映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

映画『ザ・ファブル2殺さない殺し屋』評価は?ネタバレ感想考察/衝撃のラスト?謎の少女の正体と結末は?

映画ザファブル 殺さない殺し屋

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』あらすじ概要

漫画の実写映画化の2作目。伝説の殺し屋ファブルは、誰も殺さず「普通の人」として暮らすよう命令される。そんな彼の前に、あやしげなNPO代表や訳あり車椅子少女が現れ…。木村文乃は何秒で殺す?ファブルの出生の秘密は?(ネタバレ感想考察↓)

映画名/邦題 ザ・ファブル 殺さない殺し屋
日本公開日 2021/6/18 [予告↓]上映時間 131分
映倫区分日本 G(年齢制限なし)
映画監督江口カン [キャスト↓]
配給/製作(C)松竹/ギークサイト
日本興行収入13.3億円年間15位
参考公式サイトWiki映画館
平均評価★★★★★76私の評価↓は含まず)

『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』予告動画

キャラ ランキング(キャスト/出演者/吹替声優)

個人的なキャラクターランキングです。
※キャラクター名(キャスト/出演者)

  • 1位佐藤アキラ/ファブル(岡田准一)伝説の凄腕の殺し屋。サヴァン症候群ぽくて世間にはうとい。超猫舌。1人の時は全裸
  • 2位佐藤ヨウコ(木村文乃)ファブルの相棒。兄妹として暮らす
  • 3位宇津帆/ウツボ(堤真一)NPO団体「子供たちを危険から守る会」代表だが裏では…。ファブルとの因縁も
  • 4位佐羽ヒナコ(平手友梨奈)宇津帆と共に暮らす車椅子の少女。ファブルとの因縁がある
  • 5位鈴木(安藤政信)宇津帆と共謀する殺し屋
  • 田高田(佐藤二朗)アキラが雇われたデザイン事務所の店長
  • 清水ミサキ(山本美月)デザイン事務所のアキラの同僚。ややボケてる。アキラが気になってる
  • ジャッカル富岡(宮川大輔)アキラが大ファンのお笑い芸人
  • アイ(橋本マナミ)女優。ジャッカルと共演のセクシー女優
  • ボス(佐藤浩市)ファブルの育ての親。ファブルに普通の人になるよう命令

ネタバレ感想『ザファブル 殺さない殺し屋』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

私の評価 ★★★★★70/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

原作は漫画?続編2作目?監督とキャスト

映画『ザ・ファブル2 殺さない殺し屋』は、映画『ザ・ファブル』(2019年公開)の続編(2作目)です。原作は南勝久の漫画『ザ・ファブル』。2021年から『週刊ヤングマガジン』(講談社)で第二部『ザ・ファブル The second contact』が連載中。

監督の江口カンは、前作から続投です。主演の岡田准一の最近の出演作は『来る』『関ヶ原』『燃えよ剣(2021予定)』。元欅坂46の平手友梨奈は『響』『さんかく窓の外側は夜』に出演。

木村文乃、山本美月、佐藤浩市、安田顕、佐藤二朗、宮川大輔も続投。平手友梨奈の他の初出演は、堤真一、安藤政信、橋本マナミなど。なかなかの豪華キャストでクセも強そうなので競演が楽しみです。

映画ザ・ファブル 殺さない殺し屋

ザ・ファブルの出生の秘密は?殺せない理由は?

前作でボス(佐藤浩市)に、1年間人を殺さず「プロの普通の人」になれと命令され「佐藤明/アキラ」と名乗ることになったファブル(岡田准一)は社会にとけこみ暮らします。相棒で凄腕のヨウコ(木村文乃)とは兄妹という設定で。

ボスの話によると、アキラの母親はサヴァン症候群で知的障害があったそうだが、絵画の才能が人並み外れてました。しかしアキラを産んで絵の描き方を教えてるうちに「母親」にはなれたが、絵の才能はなくなったようです。

ザ・ファブルの天才的な「殺し屋」の才能は、母親のDNAを引き継いだサヴァン症候群によるものと推測できます。その代りに、一般常識には全く関心がなく、絵の才能も幼稚園児レベルですが、少年のように純粋な心の持ち主です。

ボスは幼少期からアキラを殺し屋に育て上げたが責任も感じて、1年間「人殺しをせず普通の人」の暮らしをさせることで、アキラの「殺しの才能」を消滅させようと考えたのです。純粋なアキラはこの命令を忠実に守るのですが…。

ヒナコと宇津帆の正体とは?ヨウコの能力は?

冒頭、裏の売春組織の幹部を次々と殺害し、最後の男に手をかけた時、立体駐車場にあったその車が暴走。伝説的な殺し屋ファブル(意味は寓話)は、落下する車内から、売春をいやがり泣いてた少女を救い出しました。

前作『ザ・ファブル』では、冒頭のヤクザ襲撃シーンが戦闘アクションのピークでしたが、今回も冒頭から手抜きなしで期待感が高まります。しかも、終盤アクションが冒頭も前作もはるかに超えてくるので、今度こそ期待を裏切りません

現在。NPO団体「子供たちを危険から守る会」代表の宇津帆/ウツボ(堤真一)は、裏では金もうけのために若者を殺害。宇津帆は、殺し屋の鈴木(安藤政信)と謎の少女・佐羽ヒナコ(平手友梨奈)と暮らし、元真黒の井崎も仲間にします。

ヒナコはある事故で歩けなくなり車椅子生活なので、公園でリハビリをかねた鉄棒に挑戦し転びます。それを見てるだけで支えようとしないアキラは「きっと歩けるようになる。ただし順番はある」と励まします。「支えない」のは後の伏線に。

アキラは、人間離れした記憶力のヨウコ(木村文乃)の助けをかりて過去を思い出します。ヒナコの正体は、冒頭で救った少女で、あの事件以来歩けなくなったと知ります。

宇津帆の正体は、その時にファブルに殺害された男の兄で、売春幹部リストにもあった人物です。その時、殺害中止命令で生きのびて、ファブルへの復讐のためにこの町へやってきたのです。

木村文乃の実力は?山本美月のムダ使い?

アキラはデザイン事務所で、幼稚園児レベルだがほのぼのする絵が認められ、100円アップした時給900円で働いてます。店長・田高田(佐藤二朗)と前作ヒロインのミサキがお笑いコンビになってるシーンは山本美月の無駄使いでもったいない。

このデザイン事務所シーンを全カットして中盤にもう1つアクションシーンがあれば、この映画は年間ベスト10にもくい込みそうなんですが、予算の関係で無理なんでしょうね。

唯一デザイン事務所に関係あったのは、社員の貝沼が宇津帆らに誘拐されたことです。井崎のミスによる貝沼の結末には驚きましたが。映画ラストでも、世間的には貝沼の真相は闇のままです。井崎は宇津帆にキレられて終わると思ったけど…。

かなり凄腕で容赦なさそうな殺し屋・鈴木が、麻婆豆腐作ってるヨウコの部屋へ行った時にはハラハラしました。が「どんな相手でも6秒以内に暗殺するアキラだが、私は5秒よ」とあっさり鈴木を倒したヨウコのシーンは、この映画で一番好き。「8秒もかかったかー」の台詞も最高!

数々の伏線回収が見事?岡田から平手へ激励?

宇津帆は、弟のかたきのファブルの正体が佐藤アキラだと知り、鈴木ですら妹にあっさり負けたため周到な計画を練ります。団地全体を使ったファブルvs大人数バトルは、かなり大規模に見えたし邦画と思えないレベルのアクションで大興奮!

ちょっと出番待ちするような敵は気になったけど、ラストの足場崩壊まで息つく間もないほどのノンストップ・アクションを見れて大満足。岡田准一ならスタントマン使ってなさそう?ですよね。あれで死人ゼロってのはご都合主義ですが。

撮り方は知らないけど、見た目的には邦画史に残るレベルのアクションではないでしょうか。スナイパーしとめる木村文乃のヨウコの活躍も少しだけ見れたし。殺し屋の鈴木の出番がなかったと思いきや、わざと尾行させてヨウコを人質に。

宇津帆は、ヒナコに拳銃を渡してヨウコを撃つよう指示。しかしヒナコは両親の殺害犯だと気づいたので宇津帆を撃ちます。防弾チョッキの宇津帆の頭をねらうため、ヒナコは車椅子から立ち上がって奇跡を見せるが、地雷を踏んでしまいます。

倒れて地雷を爆発させそうなヒナコを、間一髪で押さえたファブルが「今度は支えたぞ」というシーンは感動的でした。鉄棒で転んでも「支えなかった」ことの伏線回収。そしてファブルのスピードで、今度こそヒナコの足を守るシーンも

首つりや埋葬に使って「死」の象徴だったショベルカーを、地雷爆発をおさえて「生」きるために利用した伏線回収も見事。爆発しない地雷を転がして撃たれた宇津帆は意味不明でしたが、逮捕されたくないから?そもそも鈴木もファブルも死刑確定だと思いますが。

ラストでファブルがヒナコをはげます内容は、俳優として先に成功してるアイドル岡田准一から、女優を目指す?アイドル平手友梨奈への激励にも聞こえました。ヒナコの手紙は蛇足と感じたけど、続編への布石ですかね。

エンドロール後、ボスの佐藤浩市が出ますが、その後「脳」の図にフォーカスが当たるのも続編への伏線でしょうか。いよいよサヴァン症候群の期限切れとなるファブルが描かれるのなら『ワンダーウーマン1984』のようですね。

『ザ・ファブル2 殺さない殺し屋』私の感想と評価

前作は冒頭のアクション以外、ストーリーもコメディもラストアクションも微妙でしたが、今回はかなり改善されてます。アクションは冒頭だけでなく、団地アクションの緊張感も含めて今年邦画一番岡田准一はますますトム・クルーズ化

キャラも前作のような中途半端者は井崎だけで、サイコパス宇津帆、幸薄少女ヒナコ、変態貝沼、実はいい殺し屋鈴木など魅力的でした。木村文乃のアクション時間も増えたし、岡田准一のボケ具合いも前作より自然に笑えました。

一方、デザイン事務所での佐藤二朗と、TVのジャッカル富岡(宮川大輔)の無理やり笑わせようとするコメディシーンは不要と感じました。一部の高齢者にはウケてたので需要はあるのかも?代わりにアクションをもう少し増やしてほしい。

エンドロール後の続編への伏線もあったので、興行収入しだいでは続編3作目が製作されそうです。そろそろ『るろうに剣心 最終章 The Final』の佐藤健や新田真剣佑くらいの凄腕と戦ってほしいですね。あと、木村文乃主演のスピンオフ『女ファブル』の方が観たいかも!

他の映画はおすすめ映画ジャンル別も参考にしてください。

『ザファブル 殺さない殺し屋』含む映画ランキングや映画賞

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2021新作136鑑賞。2020年229本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/本格ミステリ/SFファンタジー/ホラー/アニメ/MCU。135国 海外旅行ブログ。応援コメント@pixiinsで待ってます(^^)
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2021新作136本/2020年229本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/ホラー/本格ミステリ/アニメ/MCU
今話題の映画やランキング
ホーム シリーズ映画 興収ランキング
検 索
目 次