宮藤官九郎『舞妓 Haaaan!!!』
  • 周防正行『それでもボクはやってない』
  • 77

2008年 主演男優賞

  • 77
  • 阿部サダオ『舞妓 Haaaan!!!』
  • オダギリ・ジョー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 加瀬亮『それでもボクはやってない』
  • 役所広司『象の背中』

2008年 主演女優賞

  • 樹木希林『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 寺島しのぶ『愛の流刑地』
  • 中谷美紀『自虐の詩』
  • 仲間由紀恵『大奥』
  • 宮沢りえ『オリヲン座からの招待状』

2008年 助演男優賞

  • 小林薫『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 柄本明『やじきた道中 てれすこ』
  • 香川照之『キサラギ』
  • 堤真一
    『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 『舞妓 Haaaan!!!』
    77

2008年 助演女優賞

2008年 外国作品賞

2008年 新人俳優賞

  • ウエンツ瑛士『ゲゲゲの鬼太郎』
  • 林遣都『バッテリー』
  • 三浦春馬『恋空』
  • 新垣結衣『恋空』
  • 内田也哉子『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 夏帆『天然コケッコー』
  • 北乃きい『幸福な食卓』

2008年 音楽賞(作曲・作詞家)

  • 大島ミチル『眉山 びざん』
  • 上田禎『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 77
  • 椎名林檎『さくらん』
  • 周防義和『それでもボクはやってない』

2008年 撮影賞(撮影監督等)

  • 蔦井孝洋『眉山 びざん』
  • 笠松則通『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 栢野直樹『それでもボクはやってない』
  • 木村大作『憑神』
  • 77

2008年 照明賞(照明技師等)

  • 疋田ヨシタケ『眉山 びざん』
  • 水野研一『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 長田達也『それでもボクはやってない』
  • 杉本崇『憑神』
  • 77

2008年 美術賞(美術監督等)

  • 部谷京子『それでもボクはやってない』
  • 岩城南海子『さくらん』
  • 77
  • 原田満生『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 吉田孝『大奥』

2008年 録音賞(録音技師等)

  • 77
  • 阿部茂、郡弘道、米山靖『それでもボクはやってない』
  • 柿澤潔『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 志満順一『眉山 びざん』
  • 松陰信彦『憑神』

2008年 編集賞(編集技師等)

  • 菊池純一『それでもボクはやってない』
  • 上野聡一『眉山 びざん』
  • 平澤政吾『舞妓 Haaaan!!!』
  • 普嶋信一『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』
  • 77

2008年日本アカデミー賞 話題賞

  • 作品部門『キサラギ』
  • 俳優部門新垣結衣『恋空』
↑目次

2007年発表 第30回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2007年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

2007年日本アカデミー 作品賞

2007年 アニメーション作品賞

  • 『時をかける少女』
  • 『あらしのよるに』
  • 55
  • 『ブレイブ ストーリー』
  • 『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌』

2007年 監督賞

2007年 脚本賞

2007年 主演男優賞

  • 渡辺謙『明日の記憶』
  • オダギリ・ジョー『ゆれる』
  • 妻夫木聡『涙そうそう』
  • 寺尾聰『博士の愛した数式』
  • 71

2007年 主演女優賞

  • 中谷美紀『嫌われ松子の一生』
  • 檀れい『武士の一分』
  • 長澤まさみ『涙そうそう』
  • 樋口可南子『明日の記憶』
  • 松雪泰子『フラガール』

2007年 助演男優賞

2007年 助演女優賞

  • 蒼井優『フラガール』
  • 蒼井優『男たちの大和 YAMATO』
  • 富司純子『フラガール』
  • もたいまさこ『かもめ食堂』
  • 桃井かおり
    『武士の一分』 予告
    71

2007年 外国作品賞

2007年 新人俳優賞

  • 須賀健太『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』
  • 塚地武雅『間宮兄弟』
  • 速水もこみち『ラフ ROUGH』
  • 松山ケンイチ『男たちの大和 YAMATO』
  • 蒼井優『フラガール』
  • 71
  • 山崎静代『フラガール』
  • YUI『タイヨウのうた』

2007年 音楽賞(作曲・作詞家)

2007年 撮影賞(撮影監督等)

2007年 照明賞(照明技師等)

2007年 美術賞(美術監督等)

2007年 録音賞(録音技師等)

2007年 編集賞(編集技師等)

2007年日本アカデミー賞 話題賞

  • 作品部門『フラガール』
  • 俳優部門塚地武雅『間宮兄弟』
↑目次

2006年発表 第29回日本アカデミー賞ノミネート受賞結果

2006年日本アカデミー賞 最多ノミネート最優秀賞

  • 14部門ノミネート 最多12最優秀賞『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 12部門14ノミネート『北の零年』

2006年日本アカデミー 作品賞

  • 『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 『北の零年』
  • 『蝉しぐれ』
  • 『パッチギ!』
  • 『亡国のイージス』

2006年 監督賞

  • 山崎貴『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 井筒和幸『パッチギ!』
  • 黒土三男『蝉しぐれ』
  • 阪本順治『亡国のイージス』
  • 行定勲『北の零年』

2006年 脚本賞

  • 山崎貴、古沢良太『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 黒土三男『蝉しぐれ』
  • 那須真知子『北の零年』
  • 長谷川康夫、飯田健三郎『亡国のイージス』
  • 羽原大介、井筒和幸『パッチギ!』

2006年 主演男優賞

  • 吉岡秀隆『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 市川染五郎『蝉しぐれ』
  • 真田広之『亡国のイージス』
  • 妻夫木聡『春の雪』
  • ユースケ・サンタマリア『交渉人・真下正義』

2006年 主演女優賞

  • 吉永小百合『北の零年』
  • 木村佳乃『蝉しぐれ』
  • 小雪『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 竹内結子『春の雪』
  • 中島美嘉
    『NANA』 予告
    63

2006年 助演男優賞

  • 堤真一『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 香川照之『北の零年』
  • 寺島進『交渉人・真下正義』
  • 豊川悦司『北の零年』
  • 中井貴一『亡国のイージス』

2006年 助演女優賞

  • 薬師丸ひろ子『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 石田ゆり子『北の零年』
  • 石原さとみ『北の零年』
  • 大楠道代『春の雪』
  • 寺島しのぶ『東京タワー』

2006年 音楽賞(作曲・作詞家)

  • 佐藤直紀『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 岩代太郎『蝉しぐれ』
  • 岩代太郎『春の雪』
  • 大島ミチル『北の零年』
  • トレヴァー・ジョーンズ『亡国のイージス』

2006年 撮影賞(撮影監督等)

  • 柴崎幸三『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 笠松則通『亡国のイージス』
  • 北信康『北の零年』
  • 釘宮慎治『蝉しぐれ』
  • 李屏賓『春の雪』

2006年 照明賞(照明技師等)

  • 水野研一『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 石田健司『亡国のイージス』
  • 中村裕樹『北の零年』
  • 吉角荘介『蝉しぐれ』
  • 中村裕樹『春の雪』

2006年 美術賞(美術監督等)

  • 上條安里『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 櫻木晶『蝉しぐれ』
  • 原田満生『亡国のイージス』
  • 部谷京子『北の零年』
  • 山口修『春の雪』

2006年 録音賞(録音技師等)

  • 鶴巻仁『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 伊藤裕規『北の零年』
  • 伊藤裕規『春の雪』
  • 橋本文雄『亡国のイージス』
  • 橋本泰夫『蝉しぐれ』

2006年 編集賞(編集技師等)

  • 宮島竜治『ALWAYS 三丁目の夕日』
  • 今井剛『北の零年』
  • 今井剛『春の雪』
  • ウィリアム・アンダーソン『亡国のイージス』
  • 奥田浩史『蝉しぐれ』

2006年 新人俳優賞

  • 勝地涼『亡国のイージス』
  • 神木隆之介『妖怪大戦争』
  • 塩谷瞬『パッチギ!』
  • 沢尻エリカ『パッチギ!』
  • 中島美嘉
    『NANA』 予告
    63
  • 堀北真希『ALWAYS 三丁目の夕日』

2006年日本アカデミー賞 話題賞

  • 作品部門 『NANA』 予告
    63
  • 俳優部門沢尻エリカ『パッチギ!』

以上が、歴代の日本アカデミー賞ノミネート(優秀賞)と受賞(最優秀賞)の受賞結果一覧まとめです。

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2020新作98鑑賞。2019年255本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/非日常/多幸感/クール/ストーリー/MCU/本格ミステリ/ホラー。海外旅行135国。コメントや誤文報告は@pixiins
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2020新作98本/2019年255本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/非日常/多幸感/クール/ストーリー/MCU/本格ミステリ/ホラー
今話題の映画やランキング