映画評価ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

MCU全44作順番!マーベル映画シネマティックユニバース評価ランキングや興行収入や予定一覧スタンリーカメオ出演まとめ

MCU全44作順番!マーベル映画シネマティックユニバース評価ランキングや興行収入や予定一覧スタンリーカメオ出演まとめ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の評価ランキングや興行収入や見る順番や優先順位、スタンリーカメオ出演シーン、6つのインフィニティストーン、エンドクレジットのオマケ映像などについてまとめます。全てネタバレありです。評価や興行収入の表で並替えもできます。

スパイダーマンシリーズ、、X-MENシリーズも参考にしてください。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)とは?

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)とは、ディズニーが主導のマーベル映画シリーズです。様々なヒーローが世界観を共有して、例えばアイアンマンスパイダーマンは同じ世界で活躍してるので対決することも可能です。

それら複数のヒーローが夢の共演する集合映画が「アベンジャーズ・シリーズ」です。共闘して地球を救ったり、内輪で対戦したりといろんな楽しみ方が展開されます。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)見る順番と優先度

「アベンジャーズ」以外のヒーロー誕生作品は、基本的に過去作観てなくてもわかるよう作られています。初めて見るなら、下表のアメリカ公開順番に見るのががおすすめです。伏線回収も米公開順番です。1,2作目『アイアンマン』『ハルク』は日本公開順が逆でした。

フェーズとは、マーベル映画に設定された「章」なので気にする必要ないです。フェーズ3までが「インフィニティサーガ」です。フェーズ4以降はディズニーの配信サービス「Disney+」でのドラマ版も含まれるようです。

下表の」は私が選んだ「ストーリー上つながりの強い映画」です。面白い順ではありませんが、忙しい場合に最低限観てほしい映画です。もちろん最大限に楽しみたいなら、全MCU作品を見ることをおすすめします。

※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価=主要レビューサイト100換算平均
公開日
日本
興収入
日本
日本興収
[億円]
興収入
世界
世界興収
[億$]
平均
評価
1映画アイアンマンアイアンマン20089.45.8579
2映画インクレディブル・ハルクインクレディブル・ハルク20085.02.6367
3映画アイアンマン2アイアンマン2201012.06.2371
4映画マイティ・ソーマイティ・ソー20115.04.4970
5映画キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーキャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー20113.13.7071
6映画アベンジャーズアベンジャーズ(フェーズ1終了)201236.115.1878
7映画アイアンマン3アイアンマン3201325.712.1474
8映画マイティ・ソー ダーク・ワールドマイティ・ソー ダーク・ワールド20146.36.4470
9映画キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャーキャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー20147.07.1480
10映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーガーディアンズ・オブ・ギャラクシー201410.77.7380
11映画アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンアベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン201532.114.0574
12映画アントマンアントマン(フェーズ2終了)201512.15.1975
13映画シビル・ウォー キャプテン・アメリカシビル・ウォー キャプテン・アメリカ201626.311.5380
14映画ドクター・ストレンジドクター・ストレンジ201718.76.7775
15映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス201711.48.6380
16映画スパイダーマン ホームカミングスパイダーマン ホームカミング201728.08.8076
17映画マイティ・ソー バトルロイヤルマイティ・ソー バトルロイヤル201711.58.5379
18映画ブラックパンサーブラックパンサー201815.613.4676
19映画アベンジャーズ インフィニティ・ウォーアベンジャーズ インフィニティ・ウォー201837.420.4883
20映画アントマン&ワスプアントマン&ワスプ201813.26.2275
21映画キャプテン・マーベルキャプテン・マーベル201920.311.2871
22映画アベンジャーズ4エンドゲームアベンジャーズ4エンドゲーム201961.127.9785
23映画スパイダーマン ファー・フロム・ホームスパイダーマン ファー・フロム・ホーム(フェーズ3終了)201930.011.3180
24ブラック・ウィドウ(日本公開日2020/5/1)2020---
25ファルコン&ウィンターソルジャー(Dinsey+配信2020秋)---
26エターナルズ ETERNALS(全米公開日2020/11/6)---
27シャン・チー Legend of the TEN RINGS(アジア人ヒーロー。全米公開日2021/2/12)---
28ワンダ ヴィジョン(Dinsey+配信2021春)---
29ドクター・ストレンジ2 The Multiverse of Madness (全米公開日2021/5/7)---
30スパイダーマン3(仮題) (全米公開日2021/7/16)---
31ロキ(エンドゲーム登場バージョン?)(Dinsey+配信2021春)---
32What If...?(Dinsey+配信アニメシリーズ2021夏)---
33ホークアイ(Dinsey+配信2021秋)---
34マイティ・ソー4 Love and Thunder(全米公開日2021/11/5)---
35ブラック・パンサー2(米公開日2022/5/6)---
36シーハルク She Hulk(Dinsey+配信)---
37ミズ・マーベル Ms. Marvel(Dinsey+配信)---
38ムーン・ナイト Moon knight(Dinsey+配信)(フェイズ4終了)---
-ブレイド BLADE(詳細不明)---
-ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVol.3(詳細不明)---
-アントマン3(詳細不明)---
-キャプテン・マーベル2(詳細不明)---
-ファンタステッィク・フォー(詳細不明)---
-ミュータンツ Mutants(詳細不明)---

MCU以外のディズニー映画について

ディズニーは買収などでその作品群を広げていて、現在は下のようなシリーズもディズニー映画の一部です。下以外にも、20世紀フォックスやタッチストーン系が含まれます。

インフィニティウォー

MCUでのインフィニティ・ストーン情報まとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では、宇宙誕生と当時に発生した、6つのインフィニティ・ストーンが存在していて、それらをインフィニティ・ガントレットに装着すると、宇宙全体を支配できるとも言われています。ラスボスのサノスは本気で集めはじめます。

6つのインフィニティ・ストーンの名称・属性・MCU映画内の日本語名などは、以下のとおりです。また、それぞれのインフィニティ・ストーン登場のMCU映画での、時系列によるあつかいについてもまとめました。

ちなみに裏ネタとして、6つのインフィニティ・ストーンの呼称の頭文字をつなげると「THANOS(サノス)」になると言われていますが、ストーンがラスボスの名を示す意味は不明なので、製作陣のお遊びにすぎず、映画内では触れられないのではと思っています。

  • スペース・ストーン(空間。青。四次元キューブ、コズミックキューブ。テッセラクト/Tesseract)
  • ソウル・ストーン(魂。オレンジ。H?)
  • リアリティ・ストーン(現実。赤。エーテル/Aether)
  • タイム・ストーン(時間。緑。アガモットの目。ネックレス?/Neckless)
  • パワー・ストーン(力。紫。オーブ/Orb)
  • マインド・ストーン(精神。黄。ロキの杖/槍。セプター/Scepter)

スペース・ストーン(四次元キューブ)

太古の昔に『マイティ・ソー』のオーディン王が地球に忘れたもの。『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』では、ヒドラのレッドスカルが北欧で手に入れ、兵器として使おうとしたが失敗して、海へ沈みました。

海底の四次元キューブを『アイアンマン』のトニーの父ハワード・スタークと国家機関S.H.I.E.L.D.が回収します。軍研究者のローソン博士がキューブを平和利用のため実験し、キャプテン・マーベルが誕生。猫のグース(フラーケン)が飲みこむが後にはき出しました。

マイティ・ソー』のエンドクレジット後に、セルヴィグ博士が研究を依頼されます。『アベンジャーズ』でロキが四次元キューブの空間属性を利用して、ニューヨーク上空からチタウリ軍団を地球へ侵入させましたが阻止されます。そしてソーがアスガルドへ戻るのに使われ、持ち帰って宝物庫に保管されます。

マイティ・ソー バトルロイヤル』で宝物庫に入ったロキがこっそり持ち去るが『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』でサノスに奪われます。

リアリティ・ストーン(エーテル)

マイティ・ソー ダーク・ワールド』で、ソーの地球人の恋人ジェーンが石と融合してダークエルフにねらわれることになり、無事に分離後はソーの仲間が惑星ノーウェアのコレクターという人物に預けます。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で、コレクターの保管庫がオーブにより爆発するが無事でした。『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』でサノスに奪われます。

パワー・ストーン(オーブ)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で、ピーター・クイルが盗んで、ロナンが奪ってザンダー星の破壊に利用するところを、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーが食い止めました。その後、ノバ軍が厳重保管するが『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』でサノスに奪われます。

マインド・ストーン(ロキの杖/槍)

アベンジャーズ』では、ロキの杖/槍につく宝石として登場して、ホークアイとセルヴィグ博士の精神をコントロールして従えました。その後、国家機関S.H.I.E.L.D.が保管するが、内部のヒドラに奪われます。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』でヒドラが研究してたのを、アベンジャーズが取り返し、トニー・スタークが独断で研究してウルトロンを生み出します。その後、ヴィジョンが生まれ、その額に入ります。『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』でサノスに奪われ、ヴィジョンは破壊されます。

タイム・ストーン(アガモットの目)

ドクター・ストレンジ』で、主人公がカマー・タージの図書館で手に入れて、時間をあやつり、敵を倒す時や破壊された街を戻すのに使いました。アガモットの目は図書館に戻され、その後ドクター・ストレンジがペンダントとして身につけています。『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』でサノスに奪われます。

ソウル・ストーン

頭文字がHだとすれば『ブラックパンサー』のハート型(Heart)のハーブ(Herb)やマイティ・ソー のハンマー(Hammer)の可能性も考えましたが、その正体は『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』で明らかになりました。サノスの娘ガモーラが、惑星ヴォーミアにあることを突き止めていて、サノスが手にしました。魂を司るが、その能力は未だに謎だらけです。

エンドクレジットのおまけ、MCUクロスオーバー、スタンリーのカメオ出演

マーベル・シネマティック・ユニバースでは、最後はアベンジャーズに集約されていきます。そして単体作品の中でも、アベンジャーズや国家機関S.H.I.E.L.D.のキャラがクロスオーバー登場し、関連性をアピールするシーンがたくさんでてきます。

エンドクレジット/エンドロール後も重要です。また、マーベルコミック原作者スタン・リーおじいちゃんが、全作品でカメオ出演してますので、その役柄などをまとめました。

アイアンマン

トニー・スタークの記者会見に、後のS.H.I.E.L.D.のフィル・コールソンが出席し、秘書ペッパー・ポッツと話したり何度か登場します。エンドクレジット後は、S.H.I.E.L.D.長官ニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が登場し、アベンジャーズを思わせる発言をします。

スタン・リーは、パーティーシーンで美女に囲まれて登場し、トニー・スタークと一言だけ話します。アイアンマン1

インクレディブル・ハルク

ブルース・バナー博士の研究は『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』で凍結されたスーパーソルジャー計画です。ハルクが雷にほえるシーンでは、ソーが落ちてきた時か、または戦うことを暗示しているようです。

エンドロール後は『アイアンマン』のトニー・スタークが登場して、チームを編成中だと言います。つまりアベンジャーズのことですね。

スタン・リーは、ブルース・バナーの血液が混じったガラナジュースを飲んで苦しむ老人です。

アイアンマン2

トニー・スタークが新型アーク・リアクターの開発時に、キャプテン・アメリカのヴィブラニウム製シールドが登場します。秘書になるナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)は、S.H.I.E.L.D.のスパイのブラック・ウィドウだとわかります。

ラスト近くでは、S.H.I.E.L.D.のニック・フューリーが登場し、後ろのTVのニュース映像では、ハルクが暴れている場面が映し出されます。S.H.I.E.L.D.のフィル・コールソンは途中で別れを告げますが、その理由がエンドロール後で『マイティ・ソー』のハンマーのムジョルニアの発見によるものだと判明します。

スタン・リーは、トニー・スタークの演説後に出てくる、有名司会者ラリー・キング役です。

マイティ・ソー

S.H.I.E.L.D.のフィル・コールソンが、空から落ちてきたソーのハンマーのムジョルニア用の研究施設を建設して、ジェーンらのワームホールに関する研究資料を没収します。施設にソーが侵入してムジョルニアを持とうとするシーンでは、S.H.I.E.L.D.のホークアイ(ジェレミー・レナー)が弓矢でねらいます。

セルヴィグ博士は『インクレディブル・ハルク』のブルース・バナー博士と知り合いだとわかります。エンドロール後はニック・フューリーがセルヴィグ博士に、四次元キューブ(インフィニティ・ストーン)の解析を依頼しますが、背後にはロキの姿が見えて『アベンジャーズ』へとつながります。

スタン・リーは、ハンマーのムジョルニアを引き抜くため、トラックで引っ張り上げようとする老人役です。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー

アイアンマン』のトニー・スタークの父ハワード・スタークは、スティーブ・ロジャースの友人であり、キャプテン・アメリカの盾やコスチュームを開発します。またロジャースの友人バッキー・バーンズは列車での戦闘で落下して死んだと思われますが『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』で再登場します。

レッド・スカルが手にしたコズミック・キューブ(四次元キューブ)はインフィニティ・ストーンの1つで、『マイティ・ソー』のオーディン王が地球に置き忘れて行ったものです。ラストで海に沈みますが、ハワード・スタークとS.H.I.E.L.D.が回収して、後に『アベンジャーズ』では災厄をまねきます。

スタン・リーは、軍人の中の将軍役でちらりと登場。

アベンジャーズ

冒頭、ロキが出現して、ロキの杖/槍(セプター、インフィニティ・ストーンの1つ)で、ホークアイとセルヴィグ博士をマインドコントロールして、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』『マイティ・ソー』で出てきた四次元キューブを奪います。フィル・コールソンはロキに殺されます。

あやつられたセルヴィグ博士が開発した装置により、四次元キューブを利用してワームホールを作り、宇宙からチタウリ軍団を地球のニューヨーク上へ招きました。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ、ホークアイの活躍により、地球防衛に成功します。

主要人物のエンドクレジット後のオマケ映像で、チタウリのボスがサノスと地球侵略について語ります。またエンドロール後には、アベンジャーズのメンバーが黙々と中近東料理シャワルマを食べるシーンも見れます。

スタン・リーは、ラスト近くでチェス中に、TVニュースのインタビューされる老人役です。アベンジャーズ1

アイアンマン3

アベンジャーズ』での戦いで、宇宙からの脅威から地球を守ることに限界を感じたトニー・スタークは、狂ったようにアイアンマンを強化します。エンドクレジット後、『インクレディブル・ハルク』のブルース・バナー博士に話を聞いてもらってたことがわかります。

スタン・リーは、美人コンテストの水着審査で、満面の笑みで10点を出すおじいちゃん審査員役です。

マイティ・ソー ダーク・ワールド

アベンジャーズ』でのヴィラン(敵役)のロキが、ソーと共闘します。セルヴィグ博士は、インフィニティ・ストーンや宇宙からの侵略者の研究にとりつかれて?変人あつかいされています。

エンドクレジット後のオマケ映像では、本作でジェーンが吸収したエーテル(インフィニティ・ストーンの1つ)を、宇宙のノーウェアにいるコレクターという人物に届けに行きます。

スタン・リーは、精神病棟の患者でセルヴィグ博士に靴を貸したおじいちゃん役です。

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー

S.H.I.E.L.D.のニック・フューリー長官、スティーブ・ロジャース、ブラック・ウィドウは、S.H.I.E.L.D.から追われます。ヴィラン(敵役)のウィンター・ソルジャーの正体は『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』で死んだ友人バッキー・バーンズです。

S.H.I.E.L.D.はヒドラに侵食されていることが判明して、実質崩壊します。ヒドラのインサイト計画の標的として、『アイアンマン』のトニー・スタークや『ドクター・ストレンジ』の名前も出てきます。ロジャースの友人サム・ウィルソンがファルコンとして登場します。

エンドクレジットの途中、ヒドラの施設でバロン・フォン・ストラッカーが 『アベンジャーズ』でS.H.I.E.L.D.が回収したロキの杖/槍を研究してるシーンと、そこにいる男女(スカーレットウィッチと、クイックシルバー)が映し出されます。エンドロール後、ウィンター・ソルジャーがスミソニアン博物館のバッキーの写真を見つめます。

スタン・リーは、キャプテンアメリカが昔のスーツを盗んだ、スミソニアン博物館の警備員のおじいちゃん役です。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ピーター・クイルらは、宇宙のノーウェアのコレクターのもとへ、オーブ(インフィニティ・ストーンの1つ)を売りに行くが大爆発を起こしてしまいます。その後オーブを手に入れたロナンは、上位の存在サノスを裏切って、ザンダー星を滅ぼそうとするが失敗に終わります。

エンドクレジット後のオマケ映像では、犬の宇宙飛行士とハワード・ザ・ダック(アヒルの宇宙人?)とコレクターが登場します。

スタン・リーは、ザンダー人で若い女性を口説いてる?おじいちゃん役です。

アベンジャーズ2 エイジ・オブ・ウルトロン

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』のラストで登場した、ヒドラとストラッカーの研究施設をアベンジャーズが襲撃しますが、スカーレットウィッチとクイックシルバーに苦戦します。国家機関S.H.I.E.L.D.は崩壊して機能していません。

トニー・スタークはロキの杖/槍についたセプター(インフィニティ・ストーンの1つ)を使って、ウルトロンを生み出します。後にヴィジョンが誕生すると、セプターはその額に入ります。終盤、ニック・フューリーがヘリキャリアで駆けつけます。

ウルトロンが金属ヴィブラニウムの取り引きをしたのは、ワカンダ商人ですが、そのワカンダ王とワカンダ王子のブラック・パンサーは『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』で登場します。

ソーは泉に入った時に、サノスが集めようとしてるインフィニティ・ガントレットの存在を知り、それにはめる6つのインフィニティ・ストーンがあることも知ります。エンドクレジット後、サノスはインフィニティ・ガントレットをはめて、インフィニティ・ストーンを集めることを宣言します。

スタン・リーは、アベンジャーズ・タワーでのパーティーで酔い潰れる退役軍人役です。アベンジャーズ2エイジオブウルトロン

アントマン

スコット・ラングにアントマンスーツを譲るハンク・ピム博士は、かつてS.H.I.E.L.D.エージェントとして、初代アントマンになりスパイ活動していました。しかしハワード・スターク(トニーの父)とペギー・カーター(ロジャースが恋してた女性)との意見の違いからS.H.I.E.L.D.をやめました。

アントマンが侵入しようとした『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』後のアベンジャーズの拠点では、ファルコンことサム・ウィルソンがアントマンを攻撃してきます。ラストでルイスが、ファルコンがアントマンとスパイダーマンを探してるみたいなことを言うシーンもあります。

エンドクレジット後のオマケ映像では、ピム博士の妻ジャネットがかつて着ていたワスプの最新スーツを、ピムの娘ホープに渡します。アントマン次回作でのワスプ出演が決定しています。さらにキャプテン・アメリカとファルコンが、バッキーの前で話すシーンがあり、上でルイスが話してた内容につがなります。

スタン・リーは、ベテランっぽいバーテンダーのおじいちゃん役です。

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

これまでのアベンジャーズのヒーローのうち、ソーとハルク以外は全員登場します。アベンジャーズを国連管理下におくという「ソコヴィア協定」を伝えに来た米国務長官サディアス・サンダーボルト・ロスは『インクレディブル・ハルク』の頃から出世しての登場です。

キャプテン・アメリカことロジャースがかつて恋したペギー・カーターは、S.H.I.E.L.D.創設メンバーでもありましたが亡くなります。ロジャースの隣に住んでたエージェント13ことケイトは、本名がシャロン・カーターでペギーの姪であることが判明します。

ソコヴィア協定の署名式で爆破テロが起こり、ワカンダ王ティ・チャカが死亡したため、王子ティ・チャラがブラック・パンサーとしてバッキーと戦闘します。また、トニー・スタークは動画サイトで見つけたスパイダーマンことピーター・パーカーを仲間に引き入れます。

シャロン・カーター(エミリー・ヴァンキャンプ)の上司で、対テロ共同対策本部の副司令官エヴェレット・ロス(マーティン・フリーマン)は今後も関わりそうな雰囲気です。トニー・スタークの両親を殺害したのは、洗脳されてたバッキーだと判明します。

ウォーマシンことジェームズ・"ローディ"・ローズは戦闘中の負傷で下半身不随になったため、アベンジャーズから離脱かもしれません。キャプテン・アメリカはラフト刑務所から、捕らわれてた仲間を救出します。

エンドクレジット後のオマケ映像で、ブラック・パンサーがワカンダ国でキャプテン・アメリカをかくまい、ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズは、いつ洗脳状態になるかわからないため、自ら冷凍睡眠に入ります。ピーター・パーカーはトニーにもらったウェブ・シューターで天井にスパイダー・シグナルを映し出して次作へとつなげます。

スタン・リーは、ラスト近くのフェデックス(FeDex)配達業者のおじいちゃん役です。

ドクター・ストレンジ

時間をあやつれるアガモットの目は、タイム・ストーン(インフィニティ・ストーンの1つ)のようです。エンドクレジット後のオマケ映像では、ソーがストレンジに会いに来て、オーディン(ロキも?)探しを手伝ってほしいといいます。エンドロール後、モルドがパンクボーンから魔法力を奪い取り、次回のヴィラン(敵)になりそうな終わり方です。

スタン・リーは、ドクター・ストレンジが空から落ちてきた時のバスの乗客役です。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

直接的なMCUとのつながりはありませんが、ヨンドゥの仲間だったスタカー・オゴルド(シルベスター・スタローン)や、ソヴリン人のアイーシャが生み出したアダム・ウォーロックや、原作者スタン・リーなどのウォッチャーが今後も出てきそうなことくらい。

スタン・リーは、700回ワープ時とエンドロール後に出てきた、宇宙服着て宇宙人(ウォッチャーズ?)と話してたおじいちゃんです。

スパイダーマン ホームカミング

ピーター・パーカーは『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』でトニー・スタークによりスカウトされ、ウェブ・シューターやハイテクスーツも作ってもらいます。本編でもアイアンマンが登場する場面もあるし、ラストではトニーがペッパー・ポッツに婚約発表した可能性もありそうです。

エンドクレジット途中に登場した、刑務所のマック・ガーガンは原作ではスコーピオン(ヴィラン)で、宇宙寄生生物ヴェノムの寄生先でもあります。

スタン・リーは、スパイダーマンが無実の市民を自動車泥棒と間違えた時に、窓から苦情を言ったおじいちゃんです。

マイティ・ソー バトルロイヤル

ソーとロキが父オーディンを探しに地球へ行った時、ソーは恋人ジェーン(ナタリー・ポートマン)とは別れたと言います。2人は「177A Bleecker St.」(ブリーカー街177A。カンバーバッチ演じるシャーロックのパロディ)へ行き、魔術師ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)にオーディンの居場所へ導いてもらいます。

惑星サカールのグランドマスターの闘技場で、ソーはハルクと戦うことになり、戦闘中に雷神として覚醒します。ラストで惑星アスガルドは破壊され、ソー、ロキ、ハルク、ヴァルキリー等は地球(ミッドガルド)へ宇宙船で向かう途中、巨大建造物にはばまれます。エンドロール後に生きてたグランドマスター(ジェフ・ゴールドブラム)は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でオーブを取り損ねたコレクターの兄だそうです。

スタン・リーは、格闘大会の前にソーの自慢の長髪を切ってショートヘアにした、あらっぽい理髪師のおじいちゃんです。

ブラックパンサー

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』で、父ティ・チャカ王をテロで失くす場面が描かれ、CIAのロス捜査官(マーティン・フリーマン)も登場します。『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』の武器商人ユリシーズ・クロウ(アンディ・サーキス)も再登場します。

スタン・リーは、韓国の釜山の裏カジノで、ロス捜査官にコインを預かろうかと言うおじいちゃんです。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

あらゆるマーベル映画(MCU)のヒーローたちが、ヴィランのサノスやその手下たちと戦います。そして衝撃的なラストを迎えます(ネタバレ詳細はインフィニティ・ウォーのページにて)。ニック・フューリーは消える前に、地球外のキャプテン・マーベルへポケベル発信します。

スタン・リーは、スパイダーマンことピーター・パーカー(トム・ホランド)が乗ってたバス運転手のおじいちゃんです。サノスの部下の宇宙船が、インフィニティストーンをねらって地球に飛来した時、スタンリーはピーターに「宇宙船を見るのは初めてか?」と発言します。アベンジャーズ3インフィニティウォー

アントマン&ワスプ

他のマーベルキャラは登場しませんが、アントマンがシビル・ウォーに参戦したことにより、2年間の自宅軟禁となっています。スコットの発言で「キャプテン・アメリカ」や「アベンジャーズ」が何度か出てきます。エンドロール前のオマケ映像で、ピム、ジャネット、ホープがサノスにより消滅させられ、アントマンは量子世界に残されたままになります。

スタン・リーは、カーチェイス中に自家用車を縮小化されて「60年代にラリってたツケがまわってきたか?」と言うおじいちゃん紳士としてカメオ出演しています。

キャプテン・マーベル

キャプテン・マーベルが落下した地球には、若き日のニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)とフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)がいて共に地球のために戦います。別れ際に、ニックはキャプテン・マーベルから宇宙のどこにいても連絡できるポケベルを渡されます。ニックは地球を守るため、ヒーローを集める「アベンジャーズ計画」を発案します。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』のラストでニックが消える前にポケベル発信します。エンドクレジットのオマケ映像で、生き残ったアベンジャーズの前にキャプテン・マーベルが現れます。

前年に亡くなったスタン・リーのカメオ出演シーンが次々と、冒頭のマーベルのロゴと同時に映し出された後「THANK YOU, STAN」と表示されます。本編では、主人公ヴァースが地下鉄で敵と疑って本を奪った老人がスタンリー本人でした。スタンリーはこの1995年にカメオ出演した『モール・ラッツ』の台本を読んでて、映画のセリフをそのまま口走ります。

アベンジャーズ エンドゲーム』『スパイダーマン ファーフロムホーム』については、公開後しばらくしてから追記します!

MCU(マーベル映画)おすすめランキング

アメリカの(ハリウッドレポーター)が発表してる「歴代マーベル映画おすすめランキング」です。マーベル映画が評価されるたびにランキングも更新されています。

MCU版は属する映画のみ抜き出しています。オレンジ数値は主要レビューサイトの平均評価です。私の評価は含まれてません。

MCUのみマーベル映画ランキング(米紙版)

全マーベル映画ランキング(米紙版)

以上、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)優先順番や興行収入ランキングでした。スパイダーマンシリーズの評価ランキングX-MEN全シリーズ映画ランキングも参考にしてください。

ゆめぴょん プロフィール画像
ゆめぴょん(映画,旅行好き/管理人)
興行収入は毎週更新!2019新作149本。2018年225。謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリー重視。海外旅行135国/TV捨てて10年。誤文報告や他コメントは@pixiins
新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
ゆめぴょん(仮名・管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2019新作149本/2018年225。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/非日常/多幸感/ストーリー/クール演出/MCU/本格ミステリ/ホラー
今話題の映画やランキング
「タイトルとURL」
コピー完了!