映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

映画『スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(復讐)』評価は?ネタバレ感想考察/スカイウォーカー家とシス師弟の決着

映画スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(復讐)

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(復讐)』あらすじ概要

スターウォーズシリーズのエピソード6、公開順は3作目。前作で凍結されたハンソロを救うため、ルークやレイアはジャバの宮殿へ乗り込む。その後、同盟軍は第2のデススター破壊計画を実行。一方、ヨーダとオビワンに妹の存在を告げられたルークは、ダース・ベイダーと皇帝を倒すため最終決戦へ向かうのだが...(ネタバレあらすじ↓)

映画名/邦題 スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(復讐)
日本公開日 1983/7/2 [予告↓]上映時間 133分
映倫区分USA PG
製作国アメリカ
原題/英題Star Wars: Episode VI Return of the Jedi
映画監督リチャード・マーカンド
キャスト
出演者
マーク・ハミル(島田敏)、ハリソン・フォード(磯部勉)、キャリー・フィッシャー(高島雅羅)、ダースベイダー役(大平透)、イアン・マクダーミド(千葉耕市)、ヨーダ役(辻村真人)、C-3PO役(野沢那智) ※声優はソフト版
配給/製作(C)20th Century Fox/Lucasfilm Limited
シリーズ/関連スターウォーズシリーズ < 前作続編 >
日本配給収入37.2億円
世界興行収入4.7億US$(約523億円)
製作費0.32億US$(約35.7億円)
平均評価★★★★★79私の評価↓は含まず)

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(復讐)』予告動画

ネタバレ感想『スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(復讐)』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。続編前作や関連映画は、スターウォーズシリーズ一覧も参考にしてください。

私の評価 ★★★★★72/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

スターウォーズシリーズのエピソード6で、公開順としては旧三部作の3作目です。前作『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』で明らかになった、ルークとダース・ベイダーの因縁の親子対決に終止符が打たれるだけでなく、ルークの妹の存在が判明します。

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』からはじまる新三部作の後では、映像や音楽や演出が古く感じて見づらいので旧三部作を先に観ることをおすすめします。古い映画なのでつっこみどころは多くて、特に皇帝ダース・シディアスの無能ぶり、ツメの甘さや倒され方は少し残念です。

ルークが修行のため惑星ダゴバへ行きますが、結局は最後のジェダイマスターのヨーダの死を看取りに行っただけです。あそこまで強くなったのは自己修行によるものだけというのも納得しかねます。同じフォースの素養を持つレイアも、自分で修行すればジェダイになれそうです。

第2のデス・スター防衛の鍵をにぎる重要拠点、惑星エンドアのシールド発生装置の警備が手薄すぎるのもおかしいし、近代兵器で武装したルークやハン・ソロや帝国軍が、原始的な武器しか持たないイウォーク族に降参するのもあり得ない展開です。そもそもイウォーク族の場面が長すぎます。

ただ本作は、それらの欠点に目をつむるとエンターテイメント映画としてはこれほどないくらいに楽しませてくれます。冒頭でハンソロをジャバから救う展開では、レイアにジャバを殺させて、ただのお姫様ではないことを示してくれます。R2-D2がライトセイバーを発射してルークがつかんで戦うのは名場面です。

最大のみどころは、ヨーダの死、ルークとアナキン・スカイウォーカーの父子対決、皇帝ダース・シディアスの最後でしょうか。そしてこのシリーズが最も評価された理由の1つである「衝撃の秘密」も前作では父子関係でしたが、本作では「双子の兄妹の存在」が明らかになり、三角関係にも終止符が打たれます

前作ではあまり進展しなかったストーリーも本作で一気に収束へ向かいますが、ルークとダース・ベイダーに焦点が当たりすぎて、多くの犠牲者を出してるはずの反乱同盟軍の活躍が見過ごされがちなのは少し残念です。『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』を観た後では余計にそう感じます。

R2-D2のいじられっぷりは前作よりは減ったけど、かわいさは変わりません。代わりにぬいぐるみのようなイウォーク族がかわいさを担当してくれます。C-3POのコメディアンぶりも健在で、一番の見せ場は神と勘違いされ椅子に座ったままで空中浮遊するシーンです。「私にこんな力があったとは」には笑います。

皇帝ダース・シディアスことパルパティーンとダース・ベイダーの死により、一代で築かれた銀河帝国は崩壊しますが、その先の話は『スター・ウォーズ フォースの覚醒』以降の3部作で語られるのでしょう。ジェダイの復活やシスの生き残りの存在も気になるので、スターウォーズ・シリーズはまだ見逃せませんね!

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』おすすめ11ポイント

  • 人気スペースオペラの旧3作目
  • 前作凍結されたハンソロを救出
  • ヨーダの死
  • ルークの双子の妹の存在と正体
  • イウォーク族がかわいい
  • スピードバイクシーンが迫力
  • 銀河命運かけた親子対決が完結
  • 皇帝ダース・シディアスの最後
  • ダース・ベイダーの素顔と最後
  • レイアとの三角関係も終止符
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる
映画スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(復讐)

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還』少し残念10ポイント

  • ジャバが犯罪王に見えない
  • ルークが捕われすぎ
  • 怪物の映像技術がしょぼい
  • 木槍のイウォーク族に降参?
  • イウォーク族の場面が長すぎ
  • ルークが自己流で強くなりすぎ
  • ルークが策なく帝国側に投降
  • シールド発生基地が手薄すぎる
  • デススターの破壊が簡単すぎる
  • 帝国皇帝の最後が納得しづらい

続編前作や関連映画は、スターウォーズシリーズ一覧も参考にしてください。

『スターウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(復讐)』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2021新作82鑑賞。2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/本格ミステリ/SFファンタジー/ホラー/アニメ/MCU。135国 海外旅行ブログ。応援コメント@pixiinsで待ってます(^^)
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2021新作82本/2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/ホラー/本格ミステリ/アニメ/MCU
今話題の映画やランキング
ホーム 本シリーズ一覧 興収ランキング
検 索
目 次