ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧や見る順番(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバースと、それ以外のDCコミックス映画の興行収入ランキングと、主要レビューサイトの平均評価一覧などについてのまとめです。劇場長編実写映画のみのランキングです。

目次[非表示]

映画名
(クリックでスクロール)
公開年
日本
興収
日本
日本興収
[億円]
興収
世界
世界興収
[億$]
評価
平均
評価
1マン・オブ・スティール20139.76.6868
2バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生201618.68.7364
3スーサイド・スクワッド201617.67.4661
4ワンダーウーマン201713.48.2175
5ジャスティス・リーグ201711.06.5769
6アクアマン Aquaman (米2018/12_日2019/2)2019---
7シャザム Shazam! (米2019/4/5)2019---
8ワンダーウーマン2 続編 1984(米2020/6)2020---
9バーズ・オブ・プレイ Birds of Prey(米2020/2/7。仮題)2020---
10サイボーグ Cyborg (米2020/4)2020---
11グリーンランタン コー Green Lantern Corps(米2020/7)2020---
12ザ・フラッシュ The Flash(米2021)2021---
13ザ・ジョーカー(仮題。詳細未定)----
--バットマン ビギンズ200514.13.7476
--ダークナイト200816.110.0488
--ダークナイト・ライジング201219.710.8480
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

DCエクステンデッド・ユニバースの公開順や見る順番

アメリカでの公開順に見れば問題ありません。情報を順次追加していきます。下のダークナイト三部作はユニバースとは無関係ですが、高評価のDCコミックス映画なので参考のため掲載します。

[1作目]マン・オブ・スティール

マン・オブ・スティール
  • 平均評価 ★★★★★68/100
  • 私の評価 ★★★★★64
  • 日本興行収入 9.7億円
  • 世界興行収入 6.6億US$
  • 日本公開 2013.8.30
  • 上映時間 143分 予告

DCエクステンデッド・ユニバース第1弾。科学者ジョー=エルは惑星クリプトンが崩壊の危機だとうったえてきたが改善はされず、我が子のみを地球へ送り出す。その子はケント夫妻に育てられるが、超人的な力に悩む。一方、クリプトン崩壊前に追放されたゾット将軍が地球にせまって来て...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Man of Steel
製作国
アメリカ(2013.6.14公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 225,000,000(約248億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、Legendary Pictures、Syncopy Films、DCコミック
映画監督
ザック・スナイダー
キャスト/出演者
ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケル・シャノン、ケビン・コスナー、ダイアン・レイン

詳細ネタバレ感想『マン・オブ・スティール』皆の評価やあらすじ ⇒

[2作目]バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
  • 平均評価 ★★★★★64/100
  • 私の評価 ★★★★★65
  • 日本興行収入 18.6億円
  • 世界興行収入 8.7億US$
  • 日本公開 2016.3.25
  • 上映時間 152分 予告

DCエクステンデッド・ユニバース第2弾。ブルース・ウェインは、両親を殺されたのを目撃して犯罪を許せなくなり、バットマンとして町を守る。一方、スーパーマンも超人的能力を人類のために使っていたが、その強大な力を人々からおそれられるようになり、バットマンと衝突することに。さらに大きな悪や、謎の女性まで現れて...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Batman v Superman: Dawn of Justice
製作国
アメリカ(2016.3.25公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 250,000,000(約275億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、ラットパック・デューンエンターテインメント、アトラスエンターテイメント、クルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズ、DCエンターテインメント
映画監督
ザック・スナイダー
キャスト/出演者
ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、エイミー・アダムス、ジェシー・アイゼンバーグ、ガル・ガドット、ダイアン・レイン

詳細ネタバレ感想『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』皆の評価やあらすじ ⇒

[3作目]スーサイド・スクワッド

スーサイド・スクワッド
  • 平均評価 ★★★★★61/100
  • 私の評価 ★★★★★58
  • 日本興行収入 17.6億円
  • 世界興行収入 7.4億US$
  • 日本公開 2016.9.10
  • 上映時間 123分 予告

DCエクステンデッド・ユニバース第3弾。アカデミー賞受賞作。バットマンなどのヒーローたちに投獄された悪役(ヴィラン)を集めて、スーサイド・スクワッド(自殺部隊)を結成し、減刑などを条件に危険なミッションに向かわせる。一方でジョーカーや強大な敵も現れて、世界の未来を左右する戦いを悪役たちにゆだねるのだが...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Suicide Squad
製作国
アメリカ(2016.8.5公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 175,000,000(約193億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、DCエンターテインメント、ラットパック・エンターテインメント、アトラス・エンターテインメント
映画監督
デビッド・エアー
キャスト/出演者
ウィル・スミス、ジャレッド・レト、マーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ビオラ・デイビス

詳細ネタバレ感想『スーサイド・スクワッド』皆の評価やあらすじ ⇒

[4作目]ワンダーウーマン

ワンダーウーマン
  • 平均評価 ★★★★★75/100
  • 私の評価 ★★★★★67
  • 日本興行収入 13.4億円
  • 世界興行収入 8.2億US$
  • 日本公開 2017.8.25
  • 上映時間 141分 予告

DCエクステンデッド・ユニバース第4弾。女性だけのパラダイス島で育ったアマゾン族の王女ダイアナは、母妹で将軍のアンティオペに鍛えられ戦士に成長。ある日、スティーブ・トレバーやドイツ軍がやって来たことにより、多くの人が巻き込まれる戦争を終わらせるため、ダイアナは初めて外の世界へ出るのだが...(ネタバレあらすじ⇒)

DVD/ブルーレイ レンタル開始日,発売日
2017.12.2(発売中
原題/英題
Wonder Woman
製作国
アメリカ(2017.6.2公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 149,000,000(約164億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、DCフィルムズ、ラットパック・エンターテインメント、アトラスエンターテイメント、クルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズ、テンセント・ピクチャーズ、ワンダ・メディア
映画監督
パティ・ジェンキンス
キャスト/出演者
ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デビッド・シューリス

詳細ネタバレ感想『ワンダーウーマン』皆の評価やあらすじ ⇒

[5作目]ジャスティス・リーグ

ジャスティス・リーグ
  • 平均評価 ★★★★★69/100
  • 私の評価 ★★★★★65
  • 日本興行収入 11.0億円
  • 世界興行収入 6.5億US$
  • 日本公開 2017.11.23
  • 上映時間 120分 予告

DCエクステンデッド・ユニバース。『バットマン vs スーパーマン』で地球を守ったスーパーマン亡き後、犯罪者が増え、恐怖を糧とするパラデーモンも現れ、ステッペンウルフは何かを奪いはじめる。バットマンことブルース・ウェインは超人同盟ジャスティスリーグ結成の必要性を感じて集めるのだが...(ネタバレあらすじ⇒)

DVD/ブルーレイ レンタル開始日,発売日
2018.3.21(発売中
原題/英題
Justice League
製作国
アメリカ(2017.11.17公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、ラットパック・エンターテインメント、アトラスエンターテインメント、クルエル・アンド・アンユージュアル・フィルムズ、DCエンターテインメント
映画監督
ザック・スナイダー
キャスト/出演者
ベン・アフレック、ヘンリー・カヴィル、ガル・ガドット、エズラ・ミラー、エイミー・アダムス、ジェイソン・モモア、レイ・フィッシャー

詳細ネタバレ感想『ジャスティス・リーグ』皆の評価やあらすじ ⇒

[ダークナイト1作目]バットマン ビギンズ

バットマン ビギンズ
  • 平均評価 ★★★★★76/100
  • 私の評価 ★★★★★70
  • 日本興行収入 14.1億円
  • 世界興行収入 3.7億US$
  • 日本公開 2005.6.18
  • 上映時間 140分

DCコミックスのダークナイト3部作の第1弾。ブルース・ウェインは、ゴッサム・シティの大富豪である両親を目の前で殺された経験から、悪を倒す方法を探す旅に出る。そこでデュカードや、影の同盟のグールなどから修行を受け、ゴッサムへ戻ると執事アルフレッドと共にバットマンとして悪と戦うのだが...

原題/英題
Batman Begins
製作国
アメリカ(2005.6.15公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 150,000,000(約165億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、Syncopy Films、Legendary Pictures
映画監督
クリストファー・ノーラン
キャスト/出演者
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、ケイティ・ホームズ、ゲイリー・オールドマン
レビューサイト平均評価 ★★★★★76/100換算

掲載2005年映画興行収入ランキング(世界)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[ダークナイト2作目]ダークナイト

ダークナイト
  • 平均評価 ★★★★★88/100
  • 私の評価 ★★★★★93
  • 日本興行収入 16.1億円
  • 世界興行収入 10.0億US$
  • 日本公開 2008.8.9
  • 上映時間 152分 予告

DCコミックスのダークナイト3部作の第2弾。『バットマン ビギンズ』の続編。ジョーカー役のヒース・レジャーが死後、アカデミー賞で助演男優賞受賞。ブルース・ウェインはバットマンとしてゴッサム・シティの悪と戦い、ゴードン警部補やハービー・デント検事と協力してマフィアを追いつめるが、史上最悪の犯罪者ジョーカーが現れ...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
The Dark Knight
製作国
アメリカ、イギリス(2008.7.18公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 185,000,000(約204億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、Legendary Pictures、Syncopy Films
映画監督
クリストファー・ノーラン
キャスト/出演者
クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マイケル・ケイン、マギー・ギレンホール

詳細ネタバレ感想『ダークナイト』皆の評価やあらすじ ⇒

[ダークナイト3作目]ダークナイト・ライジング

ダークナイト・ライジング
  • 平均評価 ★★★★★80/100
  • 私の評価 ★★★★★76
  • 日本興行収入 19.7億円
  • 世界興行収入 10.8億US$
  • 日本公開 2012.7.28
  • 上映時間 165分 予告

DCコミックスのダークナイト3部作の第3弾。『ダークナイト』の続編。ジョーカー事件の8年後、ゴッサムシティは英雄ハービー・デントが伝えた希望とデント法により平和になりつつある。しかし地下では傭兵ベインが何かをたくらみ、ウェイン産業乗っ取り、キャットウーマン登場もからんで、再び街にバットマンが必要となるのだが...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
The Dark Knight Rises
製作国
アメリカ(2012.7.20公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 250,000,000(約275億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、Syncopy Films、Legendary Pictures
映画監督
クリストファー・ノーラン
キャスト/出演者
クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、モーガン・フリーマン

詳細ネタバレ感想『ダークナイト・ライジング』皆の評価やあらすじ ⇒

以上、DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧などについてでした。

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり。家視聴含め3年半で1800本。新作は2017年190本、2018年70本
今話題の映画やランキング