ピクシーン
映画ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想や評価一覧
更新を購読できます

映画『シン・ゴジラ』ネタバレあらすじ感想と評価一覧!進化する?大災害シミュレーション

  • SF/ファンタジー
  • パニック
更新 シェアボタン
シン・ゴジラ
(C)東宝、東宝映画、シネバザール
目次[非表示]
2016映画興行収入ランキング!日本おすすめベスト20

映画名
(↓クリックで開く)
興収日本
[億円]
興収世界
[億$]
100点
評価
1君の名は。250.33.5584
2シン・ゴジラ82.50.7778
3ズートピア76.310.2382
4ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅73.08.1475
5ファインディング・ドリー68.310.2876
6名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)65.3-77
7ONE PIECE FILM GOLD51.8-74
8ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー46.310.5678
9信長協奏曲46.1-66
10バイオハザード: ザ・ファイナル42.73.12-
11ペット42.48.7566
12映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生41.2-73
13オデッセイ35.46.3078
14映画 暗殺教室〜卒業編〜(第2作)35.2-65
15映画妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!32.6--
16アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅27.82.9964
17インデペンデンス・デイ: リサージェンス26.63.8955
18シビル・ウォー キャプテン・アメリカ26.311.5382
19この世界の片隅に26.0-84
20海賊とよばれた男23.7--
21映画 聲の形23.0-80
22ジャングル・ブック22.19.6674

『シン・ゴジラ』あらすじ(ネタバレなし)や概要

第40回日本アカデミー賞で11部門の優秀賞、うち7部門が最優秀賞。東京湾沖で水蒸気が噴出したり、アクアラインのトンネル崩壊事故などが発生。内閣官房副長官の矢口は、ネット動画などから巨大生物の可能性を示すが、政府は海底火山などと見て対応を進める。しかしすぐに巨大生物の尻尾がTV報道され、自衛隊の攻撃も付近住民が確認されて中止となる。ゴジラと名付けられた生物は、放射能を有するため、米軍の爆撃機による攻撃もはじまるが...

シン・ゴジラの予告動画

『シン・ゴジラ』興行収入や評価や情報

原題/英題:
GODZILLA Resurgence
製作国:
日本(2016.7.29公開) 上映: 119分
映画監督:
庵野秀明、樋口真嗣
主な出演者:
長谷川博己、竹野内豊、石原さとみ、高良健吾、大杉漣
配給:
東宝
製作:
東宝映画、シネバザール
興行収入[全世界計]:
US$ 77,947,607(約86億円)
興行収入[日本国内]:
82.5億円
映倫区分:
G(日本国内)
レビューサイト評価:
★★★★★ 78 /100(8サイトの100換算の平均評価)

シン・ゴジラを含むランキングやアカデミー賞

『シン・ゴジラ』ネタバレあらすじ評価と感想

★★★★★ 90点/100

『シン・ゴジラ』は、日本映画が誇るコンテンツを、エヴァンゲリヲンの監督である庵野秀明が、日本制作としては12年ぶりに作られた、怪獣パニック映画です。ゴジラは主役だけど、どちらかというと政治家達が奔走するポリティカル・サスペンスの方が当てはまります。

この映画のおすすめ、8つのポイント

  • ゴジラ映画の中では最も驚かされる
  • ゴジラ史上最大最強に興奮の連続
  • ゴジラの進化を見られる
  • ゴジラ増殖の可能性
  • 日本政府の災害シミュレーション
  • 特徴ある登場人物が多数出演
  • ラストで最も恐ろしい結末を知る
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる

少し残念?つっこみどころ、2つのポイント

  • 情報量が多すぎて理解するのが大変
  • ラストのゴジラは弱すぎた

『シン・ゴジラ』ネタバレ感想の総括

『シン・ゴジラ』は、東京湾で異変が発生し、アクアラインがトンネル崩壊し、政府が海底火山じゃないの?とか東日本大震災の時のように議論してるうちに、巨大生物が上陸して被害が拡大するシーンからはじまります。

2014年のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』は怪獣映画としては面白かったし、そこそこ成功もしたようだけど、正直ゴジラはしばらく見なくていいかなと思っていました。そんな人は多そうなので、制作陣のプレッシャーは大きかったと思います。

実際に上映開始時にはあまり観客が入ってなかったようです。しかしすぐに「なんかすごいの見た!」という口コミがSNSなどで広まって、あっという間に大ヒットとなりました。私も見るのは遅くなったけど、良い意味で裏切られまくって、ゴジラ史上最も面白い映画となりました。

『シン・ゴジラ』と東日本大震災との対比

この映画を一言で語るなら、怪獣映画ではなく、完全な災害パニック映画です。特に311の東日本大震災とその時の政権を連想させるシーンが満載でした。最初のアクアライン崩壊や尻尾の第一形態時は「遠くで地震が発生したけど大丈夫かな?念のために情報収集しとけ」程度の対応です。

すぐに第二形態の水生生物風になってからは、上陸して東京都の大田区や蒲田あたりを破壊しはじめます。政府はこの時点でやっと深刻な災害である巨大生物を認識しますが、まだ有害鳥獣駆除というわけのわからない名目で自衛隊を出動させます。

巨大生物はさらに進化して、第三形態となり二足歩行をしようとします。自衛隊に攻撃命令がくだりますが、逃げ遅れた住民がいたため、攻撃は中止されます。優柔不断な総理の決断力を皮肉ってるのかもしれませんが、リアルで起こった場合も同様に処理された気がします。

アメリカなら攻撃したかもしれません。やがて急激な進化で熱を持ちすぎたのか、巨大生物は東京湾へ戻ってしまいます。次に現れるまで政府はフル回転業務だったけど、肝心の住民の避難が後回しで、さらに多くの犠牲者をだしてしまいます。

この第四形態での再襲来は、大震災での「津波」や「原発事故」を表現してる気もしました。つまり最初に本震があった後に、住民の避難を急がせなかったことにより、本来なら防げたはずの被害を拡大させてしまったのです。

シン・ゴジラ

『シン・ゴジラ』驚かされたシーン

怪獣映画は初期の頃は、怪獣が現れてそれを人間が退治するというものでした。しかしすぐに飽きられて、今度は別のもっと悪い怪獣が現れて怪獣vs怪獣になり、人間も協力して悪い方をやっつけるという王道パターンが出来上がり、現在に至ります。

今年上映の『デッドプール』『スーサイド・スクワッド』は怪獣ではないけど、同じように「毒をもって毒を制す」的なアメコミ原作のヒーロー映画です。

『シン・ゴジラ』はこの最近の流れを逆流して、原点回帰したところに、まず意表をつかれました。つまり、人類の脅威になりえる怪獣が出現して、これを人類の知恵のみで倒そうとします。しかも非核三原則のとおり、核兵器は使わず使わせずにという難問付きです。

最初に驚かされたのは、多摩川を上陸しながらはい進むエラのある水生生物の姿です。モスラでもガメラでもなく、全く新しい怪獣が現れて街を破壊し、それをゴジラが倒しに来るんだなと思いました。ところがすぐ、二足歩行の姿になると、まぎれもなくこいつがゴジラだとわかります。

この第二形態については、ゴジラに愛着がある人ほど驚いたのではないでしょうか。ゴジラっていつもあの怪獣の姿で上陸してくるので、まさかその前の進化の形があるとは予想してなかったです。エヴァンゲリヲンでも形態が変わる使徒がいたので、ゴジラにも取り入れたのでしょう。

第二形態を見た時、今回の映画は「ゴジラ」シリーズだと思って見てはいけないと思いました。あの怪獣は動く災害であり、人間よりも進化した生物であり、おそらく人類をうるさい虫ていどにしか見てないのだと感じました。

さらに二足歩行の第四形態で鎌倉に再上陸して横浜や川崎を歩行した時には、今度こそ「タバ作戦」で自衛隊が持つ最高の攻撃をしかけたけど、ゴジラはたたき落とそうともしないので、蚊以下にしか感じてない様子です。

そしてこの映画で2回めの驚きがおとずれます。米軍の爆撃機が地中貫通爆弾?をあびせた時に、はじめてゴジラが負傷します。そして怒ったというよりも、うっとうしい虫を殺虫剤で落とすように、口から火炎放射やレーザー光線、背びれから複数の光線を出して爆撃機を全て撃ち落とします。

歴代ゴジラも口から火炎放射は出しますが、レーザー光線ははじめて見たし、背びれからの複数レーザーなんて、ゴジラどころか実写映画では見たことありません。それゆえに間違いなく、ゴジラ史上でも最強のゴジラだと思います。

この攻撃により、いそいそとヘリで逃げようとしていた総理大臣を含む主な閣僚は、見逃してしまうほどあっさりと消滅します。あまり活躍してないどころか、決断も遅い老害ばかりだったので、感傷的にはなれませんでした。それも監督の皮肉でしょうか。

アメリカ映画なら、大統領だけ生き残って、核兵器の許可をだしたり、自ら戦闘機に乗って攻撃をしかけるのでしょうね。『インデペンデンス・デイ』のように。余談ですが日本の首相が有事に良い方向に化けた漫画として『沈黙の艦隊』をあげておきます。

いずれにしろ、総理大臣など閣僚があっという間に消滅したのは、この映画で3回目に驚かされた場面です。そして次の4回目の驚きもすぐでした。これまでのゴジラ映画では「進化」どころか「増殖」も全く考えたことなかったのに、その可能性がでてきたのです。

なんとゴジラは無性生殖つまり異性がいなくても1体のみで増殖できる可能性があるとのことです。次の世代に持ちこさずに、単体で進化できるため、突然翼が生えてきて大陸間を超えて拡散する可能性もありそうです。まさに「神」です。

もし続編があるなら『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』ならぬ『ゴジラの惑星』になりそうです。そうなるとターミネーターでも作らないかぎり、人類に勝ち目はなさそうです。

『シン・ゴジラ』気になる登場人物

主人公はおそらく長谷川博己が演じる矢口 蘭堂(らんどう)なのでしょうが、キャラの特徴が薄いです。竹野内豊が演じる赤坂は、有能さよりも世渡り上手なだけです。

一番印象的だったのは、アメリカ大統領特使の日系人でバイリンガルの、石原さとみ演じるカヨコ・アン・パタースンです。不必要にカタカナ英語まじりの話し方はともかく、エヴァのみさとさん的キャラで頼もしいのですが、結果的に国連との交渉でしか役立たなくて残念キャラでした。

日本の政治家や官僚は、リアルでもいそうな人ばかりで納得感ありましたが、最も印象的だったのは、市川実日子が演じる尾頭ヒロミです。環境省の課長補佐という微妙な役職だけど、生物オタクでゴジラの生体解析では大活躍します。

巨大生物が最初現れた時に述べた意見は、あり得ないと一蹴されますが、これが日本の官民がオタク人材を生かしきれてない皮肉になってると思います。その後「巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)」が設置された時には主要メンバーに加えられます。

この巨災対には、尾頭のように専門知識はあるけどコミュニケーション能力に問題がありそうなメンバーがたくさん集められて、一種のオタク部隊になっています。ただ本来なら一匹狼の彼らを束ねたことにより、とんでもなく強力なチームが出来上がりました。

あとは防衛省の統合幕僚長も「仕事ですから」という日本の官僚的なセリフが特徴的でした。日本が滅びそうな時に、仕事でなければやらないのか、とつっこんでおきます。

『シン・ゴジラ』結末/ラストシーン

ゴジラがエネルギー不足で2週間くらい凍結してる間に、日本政府はゴジラの発見者?の牧教授の暗号を解読して「ヤシオリ作戦」を実行することになります。それが失敗すると国連安保理が核攻撃することが決定しているので背水の陣です。

ここまででかなり驚いてきたので、少しくらいではもう感心しないぞと思ってたけど、無人の新幹線を爆弾化してゴジラにぶつけた時には、5度目の興奮をしてしまいました。新幹線といえば世界でも名が通る、日本の技術力の象徴なので、欧米人も興奮させようという意図も含んでると思います。

さらに在来線も複数、爆弾としてぶつけて、空からドローン攻撃もし、ゴジラを消耗させたあとで、東京の高層ビル群を爆破して下敷きにします。ちなみにこの時のゴジラは休息中なので、反撃はほぼ自動化された防衛本能のようなものなのでしょうか。

そしてついにゴジラのしっぽからもレーザー光線が出た時には、6回目の驚きというか、もう大興奮です。もはやこのゴジラは巨神兵ですね。富士山も切り落としてほしかったです。

そんな中、日本人(自衛隊員?)はせこせこと地道にポンプ車で大量の血液凝固剤を、倒れたゴジラの口から流し込みます。口から入れても血液は固まらない気もしますが、そのへんは何か工夫をしているのでしょう。第一陣はあっさり全滅します。

しかし人間は人海戦術で、次々とわいて出てきて、せっせと口に血液凝固剤を流し込み続けます。これを見たゴジラは、後に人型に進化しようと考えたのかもしれません。なんとか人間側というか日本人側が勝利して、ゴジラも国連の核攻撃も防ぐことができたのです。

少し残念だったのは、ラストのゴジラは米軍の爆撃機をやっつけた時よりも、明らかに動きが悪くて弱かったです。エネルギー不足に追い込んだとは言え、人間より進化した生物が、口から何かやばい薬品を入れられてるのに、吐き出さないのは都合良すぎます。

ゴジラの放射線の半減期がかなり短いのも気になるけど、どちらにしろゴジラが動き出したら即座に国連の核攻撃があるため、もはや東京周辺に人は住めないでしょうね。首都機能は大阪か福岡に移転でしょうか。箱根の第3新東京市はゴジラに近すぎて却下ですね。

『シン・ゴジラ』トリビアや考察など

東京湾で行方不明になった牧元教授については、情報がなさすぎて推測すらできませんが、ゴジラ調査中に巻き込まれたのか、自殺したのかのどちらかだと解釈しました。

ラストでゴジラの尻尾に人型が見られましたが、これについては考察できます。ゴジラは人間を虫けらのように見てる上位の存在なのに、その小さな人間によって倒されようとしてることを悟ります。つまり人間の方が、巨大なゴジラよりも上位に位置すると判断したのです。

だからこそ次の進化は小さな人型になるか、人型をたくさん産むか、または人型に分裂するかだったのではないでしょうか。なぜしっぽなのかというと、第一形態の時から存在するしっぽは、ゴジラの体内では最も古く、進化の秘密もそこに隠されてる気がします。

しっぽからレーザー光線を出した時に、独立して生きてる感じもしたので、大胆仮説としては、脳すらも尻尾にある可能性があります。

そして続編の有無に関わらず、この映画の世界で最も恐ろしい事態があるとすれば、しっぽから切り離された人型ゴジラが既に人間の中に入ったという可能性です。まさに新世紀エヴァンゲリオンの第1の使徒(第13の使徒でもある?)の渚カヲルです。

何度も書きますが、ゴジラの歴代映画では最も興奮できるし、怪獣映画というよりは大震災の災害シミュレーション的な見方もできる『シン・ゴジラ』は、食わず嫌いにならずに、できるだけ多くの人に観てほしいしおすすめしたい作品です!

新作映画のネタバレあらすじ評価と感想もチェック!

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ評価と感想

エイリアン コヴェナント上映中感想あり

2017.9.18更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ評価と感想

新感染 ファイナル・エクスプレス上映中感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ評価と感想

ワンダーウーマン上映中感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

スパイダーマン ホームカミングネタバレあらすじ評価と感想

スパイダーマン ホームカミング上映中感想あり

2017.9.20更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ評価と感想

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女今年!感想あり

2017.9.5更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パワーレンジャー今年!感想あり

2017.9.7更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

ライフ(2017)今年!感想あり

2017.7.8更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ評価と感想

ジョン・ウィック チャプター2今年!感想あり

2017.7.7更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ評価と感想

ハクソー・リッジ今年!感想あり

2017.8.4更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ評価と感想

LOGAN ローガン今年!感想あり

2017.7.11更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ評価と感想

メッセージ今年!感想あり

2017.7.14更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ評価と感想

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

2017.9.13更新 ★★★★★

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ評価と感想

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ評価と感想

美女と野獣(2017)今年!感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

グレートウォールネタバレあらすじ評価と感想

グレートウォール今年!感想あり

2017.9.10更新 ★★★★★

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ評価と感想

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

2017.8.22更新 ★★★★★

キングコング 髑髏島の巨神ネタバレあらすじ評価と感想

キングコング 髑髏島の巨神今年!感想あり

2017.9.19更新 ★★★★★

パッセンジャーネタバレあらすじ評価と感想

パッセンジャー今年!感想あり

2017.8.2更新 ★★★★★

SING シングネタバレあらすじ評価と感想

SING シング今年!感想あり

2017.8.25更新 ★★★★★

モアナと伝説の海ネタバレあらすじ評価と感想

モアナと伝説の海今年!感想あり

2017.8.14更新 ★★★★★

アサシン クリードネタバレあらすじ評価と感想

アサシン クリード今年!感想あり

2017.5.11更新 ★★★★★

ラ・ラ・ランドネタバレあらすじ評価と感想

ラ・ラ・ランド今年!感想あり

2017.9.21更新 ★★★★★

トリプルX 再起動ネタバレあらすじ評価と感想

トリプルX 再起動今年!感想あり

2017.7.6更新 ★★★★★

この世界の片隅にネタバレあらすじ評価と感想

この世界の片隅に昨年!感想あり

2017.9.16更新 ★★★★★

君の名は。ネタバレあらすじ評価と感想

君の名は。昨年!感想あり

2017.8.8更新 ★★★★★

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅ネタバレあらすじ評価と感想

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅昨年!感想あり

2017.7.16更新 ★★★★★

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.8.29更新

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

ミニオンズシリーズやイルミネーション映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.9.20更新

エイリアンシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

エイリアンシリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧

2017.9.22更新

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

2017.9.19更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

シン・ゴジラ関連のネタバレあらすじ評価と感想