ピクシーン
映画ランキング/興行収入/評価一覧/ネタバレあらすじ感想
更新を購読できます

映画『スパイダーマン ホームカミング』ネタバレあらすじ感想と評価一覧!アイアンマン父になる!マーベルに合流

  • SF/ファンタジー
  • アクション
  • マンガ/コミック原作
更新 シェアボタン
スパイダーマン ホームカミング
(C)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、マーベル・スタジオ、コロンビア映画

『スパイダーマン ホームカミング』あらすじ(ネタバレなし)や概要

マーベル・シネマティック・ユニバース。トニー・スタークにスーツを与えられて『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』にも参戦したピーター・パーカーは、その後も部活のノリで自警活動を続けていた。ある日、アベンジャーズの戦いの残骸を武器として売る連中を見つけるが...

スパイダーマン ホームカミングの予告動画

『スパイダーマン ホームカミング』興行成績や評価や情報

原題/英題:
Spider-Man: Homecoming
製作国:
アメリカ(2017.7.7公開)
日本上映開始:
2017.8.11 上映時間: 133分
映画監督:
ジョン・ワッツ
主な出演者:
トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファブロー、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr
配給:
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
製作:
マーベル・スタジオ、コロンビア映画
製作費:
約US$ 175,000,000(約193億円)
興行収入[全世界計]:
US$ 880,083,305(約968億円)
興行収入[日本国内]:
28.0億円
映倫区分:
G(日本国内) PG-13(USA)
レビューサイト評価:
★★★★★ 76 /100(8サイトの100換算の平均評価)

スパイダーマン ホームカミングを含むランキングやアカデミー賞

『スパイダーマン ホームカミング』ネタバレあらすじ評価と感想

★★★★★ 67点/100(60が平均)

『スパイダーマン ホームカミング』ネタバレ感想の総評や考察

スパイダーマンの実写映画としては6作目ですが、リブート版(作り直し)なので、世界も主人公も旧作とは全くつながりはない完全新作です。マーベル・シネマティックユニバースとしては16作目ですが、ヒーロー誕生物語に近いため、これだけ見ても楽しめます。『アイアンマン』だけは見ておいてもいいでしょう。

ちなみにマーベル製作1作目の『アイアンマン』を監督したジョン・ファブローが、ハッピー役として主人公ピーターのお目付け役で出てくるのも面白い流れだと思います。やんちゃだったトニー・スタークが父親役として父性を発揮するのもいいし、ラストでは本当の父親になる可能性さえ出てきます。

「ホームカミング」というタイトルは、映画のラストでのホームカミング・パーティーだけでなく『スパイダーマン』がついにマーベルMCUに合流したという意味や、街の人々がいつも無事に家へ帰れるくらい身近な悪と戦う「あなたの親愛なる隣人」を表しているのだと思います。

ストーリーは、既にスパイダーマンとしてYouTubeなどで話題になってた若者をトニー・スタークが一時的にアベンジャーズにスカウトし、その後もトニーに認められたい若者が承認欲求を満たすために、街のパトロールや自警活動に自主的に取り組み、やがて世界のバランスを崩しかねない悪と戦うという話です。

学園青春ものの要素もあるため、やや低年齢向けにも作られていて、ヒーロー誕生物語としては退屈に感じる場面もあります。また、マーベル映画の肝ともいうべき戦闘アクションが少なくて、悪役(ヴィラン)も怖くなく強くないので、それらを期待してた人には物足りなく感じるかもしれません。次作のスコーピオン、ショッカー、プロウラー、ヴェノム?には期待したいです。

ただ、マイケル・キートン演じるバルチャーの、冒頭でトニー・スタークに仕事を奪われた中小企業の社長ぶりには同情したくなります。また、ピーターに正体を明かした時の恐ろしさで、お遊びから命をかけるヒーローへ一線を超えさせたキャラ造形や演技は素晴らしいです。悪役ですがトニーとは紙一重で、ピーターの父親役でもある気がします。

ソニーコロンビア制作なのであきらめてたけど『アベンジャーズ』合流は見事に果たして奇跡のようです。ラストが近づくにつれ畳みかけるような驚きの連続は、退屈だった場面も忘れさせるくらい興奮できます。続編も決定し、MJやヴィランの芽もほのめかされてるので、ぜひ1度は観ることをおすすめです。

『スパイダーマン ホームカミング』おすすめ10ポイント

  • マーベルMCUにホームカミング
  • 学園青春・SFヒーローアクション
  • 過去作や関連作オマージュ多い
  • ネッド、リズ、ミシェルが個性的
  • トニー・スタークの父親ぶり
  • アイアンマンかっこよすぎ
  • ハッピーの出番が多い
  • バルチャーの正体に驚き
  • トニーとペッパーの婚約めでたい
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる

『スパイダーマン ホームカミング』少し残念9ポイント

  • 学校や生徒とのやりとりが退屈
  • ピーターは一般家屋を破壊しすぎ
  • 自らトラブルをまねき解決してない
  • トニー管轄セキュリティが雑すぎ
  • ATM強盗は捕まえないの?
  • ATM強盗がフェリー取引知ってる?
  • ピーターは軽薄すぎる
  • 戦闘アクションが物足りない
  • 悪役が強敵ではない

『スパイダーマン ホームカミング』ネタバレあらすじ感想や解説

アベンジャーズ』の後、ニューヨークでがれき撤去をまかされたエイドリアン・トゥームス(マイケル・キートン)らは、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)と政府が設立したダメージ・コントロール(損害統制局)により職を奪われるが、チタウリの残骸を再利用し密売し始める。

8年後、クイーンズの高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、トニー・スタークに「スパイダーマン」として発見され、特性スーツを与えられて『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』に参加し、キャプテン・アメリカの盾を奪ったことで興奮してしまいます。

ピーターは高校では冴えない感じだけど、学業成績には秀でて、気になる女生徒リズ(ローラ・ハリアー)がアカデミック・デカスロン(全米学力コンテスト)を目指すため毎日知識をつめこんでる部活動に入ります。しかしトニーに認められたくて「スターク社のインターン生」として1人で街の自警を始めます。

冒頭から「アベンジャーズ」「チタウリ」などおなじみの単語も出てきてファンはうれしいし、知らなくてスルーしても問題ないバランスは絶妙です。ピーターがシビル・ウォーに誘われた時にPOV(ビデオ動画の自撮り。ファウンド・フッテージ)撮影する映像も新鮮で良いアイデアだと感じます。

ピーターは授業が終わると部活にも参加せず、路地裏でスパイダーマンのスーツに着替えて、街の小さなトラブルを解決しようとします。自動車泥棒だと思って糸で縛った若者は自分の車だったので怒り出し、近所の人たちもうるさいと窓から苦情を言います。その中に原作者スタン・リーおじいちゃんもいます

ピーターは毎日の活動報告をスマホのメッセージアプリで、トニー・スタークの運転手兼ピーター監視役のハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)に送信しますが、返信はありません。ある日、アベンジャーズのお面をかぶってハイテク道具を使うATM強盗団を見つけ、スパイダーマンとして捕まえようとします。

しかし地球上では見たこともないような強力な兵器のせいで苦戦して逃げられただけでなく、ピーターがよく通う向かいの食品店ごと破壊されてしまいます。店のおやじとペットの猫は無事に救出します。ピーターは路地裏に隠したリュックさえなくなっていて、さらに落ちこみながら自宅へ帰ります。

他のマーベル・シネマティックユニバースに比べるとかなり軽すぎるノリで、より若年層にもアピールしてる気がします。その分、深刻さが薄れていますが、ATM強盗のハイテク兵器で知合いのデリを破壊することにより、ピーターだけでなく視聴者の目も覚ます演出は見事です。

スパイダーマンスーツを着たまま、窓から自分の部屋へ入り、天井にはりついて歩いている姿を、部屋で待ってたオタクで太っちょの友人ネッド(ジェイコブ・バタロン)に見られてしまいます。ピーターはネッドを口止めしますが、興奮してしゃべりそうな雰囲気です。

その晩、ピーターは育てのおばさんメイ・パーカー(マリサ・トメイ)とタイレストランへ行きますが、ATM強盗を逃したことやネッドにバレたことなどが気がかりで食事はすすみません。翌日、学校では近々開催の「ホームカミング・パーティー」でのペア探しの話題などで盛り上がっています。

上級生と合同の体育の授業で、ピーターとペアになったネッドは、スパイダーマンやアベンジャーズの質問ばかりしてきて、ピーターは少しうんざりします。上級生であこがれのリズが「スパイダーマンが好き」と会話してるのを聞き、ネッドは「ピーターはスパイダーマンと友達」と言ってしまいます

それを聞いた、いじめっこのフラッシュは、リズ家で開催のパーティーにスパイダーマンを連れて来るよう言います。なりゆきとは言え、憧れのリズのパーティーに招待されたピーターは、ネッドが余計なことを言ったことも許して、有頂天になります。

パーティー当日、ネッドはウェスタンハットでめかしこみ、ピーターはスーツの下にスパイダーマン衣装を着込んで出席し、リズにも歓迎されて上機嫌です。しかし2人は雰囲気になじめず、ピーターは外でスパイダーマンスーツに着替えます。その時、遠くに不思議な光線を見つけ、不審に思い現場へ向かいます。

歴代のスーパーマンも学園ものなので仕方ないけど、学校生活の場面は少し退屈に感じるのでもっと短めでも良い気がします。いじめっこフラッシュは、今までは屈強な体育会系だったけど、現代風にしたのか今回は金持ちでいやみなだけの男になってます。旧作の恋人MJがいなくてあれ?とも思います。

ピーターはそこで、ATM強盗がハイテク兵器の密売者と取引中なのを見つけ、攻撃されて逃走されたのを、近道しながら追います。その道中、近隣の家に迷惑かけたり破壊したりします。密売犯を捕まえようとした時、大きな翼を持つバルチャー(正体は冒頭で出たトゥームス)に捕まり、上空から落とされます

スーツのパラシュートで川へ落ちたスパイダーマンは、アイアンマン・マーク47に助けられ「子どもは関わるな」と説教されますが、トニー本人はヒンズー寺院での会合中で、アイアンマンは無人です。ピーターは認めてほしくて反論しようとすると、回線を切られたため、気持ちのやり場がなくなってしまいます。

一方、トゥームスは今までアベンジャーズから隠れて、チタウリやウルトロンの残骸を利用して兵器を密売してきたのに、ついにアイアンマンに目をつけられたことに腹を立て、勝手な行動をとるジャクソン・ブライスを解雇しようとしますが、今までの犯罪をバラすと脅してきたため、兵器で消し去ります。

ピーターは密売者が戦闘時に落とした武器の破片を拾ってコアを取り出しますが、密売者ハーマン・シュルツらが探知機で取り戻しに来たので、逆に発信機を取りつけます。敵がワシントンD.C.へ行ったことをつかんだピーターは、アカデミック・デカスロン会場も近いため、部活に復帰して皆とバスで向かいます

バス車内では、全米学力コンテストのために最後の追いこみ問題を解きますが、ピーターの知識力にリズも「戻ってきてくれて良かった」と感激します。その晩、ネッドのコンピュータースキルで、スパイダーマン・スーツのGPS発信機をはずし、トニーやハッピーに追跡されないようにします。

また、ネッドはスーツがトレーニングモード(補助輪モード)になってることも見つけ、ピーターの懇願によりフル装備に変更します。ピーターはリズに夜のプールに誘われますが、兵器密売者を捕まえてトニーに認められたいため、ホテルを抜け出します。しかしフル装備スーツは多機能すぎて使いこなせません。

トニー・スタークは、男親のいないピーターには父親のような存在だし、戦闘経験の多い機械のアイアンマンと、まだ幼さの残る生身の超人スパイダーマンも全くかぶる部分がないので相性は良いと感じます。敵を捕まえるために部活に戻ったピーターの行動は、軽薄で皆をだましすぎてて好きになれません

トゥームスらはトニーのダメージ・コントロール(損害統制局)がトラック輸送する兵器を、バルチャーや空間透過装置などを使って奪おうとしますが、スパイダーマンが邪魔して少ししか奪えません。多機能スーツに慣れないピーターはトラック内で気絶して、厳重な倉庫に朝まで閉じ込められてしまいます。

ピーターはアカデミック・デカスロン(全米学力コンテスト)の大会には間に合わず、仕方なくフラッシュが代わりに出ますが1問も答えられません、しかし、ピーターを追い回す女性ミシェル・ジョーンズ(ゼンデイヤ)やリズの活躍により、チームは優勝します。その後、チームでワシントン記念塔へ登ります

ピーターは倉庫内でパワーコアの部品が爆発物であることを知り、ネッドに電話するがつながらず、朝になって倉庫から出た後、ネッドに電話するも真剣に聞いてもらえず、ピーターは急いでワシントン記念塔へ向かいます。しかし記念塔のエレベーターでネッドの持つ部品が爆発し、チームは宙吊りになります。

スパイダーマンは全速力でワシントン記念塔に登り、スーツ・レディ「カレン」の指示や昆虫型ドローンも使い、最適な進入路を見つけますが、窓は強化ガラスで簡単には割れません。警察ヘリからも銃を向けられたスパイダーマンは、滑空ウィングを使ってヘリを飛び越え、その勢いで記念塔内に侵入します。

エレベーターは重量に耐えきれず落下しますが、間一髪でスパイダーマンが強力な糸で落下を止めます。チームメンバーは脱出しますが、リズだけは間に合わず落ちていくのを、スパイダーマンは必死になって助け出します。そして全員無事にニューヨークへと戻ります。

トリビアネタですが、スーツ・レディ(お姉さん)のカレンの声優ジェニファー・コネリーは、アイアンマンの最初のAIジャーヴィスで今はヴィジョンとして登場中のポール・ベタニーとは現実での夫婦だそうです。リズがエレベーターから落ちるのを救うシーンは『アメイジング・スパイダーマン2』のラストを知ってると涙が出そうです。

ピーターはATM強盗の男プロウラーを見つけてスーツの「強化尋問モード」を試すがうまくいかず地声で街の大切さを伝えると、トゥームスらが自由の女神の横を通るスタテン島フェリー内で、マック・ガーガン(マイケル・マンド)らと兵器取引するらしいことを聞き出し、フェリーへ向かいます。

昆虫型ドローンなどを使って兵器取引の証拠をつかんだスパイダーマンは阻止しますが、バルチャーとなったエイドリアン・トゥームスに攻撃され苦戦します。張り込んでたFBIも現れ混戦となりますが、スパイダーマンがバルチャーのレーザー砲を叩き落とすと暴走して、フェリーは真っ二つになり沈み始めます

バルチャーは「取り返しのつかないことをしたな」と言い去ります。スパイダーマンは左右に割れたフェリーを蜘蛛の糸で縫い合わせるようにつなぎ、乗客からは喝采をあびますが、特殊糸でもすぐに切れてしまい、身を犠牲にしてでもつなぎとめようとしたところ、アイアンマンが救出に来ます。

トニー・スタークのハイテク道具でフェリーを左右から押して、アイアンマンが溶接してフェリーを陸まで運び救出に成功します。今回はトニー自らやって来てて、大勢の犠牲者を出しそうになったピーターの軽率な行動を批判し、スパイダーマンスーツを没収します。

兵器を購入してるだけのプロウラーが、トゥームスのフェリー取引きについて知ってるのはおかしいと感じます。フェリーが真っ二つに割れたのにレーザーによる死傷者がゼロなのも、都合よすぎると思います。ただ、スパイダーマンの奮闘ぶりと、アイアンマン登場シーンはこの映画で最も興奮できます。

帰宅したピーターは、スタテン島フェリー事故で心配してずっと電話をかけてたメイおばさんに叱られますが、スターク社のインターンを首になったピーターをなぐさめてもくれます。翌日からピーターは普通の高校生として学園生活に集中することにします。補習授業には、なぜかミシェルも出席してます。

ピーターは意を決して、ホームカミング・パーティーのパートナーにリズを誘うとOKをもらえます。メイおばさんにお願いして、スーツや身なりの整え方、ダンスの踊り方などをレクチャーしてもらったピーターは当日、リズの家へ迎えに行きますが、出迎えてくれたリズの父親はトゥームスで驚きます

ピーターは正体がバレてないけど動揺を隠せません。パーティー会場まで車で送ってくれるトゥームスは、リズの会話内容やピーターの声から、スパイダーマンだと見抜き、リズが降りて2人きりになった時に「ビジネスを邪魔すると家族にも危害を加える。リズを救ってくれたから今は殺さない」と言います。

ピーターはパーティー会場へ入り、謝罪してリズを置いてけぼりにして、自作のしょぼいスパイダーマン・スーツを着て、リズの父トゥームスを追います。そこへトゥームスの部下で、ショッカーことハーマン・シュルツ(ボキーム・ウッドバイン)が、破壊力あるガントレットで立ちふさがり攻撃してきます。

ピーターはトニーのスーツではなく、ウェブシューターも落としてしまい、ハーマンに苦戦します。間一髪の時、ネッドがウェブシューターを拾ってハーマンに発射して形勢逆転し、動けなくします。ピーターはトゥームスの車にスマホを置いてきたので、ネッドにGPS位置情報を追って連絡するよう言います。

ネッドはスパイダーマンの後方支援(バックヤード)を学校のコンピュータールームで行い、念願がかない、はりきります。トゥームスがある倉庫へ入ったことを突きとめます。ハッピーにかけた電話は、スタークタワーの引っ越しの最中で忙しくて切られます。そして教員に見つかり部屋を追い出されます。

今回はベンおじさん殺害や、スパイダーマンになる経緯も省略されてるので、ミステリー要素は全くないと感じてましたが、まさかバルチャーの正体が、ピーターの憧れの女性リズの父親だったとは驚きです。リズを黒人にしたのもカモフラージュだったのでしょうか。トゥームスの家族話は何度も出てきてました。

ネッドは後方支援の人にあこがれてましたが、夢がかなえられた展開は、サイドストーリー的にも素晴らしいです。ウェブシューターを拾って戦闘支援までしたのはコメディ的でもありますが好みです。ちなみにウェブシューターは壁を登れなくても使いみちありそうな気がします。

スパイダーマン ホームカミング

『スパイダーマン ホームカミング』ネタバレ結末や考察/ラストシーン

倉庫でトゥームスを追いつめたピーターは、バルチャーの翼に襲われるが全てよけます。しかしそれはトゥームスの見せかけの攻撃で、支柱を破壊するのが狙いでした。崩れた天井の下敷きになったピーターは混乱しますが「スーツがなくても力を見せろ」と言ったトニーの言葉を思い出し、自分を信じて脱出します。

ハッピーが仕切ってアベンジャーズ・タワーからの引越しが行われようとしています。無人輸送機への武器やアベンジャーズ関連機材の搬入は終えて出発させます。それをエイドリアン・トゥームス(マイケル・キートン)ことバルチャーは奪おうと飛び立ちますが、そこへスパイダーマンも糸をつけて追います。

輸送機内に入り、数々の兵器を手に入れて喜ぶトゥームスでしたが、監視カメラでスパイダーマンが張り付いてることがわかり、落とそうとして戦闘になりますが、損傷を受けた輸送機は落下して行き、スパイダーマンは必死に進路を変えて海のそばの無人の場所に墜落させ炎上します。

バルチャーは今にも翼が崩壊しそうな状態ですが、それでも家族を養うために、スターク社の兵器を持ち去ろうとします。ピーターはとめようとしますが、トゥームスは聞かず、やがてバルチャーは爆発して落下します。ピーターはなんとかトゥームスを救い出し、命は助かります。

大炎上した現場に、消防・警察やハッピーが到着した時、クモの糸で縛られたトゥームスと、燃えずに残った兵器類と、スパイダーマンからの「トニーさん、飛行機ごめんなさい」の張り紙だけを見つけます。父エイドリアン・トゥームスが逮捕されたため、リズは引っ越すことになり、ピーターに別れを告げます。

引越しを無人輸送機にまかせるのはあり得ないですが、貴重品があるならアイアンマンも同乗したのでしょう。ラストバトルは上空の飛行機上というありきたりな場面でもあり、格闘戦やアクションもほとんどなくてかなり物足りないです。宿敵が友人の父親なので殺したくないという展開は、今までのスパイダーマンとも共通しています。

後日、ピーターはハッピーに新しいアベンジャーズ施設へ連れてこられます。そこでトニー・スタークから、新しいデザインと高性能のスパイダーマン・スーツをプレゼントされ、新たにアベンジャーズの一員として今から記者会見するため、多くの報道陣を待たせてることを告げられます。

しかしピーターはプレゼントもアベンジャーズの一員になることも断って「これ、テストですよね?記者とかいないでしょ?」と言います。ピーターが去った後、ドアが開くと大勢の報道陣が待たされてて、ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)が出てきて「どうするの?」という顔をします。

トニー・スタークは「仕方ない、あれを使うか。ハッピー、2008年から持ってるだろ?」と言って、ポケットから出した婚約指輪を受け取ります。そしてトニーは動揺しながらも喜ぶペッパーと一緒に会見会場へ行き、婚約発表の場に変えるつもりです。

高校ではリズが引っ越すため、新しい部活リーダーとしてコンテストで活躍したミシェル・ジョーンズが選ばれます。彼女はピーターに「MJって呼ばれてるの」と言います。ピーターが帰宅すると、トニーから正式に今までのスーツが送られてきて、さっそく着たところをメイおばさんに見られてしまいます。

エンドクレジット途中、刑務所のエイドリアン・トゥームスにスパイダーマンの正体を教えろと話しかけてきたのは、フェリー取引で逮捕されたサソリの刺青のマック・ガーガンです。彼は原作ではスコーピオンと呼ばれるヴィランで、宇宙寄生生物ヴェノムの寄生先でもあるので次回の悪役になる可能性ありです。

そしてエンドロール後、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)の教育ビデオ撮影風景が出てきて「忍耐がむくわれないと、がっかりしますね・・・撮影、あといくつ?」とだけ言って終わります。つまり、最後まで期待して待ってた人にも、特に重要なオマケ映像はないという結末です。

ラストでいくつものサプライズが用意されてます。新デザインのスパイディースーツはぜひ着てほしいデザインです。別れた?可能性もあったペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)再登場だけでなく、ハッピー演じるジョン・ファブロー製作の『アイアンマン』の2008年から用意してた婚約指輪をハッピーがポケットから出し、ついに婚約発表したのは涙出そうなほどうれしい展開です。

アベンジャーズ本拠地の引越し先は『アントマン』でファルコンが戦った場所と同じでしょうか。今回はMJではなくリズが恋人役だと思いましたが、ラストでミシェルことMJが登場して気になる存在になりそうです。メイおばさんに正体知られたり、サソリ刺青のスコーピオンやヴェノムも気になります

ディズニー製作ではないのでMCUとのつながりは希薄だろうと思ってましたが、他の作品以上に強くつながりをアピールしてるし、トニーやアイアンマンの登場バランスも絶妙だし、ラストの数多くのサプライズにより次回作も楽しみになるので、ぜひ1度は観ることをおすすめします!

新作映画のネタバレあらすじ評価と感想もチェック!

IT イット それが見えたら、終わり。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

IT イット それが見えたら、終わり。上映中感想あり

2017.11.15更新 ★★★★★

マイティ・ソー バトルロイヤルネタバレあらすじ感想と評価一覧

マイティ・ソー バトルロイヤル上映中感想あり

2017.11.15更新 ★★★★★

ゲット・アウトネタバレあらすじ感想と評価一覧

ゲット・アウト上映中感想あり

2017.11.18更新 ★★★★★

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォーネタバレあらすじ感想と評価一覧

猿の惑星 聖戦記 グレート・ウォー上映中感想あり

2017.11.15更新 ★★★★★

僕のワンダフル・ライフネタバレあらすじ感想と評価一覧

僕のワンダフル・ライフ上映中感想あり

2017.11.16更新 ★★★★★

ドリームネタバレあらすじ感想と評価一覧

ドリーム上映中感想あり

2017.11.16更新 ★★★★★

エイリアン コヴェナントネタバレあらすじ感想と評価一覧

エイリアン コヴェナント今年!感想あり

2017.11.7更新 ★★★★★

新感染 ファイナル・エクスプレスネタバレあらすじ感想と評価一覧

新感染 ファイナル・エクスプレス今年!感想あり

2017.11.8更新 ★★★★★

ワンダーウーマンネタバレあらすじ感想と評価一覧

ワンダーウーマン今年!感想あり

2017.11.11更新 ★★★★★

この世界の片隅にネタバレあらすじ感想と評価一覧

この世界の片隅に昨年!感想あり

2017.11.8更新 ★★★★★

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女今年!感想あり

2017.11.11更新 ★★★★★

パワーレンジャーネタバレあらすじ感想と評価一覧

パワーレンジャー今年!感想あり

2017.11.7更新 ★★★★★

ライフ(2017)ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ライフ(2017)今年!感想あり

2017.11.15更新 ★★★★★

ジョン・ウィック チャプター2ネタバレあらすじ感想と評価一覧

ジョン・ウィック チャプター2今年!感想あり

2017.11.14更新 ★★★★★

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊ネタバレあらすじ感想と評価一覧

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊今年!感想あり

2017.11.9更新 ★★★★★

ハクソー・リッジネタバレあらすじ感想と評価一覧

ハクソー・リッジ今年!感想あり

2017.11.15更新 ★★★★★

22年目の告白 私が殺人犯ですネタバレあらすじ感想と評価一覧

22年目の告白 私が殺人犯です今年!感想あり

2017.11.9更新 ★★★★★

LOGAN ローガンネタバレあらすじ感想と評価一覧

LOGAN ローガン今年!感想あり

2017.11.15更新 ★★★★★

メッセージネタバレあらすじ感想と評価一覧

メッセージ今年!感想あり

2017.11.15更新 ★★★★★

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックスネタバレあらすじ感想と評価一覧

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス今年!感想あり

2017.11.8更新 ★★★★★

ワイルド・スピード ICE BREAKネタバレあらすじ感想と評価一覧

ワイルド・スピード ICE BREAK今年!感想あり

2017.11.12更新 ★★★★★

美女と野獣(2017)ネタバレあらすじ感想と評価一覧

美女と野獣(2017)今年!感想あり

2017.11.11更新 ★★★★★

グレートウォールネタバレあらすじ感想と評価一覧

グレートウォール今年!感想あり

2017.11.13更新 ★★★★★

ゴースト・イン・ザ・シェルネタバレあらすじ感想と評価一覧

ゴースト・イン・ザ・シェル今年!感想あり

2017.10.31更新 ★★★★★

無限の住人ネタバレあらすじ感想と評価一覧

無限の住人今年!感想あり

2017.11.16更新 ★★★★★

君の名は。ネタバレあらすじ感想と評価一覧

君の名は。昨年!感想あり

2017.10.29更新 ★★★★★

シン・ゴジラネタバレあらすじ感想と評価一覧

シン・ゴジラ昨年!感想あり

2017.11.12更新 ★★★★★

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

DCエクステンデッド・ユニバース映画興行収入ランキングと評価一覧(他DCコミックス含む)

2017.10.12更新

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

ワイルドスピードシリーズ興行収入ランキングや時系列順番まとめ(8作目アイスブレイクまで)

2017.11.1更新

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

マーベル・シネマティック・ユニバース興行収入ランキングや評価一覧・見る順番・ストーンまとめ

2017.11.4更新

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想