ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

ネタバレ感想『スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』ヨーダのフォース修行とルーク出生の秘密/あらすじ評価

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲
  • 平均評価 ★★★★★80/100
  • 私の評価 ★★★★★68
  • 日本配給収入 32.0億円
  • 世界興行収入 5.3億US$
  • 日本公開 1980.6.28
  • 上映時間 124分 予告

『スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』あらすじ(ネタバレなし)

スターウォーズシリーズのエピソード5。公開順は2作目。デススターを破壊した反乱軍だが帝国に追いつめられ逃走。ルーク・スカイウォーカーは惑星ダゴバで、かつてのジェダイマスター、ヨーダのフォース修行を受ける。レイアとハンソロを救うため、ダースベイダーと戦うが衝撃の事実を聞かされ...(ネタバレあらすじ↓)

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲の予告動画

映画『スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Star Wars: Episode V The Empire Strikes Back
製作国
アメリカ(1980.5.21公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG
製作費
約US$ 18,000,000(約20億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、Lucasfilm Limited
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
アービン・カーシュナー
キャスト/出演者(吹き替え声優)
マーク・ハミル(島田敏)、ハリソン・フォード(磯部勉)、キャリー・フィッシャー(高島雅羅)、ダースベイダー役(大平透)、ヨーダ役(辻村真人)、C-3PO役(野沢那智) ※声優はソフト版の特別篇
レビューサイト平均評価 ★★★★★80/100換算

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』ネタバレあらすじや結末

この先はネタバレありのあらすじです。関連映画はスターウォーズ・シリーズ一覧などで探してみてください。

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。前作『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』のラストで銀河帝国軍のデススター破壊に成功した反乱軍だったが、帝国軍の激しい追撃から逃げて、ルーク・スカイウォーカー率いる自由戦士たちは銀河の辺境の氷の惑星ホスに新たな秘密基地を築きます

帝国軍の暗黒卿ダース・ベイダーは、ルークらを捜すために無数の探査ドロイドを放ちます。惑星ホスのルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)は隕石調査のため原住生物トーントーンに乗って出かけ、雪原の怪物ワンパに気絶させられ、目覚めた後にフォースとライトセイバーで逃げるが吹雪の中で倒れます。

ルークは吹雪の中で、オビ=ワン・ケノービ(アレック・ギネス)の幻影を見て、惑星ダゴバへ行きジェダイ・マスターのヨーダに教えをこうよう助言され、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)に救出されます。ハン・ソロとチューバッカ(ピーター・メイヒュー)は帝国軍の探査ドロイドを破壊するが探知されます。

反乱軍のライカン将軍は帝国軍が押し寄せる前にエコー基地にシールドを張り、イオン砲で帝国のスターデストロイヤーを牽制しながら輸送船を脱出させます。ダース・ベイダー卿はシールドを破るべく、地上でAT-ATによる攻撃を開始します。反乱軍は四足歩行のAT-ATを2台倒すが、シールド装置は破壊されます。

ミレニアム・ファルコン号発進とヨーダ登場(ネタバレあらすじ)

ハン・ソロ、チューバッカは、レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)とC-3PO(アンソニー・ダニエルズ)を乗せてミレニアム・ファルコン号で脱出し、小惑星帯で逃げのび洞窟で修理します。ルークはR2-D2(ケニー・ベイカー)と共にXウィングに乗り、オビワンの伝えた惑星ダゴバへ向かいます。

ルークらは沼に不時着し、R2-D2が怪物に食べられるが吐き出され、いたずら好きの小さな老人に食事に招かれます。その老人こそジェダイ・マスターのヨーダ(操作と声:フランク・オズ)で、オビ=ワンに「怒りっぽく忍耐と思慮がなく父親にそっくりで、年を取りすぎとる。800年間ジェダイを育ててきたが、この子の目は遠い未来を見ている」と話します。

オビ=ワンの強いすすめによりヨーダはルークを訓練することにします。一方、ダース・ベイダーは帝国皇帝ダース・シディアスに、フォースを乱す者がいると告げられ、スカイウォーカーの血をひくルークを暗黒面に落として仲間にしようと考えます。ソロとレイア姫はファルコン号を修理しながらひかれあいます。

しかしミレニアム・ファルコン号が着陸してる洞窟は、巨大な宇宙怪物スペース・スラッグの巣で、飲み込まれる前に脱出します。ダース・ベイダーのスターデストロイヤーに発見されますが張り付いて隠れ、ダストにまぎれて惑星ベスピンへ向かいます。その後をボバ・フェットの乗るスレーヴ1が追跡します。

ヨーダによる修行とハンソロの危機(ネタバレあらすじ)

ルークはヨーダを背負って走ったりしてジェダイの修行を続けます。ヨーダ「オビ=ワンの弟子も暗黒面に落ちた。心を平静に無の境地を開けば何が正義かわかる」。ルーク「この先に嫌な予感がする」。ヨーダ「死だ。フォースの暗黒面じゃ。武器を持たず行ってみろ」。ルークはライトセイバーを持って行き、ダース・ベイダーの幻影と戦い首を切り落とすと自分の顔で驚きます。

ルークは逆立ちで足にヨーダを乗せ、フォースで石を積むが、Xウイングが沼に落ちたので持ち上げようとするが失敗します。ヨーダ「生命が作り出したフォースは我々を結びつけ取り巻いてる。周囲に満ちたフォースを感じろ」。ルーク「不可能を求めてる」。ヨーダはXウィングをフォースで沼から持ち上げます

ルーク「信じられません」。ヨーダ「だから失敗したのじゃ」。その後の修行でかなりフォースをあやつれるようになったルーク・スカイウォーカーは、少し未来のレイア姫を見て心配になり、オビ=ワンの幻影とヨーダが引き止めるのも聞かず出発します。ヨーダ「怒るな。ベイダーのように暗黒面に取り込まれるな」。その後、ヨーダは「まだ1人いる」とつぶやきます。

惑星ベスピンに到着したレイアらは、ハン・ソロの旧友ランド・カルリジアン(ビリー・ディー・ウィリアムズ)が執政官を務める雲のクラウド・シティで歓迎されます。しかし先に到着したダース・ベイダーらとの不干渉取引のため、ランドはソロらを裏切り引き渡し、ベイダーはルークへのおとりに使おうとします。

ダース・ベイダー(デヴィッド・プラウズ)は、ルーク護送の手段としてカーボン凍結装置を使うことに決め、ハン・ソロを実験体とし成功します。C-3POはその前にベイダーと顔を合わせたため、バラバラに破壊されます。ランドはハン・ソロを救うために再度裏切り、レイアらを連れてファルコン号で脱出します。

『スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』ネタバレ結末と最後/ラスト

クラウド・シティに忍び込んだルークは、ダース・ベイダーとライトセイバーで戦い右腕を斬られ追い詰められます。そしてダース・ベイダーはルークの父であると語り、共に皇帝ダース・シディアスを倒して銀河を支配しようとフォースの暗黒面へ誘います。しかしルークは断り、基地の下方へ落下します。

ルークはかろうじて突起部につかまり、レイアにフォースで助けを求め、その声を聞いたレイア姫がランドに引き返すよう頼み、無事に救出されてミレニアム号で脱出します。ベイダーのスターデストロイヤーにけん引されるが、R2-D2が犠牲になりながらもハイパードライブを修理しワープで逃げのびます。

ルークは右腕を機械化します。C-3POは修理されて歩けるようになります。ランドとチューバッカはミレニアム・ファルコン号で、カーボン凍結されたハン・ソロを救出するため、ジャバ・ザ・ハットの所に一足先に向かいます。ルーク、レイア、R2-D2、C-3POも惑星タトゥイーンの合流点へ向かいます。

ネタバレ感想『スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありの感想・考察です。関連映画はスターウォーズ・シリーズ一覧などで探してみてください。スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲

★★★★★ 68点/100(60が平均)

前作『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』が成功したため、スターウォーズシリーズ2作目として製作されたのが本作です。スターウォーズサーガとしてはエピソード5で、古くからのファンには支持されている、ルークが主人公の旧3部作の2作目です。

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』からはじまる新3部作を見た後では、映像や音楽や演出が古く見えてしまうので旧作から観ることをおすすめします。特にライトセイバーでの戦いにはあまり迫力を感じることができず残念です。ダース・ベイダーの策も無能に感じます。

昔の映画なのでつっこみどころは多く、スターデストロイヤーが張り付いたファルコン号を探知できなかったり、フォース修行が簡単すぎたり、オビ=ワンの霊(エピソード3で辻褄合わせますが)やダース・ベイダーの幻影がご都合主義すぎたり、ベイダーが娘レイアに気づかなかったり。

今回はルークのフォース修行と、ハン・ソロとレイアが恋仲になりソロがさらわれる、という2軸で構成されています。前作ほどは冒険シーンはなく、ストーリーとしてはあまり進みませんが、ラストのルークとダース・ベイダーのライトセイバーでの戦いと、ついに明かされる2人の親子関係が衝撃的です。

シリーズを通して人気キャラのヨーダのセリフは、ほとんど全てかっこいいですが、戦闘シーンがないのはさみしいです。影の主役?のR2-D2は前作同様にルークのXウィングに乗っかったり、沼に落ちて怪物に食べられ吐き出されたり、フォースの修行中に急に落とされたり、ワープ装置の修理でふっ飛ばされたりと、かわいく愛しくなる場面が山盛りです。

ハン・ソロとレイア姫の心理的距離が近くなりますが、ルークにもひかれるレイアは、この時まだ理由を知らないので三角関係のようになります。ルークは修行を途中でやめてレイアとハン・ソロを助けに行きますが、結局ランドが助けます。ルークのフォースの声を聞いたレイアが助けに行くシーンは名場面です。

C-3POのコメディアンぶりは、作中ではほぼ無視されててちょうど良いバランスだと感じます。ダース・ベイダーは帝国No.2にしてはフットワークが軽いけど、逆に計画性がなく行き当たりばったりだと感じ、思慮も浅く見えます。本作のみどころは、父子の秘密とヨーダだと思います。

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』おすすめ10ポイント

  • 人気スペースオペラの旧2作目
  • ルークのフォース修行
  • ジェダイマスターヨーダ登場
  • ハンソロとレイアが急接近
  • R2-D2のいたぶられ役かわいい
  • C-3POのコメディ担当ぶり
  • ルークとベイダーの剣対決
  • ルークを救出に行くレイア姫
  • あっと驚くベイダーの秘密
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』少し残念8ポイント

  • 映像や音楽の技術が古い
  • 前作ほどワクワク要素がない
  • ストーリー進展はほぼない
  • ヨーダの戦闘シーンがない
  • ダース・ベイダーが無能すぎ
  • オビ=ワンの霊が謎
  • ダゴバでのベイダー幻影が謎
  • 帝国側の索敵性能が弱すぎ

続編や前作は、スターウォーズ・シリーズの順番一覧で確認できますよ。

スターウォーズ エピソード5 帝国の逆襲のシリーズ順番や映画ランキング

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周で世界遺産595訪問後、映画に再ハマり。家視含め3年で1500本。新作映画は、2017年 188本、2018年 60本
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
新作映画で選ぶおすすめ動画配信サービス
  • TSUTAYAの宅配レンタルと動画配信(30日無料。DVDの豊富さは映画好きにおすすめ)
  • U-NEXT(31日無料。新作映画はポイントで月数本観れる)
  • Amazonプライム(30日無料。月額325円相当。新作は見放題に少し)
  • Hulu(2週間無料。マーベル等の特集がたまにある)
  • dTV(31日無料。月額500円。新作は見放題に少ない)
スターウォーズ・シリーズ一覧 (数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上)
人気の映画ランキング!