ピクシーンPick Scene映画ランキング/興行収入/評価まとめ/ネタバレあらすじ感想

ネタバレ『ハリーポッターとアズカバンの囚人』あらすじ感想や評価まとめ/罪なき動物を救え!脱走犯と守護霊と時間

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 平均評価 ★★★★★78/100
  • 日本興行収入 135.0億円
  • 世界興行収入 7.9億US$
  • 日本公開 2004.6.26
  • 上映時間 142分 予告

『ハリーポッターとアズカバンの囚人』あらすじ(ネタバレなし)

ハリーポッターシリーズ3作目。ホグワーツ魔法魔術学校の3年生になるハリーは、両親を死に追いやったアズカバンの囚人シリウス・ブラックが脱走してハリーを探しに来ると知る。一方、新教師のルーピンはハリーの両親の友人だったと言う。ハグリッドの授業ではヒッポグリフがマルフォイを負傷させ大ごとになってしまい...(ネタバレあらすじ↓)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の予告動画

映画『ハリーポッターとアズカバンの囚人』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
製作国
アメリカ、イギリス(2004.5.31公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG
映画監督
アルフォンソ・キュアロン
キャスト/出演者
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マイケル・ガンボン、ロビー・コルトレーン、ゲイリー・オールドマン、ティモシー・スポール、デヴィッド・シューリス、アラン・リックマン、マギー・スミス
製作費
約US$ 130,000,000(約143億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、Heyday Films、1492 Pictures
レビューサイト平均評価 ★★★★★78/100換算

この先はネタバレのあらすじや感想なので注意です。関連映画はハリーポッターシリーズ一覧などでさがしてみてくださいね。

ネタバレあらすじや感想『ハリーポッターとアズカバンの囚人』考察・評価・レビュー

★★★★★ 85点/100(60が平均)

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ感想や考察

ハリーポッターシリーズ3作目にして、魔法ファンタジーとしてはこれ以上ないくらいの傑作だと思っています。もはや世界観やキャラの説明はなくてもわかるので、序盤からかなり情報量が多いため見逃せません。あいかわらずダーズリー家でのいじめられシーンは長すぎると感じますが。

今回はついにハリーの家出から始まりますが、これすらも終盤で一緒に住みたいと言ってくれる存在の出現による伏線になっています。家出して途方に暮れるハリーが草むらで見た黒い犬グリムはシリウス・ブラックだったのでしょう。ホグワーツ特急でのディメンターやルーペン先生との出会いも劇的です。

授業中にハーマイオニーが何度も急に現れるのでさすがに何かの伏線だと気づきます。ヒッポグリフ、マネ妖怪ボガート、ルーピン先生は月が恐い、動物もどきと人狼の違い、ディメンターに近づくと凍結すること、立入禁止の叫びの屋敷、忍びの地図とピーターの足跡、ロンのスキャパーズなどネタだらけです。

これらや他にもある多数の伏線やネタをラストで一気に回収していく流れは、ハリーポッターシリーズの中でも最も成功してると感じます。一方で、透明マント、逆転時計は万能すぎるアイテムだと感じるので、今後それらを使わないと矛盾が生じそうな気もします。

例えば今回でも、透明マントを使えば簡単にヒッポグリフを逃がせたはずですし、逆転時計を使えば逃げたピーター・ペティグリューも捕まえることができるどころか、ねずみのスキャパーズの時に捕獲できそうです。あと、動物もどきを教師すら見抜けないのは不思議ですが、人狼は見抜かれるのですかね。

前作『ハリー・ポッターと秘密の部屋』では、ラストのキーとなる人物を二転三転させてわからなく演出し、さらにその正体があっと驚く人物だったのですが、今回も負けず劣らずラストのどんでん返しは凄まじかったです。ただ、キー人物のシリウス・ブラックは序盤の草むら以外では出ませんでした。

ねずみのスキャパーズがピーターの変身だと、ダンブルドアさえ気づかないのは無能すぎる気がしますが、せめて校内に入る動物は調べるべきだと思います。思えば1作目のトロール、2作目の大蛇や大蜘蛛など、ホグワーツのセキュリティ体制を厳格にすれば防げたことだらけですが、そういう自由な校風なのでしょう。

ハーマイオニーの逆転時計の使い方には本当びっくりで、同じ時間の複数授業を受けるために使ってたんですね。勉強マニアぶりにも驚きますが、頭が痛くならいのがすごいです。本作では彼女のマルフォイへのパンチや、ロンの手を握ったり、3人で驚いた時にハリーではなくロンに抱きつく場面がかわいすぎます。

ハリーと一緒にヒッポグリフに乗って空飛ぶシーンでも恐がって女の子っぽいです。かぼちゃで隠れてる時に後ろにいる自分を見たのでしょうか?見ても逆転時計のことを知ってるので黙ったのでしょうね。ロンのいたぶられシーンも健在です。今回は特にこの3人が中心で、他の生徒や教師は付録的存在です。

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』おすすめ11ポイント

  • 人気ファンタジーシリーズ3作目
  • 前半の授業シーンは伏線だらけ
  • 後半は驚きと伏線回収の連続
  • ヒッポグリフがかわいい
  • 勉強マニアのハーマイオニー
  • ハーマイオニーのパンチ
  • ハリーがスネイプをふっ飛ばす
  • 終盤は意表つく展開がつづく
  • ラストはどんでん返しの連続
  • ファイアーボルトで次回楽しみ
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』少し残念9ポイント

  • ホグワーツ教師陣は鈍感で無能すぎ
  • ホグワーツは侵入し放題
  • ヒッポグリフへの決定が厳しすぎる
  • スネイプは勘いいのにいつも後手
  • 動物への変身は誰も見破れないの?
  • シリウスらはピーターを放置しすぎ
  • ルーピンは満月夜なら気をつけなよ
  • 逆転時計が万能すぎる
  • 死んだフェレットの出どころは?

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレあらすじや解説

新学期前の夏休み、ロンドンのダーズリー家で肩身狭く暮らすハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)は、来客マージおばさんが両親の悪口を言ったので、魔法で風船化して空に飛ばし家出します。暗闇の草むらに黒い巨大な犬を見つけ驚きますが、夜の騎士バスが現れ、ダイアゴン横丁の漏れ鍋パブで降ります。

バス内の新聞でシリウス・ブラックという殺人犯がアズカバンの牢獄から脱走したことを知ります。彼はヴォルデモートの部下でした。パブ「もれ鍋」では、魔法省の大臣コーネリウス・ファッジ(ロバート・ハーディ)が現れ、飛んでたおばさんを無事保護して記憶を消し、明日からの教科書も用意してくれてます。

翌日、ハリーは教科書の中に何にでも噛みつこうとする「怪物的な怪物の本」を見つけます。ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)やハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)とも再会します。ロンの父アーサーに「シリウス・ブラックはハリーを探してるがハリーからは探すな」と忠告されます。

ホグワーツ特急でハリーはロンとハーマイオニーにブラックのことを話します。橋の上で特急が止まり、ディメンター(吸血魂)がハリーの魂を吸い取り始めますが、横で寝てたリーマス・ルーピン先生(デイビッド・シューリス)が追い払い、ディメンターはアズカバンの看守でブラックを探してると教えてくれます。

アルバス・ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)が新学期からの新しい先生として「闇の魔術に対する防衛術」のルーピン教授、「魔法生物飼育学」のルビウス・ハグリッド教授(ロビー・コルトレーン)を紹介します。魔法省決定でブラックへの警戒のため、全ての入口をディメンターが見張るので注意します。

占い学のシビル・トレローニー先生(エマ・トンプソン)の授業では、お茶の葉の模様で未来を見る方法を学びます。ハーマイオニーは急に現れます。ハリーの模様には、死神犬グリムという墓場の巨大な亡霊犬が表れ、死の予兆だと言われます。ハグリッドの野外授業では、ヒッポグリフのバックビークを見学します。

「怪物的な怪物の本」は背表紙をなでると開いて読めるようです。ヒッポグリフは誇り高いため侮辱すると怒ります。まずお辞儀をして相手もお辞儀すると触れて背中に乗って空も飛べます。ドラコ・マルフォイ(トム・フェルトン)がヒッポグリフを馬鹿にすると、蹴られて負傷しハグリッドが医務室へ運びます。

ルーピン先生の授業では、まね妖怪ボガートについて学びます。形態模写妖怪で相手が最も恐れる物に見えるため、真の姿は不明です。退治方法は、笑える姿を思い描いて呪文「リディクラス」です。ハリーにはディメンターが現れますが、ルーピン先生が立ちはだかると「月」に変わり風船にしてタンスに戻します。

ハリーは保護者のサインがないので、ホグズミードでの外出が許可されません。ハリーはルーピン先生と話し、ディメンターは最も辛い記憶を糧にすること、ハリーの母リリーがルーピンに手を差しのべたこと、父ジェームズはトラブルメーカーだったことなどを教えてくれます。

ホグワーツ魔法魔術学校では、グリフィンドール寮への入口の絵画「太ったレディ」が何者かに切り裂かれ、違う絵に避難してて、シリウス・ブラックが城内にいると言い恐がります。ルーピン先生の授業はなぜか、セブルス・スネイプ先生(アラン・リックマン)が代行します。ハーマイオニーはまた急に現れます。

スネイプ先生の質問にハーマイオニーが答えます。動物もどきは自分の意志で変身できるが、人狼は意志と関係なく満月を見ると変身し友達すら殺してしまい、仲間の呼声にだけ答えるそうです。人狼には生まれつきの者と、かまれたことで人狼になった者がいます。ハリーはマルフォイから不吉な落書きを渡されます。

雷雨でのクィディッチの試合で、ハリーはスニッチを追いかけてると多数のディメンターに囲まれ、魂を吸われそうになり落下し、ダンブルドアの「アレストモメンタム」でゆっくり降下し助かります。しかし魔法のほうきは暴れ柳に落ちて粉々になります。ハリーは透明マントでホグズミード村へ行こうとします。

しかしロンの兄の双子フレッドとジョージに捕まり、ホグワーツ城の人の動きや秘密の抜け道もわかる「忍びの地図」をもらいます。最後は呪文「いたずら完了」で地図は白紙に戻ります。ハリーは地図と透明マントで念願のホグズミード村へ行き、イギリスで1番恐い幽霊屋敷「叫びの屋敷」前のロンらに合流します。

イギリスで唯一魔法族のみが住むホグズミード村には3年生から行けます。名物パブ「三本の箒(ほうき)」のマダム・ロスメルタ(ジュリー・クリスティ)の所へ、ミネルバ・マクゴナガル先生(マギー・スミス)と魔法大臣コーネリウスが訪れブラックとハリーの話をするので、ハリーは透明マントで盗み聞きます。

コーネリウスはハリーに気づいた感じですが話を続けます。シリウス・ブラックはハリーの両親の友人でハリーの名付け親でもありますが、彼らの隠れ場所を知ってて、ヴォルデモートに教えたそうです。また、ブラックは友人のピーター・ペティグリューを指1本だけ残して粉々にして殺したそうです。

ハリーはディメンターから身を守るため、ルーピン先生に守護霊の呪文「エクスペクト・パトローナム」を学び、マネ妖怪ボガートで訓練します。幸せな記憶を思い浮かべて唱えると、敵との間に守護霊が現れてディメンターは立ち去ります。ハリーは両親と一緒にいる光景を想像して魔法を成功させます。

ロンはねずみのスキャパーズが行方不明で、ハーマイオニーの猫クルックシャンクスに食べられたと騒ぎます。夜、ハリーは「忍びの地図」にピーター・ペティグリューが歩くのを見つけ、目の前に行きますが誰ともすれ違いません。スネイプに見つかり、ルーピン先生に助けられますが、忍びの地図は没収されます。

トレローニー先生の占い学で、占いに向かないと言われたハーマイオニーはキレて教室を飛び出します。ハリーは先生の部屋で「今宵、友を裏切った殺人鬼が戻ってきて、罪なきものの血が流され、召使いは主人のもとに戻る」と予言らしきことを言われます。外には処刑人らしき人物が刃を研いでいます。

マルフォイを傷つけたヒッポグリフのバックビークは、ルシウスなどの強硬派の追及により処刑が決定します。それを喜ぶマルフォイの顔を、ハーマイオニーは思いっきりなぐります。ハリー、ロン、ハーマイオニーはハグリッドの小屋へ行き見守りたいのですが、ハグリッドにダメだと言われます。

ハグリッドは、ロンのねずみスキャバーズを捕まえてたので返します。突然、部屋のかめが割れ、窓の外から石が飛んできますが、誰が投げたのかは不明です。ダンブルドアや処刑人が小屋に来たので、ハリーらは裏から逃げ去ります。大かぼちゃに隠れてる時、ハーマイオニーは後ろの草むらで何かを見かけます。

3人は丘の上から、処刑人がヒッポグリフにカマを振り下ろす姿を見て悲しみます。その時、ロンにスキャバーズが噛みつき逃げたので、3人で追うと暴れ柳の前に出ます。そして黒い死神犬グリムが現れ、ロンをスキャバーズごと暴れ柳の根の下へ引きづりこみ消えます。ハリーとハーマイオニーは柳にはたかれます。

2人は暴れ柳の枝で攻撃され、ハーマイオニーは捕まって振り回されます。彼女はその振動を利用してハリーを根の下の穴に放り投げ、自分も入ります。そこから通じてるのは「叫びの屋敷」で、ロンをさらったグリムは動物もどきのシリウス・ブラック(ゲイリー・オールドマン)で、ハリーと格闘になります。

そこへルーピン先生が現れ、ブラックをホグワーツに導き、ついに復讐相手を見つけて殺せると言います。ハーマイオニーはルーピンが狼人間だと見抜きます。ルーピンは、ハリーの両親を死に追いやったのはブラックではなく、ピーター・ペティグリューだと言います。そこへスネイプ先生が現れ、ブラックをディメンターに引き渡すと言います。

その時、ハリーがスネイプ先生を杖でふっ飛ばします。シリウス・ブラックは、ピーターは12年間も化けてきたとロンを指差します。ねずみのスキャパーズが逃げ出しますが、ブラックの魔法により人間のピーター・ペティグリュー(ティモシー・スポール)の姿に戻され、ヴォルデモートにおどされたと釈明します。

ピーターを殺そうとするブラックに、ハリーは城へ連れていきディメンターに引き渡そうと言います。一行はピーターを連れて暴れ柳の外に出ます。ブラックはハリーの名付け親でもあり、一緒に暮らさないかと言ってくれます。その時、雲に隠れてた満月が現れ、ルーピン先生は狼男に変身してみんなを襲い出します

そのすきにピーターはねずみに変身して逃げ去ります。スネイプ先生も合流しますが、狼男の凶暴さには為す術がありません。グリムに変身したシリウス・ブラックが立ち向かいますがかなわず重傷を負います。狼男がハリーを攻撃しようとした時、狼の遠吠えが聞こえ、狼男は仲間の所へと走り去っていきます。

ハリーがブラックの所へ行くと、湖面が凍りついてき、空からディメンターの大群が襲ってきます。ハリーは守護霊の呪文を使いますが、数が多すぎて、2人ともディメンターに何度も口から魂を吸い取られます。ブラックの口から最後の魂が抜けようとした時、光る鹿が現れ、ディメンターを追い払ってくれます

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ネタバレ結末やラストシーン

ハリーが医務室で目覚めると、父さんが助けてくれたと言います。ハーマイオニーはシリウス・ブラックが「ディメンターのキス」により魂を抜かれる刑が執行されると教えます。ダンブルドアに刑を止めるようお願いしますが、13歳の子どもの発言は証拠にならないので、時間をさかのぼるよう暗に助言します。

ハーマイオニーは持ってるペンダントをハリーの首にもかけて、メダルを3回転させます。それは「逆転時計」で過去へさかのぼれ、複数の授業を受けるためにマクゴナガル先生にもらったそうです。2人はダンブルドアの「うまくいけば罪なき命を1つならず救える」の助言どおり、まずヒッポグリフ救出を目指します。

大かぼちゃの裏に隠れたハーマイオニーは、小屋のハリーらに処刑人が来たことを告げるため、小石を投げます。1つめはかめを割り、2つめはハリーの後頭部に直撃します。小屋の3人はダンブルドアらから隠れながら、かぼちゃの方へ逃げて来るので、未来から来たハリーとハーマイオニーは草むらに隠れます。

それを別のハーマイオニーが気づきますが無視して丘へ登っていきます。未来から来た2人はヒッポグリフを解き放ち、死んだフェレットをエサにおびきよせてバックビークを森へ逃がします。処刑人は手持ち無沙汰で、代わりに大かぼちゃをカマで真っ二つにします。次に2人はシリウス・ブラックを助けに行きます。

ハーマイオニーはメスの狼の鳴き声をマネて、狼男のルーピンを誘い出します。序盤でハリーらが同級生と遊んでた「動物の鳴き声になるお菓子」を食べたのでしょうか。狼男は嗅覚がよいため、2人は見つかって間一髪の時、ヒッポグリフのバックビークが追い払ってくれます。次にディメンターの現場に向かいます。

ハリーは父さんの出現を待ちますが現れず、ハリーが渾身の「エクスペクト・パトローナム」で光る鹿の守護霊を出して全ディメンターを追い払います。その後、ヒッポグリフに乗って空を飛び、塔に捕らわれているシリウス・ブラックを救出します。ブラックはヒッポグリフに乗って、時がくるまで姿を隠します。

ハリーとハーマイオニーは元の時間に戻ります。ルーピン先生は辞任してホグワーツを去ります。ハリーは忍びの地図を返してもらいます。ハリー宛に世界最高速の魔法のほうき「ファイアーボルト」が差出人不明で配達されます。ヒッポグリフの羽が付いてたので、シリウス・ブラックからのプレゼントです。

ハリーポッターシリーズの中でも最も複雑なストーリーですが、ラストでたたみかけるように回収される伏線は本当に気持ち良いです。続編でも再出演しそうな人物や動物がいくつもいて楽しみなので、ぜひ1度は観ることをおすすめします!

ハリーポッターとアズカバンの囚人のシリーズやランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
ハリーポッターシリーズ一覧 (数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上)
人気の映画ランキング!