映画評価ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』評価は?感想ネタバレ

映画 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
タイトル/邦題 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
日本公開 2009.6.27 [予告↓]上映時間 108分
映画監督庵野秀明、摩砂雪、鶴巻和哉
キャスト
出演者
緒方恵美、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃
配給/製作(C)クロックワークス、カラー/カラー
日本興行収入40.0億円
世界興行収入0.4億US$(約45億円)
参考Wiki世界興行収入
平均評価★★★★★80私の評価★★★★★85
値段を調べる ムビチケAmazon楽天Yahoo

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』あらすじ(ネタバレなし)

人気シリーズの新劇場版、4部作の第2作目。碇シンジは父ゲンドウとともに、亡き母ユイの墓参りに行く。葛城ミサトの車での帰り道、第7使徒を難なく撃破するエヴァンゲリオン2号機を目撃。その搭乗者アスカは、シンジと同じく、ミサトの家で同居することなる。ある日、ゲンド..(ネタバレあらすじ↓)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』予告動画

ネタバレ感想『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。映画 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

★★★★★ 85点/100(60が平均)

前作の「序」は、ほぼ旧作のTV版をなぞっていたが、今作からは少しづつ、新劇場版としてのオリジナル部分が入ってきています。話の整合性や突っ込みどころは、あいかわらず多いけど、演出のかっこよさは期待を裏切りません。

冒頭から、アスカや新キャラのマリが使徒を倒すシーンは、導入のうまさを感じさせられます。中盤は人間関係が「ポカポカする」場面がいくつもあります。

本作の「おすすめな見方」は、アスカとレイ、それぞれの心の動き・言動の変化を追いながら見ることです。

アスカは最初1人で使徒を倒して、ドヤ顔。次に仲間と倒して、最後はまた1人で。しかし「1人」であることの意味が違ってきています。

レイは最初は、ゲンドウに対してしか興味なかったようだけど、少しづつシンジや周囲の人々への言動が変わってきます。

そしてラストにかけては、人によっては泣ける展開もいくつかあるので、それらは実際にみてください!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』含む映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
ゆめぴょん(仮名・管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2019新作96本/2018年215。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/非日常/多幸感/複雑ストーリー/クール演出/MCU/本格ミステリ/ホラー
今話題の映画やランキング