映画ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想
クリスマスギフトを アマゾンでお得に⇒

ネタバレ感想『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(ファンタビ1)』悪役の正体は?危険生物の宿主は?/評価あらすじ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(ファンタビ1)
  • 平均評価 ★★★★★74/100
  • 私の評価 ★★★★★68
  • 日本興行収入 73.4億円
  • 世界興行収入 8.1億US$
  • 日本公開 2016.11.23
  • 上映時間 133分 予告

ハリーポッターシリーズの約70年前を描く五部作の1作目。ニューヨークで魔法動物に逃げられたニュートは回収を急ぐが、街を破壊する謎の生物や、それを追う米国魔法議会がからむ事件にまきこまれ...。ハリポタ世界のあの人物も登場?(ネタバレあらすじ↓)

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(ファンタビ1)の予告動画

映画『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(ファンタビ1)』評価まとめや作品情報

興行成績、公開日、上映時間などは↑に掲載してます。
原題/英題
Fantastic Beasts and Where To Find Them
製作国
イギリス、アメリカ(2016.11.18公開)
映倫区分
日本: G、USA: PG-13
製作費
約US$ 180,000,000(約198億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、Heyday Films
参考
公式サイト⇒ Wikipedia⇒ 興行収入⇒
映画監督
デビッド・イェーツ
キャスト/出演者(吹き替え声優)
エディ・レッドメイン(宮野真守)、キャサリン・ウォーターストン(伊藤静)、ダン・フォグラー(間宮康弘)、アリソン・スドル(遠藤綾)、コリン・ファレル(津田健次郎)、エズラ・ミラー(武藤正史)、ジョニー・デップ(平田広明)
レビューサイト平均評価 ★★★★★74/100換算

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(ファンタビ1)』ネタバレあらすじや結末

この先はネタバレありのあらすじです。関連映画はハリポタ/ファンタビシリーズ一覧などで探してみてください。

ハリーポッターのホグワーツ魔法魔術学校の教科書『幻の動物とその生息地』の著者である、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が、アメリカのニューヨークへ到着します。入国管理官に魔法のトランクをチェックされるが「マグルモード」で乗りきります。

魔法のトランクから魔法生物が?(ネタバレあらすじ)

ニュートが街中で、新セーレム慈善協会のメアリー・ルー・ベアボーン(サマンサ・モートン)の魔法使い撲滅演説を聞いてる時、魔法のトランクから魔法生物ニフラーが逃げ出して、ニュートは銀行へ追いかけて行きます。

銀行でニフラーを探すニュートは魔法生物オカミーの卵を置き忘れます。缶詰工場職員でパン屋開業資金のため銀行に来て断られたジェイコブ・コワルスキー(ダン・フォグラー)は卵を返そうと追います。ニュートは、卵ごとジェイコブを魔法で引き寄せます。

ニフラーはキラキラ光る物が大好きで、銀行奥の金庫まで追いつめたニュートは捕まえて、警備員に囲まれたのでジェイコブごと外へテレポートします。ニュートが非魔法使いのジェイコブに「忘却魔法オブリビエイト」をかけようとすると殴られ逃走されます。

アメリカ合衆国魔法議会マクーザとは?(ネタバレあらすじ)

ジェイコブはトランクを取り違えて持ち去ります。そんなニュートを闇ばらい(闇の魔法使い専門)のポーペンティナ・ゴールドスタイン(キャサリン・ウォーターストン)通称ティナが逮捕して、アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA/マクーザ)に連行します。

しかしティナはマクーザでは降格された闇祓いで、ニュートのトランクもノーマジ(アメリカで非魔法使いのこと。イギリスのマグル)の物だったのですぐ釈放されます。ニュートとティナがジェイコブのアパートへ行くと、部屋が破壊された後です。

魔法のトランクから複数の魔法生物が逃げ出していたが、ニュートとジェイコブはティナのアパートで監視されることになります。同居の妹クイニー・ゴールドスタイン(アリソン・スドル)は心を読める魔法使いで、ノーマジのジェイコブとひかれあいます。

ニュートがアメリカへ来た理由とは?(ネタバレあらすじ)

ニュートは寝たふりして姉妹と離れた後、ジェイコブを魔法のトランクの中の拡張された世界へ連れて行き、魔法生物マートラップにかまれたジェイコブを治療します。ジェイコブは放し飼いされた多くの魔法生物に驚き、卵からかえったオカミーもいます。

巨大な鳥サンダーバードもいて、ニュートがアメリカに来た理由はこのフランクを故郷のアリゾナに帰してやることです。暗いガス状のオブスキュラスは、強い抑圧を感じる子に寄生する危険な生物で、宿主で10歳を超えた例はあまりないそうです。

トランクの中のオブスキュラスは、スーダンで寄生され亡くなった少女から捕まえたようです。ニューヨークを知らないニュートは魔法生物の捕獲をジェイコブにも協力してもらい、宝石店でニフラーを、セントラルパークでサイ型のエランペントを捕まえます。

ニュートに死刑宣告?リタ・レストレンジの写真?(ネタバレあらすじ)

一方、アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA/マクーザ)闇祓い長官パーシバル・グレイブス(コリン・ファレル)は、街での破壊活動をオブスキュラスのしわざだと考え、メアリー・ルーの養子クリーデンス・ベアボーン(エズラ・ミラー)にも捜索させてます。

メアリー・ルーはクリーデンスや養女モデスティ(フェイス・ウッド=ブラグローブ)など子どもを利用して街で活動し、新聞社を訪ねるが、ヘンリー・ショー(ジョン・ヴォイト)にも上院議員であるその息子にも相手にされず追い出されます。

その後、上院議員ヘンリー・ショー・ジュニアが大統領選出馬の演説中に殺害されます。マクーザが調査中、ティナが捕まえてきたニュートのトランクからオブスキュラスが見つかったので、クレイブス長官は上院議員殺害の罪でニュートらに死刑を宣告します。

ニュート、ティナ、ジェイコブはボウトラックルやクイニーの協力で死刑執行中に逃走します。逃げた魔法生物はメーシー百貨店にいると情報屋ナーラクに聞くが、マクーザに通報されたので逃走します。情報と交換したボウトラックルは無事回収します。

メーシーで、透明になれる猿のようなデミガイズと、翼のある巨大な蛇オカミーを捕まえたニュートらはトランクに入ります。クイニーはリタ・レストレンジの写真を見つけるが、ニュートには触れられたくない過去のようです。

オブスキュラスの宿主は?クレイブスの正体とは?(ネタバレあらすじ)

一方、メアリー・ルーがオブスキュラスに殺害され、クレイブスはメアリーの養女モデスティこそ宿主と思い、居場所をクリーデンスに訪ねるがそれは間違いでした。

クレイブスはクリーデンスに「スクイブ(魔法使いの家系だがノーマジ)には用はない」と突き放すが、実はクリーデンスこそが宿主で、オブスキュラスとなり街で暴走を始めます。ニュートとティナは、地下鉄線路でクリーデンスへの説得を成功しかけます。

しかしクレイブスが邪魔し、マクーザ議長ピッカリー(カルメン・イジョゴ)と部下らが攻撃をはじめ、オブスキュラスは空中分解します。クレイブスは、魔法界とノーマジの抗争をあおるためと暴露しマクーザを攻撃するが、ニュートが不意打ちで捕らえます。

『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(ファンタビ1)』ネタバレ結末と最後/ラスト

クレイブスの正体は、闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)でマクーザが逮捕します。街中のノーマジの記憶を消すため、ニュートはサンダーバードに薬の雨を降らせます。ジェイコブもクイニーにキスされた後、記憶を失います。

ニュートがヨーロッパへ戻る時、本が完成したらティナに届けに来ると約束し、ジェイコブにはオカミーの銀の卵のからを匿名で届けます。ジェイコブはその資金でパン屋を開業し、無意識で型どった魔法生物が好評で成功し、訪問したクイニーにほほえみます。

ネタバレ感想『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(ファンタビ1)』考察・評価・レビュー

この先はネタバレありの感想・考察です。関連映画はハリポタ/ファンタビシリーズ一覧などで探してみてください。ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(ファンタビ1)

★★★★★ 68点/100(60が平均)

ハリーポッターシリーズの最新作で「ファンタスティック・ビースト」シリーズの1作目です。ハリポタより70年前の話で、登場キャラクターは一切かぶらないので独立作としてこれだけ観ても全く問題ありません。

ファンタビは、子ども時代から始まったハリポタよりは大人が楽しめる物語です。ただ人物相関図やクリーデンスのエピソードがたびたびはさまれるのは分かりづらくしてる要因です。五部作の一作目なので、今回の魔法生物の活躍は続編で見れるかも知れません。

監督と俳優などについて

デイビッド・イェーツ監督は、ハリーポッターシリーズでも5作目『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』から継続して監督なので、ハリポタ魔法ワールドとの整合性に関しては全く心配なさそうです。

ただ、原作どおりとはいえ、後半のハリーポッターには明るさやワクワク感が足りなかったので、ファンタビシリーズではそのへんの改善を期待したいです。個人的には大傑作『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』の監督なので文句なしですが。

俳優エディ・レッドメインは『博士と彼女のセオリー』で2014アカデミー賞の主演男優賞を獲得してるので演技には定評あるし、ニュート・スキャマンダーのたよりなさそうだけど、やる時はやるキャラにはぴったりです。

俳優ダン・フォグラーや、女優のキャサリン・ウォーターストンとアリソン・スドルも初登場時にキャラがわかるくらい上手く演じています。エズラ・ミラーは最初気づかなかったほど闇落ちキャラにしか見えないし、本作のみのコリン・ファレルもさすがです。

『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』考察・解説

本作の疑問と考察や解説です。ネタバレありです。

魔法が万能すぎるのでは?出来ないことにも疑問

ハリポタ世界でも後半は多様されたテレポート能力ですが、『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』では最初からニュートが多用します。金庫の中や銀行の外など行ったことない場所へも行けるし、ノーマジを動けなくする魔法も簡単に使います。

その一方、入れ替わったトランクに気づかなったり、オブスキュラスの宿主がわからなかったり、クレイブス長官がグリンデルバルドであることに気づかなかったりと意外と簡単そうな事が出来なかったりもします。変身はハリポタでも有効でしたが。

アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA/マクーザ)とは?

アメリカ合衆国魔法議会(MACUSA/マクーザ)とは、アメリカ魔法省の前身で、魔法使いとノーマジ(非魔法使い。イギリスのマグルと同義)に抗争が起こらないようコントロールする国家機関です。ピッカリー(カルメン・イジョゴ)が議長を務めています。

ハリポタ時代のイギリス魔法省よりも厳格で、魔法使いとノーマジとの接触すら禁止としていて、魔法の存在を知ったノーマジはすぐにその記憶を消され、破壊された建物なども復元されます。

ニュートがアメリカへ来た理由とは?

魔法のトランクの中にいる巨大サンダーバードのフランクを、アメリカのアリゾナ砂漠に返すためにアメリカへ来ました。しかし魔法生物の持ちこみはマクーザにより禁止されてるためか、誰にも言ってないようです。

オブスキュラスとは?宿主は誰?

オブスキュラスとは、黒く暗い煙のガス状で、主に子どもに寄生する危険な生物です。魔法能力を抑圧されたり、魔法を隠そうとした子どもが魔力を制御できずに生む幻の生物で、その強力な魔力により、宿主は10歳以上生きのびる例はほぼないそうです。

ニュートのトランクの中にいたオブスキュラスは、スーダンで暴走した少女の死後に捕まえたものだそうですが、あんなに無警戒な環境で保護してても大丈夫なのでしょうか。本作終了後は、マクーザが保管した可能性もありそうです。

本作では、マクーザの闇ばらい長官クレイブスが、街を破壊してるオブスキュラスをクリーデンスにも捜索させて、その義妹モデスティが宿主だと発覚するが、真相はスクイブ(魔法使い家系なのにノーマジ)と思われたクリーデンスこそ宿主でした。

クリーデンスは10歳を超えてるが、その保有魔力が強大であるため生きながらえているようです。だからクレイブスことグリンデルバルドもティナも気づかなかったのでしょう。クリーデンスについては、まだ何か大きな秘密が隠されてそうです。

クレイブスの正体とは?そのねらいは?

冒頭の魔法新聞でも描かれてますが、ヨーロッパの魔法世界を混乱させた最強の闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドこそ、クレイブス長官の正体です。正体がバレて銀髪になった姿が俳優ジョニー・デップだったことも本作一番のサプライズです。

しかしそれほどの闇の魔法使いなのに、杖を何度振ってもニュートを倒せないどころか簡単に捕まるし、オブスキュラスを見抜けなかったり捕まえられなかったりと小物っぽいのは残念です。グリンデルバルドの捕らえ方も、ニュートが持つオブスキュラスを使うとか、もっと知恵を駆使してほしかったです。

グリンデルバルドの狙いは、アメリカ国内でノーマジに魔法使いの存在と恐ろしさを見せつけて、双方に混乱や抗争を生み出そうとしています。その後、魔法使いによるノーマジの支配をたくらんでいると思われますが、続編で明らかになるでしょう。

ダンブルドア、リタ・レストレンジとは?

ダンブルドア校長は、ハリポタシリーズでおなじみのアルバス・ダンブルドアで、グリンデルバルドとは友人だったこともあるようです。続編では、妹アリアナの死の真相や、弟アバーフォースとの仲違いの理由も明かされるかも知れません。

リタ・レストレンジは今回は写真のみの登場ですが、ベラトリックス・レストレンジ(旧姓ブラック)の嫁ぎ先の先祖なのは確実だと思います。『ハリーポッターと死の秘宝 PART2』からの推測で、純血主義やレストレンジ家の金庫も登場するかも知れません。ニュートの元カノの可能性も高そうです。

登場した魔法生物の一覧は?

本作ファンタビに登場した魔法生物だけを一覧にします。

  • ニフラー(カモノハシ風。光る物好き)
  • ボウトラックル(小枝。人なつっこい)
  • オカミー(伸縮自在の翼のある蛇、卵は純銀製)
  • サンダーバード(嵐をよぶ巨鳥。尾羽は杖になる)
  • デミガイズ(猿っぽい。驚くと透明になる)
  • マートラップ(とげあるネズミ風。マグルには毒)
  • エルンペント(巨大サイ風。角に致死性の毒あり)
  • ビリーウィグ(昆虫。刺されると空中浮遊する)
  • スウーピング・イーヴル(青い翼の巨大な蝶風)

今回はポケモンGOのように、逃げた魔法生物を回収するシーンが続くので、少しあきてきますが、続編ではこれらの魔法生物たちの活躍が見れそうなので楽しみです!

この映画のおすすめ、7つのポイント
  • ハリポタ世界での新しい物語
  • 新キャラがみんな魅力的
  • 魔法動物がかわいくて特徴的
  • 情報量が多く今後の伏線も期待
  • 次々とミッションクリア
  • ラストで意表をつかれる
  • 子どもや家族と一緒に観られる
少し残念?つっこみどころ、5つのポイント
  • グレイブスの計画がずさん
  • チームプレーがいまいち
  • ハリポタ風の頭脳バトルがない
  • ニュートも魔法議会も雑すぎ
  • テレポート魔法などが便利すぎ

続編や前作は、ハリポタ/ファンタビ・シリーズの順番一覧で確認できますよ。

『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅(ファンタビ1)』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人/執筆/映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周135国/世界遺産595訪問後、映画にハマり。家視聴含め3年半で1800本。新作は2017年192本、2018年98本
今話題の映画やランキング
最新情報や話題をキャッチ!
  • ツイッター
  • Facebook
  • RSS
  • Feedly
カテゴリ一覧
ハリポタ見れる動画配信サービス
ハリポタ/ファンタビシリーズ一覧 (数値:平均評価。A:日本興収70億円以上、B:30億、C:10億、W:世界$7億以上)
人気の映画ランキング!