映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

『ハリーポッターと秘密の部屋』評価は?ネタバレ感想考察あらすじ/ホグワーツ創設の継承者と日記の記憶!ハリポタ2

映画ハリーポッターと秘密の部屋

『ハリーポッターと秘密の部屋』あらすじ概要

ハリーポッターシリーズ2作目。2年生の新学期前に屋敷しもべ妖精ドビーが現れ「学校には戻るな」と忠告されるハリーだが、いくつもの障害を乗り越えて学園生活を楽しむ..(ネタバレあらすじ↓)

映画名/邦題 ハリー・ポッターと秘密の部屋
日本公開日 2002/11/23 [予告↓]上映時間 161分
映倫区分日本 G(年齢制限なし)USA PG
製作国アメリカ、イギリス
原題/英題Harry Potter and the Chamber of Secrets
映画監督クリス・コロンバス
キャスト
出演者
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、リチャード・ハリス、ロビー・コルトレーン、ケネス・ブラナー、ジェイソン・アイザックス、アラン・リックマン
配給/製作(C)Warner Bros. Pictures/Heyday Films
シリーズ/関連ハリポタ/ファンタビシリーズ < 前作続編 >
日本興行収入173.0億円年間1位
世界興行収入8.7億US$(約968億円)年間2位
製作費1.00億US$(約110.0億円)
平均評価★★★★★78私の評価↓は含まず)

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』予告動画

ネタバレ感想『ハリーポッターと秘密の部屋』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。続編前作や関連映画は、ハリポタ/ファンタビシリーズ一覧も参考にしてください。

私の評価 ★★★★★77/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

ハリーポッターシリーズ2作目なので、世界観や登場人物の説明などはかなり省いていきなり情報量詰めこみまくりで好みです。序盤から一瞬のシーンや一言が重要な伏線になってるため、お茶飲む間も目を離せません。できれば日数開けずに2回度観ることをおすすめします。

ストーリー進行は前作とあまり変わらず、ロンドンの家でいじめられ、ホグワーツで授業やクィディッチの合間に、謎の事件が発生してそれを解明していくとヴォルデモートの秘密の1つにたどり着けるというものです。前回はスネイプ先生が怪しかったのですが、今回はマルフォイ、ハグリッド、ロックハート、ドビーなどが犯人候補です。

マルフォイが継承者か調べる時、ハリーとロンがポリジュース薬で変身して近づきますが、透明マントで代用できますね。ただそうすると、嘆きのマートルの女子トイレに行かなくなるため、秘密の部屋の発見は遅れてリドルが復活してたかもしれません。なぜジニーが死ぬと復活できるのかロジックが不明ですが。

50年前に秘密の部屋が開かれたというわりに、たった1人?のマグル出身の女生徒の犠牲だけでストップしたのはなぜなのでしょうか。また、バジリスクが石化能力をもつことは一般的に知られているはずなのに、教師陣は知らなかったのでしょうか。知ってれば怪物の絞り込みができたはずです。

そもそも、前作でもそうですが学園内での事件に、教師陣は無関心すぎます。優秀な魔法使いばかりのはずなのに、ハリーたちより捜査能力が低いのは最大のツッコミどころです。犯人は秘密の部屋へは出入りしてるはずなので、防犯カメラのような魔法があればすぐわかります。嘆きのマートルが教えない理由は何?

バジリスクの目を見るだけで即死するのに、今回は猫さえ誰も死んでないのは偶然にしてもやりすぎな気はします。謎の解明のさせ方も、バジリスクだと特定したのはハーマイオニーが図書館で調べた結果だし、リドルの犯行方法や50年前の真相などのほとんどはリドルが1人で語ってしまい、とても残念です。

いろいろツッコミどころをあげましたが、それ以外の部分にはとても満足できるし、キャラクター映画としも学園ファンタジーとしても素晴らしい完成度だと思います。秘密の部屋の存在やラスボスや50年前の関係者なども上手に隠しながら進めるミステリー要素もあり、個人的には前作より好きです。

今回登場の魔法生物は、大蜘蛛アラゴグ、大蛇バジリスク、不死鳥フェニックスです。またホグワーツ魔法魔術学校の創設者のエピソードも出てきて、そのうちの1人の継承者を倒したのが、もう1人の所有してた帽子や剣だったことになり、因縁としては面白いと感じます。ラストも二転三転して気が抜けないし、多くの人におすすめできる良作です!

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』おすすめ11ポイント

  • 人気ファンタジーシリーズ2作目
  • 序盤から見逃せず内容が濃い
  • 空飛ぶ車が楽しそう
  • ハーマイオニーの知識がたのもしい
  • 屋敷しもべ妖精ドビーが面白い
  • 伏線や情報量が多く回収もされる
  • ホグワーツ創設の歴史が語られる
  • ラスボスが二転三転してよめない
  • ヴォルデモートの学生時代が判明
  • ハリー対ルシウスが痛快
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる
映画ハリー・ポッターと秘密の部屋

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』少し残念9ポイント

  • ホグワーツ教師陣は鈍感で無能すぎ
  • ドビーのハリー妨害は度を越しすぎ
  • クモを追えの助言は無責任
  • 石化怪物に教師は気づかないの?
  • 誰も死ななかったのは偶然?
  • 誰もマートルに聞かなかったの?
  • リドルに真相を語らせすぎ
  • リドル復活の理屈が不明
  • ドビーが強すぎ

世界観や用語などの説明も少なくなり、序盤から内容を詰めこんでくるため、情報量はとても多いです。一瞬だけ出てくる人名・固有名詞・歴史などでも重要なものがあるので気は抜けませんが、分からなくても全く問題ありません。ぜひ1度、可能なら2度は観ることをおすすめします!

続編前作や関連映画は、ハリポタ/ファンタビシリーズ一覧も参考にしてください。

『ハリーポッターと秘密の部屋』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2021新作82鑑賞。2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/本格ミステリ/SFファンタジー/ホラー/アニメ/MCU。135国 海外旅行ブログ。応援コメント@pixiinsで待ってます(^^)
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2021新作82本/2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/ホラー/本格ミステリ/アニメ/MCU
今話題の映画やランキング
ホーム 本シリーズ一覧 興収ランキング
検 索
目 次