ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

ネタバレ感想『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』ハリポタ世界のかわいい魔法動物たち/あらすじ評価

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
  • 平均評価 ★★★★★74/100
  • 私の評価 ★★★★★68
  • 日本興行収入 73.4億円
  • 世界興行収入 8.1億US$
  • 日本公開 2016.11.23
  • 上映時間 133分 予告

『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』あらすじ(ネタバレなし)

アカデミー賞受賞作。ハリーポッターシリーズの約70年前を描いた全5部作の第1弾。魔法動物学者ニュート・スキャマンダーはニューヨークで、不注意から魔法動物たちを逃がしてしまい、アメリカ魔法議会から追われることになる。さらに危険な生物とそれを追う者も現れて混乱するのだが...(ネタバレあらすじ↓)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の予告動画

映画『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Fantastic Beasts and Where To Find Them
製作国
イギリス、アメリカ(2016.11.18公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 180,000,000(約198億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、Heyday Films
参考
 Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
デビッド・イェーツ
キャスト/出演者
エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー
レビューサイト平均評価 ★★★★★74/100換算

ネタバレあらすじや感想『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありのあらすじや感想・考察です。関連映画はハリーポッターシリーズ一覧などで探してみてください。ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

★★★★★ 68点/100(60が平均)

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ネタバレ感想と総評

ハリー・ポッターと賢者の石』と同じ世界観のニューヨークで起こる、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが主人公のファンタジー映画です。たくさんのかわいい魔法動物が登場します。魔法の演出などもCGの進歩により、ハリポタを上回っています。

テンポはハリポタに比べると早めですが、ストーリーは似た展開が続いて、どう収束していくのかや、人物相関図がわかりにくかったです。特にメアリーやその養子たちとクレイブスが登場するシーンは小出しにせず、まとめて見せてくれた方が良かった気もします。

今回は5部作の1作目ということで、魔法生物の紹介もかねて次々と捕らえていきますが、それがポケモンのようにも感じました。映画であまり続くと飽きてきますが。次回作以降では、これら魔法生物の特性を生かした物語が見れるかもしれないと思うと、今からわくわく感でいっぱいになります。

この映画のおすすめ、7つのポイント

  • ハリポタ世界での新しい物語
  • 新キャラがみんな魅力的
  • 魔法動物がかわいくて特徴的
  • 情報量が多く今後の伏線も期待
  • 次々とミッションクリア
  • ラストで意表をつかれる
  • 子どもや家族と一緒に観られる

少し残念?つっこみどころ、5つのポイント

  • グレイブスの計画がずさん
  • チームプレーがいまいち
  • ハリポタ風の頭脳バトルがない
  • ニュートも魔法議会も雑すぎ
  • テレポート魔法などが便利すぎ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ネタバレあらすじと感想

ホグワーツ魔法魔術学校で使われる教科書の著者である、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が、アメリカのニューヨークへ到着します。ニュートが持つ魔法のトランクは、あやしいので入国管理官にもチェックされます。

ニュートが街中で、新セーレム慈善協会のメアリー・ルー(サマンサ・モートン)の魔法使い撲滅を聞いてる時、魔法のトランクからニフラーが逃げ出します。追いかける姿を、ポーペンティナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)が見てて追います。

ニュートはニフラーを追って銀行へ行き、パン屋開業の融資を受けるために来てたジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)の隣に、魔法動物オカミーの卵を置き忘れたり、トランクも間違えて入れ替わります。ニュートの天然ぶりはひどいですね(笑)。

ニフラーを追って金庫へ入ったり、その後も人を運んだりして便利なテレポートですが、行ったことない場所へも行けるので万能すぎる気がします。他の魔法もノーマジを固めて倒したりと、ハリポタ以上に節操ない感じで使いまくります。それなのにトランクが入れ替わったことは、魔法でわからないのが不思議です。

同じ頃、ニューヨークでは原因不明の何者かが街を破壊して、アメリカ魔法議会(マクーザ/MACUSA)のパーシバル・グレイブス(コリン・ファレル)が調査しています。メアリー・ルーの養子クリーデンス(エズラ・ミラー)に、「力を持つ子ども」やオブスキュラスの捜索をさせます

ティナはニュートを無登録魔法使いとして逮捕し、アメリカ魔法議会へ連れて行きますが、ティナも訳ありで解任されたようで、みんなの反応はいまいちです。ここでトランクを間違えたことに気づいたけど、時すでに遅し。ジェイコブの部屋は魔法動物によりめちゃくちゃになり、彼もかまれて負傷します。

ニュートとジェイコブは、ティナと妹のクイニー・ゴールドスタイン(アリソン・スドル)の家へ行きます。クイニーは心を読める魔法使いです。ジェイコブはすぐにひかれますが、そんな能力者とつきあうのは面倒そうでイヤです。と考えた瞬間に、バレてしまいますからね。

ジェイコブはニュートと一緒に、魔法のトランクの中の広い空間に入って、放し飼いされてる多くの魔法動物を見ますこういうシーンは伏線になってることが多いので、集中して動物や習性を覚えた方が楽しめます。オカミーは先ほど卵が出てきたやつです。

2人は街で、もぐらのようで光る物が大好きなニフラーと、巨大サイのようなエランペントを捕まえます。せっかく米国魔法議会マクーザはノーマジにバレないよう、こそこそ地下で暮らしているのに、ニュートは派手すぎてやりすぎです。死刑はひどいけど、反省すべきだと思います。

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、このような小さなミッションをいくつもクリアしていくので達成感はありますが、似たような展開にだんだん飽きてきます。ラストで何をすればいいのか、この時点になってもまだわかりませんし。

ちなみに、ニュートがニューヨークへ来た理由は「魔法動物サンダーバードのフランクを、アリゾナに返すこと」ですが、この映画としての目標は全く見えてきません。

そんな時、アメリカ合衆国上院議員ヘンリー・ショー・ジュニアが何者かに殺され、ニュートの魔法動物が疑われ、魔法保安局長官パーシバル・グレイブスはニュートを闇の魔法使いグリンデルバルドと通じてるとして、死刑をいいわたします。しかしクイニーとジェイコブの助けで脱出できます。

ニュートらは逃げた魔法動物の捜索を続けるために、情報屋ナーラクの元を訪ねますが、ここでも裏切られます。それでもなんとか巨大オカミーと、透明になるデミガイズを捕まえることに成功します。ただ、そろそろ魔法動物ハンティングには飽きてきます

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』ネタバレ結末/ラストシーン

結局、クレイブスが探してたオブスキュラスという魔法動物は、彼が都合よく使ってたクリーデンスの体内にいることがわかります。オブスキュラスに取り付かれた子は通常は10歳以上生きられませんが、クリーデンスは魔力が強力なため、この年齢まで生きのびてるようです。そして街を破壊していきます。

ニュートとティナはオブスキュラスをとめようとしますが、クレイブスに邪魔されます。そしてアメリカ魔法議会(MACUSA)の闇祓いとピッカリー議長もやってきて、クリーデンスごと消滅させようとします。しかしオブスキュラスは逃げてしまいます。次回作でも出てきそうですね。

このラスボスの倒し方は、ハリーポッターシリーズと比べると物足りない気がします。ハリポタならもっと知恵を駆使して、頭脳戦のような形で倒してくれたと思います。例えば、ニュートがスーダンで捕まえたオブスキュラスを使う方法とかが考えられます。オブスキュラス同士で恋させるとかなら最高でした。

クレイブスの正体は、オブスキュラスを使って魔法議会を混乱させようとした、ゲラート・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)本人だったことが判明します。あっさり逮捕されますが、元いたクレイブスと入れ替わってただけなのか、変装してこの地位までのぼりつめたのかはわかりません。

ところで大物魔法使いグリンデルバルドであったとしても、クリーデンスの正体を見抜けなかったり、何度杖を使ってもニュートを倒せないし、オブスキュラスを捕まえられないし、簡単に逮捕されてしまうしなど小物ぶりを発揮しています。ダンブルドアと競ったとは思えない無能ぶりで残念ですが、何か理由があるのかもしれません。

ダンブルドアといえば、ニュートにも助力してくれたことがあるそうだし、次回作では登場しそうな予感です。そしてニュートの元彼女?のリタ・レストレンジも、何かいわくありげなので、今後の展開が見逃せません。レストレンジはその名前から、ハリーポッターの敵側にいたあの一家だと思われます。

ところで、グリンデルバルドはハリーポッターシリーズでも名前や顔も?出てきたそうですが、私は全く覚えがないので次見る時には気をつけてみます。それよりも今回のサプライズは、グリンデルバルドが元の姿に戻ると、ジョニー・デップだったことです。

クレイブスを演じたコリン・ファレル(コリン・ファースと間違えそう)にとっては残念ですが、次回作からはジョニー・デップ演じるグリンデルバルドが出演することになるんでしょうね。脱獄してニュートに復讐するという、ありがちな展開はやめてほしい気がしますが。

つっこみどころの多い映画ですが、期待値が高かったことの裏返しです。ハリポタよりは大人の雰囲気で、テンポもよく映像技術もアップしてるので、次回作までに、ぜひ観ることをおすすめしたいファンタジー映画です!

続編や前作は、ハリーポッター・シリーズの順番一覧で確認できますよ。

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅のシリーズ順番や映画ランキング

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周で世界遺産595訪問後、映画に再ハマり。家視含め3年で1500本。新作映画は、2017年 188本、2018年 60本
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
新作映画で選ぶおすすめ動画配信サービス
  • TSUTAYAの宅配レンタルと動画配信(30日無料。DVDの豊富さは映画好きにおすすめ)
  • U-NEXT(31日無料。新作映画はポイントで月数本観れる)
  • Amazonプライム(30日無料。月額325円相当。新作は見放題に少し)
  • Hulu(2週間無料。マーベル等の特集がたまにある)
  • dTV(31日無料。月額500円。新作は見放題に少ない)
ハリーポッターシリーズ一覧 (数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上)
人気の映画ランキング!