映画評価ピクシーン Pick Scene映画ブログ/評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

映画『ヘルドッグス』感想ネタバレ解説考察/結末は?驚きの真実とは?勝者は?

映画ヘルドッグス

『ヘルドッグス』あらすじ概要

愛する人の復讐のみで生きてきた元警官の兼高は、関東最大ヤクザ「東鞘会/とうしょうかい」への潜入を警察から強要され、サイコパス組員の室岡とバディを組んで組織を上りつめていくが…。ミッション達成可能?相性98%とは?(ネタバレ感想考察↓)

映画名/邦題 ヘルドッグス
日本公開日 2022/9/16 [予告↓]上映時間 138分
映倫区分日本 PG12(小学生指導必要)
映画監督原田眞人 [キャスト↓]
配給/製作(C)東映、ソニー・ピクチャーズ、エンタテインメント/アークエンタテインメント
シリーズ/関連戦争/アクション映画
日本興行収入4.2億円興行収入ランキング
参考公式サイトWiki映画館
平均評価★★★★★77私の評価↓は含まず)

『ヘルドッグス』予告動画

キャラ ランキング(キャスト/出演者/吹替声優)

個人的なキャラクターランキングです。
※キャラクター名(キャスト/出演者)

  • 1位兼高昭吾/かねたか/出月梧郎/いでづき(岡田准一)復讐のため狂犬化した闇堕ち元警官。高い戦闘スキル。趣味はマッサージ
  • 2位十朱義孝/とあけ(MIYAVI)東鞘会の若きトップ。インテリヤクザ。高い戦闘力。趣味は美術鑑賞
  • 3位室岡秀喜/むろおか(坂口健太郎)若手ヤクザ組員。制御不能の凶暴なサイコボーイ。兼高と相性98%のバディ
  • 4位吉佐恵美裏/えみり(松岡茉優)土岐の愛人。組の拡大にも貢献する極道の女。象牙に興味あり
  • 5位ルカ(中島亜梨沙)女殺し屋。東鞘会に仕向けられた近接戦のスペシャリスト
  • 6位土岐勉/とき(北村一輝)東鞘会三羽烏。一本筋の通った昔ながらのヤクザで人情に厚い
  • 7位衣笠典子/きぬがさ(大竹しのぶ)マッサージ師。裏の顔は潜入者への情報伝達係
  • 8位熊沢伸雄/くまざわ(吉原光夫)東鞘会三羽烏。会長秘書。趣味はオペラ。高い戦闘能力と歌唱力
  • 9位三神國也/みかみ(金田哲)土岐の部下で東鞘会三次団体三神組のボス。殺し屋集団ヘル・ドッグスの監査役
  • 10位阿内将/あない(酒向芳)警視庁の組織犯罪対策部リーダー。兼高を潜入させる
  • 11位杏南/あんな(木竜麻生)サイコボーイ室岡の幼馴染。犯罪者の遺族のコミュニティに属してる

ネタバレ感想『ヘルドッグス』解説や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。続編前作や関連映画は、戦争/アクション映画一覧もご参考に。

私の評価 ★★★★★77/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

原作は小説?監督や岡田准一等キャストについて

映画『ヘルドッグス』の原作は、深町秋生の警察小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』(2017)です。第20回大藪春彦賞候補作。

監督の原田眞人の、最近の監督作は『関ヶ原』『検察側の罪人』『燃えよ剣』等。

原田眞人の監督作にも多数出演してる主演の岡田准一は、最近は『来る』『ザ・ファブル』『ザファブル 殺さない殺し屋』等に出演。

坂口健太郎は『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』『人魚の眠る家』『仮面病棟』等、松岡茉優は『万引き家族』『蜜蜂と遠雷』『騙し絵の牙』等に最近出演。

映画ヘルドッグス

愛する人を失った事件とは?警察の依頼は潜入捜査?

元警官の出月梧郎(岡田准一)は、養鶏場で働く男を圧倒的な戦闘スキルで殺害。出月が警官時代、想いを寄せたスーパーの若い女性店員が、組織抗争に巻き込まれて射殺されました。その実行犯達に復讐を果たすため、警察を辞職。

そんな出月を捕まえた警視庁組織犯罪対策部の阿内将(酒向芳)は、逮捕する代わりに東鞘会への潜入捜査を命令。出月は兼高昭吾と名前を替え、タイで訓練する戦闘集団「ヘル・ドッグス」に入団し室岡秀喜(坂口健太郎)とバディに。

ヘル・ドッグスは、最高幹部「東鞘会三羽ガラス」の一人・土岐勉(北村一輝)の傭兵/暗殺部隊で、兼高と室岡は戦闘スキルを認められて重要な任務をまかされます。兼高は、土岐の愛人の吉佐恵美裏(松岡茉優)とも関係を持ちます。

兼高が趣味で通う店のマッサージ師の衣笠典子(大竹しのぶ)は警察との連絡係。衣笠は息子を東鞘会に殺害され復讐を果たすため、「東鞘会三羽ガラス」の一人で鼻のない大前田忠治の専属マッサージ師にまで昇りつめました。

以上が序盤あらすじ。冒頭から岡田准一のアクションは素晴らしすぎて以降も期待しかありません。一方、かなり複雑な話なのに、酒向芳などのセリフが全く聞き取れず残念。視聴者は、設定に興味を示さないと思ってるのでしょうか。

音響が悪いのか監督が悪いのかわかりませんが、関係者で試写はしてるだろうから制作陣全体の総意で「アクション」以外の部分に労力を使わなかったのでしょうね。確かに会話が聞き取れない以外は、特に不満ないのですが。

ヘル・ドッグス入団の部分も飛ばして、いきなり兼高と室岡の仲良しバディ訓練からの暗殺実行シーンのスピード感も好感。ヤクザ映画は男だけが強くなりがちだが、組拡大に貢献する愛人、あやしいマーサージ師など女性陣も魅力的

東鞘会の組織構造を整理!潜入捜査の目的は?

関東最大のヤクザ組織「東鞘会」は「東鞘会三羽ガラス」の組長3人、土岐、大前田、熊沢を差しおいて、新参のインテリヤクザ 十朱義孝(MIYAVI)が会長に選出されました。兼高の目的は、十朱の秘密ファイルを盗むこと。

兼高と室岡は、防弾チョッキで銃弾を受けた直後の格闘試験でも勝利し、十朱の専属ボディガードBに昇格。Aはもっと強いらしい。土岐の傭兵部隊ヘル・ドッグス監査役の三神は、兼高の出世に嫉妬を抱いてる様子。

十朱は関西ヤクザのスパイ役として「神戸華岡組」幹部の俵谷と会合を持ち、行きつけのクラブで女性達に裏接待させます。兼高は、ホステスの1人ルカが殺し屋と見抜き、近接格闘に圧倒されながらも室岡と共に倒します。

序盤後半は、東鞘会の複雑な組織構造に困惑。聞き取れないセリフ同様に、組織構造もわかりやすくは説明してくれないため、会話で理解していく必要があります。最近の邦画は説明台詞が多すぎるが、本作はさすがに説明不足。

それでも兼高の目的「十朱の秘密ファイルを盗む」だけ覚えてれば、会長になった十朱との関係性でキャラを把握していけばいいでしょう。特にわかりにくいのが、三神と大前田の立ち位置でしょうか。

アクションとしては、本作最大の見どころの1つとも言える、女殺し屋ルカとの近接格闘シーンが見ごたえあり。女優の中島亜梨沙がどこまで動いたのか不明ですが、スタントとしても撮影も含めて圧倒されたシーンでした。

元警官の素性がバレる?見事なアクション連発!

十朱と三羽ガラスの1人・熊沢は、自白させるためにルカをアジトへ連行するが、拷問しても手ごたえなし。それどころか、ルカに仕掛けられた発信機により、敵対勢力が押しかけ乱戦に。兼高と室岡も奮戦し敵を全滅させるが、熊沢は背後からルカに射殺されます。

東鞘会で秘密裏に熊沢の葬式が行われます。暗殺者の拷問に連れそった十朱(MIYAVI)は、その軽率さを非難されて土岐(北村一輝)に殴られ反省。兼高は会長秘書に昇格兼高に嫉妬する三神は、兼高が元警官と疑い強気で脅迫

兼高とのバディを解消されモヤモヤした室岡は、死刑囚の息子と馬鹿にした三神を痛めつけるつもりが兼高の素性を聞かされ殺害。その部下との格闘戦もギリで勝利するが組に制裁される前に、兼高が逃します。室岡は秘密の隠れ家のピラミッドパワーで傷を回復。

中盤も休むことなく団体銃撃戦で楽しませてくれます。急に登場して誰?と思った幹部の熊沢だが、イタリアかぶれでオペラを歌って歌唱力を発揮したあたりから存在感が出てきたのに、東鞘会幹部で最初の犠牲者になります。

押し寄せた傭兵部隊は、関西の華岡組だと思ったけど、後の阿内のセリフから警察が黒幕だったのでしょうか。何か聞き逃したかもしれません。

室岡の幼なじみの杏南(木竜麻生)や犯罪者遺族のコミュニティのシーンはやや退屈と思ったけど、被害者に送金してる出月吾郎から、兼高の素性がバレていく伏線になってて見事。外で名前を呼ばれるシーンは唐突すぎましたが。

室岡が三神を殺害した流れもわかりづらかったです。兼高の素性を知り「だまされてた失望感」「三神が兼高を落とし入れる」という感情が混ざり「三神を生かしてると兼高が危ない」と救う気持ちもあったと信じたいです。

愛人と会長の正体が衝撃的?秘密ファイルの中身?

東鞘会が熊沢の死で弱体化し、兼高が十朱の秘書に出世したタイミングで、警視庁の阿内は幹部の暗殺を命令。その会合を土岐の愛人・吉佐恵美裏(松岡茉優)に見られるが、彼女の正体は「象牙の売買組織」の抹殺を狙う潜入捜査官

東鞘会三羽ガラスの筆頭・大前田は、マッサージ師の衣笠(大竹しのぶ)が息子の敵討ちとして十字架の仕込み針で殺害。恵美裏は、兼高との浮気を知ってた土岐と乱闘になるが、致死量の毒注射器を刺して土岐の暗殺に成功。

会長秘書の兼高(岡田准一)は、手強いボディガードAの1人を奇襲で銃撃し、もう1人との格闘戦では押されるが、隠してた銃までたどり着いて銃殺。十朱会長は元警官の潜入捜査官だったが、警察に嫌気がさしヤクザに転向したと告白。「ヤクザの闇営業は正義」は伏線だったかも。

秘密ファイルの正体は、警察の腐敗を記録したもので、それで警察をおどして手出しできなくし組織内で会長まで成り上がったと説明。兼高は寝返りを勧められるが、暴力団をうらむ気持ちは変わらず、激戦の末に十朱を殺害

怒涛の終盤は必殺仕事人のような展開で大興奮。マッサージ師の衣笠はいつか復讐に動くと思ってたが、愛人の恵美裏はノーマークだったので驚きました。しかも人間の復讐ではなく、象牙のためという意外性も好み

他にも潜入捜査官がいるとは疑ってたので三神をあやしんだが、十朱こそが闇落ち潜入捜査官だったのも驚き。ヤクザに落ちた理由はさらっと語られたけど、魅力あるキャラなのでもう少し深いストーリーを聞かせてほしかったかも。

岡田准一が子どものように見える屈強なA級ボディガード2人とのギリギリの格闘と倒し方は、肉体戦だけでなく頭脳戦も生かした面白いバトルでした。十朱とのタイマン戦闘は、まさに超人どおしの戦いであっさりだが濃厚。

必然の結末?バディと愛人どちらを選ぶ?

土岐を殺害した愛人・恵美裏は、室岡(坂口健太郎)に捕まり、兼高はどちらを選ぶか聞かれます。兼高は一切の躊躇もなしに室岡を一発の銃弾で仕とめ、恵美裏を救出。

兼高は十朱の極秘ファイルを警視庁の阿内に渡し潜入捜査は終了。マッサージ師の衣笠とは連絡が取れないことから、おそらく報復にあったのでしょう。またはスーツケースが爆弾?なら、手下をマッサージしながら共に自害?

ラストシーンでは、兼高がヘル・ドッグスの組員を一瞬で倒し、三神に目をつけられスカウトされる前の様子が描かれます。兼高に首を取られたサイコパス室岡が満面の笑みでうれしそう。それだけに最後の選択が冷酷に思えます。

ラストの、バディ室岡との決着の行方は、出月が兼高になった経緯とも密接にからみ、韻(いん)さえ踏んでるような素晴らしい演出愛する女性店員を救えなくて狂犬となった出月が、恵美裏を選ぶのは必然です。

兼高が、バディ室岡をどれくらい好きだったかは不明ですが、かたきであるヤクザの一員なので本当の意味での友情は感じてなかったと思います。あくまでもコマの一つとしてのドライなつきあいだったのでしょう。

一方の室岡は、兼高を兄貴や家族のように本当に信頼しきってたように感じるので、心のどこかでは恵美裏より自分を選ぶのでは?という期待も持ってたと思います。それだけに室岡の立場になるとつらい結末でした。

そしてヘル・ドッグスや室岡との出会いシーンを最後に見せるのは見事。死刑囚の息子としてサイコパス化した室岡が、初めて心を許した人物が兼高だったような気がするだけに、結末はより冷酷で残酷に思えてしまい涙しました。

映画『ヘルドッグス』私の感想と評価や続編は?

邦画実写はアクションが下火なので期待薄めに観たのですが、冒頭から15分に1回くらい?はバエリーション豊富なアクションが続き、楽しませる工夫満載で大好物でした。少しミステリ性や意外性もあり、今年の邦画実写ではベスト級

主演の岡田准一は言うまでもなく見事で、現実でも殺し屋してそうな目でふるえました。坂口健太郎は気の弱い役が多い印象だけど、今回のはハマってたので今後が楽しみ。MIYAVI、松岡茉優、北村一輝、大竹しのぶも抜群の演技力。

悪い点は、セリフが聴きづらかったことと、複雑な組織構造が説明不足で理解に時間がかかったこと。特にセリフの聴きづらさは調整すればもっとましになるはずなので、手を抜かないでほしいところ。欠点が少ないだけにもったいない。

全体的なストーリーはヤクザをぶっつぶす話だし、日本とは思えないほど大人数での殺しあいもあるため人を選びそうですが、行儀のいい邦画実写だらけで飽きた人には絶対おすすめ!続編もありそうな予感で期待しかない

続編前作や関連映画は、戦争/アクション映画一覧もご参考に。

『ヘルドッグス』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2022新作126、2021年259本鑑賞。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/本格ミステリ/SFファンタジー/ホラー/アニメ/MCU。135国 海外旅行ブログ。応援コメント@pixiinsで待ってます(^^)
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2022新作126、2021年259本鑑賞。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/ホラー/本格ミステリ/アニメ/MCU
映画ランキングやシリーズ一覧
ホーム 本シリーズ一覧 興収ランキング
検 索
目 次