ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

X-MENシリーズとデッドプール映画興行収入ランキングや時系列や見る順やカメオ出演

X-MENシリーズとデッドプール映画興行収入ランキングや時系列や見る順やカメオ出演

X-MEN(エックスメン)シリーズ映画の興行収入ランキングや、見る順番や時系列などについての一覧まとめです。『デッドプール』も含めると『LOGAN ローガン』が10作目になりますが、今後もどんどん予定されていますので随時追加更新していきます。ウルヴァリン役を長い間演じてきた、ヒュー・ジャックマンのローガン姿がもう見れなくなるのは残念です。

マーベル・シネマティック・ユニバースのランキングや解説全マーベル映画ランキングMCUのみの映画ランキングもご確認ください!

目次[非表示]

映画名
(クリックでスクロール)
公開年
日本
興収
日本
日本興収
[億円]
興収
世界
世界興収
[億$]
評価
平均
評価
1[旧三部作1]X-メン200018.52.9669
2[旧三部作2]X-MEN2200318.04.0772
3[旧三部作3]X-MEN ファイナル ディシジョン200615.34.5967
4[新三部作1]X-MEN ファースト・ジェネレーション20117.03.5377
5[新三部作2]X-MEN フューチャー&パスト201410.37.4778
6[新三部作3]X-MEN アポカリプス2016-5.4369
7[ローガン三部作1]ウルヴァリン X-MEN ZERO2009-3.7365
8[ローガン三部作2]ウルヴァリン SAMURAI20138.14.1462
9[ローガン三部作3]LOGAN ローガン20176.96.1978
10[その他]デッドプール201620.47.8377
11[その他]デッドプール22018---
12X-MEN ダーク・フェニックス(仮題)2019---
13X-MEN ニューミュータンツ(仮題)2019---
14X-MEN ガンビット(仮題)2019---
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

X-MEN/エックスメン映画の見る順番は?

最初はアメリカでの公開順(上の表の公開順で並替えできます)に観ることをおすすめします。または同じ三部作の中で順番に見れば混乱しないと思います。2度目以降は時系列順番(下に示す)で観ても楽しめそうです。

旧三部作

新三部作

ウルヴァリン/ローガン 三部作

その他スピンオフ

デッドプール

X-MEN/エックスメン時系列順番

メインストーリーが時系列になるよう、並べ替えてみますが、過去を改変して、必ずしも同じ時間軸上の話ではないことを理解してないと混乱します。デッドプールの時系列は不明なので最後にしました。

X-MENクロスオーバー、エンドクレジットのおまけ、スタンリーのカメオ出演

X-MENシリーズでは、ウルヴァリンなどがカメオ出演するクロスオーバーや、エンドクレジット/エンドロール後のおまけ映像なども重要になるので、時系列の作品ごとにまとめてみます。

また、マーベルコミック原作者スタン・リーおじいちゃんが、カメオ出演したものも、その役柄などをまとめていきます。随時追記します。

X-MEN フューチャー&パスト

未来と過去の2時代のミュータント達が集うため、ウルヴァリン、プロフェッサーX、マグニートー、ミスティーク、ストームなどのメインキャラはほぼ出演します。ウルヴァリンは過去編ではまだ骨の爪です。この後の『ウルヴァリン X-MEN ZERO』でウィリアム・ストライカーによってアダマンチウムが移植されます。

トラスクの研究所内やマグニートーの発言により『X-MEN ファースト・ジェネレーション』に登場したミュータントの、バンシー、エンジェル、エマ・フロスト、アザゼルは人体実験で殺されたようです。ラストでは、サイクロップスことスコットとジーンがカメオ出演します。

スタン・リーは出てませんが、ブライアン・シンガー監督がパリ場面でカメラマンとしてカメオ出演しています。エンドクレジット後のオマケ映像では、太古の昔のエジプトでピラミッドを作るエン・サバ・ヌールが登場しますが、これは次作『X-MEN アポカリプス』へとつながります。

ウルヴァリン X-MEN ZERO

ウルヴァリンことローガンの兄ビクターがセイバートゥースとして敵役で登場します。『X-メン』でマグニートーの手下として登場したセイバートゥースは記憶を失ってたのか兄弟の描写はありません。ちなみにローガンは記憶を失っています。

サイクロップスことスコットと、プロフェッサーXことチャールズは、シリーズのメインキャラです。ウィリアム・ストライカー、ダイヤモンド化できるケイラの妹エマ・フロストは、他のシリーズ作にも何度か登場します。

ウェポンXはウルヴァリンですが、ウェポンXI(イレブン)は作中でも戦ったデッドプールです。ただし『デッドプール』とは時間軸が違うため別キャラ(役者は両方ライアン・レイノルズ)です。ちなみにウェポンIは『キャプテン・アメリカ』という設定もあるようです。

スタン・リーのカメオ出演はないようです。エンドクレジット後のオマケ映像では、不死身のウェポンXIの首が出てきますが、これは『デッドプール』への伏線だと思います。

X-MEN アポカリプス

多くのミュータントと人間のモイラが『X-MEN ファースト・ジェネレーション』『X-MEN フューチャー&パスト 過去編』から続けての登場です。中盤にウルヴァリンことローガンが登場して大暴れし、ジーンにより一部記憶を取り戻して『X-メン』へつながります。

ミスティークがナイトクローラーの偽造パスポートを作成するために、キャリバンのもとを訪れます。サイロックはそこの用心棒でしたが、アポカリプスの黙示録の四騎士にスカウトされ、能力を増幅されます。キャリバンは『LOGAN ローガン』でも登場します。

実のスタン・リー夫妻がカメオ出演で、核ミサイルが発射された光景を見上げます。エンドクレジット後に、ウルヴァリンの血液をESSEXの人間が回収して行ったので、『LOGAN ローガン』のローラか『デッドプール』の誕生に使われたのでしょうか。

X-メン(X-MEN1)

シリーズ1作目なので、クロスオーバーなどは考えられていませんが、ウルヴァリン登場シーンは『ウルヴァリン X-MEN ZERO』で記憶を失くし『X-MEN アポカリプス』で大暴れして雪の外へ出ていく場面の続きっぽい雰囲気です。

プロフェッサーXとマグニートーが別れたり、ミスティークがマグニートーのもとへ行く経緯は『X-MEN ファースト・ジェネレーション』で語られます。

スタン・リーは、ミュータント化されたケリー上院議員が海から上がってきてテレビを見ると、その横にいる赤短パンのおじいちゃんとしてカメオ出演しています。エンドロール後のオマケ映像はありません。

X-MEN2

前作『X-メン』に引き続き、主要キャラは総出演していますので、クロスオーバーする要素も少なめですが、ウルヴァリンが探る過去の一部や、デスストライクと戦う場所についても『ウルヴァリン X-MEN ZERO』を見ればわかります。

スタン・リーのカメオ出演と、エンドクレジット後のオマケ映像はないようです。

X-MEN ファイナル デシジョン

X-メン』『X-MEN2』で登場して死んでいないメインキャラはほぼ全員出演しています。メインキャラが勢ぞろいするため、クロスオーバー的なカメオ出演はありません。

スタン・リーは、ジーンの子供時代に生家の近くの芝生で水やりをしてたところ、ジーンの能力でホースの水が上に飛び出して驚くおじいちゃんとしてカメオ出演しています。エンドロール後のオマケ映像では、ジーンに分解されたプロフェッサーXは意識を、序盤の授業で出てきた病院の患者(おそらくプロフェッサーXの植物状態の兄弟)に移して、モイラの前で目を覚まします。

ウルヴァリン SAMURAI

ローガンが原爆投下時の長崎にいた話は『ウルヴァリン X-MEN ZERO』の序盤で太平洋戦争に従軍していた時期のものです。再び日本へ行くのは『X-MEN ファイナルディシジョン』でジーンを殺した後なので、ジーンの幻や夢をよく見ます。それ以外はほぼ独立した物語です。

スタン・リーのカメオ出演はないようです。エンドクレジット後のオマケ映像では、本作から2年後の空港で、マグニートーことエリックと、復活したプロフェッサーXことチャールズが空港のウルヴァリンの前に現れて、その十数年後の『X-MEN フューチャー&パスト』未来編へと続きます。

LOGAN ローガン

過去のミュータントは、ウルヴァリンことローガン、プロフェッサーXことチャールズ、『X-MEN アポカリプス』でも登場したキャリバンの3人しか生き残っていない世界です。

スタン・リーのカメオ出演と、エンドクレジット後のオマケ映像はないようです。

デッドプール

デッドプールことウェイド・ウィルソンは、演じるライアン・レイノルズもそのままで『ウルヴァリン X-MEN ZERO』にもウェポンXIとして登場しますが、本作は時間軸が違ってるため、ウルヴァリンとは戦いません。コロッサスも『X-MEN フューチャー&パスト』に登場しますが、時間軸が違うため別人だと思った方がいいです。

デッドプールは何度も、X-MENシリーズ、アベンジャーズ、ウルヴァリンことローガン、グリーン・ランタンなどをネタにします。恵まれし子らの学園にも行きますが、予算の都合で有名キャラが出演しないこともネタにします。プロフェッサーX役は誰だとか、ローガンのお面が特に笑えます。

スタン・リーは、ヴァネッサが通うストリップバーのDJ役でカメオ出演します。エンドクレジット後のオマケ映像は「まだ居たのか。帰りなよ。サミュエル・L・ジャクソンは出ないよ」さらにエンドロール後に「続編ではケーブルが出るよ。ドルフ・ラングレンかメル・ギブソンの可能性もあるな。ゴミは残すなよ」

X-MEN/エックスメン 三部作単位での順番

[旧三部作1]X-メン

X-メン
  • 平均評価 ★★★★★69/100
  • 私の評価 ★★★★★57
  • 日本興行収入 18.5億円
  • 世界興行収入 2.9億US$
  • 日本公開 2000.10.7
  • 上映時間 104分 予告

X-MENシリーズ旧3部作1弾。ローガンは記憶をなくしてさまよい、少女ローグと出会うが何者かにおそわれる。そこをサイクロップスらに救われ、プロフェッサーXの学園へ運ばれ、ジーンの治療をうける。学園のX-MENらは人間に危害を加えようとするマグニートーを阻止しようとするが...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
X-Men
製作国
アメリカ(2000.7.14公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 75,000,000(約83億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、Marvel、ザ・ドナーズ・カンパニー、バッド・ハリー・プロダクション
映画監督
ブライアン・シンガー
キャスト/出演者
ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン、ジェームズ・マースデン

詳細ネタバレ感想『X-メン』皆の評価やあらすじ ⇒

[旧三部作2]X-MEN2

X-MEN2
  • 平均評価 ★★★★★72/100
  • 私の評価 ★★★★★70
  • 日本興行収入 18.0億円
  • 世界興行収入 4.0億US$
  • 日本公開 2003.5.3
  • 上映時間 136分 予告

X-MENシリーズ旧3部作2弾。前作の戦いからまもなく、瞬間移動できるナイトクローラーがホワイトハウスで大統領暗殺を企て、アメリカ政府はストライカーに、プロフェッサーXの学園のミュータントを一斉摘発させようとする。一方、プロフェッサーXは投獄されたマグニートーに会いに行くが...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
X2 X-Men United
製作国
アメリカ(2003.5.2公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 110,000,000(約121億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、Marvel、ザ・ドナーズ・カンパニー、バッド・ハリー・プロダクション
映画監督
ブライアン・シンガー
キャスト/出演者
ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、イアン・マッケラン、ハル・ベリー、ファムケ・ヤンセン

詳細ネタバレ感想『X-MEN2』皆の評価やあらすじ ⇒

[旧三部作3]X-MEN ファイナル ディシジョン

X-MEN ファイナル ディシジョン
  • 平均評価 ★★★★★67/100
  • 私の評価 ★★★★★67
  • 日本興行収入 15.3億円
  • 世界興行収入 4.5億US$
  • 日本公開 2006.9.9
  • 上映時間 104分 予告

X-MENシリーズ旧3部作完結。ある科学者が翼の生えた息子を人間に戻すため、新薬キュアを開発。やがて銃などでもキュアが使われ、ミュータントと人間の戦いが激化する。そこにプロフェッサーXのX-MENと、マグニートーのブラザーフッドの思惑もからみ、激突の時がおとずれるのだが...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
X-Men The Last Stand
製作国
アメリカ(2006.5.26公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 210,000,000(約231億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、Marvel
映画監督
ブレット・ラトナー
キャスト/出演者
ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン、アンナ・パキン

詳細ネタバレ感想『X-MEN ファイナル ディシジョン』皆の評価やあらすじ ⇒

[新三部作1]X-MEN ファースト・ジェネレーション

X-MEN ファースト・ジェネレーション
  • 平均評価 ★★★★★77/100
  • 私の評価 ★★★★★76
  • 日本興行収入 7.0億円
  • 世界興行収入 3.5億US$
  • 日本公開 2011.6.11
  • 上映時間 131分 予告

X-MENシリーズ新3部作1弾。チャールズは少年時代に侵入してきた少女レイヴンとともに暮らし、大学でミュータント研究をする。一方、エリックは少年時代にナチスの強制収容所で母親を目の前で殺され復讐を誓う。やがて2人はCIAの依頼でミュータントを集めるが、考えに違いが生じて...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
X-Men First Class
製作国
アメリカ(2011.6.3公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 160,000,000(約176億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、20th Century Fox、Marvel Studios、デューン・エンターテインメント、ザ・ドナーズ・カンパニー、バッド・ハット・ハリー・プロダクションズ
映画監督
マシュー・ボーン
キャスト/出演者
ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー、ケビン・ベーコン、ローズ・バーン、ジャニュアリー・ジョーンズ、ジェニファー・ローレンス

詳細ネタバレ感想『X-MEN ファースト・ジェネレーション』皆の評価やあらすじ ⇒

[新三部作2]X-MEN フューチャー&パスト

X-MEN フューチャー&パスト
  • 平均評価 ★★★★★78/100
  • 私の評価 ★★★★★76
  • 日本興行収入 10.3億円
  • 世界興行収入 7.4億US$
  • 日本公開 2014.5.30
  • 上映時間 131分 予告

X-MENシリーズ新3部作2弾。近未来、ミュータントはセンチネルによって滅亡寸前。ウルヴァリンは、キティの能力で精神を過去に送り、センチネル創造のきっかけとなるミスティークを止めようとする。それにはプロフェッサーXとマグニートーの協力も不可欠となるが...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
X-Men Days of Future Past
製作国
アメリカ、イギリス(2014.5.23公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 200,000,000(約220億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、Marvel、ザ・ドナーズ・カンパニー、デューン・エンターテインメント
映画監督
ブライアン・シンガー
キャスト/出演者
ヒュー・ジャックマン、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、ハル・ベリー

詳細ネタバレ感想『X-MEN フューチャー&パスト』皆の評価やあらすじ ⇒

[新三部作3]X-MEN アポカリプス

X-MEN アポカリプス

X-MENシリーズ新章3作目。紀元前3600年、神のごとく人間を支配していたアポカリプスは裏切られ封印された。1983年、彼が目覚めて、4ミュータントを従えて世界の破滅を計画。スコット、ジーン、ミスティークらは立ち向かうが、プロフェッサーXが連れ去られてしまい...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
X-Men Apocalypse
製作国
アメリカ(2016.5.27公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 178,000,000(約196億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、バッド・ハット・ハリープロダクション、キンバーグ・ジャンル、ザ・ドナーズ・カンパニー、マーベル・エンターテインメント、ハッチ・パーカープロダクション
映画監督
ブライアン・シンガー
キャスト/出演者
ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック、ニコラス・ホルト

詳細ネタバレ感想『X-MEN アポカリプス』皆の評価やあらすじ ⇒

[ローガン三部作1]ウルヴァリン X-MEN ZERO

ウルヴァリン X-MEN ZERO

X-MENシリーズ外伝3部作の第1弾。少年ジェームズは父親殺害を目撃したショックで、ミュータント能力を覚醒。その後、兄ビクターとともに数々の戦場を生きのびる。そんな2人の前に、ストライカーが現れ、ミュータントチームを結成。しかし非人道な任務に疑問を持ち、ジェームズは1人脱退するのだが...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
X-Men Origins Wolverine
製作国
アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア(2009.5.1公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 150,000,000(約165億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、20th Century Fox、マーベル・エンターテインメント、ザ・ドナーズ・カンパニー、シード・プロダクションズ
映画監督
ギャビン・フッド
キャスト/出演者
ヒュー・ジャックマン、リーブ・シュレイバー、ダニー・ヒューストン、ウィル・アイ・アム、リン・コリンズ

詳細ネタバレ感想『ウルヴァリン X-MEN ZERO』皆の評価やあらすじ ⇒

[ローガン三部作2]ウルヴァリン SAMURAI

ウルヴァリン SAMURAI
  • 平均評価 ★★★★★62/100
  • 私の評価 ★★★★★60
  • 日本興行収入 8.1億円
  • 世界興行収入 4.1億US$
  • 日本公開 2013.9.13
  • 上映時間 125分 予告

X-MENシリーズ外伝3部作の第2弾。カギ爪と治癒能力を持つミュータント、ウルヴァリンことローガンは、かつて知り合った日本の実業家・矢志田から呼ばれ、日本へ向かう。そこで矢志田の孫娘マリコにひかれる。しかしある陰謀により、治癒能力を失ってしまい...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
The Wolverine
製作国
アメリカ、オーストラリア(2013.7.26公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 120,000,000(約132億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、Marvel Entertainment、シード・プロダクションズ
映画監督
ジェームズ・マンゴールド
キャスト/出演者
ヒュー・ジャックマン、福島リラ、ウィル・ユン・リー、ファムケ・ヤンセン、ハル・ヤマノウチ

詳細ネタバレ感想『ウルヴァリン SAMURAI』皆の評価やあらすじ ⇒

[ローガン三部作3]LOGAN ローガン

LOGAN ローガン
  • 平均評価 ★★★★★78/100
  • 私の評価 ★★★★★62
  • 日本興行収入 6.9億円
  • 世界興行収入 6.1億US$
  • 日本公開 2017.6.1
  • 上映時間 137分 予告

X-MENシリーズ外伝。2029年、過去25年間は新ミュータントは発見されていない。かつてX-MENの一員だったウルヴァリンことローガンは、治癒能力が衰えて老いも進行して、老いたチャールズの世話をしている。ある日、ローラという名の11歳の少女が現れ行動を共にするが...(ネタバレあらすじ⇒)

DVD/ブルーレイ レンタル開始日,発売日
2017.10.18(販売中
原題/英題
LOGAN
製作国
アメリカ(2017.3.3公開)
映倫区分
日本: R15+、USA: R
製作費
約US$ 97,000,000(約107億円)
配給/製作
(C)20世紀フォックス、マーベル・エンターテインメント、TSGエンターテインメント、キンバーグ・ジャンル、ザ・ドナーズ・カンパニー
映画監督
ジェームズ・マンゴールド
キャスト/出演者
ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、ボイド・ホルブルック、スティーヴン・マーチャント、リチャード・E・グラント、ダフネ・キーン

詳細ネタバレ感想『LOGAN ローガン』皆の評価やあらすじ ⇒

[その他]デッドプール

デッドプール
  • 平均評価 ★★★★★77/100
  • 私の評価 ★★★★★81
  • 日本興行収入 20.4億円
  • 世界興行収入 7.8億US$
  • 日本公開 2016.6.1
  • 上映時間 108分 予告

X-MENシリーズ外伝。元傭兵ウェイドは、ヴァネッサと結婚を決意するが、末期がんだと診断される。そんな時、謎の男の誘いでがんも治せる人体実験をうけて、不死身に近い能力を得る。しかし醜い姿になったため、デッドプールとして組織へ復讐を開始するのだが...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Deadpool
製作国
アメリカ(2016.2.12公開)
映倫区分
日本: R15+、USA: R
製作費
約US$ 58,000,000(約64億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、Marvel、ザ・ドナーズ・カンパニー
映画監督
ティム・ミラー
キャスト/出演者
ライアン・レイノルズ、モリーナ・バッカリン、エド・スクレイン、T・J・ミラー、ジーナ・カラーノ

詳細ネタバレ感想『デッドプール』皆の評価やあらすじ ⇒

以上、X-MEN/エックスメンの興行収入ランキングや時系列や見る順番などについてでした。

マーベル・シネマティック・ユニバースのランキングや解説全マーベル映画ランキングMCUのみの映画ランキングもご確認ください!

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周で世界遺産595訪問後、映画に再ハマり。家視含め3年で1500本。新作映画は、2017年 181本、2018年 42本
今話題の映画やランキング