ピクシーンPick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想 by世界一周人

2005年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

2005年映画興行収入ランキング(日本)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

2005年の日本での映画興行収入ランキングとおすすめ映画の概要です。対象は洋画・邦画とも、2005年に日本国内で公開開始された映画です。その映画が上映終了するまでの累計興行収入によるランキングです。評価まとめや感想レビュー・ネタバレあらすじ・予告動画などへのリンクもあります。

【一覧】映画興行収入ランキング(日本)【一覧】映画興行収入ランキング(世界)もご確認くださいね。

目次[非表示]

映画名
(クリックでスクロール)
興収
日本
日本興収
[億円]
興収
世界
世界興収
[億$]
評価
平均
評価
1ハリー・ポッターと炎のゴブレット110.08.9674
2スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐91.78.4877
3宇宙戦争60.05.9164
4チャーリーとチョコレート工場53.54.7470
5男たちの大和 YAMATO50.9--
6Mr. & Mrs. スミス46.54.7869
7劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者ルカリオ43.0-70
8交渉人 真下正義42.0-62
8オペラ座の怪人42.01.5471
10NANA40.3-63
11容疑者 室井慎次38.2--
12電車男37.0--
13オーシャンズ1236.03.6266
14ALWAYS 三丁目の夕日32.2--
15私の頭の中の消しゴム30.0--
16四月の雪27.5--
17コンスタンティン27.2--
18北の零年27.0--
19チキン・リトル26.8--
20Shall We Dance?25.0--
※興収=興行収入[日本:億円,世界:億$]。評価は主要レビューサイト100点換算の平均値

2005年の映画興行収入ランキング(日本国内)

2005年1月から12月までに、日本国内で上映開始された映画の興行収入ランキングです。海外での公開時期とは違います。おすすめ映画は興行収入だけでなく、ネタバレあらすじ・評価まとめや感想レビュー・予告動画なども見れますよ!

[1位]ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 平均評価 ★★★★★74/100
  • 私の評価 ★★★★★65
  • 日本興行収入 110.0億円
  • 世界興行収入 8.9億US$
  • 日本公開 2005.11.26
  • 上映時間 157分 予告

ハリーポッターシリーズ4作目。4年生になるハリーは謎の男の夢を見て、クィディッチのワールドカップ会場が、デスイーターに襲撃される。ホグワーツで約100年ぶりの三校対抗試合が開催されることになり、選出されたハリーは仲間たちから孤立する。その裏ではヴォルデモート卿に関する陰謀も着々と進められており...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Harry Potter and the Goblet of Fire
製作国
アメリカ、イギリス(2005.11.18公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 150,000,000(約165億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、Heyday Films
映画監督
マイク・ニューウェル
キャスト/出演者
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン

詳細ネタバレ感想『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』皆の評価やあらすじ ⇒

[2位]スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
  • 平均評価 ★★★★★77/100
  • 私の評価 ★★★★★78
  • 日本興行収入 91.7億円
  • 世界興行収入 8.4億US$
  • 日本公開 2005.7.9
  • 上映時間 141分

スターウォーズシリーズのエピソード3、公開順は6作目。旧3部作の前日譚。アナキン・スカイウォーカーはオビワンと共に、人質となったパルパティーン最高議長を救出。一方、アナキンはジェダイの掟にそむき結婚したパドメが出産時に死ぬ夢に悩まされ、暗黒卿ダース・シディアスはそこにつけこみ...

原題/英題
Star Wars: Episode III - Revenge of the Sith
製作国
アメリカ(2005.5.19公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 113,000,000(約124億円)
配給/製作
(C)20th Century Fox、ルーカスフィルム
映画監督
ジョージ・ルーカス
キャスト/出演者(吹き替え声優)
ヘイデン・クリステンセン(浪川大輔)、ユアン・マクレガー(森川智之)、ナタリー・ポートマン(坂本真綾)、イアン・マクダーミド(稲垣隆史)、サミュエル・L・ジャクソン(玄田哲章)、ヨーダ役(永井一郎)、C-3PO役(岩崎ひろし)
レビューサイト平均評価 ★★★★★77/100換算

掲載【スターウォーズ シリーズ見る順番】評価ランキングや興行収入やネタバレ一覧

[3位]宇宙戦争

宇宙戦争
  • 平均評価 ★★★★★64/100
  • 日本興行収入 60.0億円
  • 世界興行収入 5.9億US$
  • 日本公開 2005.6.29
  • 上映時間 116分

湾岸地帯で働く平凡な労働者レイが、別れた妻との間にもうけた子供たちと面会するその日、突如現れた“何者か”が容赦なく町を破壊していく。レイは子供たちとともに生きるために町を逃げ出すが……。H・G・ウェルズの傑作小説を再映画化。撮影はヤヌス・カミンスキー、音楽はジョン・ウィリアムズなど、おなじみのスピルバーグ組が結集。[引用元]

原題/英題
War of the Worlds
製作国
アメリカ(2005.6.29公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 132,000,000(約145億円)
配給/製作
(C)UIP、パラマウント映画(USA)、パラマウント映画、DreamWorks SKG、アンブリン・エンターテインメント、クルーズ/ワグナー・プロダクションズ
映画監督
スティーブン・スピルバーグ
キャスト/出演者
トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ミランダ・オットー、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン
レビューサイト平均評価 ★★★★★64/100換算

掲載2005年映画興行収入ランキング(世界)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[4位]チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場
  • 平均評価 ★★★★★70/100
  • 私の評価 ★★★★★70
  • 日本興行収入 53.5億円
  • 世界興行収入 4.7億US$
  • 日本公開 2005.9.10
  • 上映時間 115分

人気の児童小説を映画化。チャーリー少年は、貧乏ながら明るく暮らしていた。ある日、家のそばの世界一のチョコレート工場の主、ウィリー・ウォンカが、5人の子供に工場見学の機会を与えることを発表。チャーリーは運良くチョコレートに入ったゴールデンチケットを引き当てて、他の幸せそうな4人の子供と共に、ウィリー・ウォンカ本人によるチョコレート工場見学に出発。数々の不思議な体験を重ねていくうちに...

原題/英題
Charlie and the Chocolate Factory
製作国
アメリカ、イギリス、オーストラリア(2005.7.15公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG
製作費
約US$ 150,000,000(約165億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures、ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ、ザ・ザナック・カンパニー、プランBエンターテインメント、テオバルト・フィルム・プロダクションズ、ティム・バートン・プロダクションズ
映画監督
ティム・バートン
キャスト/出演者
ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デビッド・ケリー、ヘレナ・ボナム・カーター、ノア・テイラー
レビューサイト平均評価 ★★★★★70/100換算

掲載2005年映画興行収入ランキング(世界)おすすめ評価一覧やあらすじ感想も

[6位]Mr. & Mrs. スミス

Mr. & Mrs. スミス
  • 平均評価 ★★★★★69/100
  • 私の評価 ★★★★★65
  • 日本興行収入 46.5億円
  • 世界興行収入 4.7億US$
  • 日本公開 2005.12.3
  • 上映時間 120分 予告

ジョンとジェーンは、南米コロンビアで運命的な出会いの後、アメリカに帰国後すぐ結婚してスミス夫妻となる。5〜6年後、2人は倦怠期で、いつわかれてもおかしくなかった。そんな時、ジョンはある人物を暗殺する任務を受けるが、1人の女性によって阻止される。その女性こそ妻のジェーンであるとわかり、2人は殺しあうことになる。やがて組織の仕掛けた計画が明らかになっていき...(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Mr. & Mrs. Smith
製作国
アメリカ(2005.6.10公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 110,000,000(約121億円)
配給/製作
(C) 20th Century Fox(USA)、 東宝東和、リージェンシー・エンタープライズ、ニュー・リージェンシー・プロダクションズ、サミット・エンターテインメント、ウィード・ロード・ピクチャーズ
映画監督
ダグ・リーマン
キャスト/出演者
ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー

詳細ネタバレ感想『Mr. & Mrs. スミス』皆の評価やあらすじ ⇒

[7位]劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者ルカリオ

劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ミュウと波導の勇者ルカリオ
  • 平均評価 ★★★★★70/100
  • 日本興行収入 43.0億円
  • 日本公開 2005.7.16
  • 上映時間 102分

行方不明になったピカチュウを巡って、サトシたちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションの新シリーズ第3作。監督は「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 烈空の訪問者 デオキシス」の湯山邦彦。田尻智、増田順一、杉森建による原案を基に、「~烈空の訪問者 デオキシス」の園田英樹が脚本を執筆。撮影監督に同じく「~烈空の訪問者 デオキシス」の水谷貴哉があたっている。声の出演に「~烈空の訪問者 デオキシス」の松本梨香、「ONE PIECEオマツリ男爵と秘密の島」の大谷育江、「劇場版 テニスの王子様 跡部からの贈り物~君に捧げるテニプリ祭り~」の浪川大輔ら。[引用元]

配給/製作
(C)東宝、オー・エル・エム
映画監督
湯山邦彦
キャスト/出演者
松本梨香、大谷育江、うえだゆうじ、KAORI、山田ふしぎ、ベッキー、菊池桃子、岡江久美子、山寺宏一
レビューサイト平均評価 ★★★★★70/100換算

掲載ポケットモンスター劇場版シリーズ映画興行収入ランキングと評価一覧(ポケモン)

[8位]交渉人 真下正義

交渉人 真下正義
  • 平均評価 ★★★★★62/100
  • 日本興行収入 42.0億円
  • 日本公開 2005.5.7
  • 上映時間 128分

TVドラマや映画で人気の『踊る大捜査線』のスピンオフ。劇場版2作目「レインボーブリッジを封鎖せよ」で警視庁初の交渉人として活躍した真下正義が、地下鉄ジャックの犯人らしき人物に挑戦状をたたきつけられる事件が発生。真下は、よそ者を受け入れない地下鉄の関係者たちとも連携をとりながら、地下鉄を知りつくした犯人との交渉をすすめていく。やがて犯人のねらいが明確になってくるにつれ、真下はある決断をせまられて...

原題/英題
NEGOTIATOR
配給/製作
(C)東宝、フジテレビジョン、ROBOT、東宝、スカパー!
映画監督
本広克行
キャスト/出演者
ユースケ・サンタマリア、寺島進、小泉孝太郎、高杉亘、松重豊
レビューサイト平均評価 ★★★★★62/100換算

[8位]オペラ座の怪人

オペラ座の怪人
  • 平均評価 ★★★★★71/100
  • 日本興行収入 42.0億円
  • 世界興行収入 1.5億US$
  • 日本公開 2005.1.29
  • 上映時間 143分

「キャッツ」「エビータ」などの大ヒットミュージカルを生みだした作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーの舞台「オペラ座の怪人」を彼の製作で映画化。監督は「フォーン・ブース」のジョエル・シュマッカー。19世紀のパリ、オペラ座。その地下に住む謎の怪人ファントムは、新人歌手クリスティーヌに惹かれ、姿を隠して歌を指導し彼女に主演させるためベテラン女優を負傷させるが、クリスティーヌは青年貴族ラウルと恋に落ちる。[引用元]

原題/英題
The Phantom of the Opera
製作国
アメリカ、イギリス(2004.12.22公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 70,000,000(約77億円)
配給/製作
(C)GAGA、Warner Bros.(USA)
映画監督
ジョエル・シューマカー
キャスト/出演者
ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチャードソン、ミニー・ドライバー
レビューサイト平均評価 ★★★★★71/100換算

掲載2004年映画アカデミー賞ノミネートと受賞一覧(2005発表/第77回/全54作品)

[10位]NANA

NANA
  • 平均評価 ★★★★★63/100
  • 日本興行収入 40.3億円
  • 日本公開 2005.9.3
  • 上映時間 114分

大人気コミックを実写映画化しメガヒットを記録した「NANA」の続編。大崎ナナと“ハチ”こと小松奈々の出会いや同居生活を描いた前作に続き、ナナのバンドのデビューやハチの妊娠など、さまざまな試練を乗り越えながら成長していくふたりのNANAの姿を描き出す。ハチ役が宮崎あおいから「サイレン」の市川由衣に、ナナの恋人レン役が松田龍平からNHKドラマ「わかば」の姜暢雄に変更するなど、一部キャストをリニューアル。[引用元]

配給/製作
(C)東宝、「NANA」製作委員会
映画監督
大谷健太郎
キャスト/出演者
中島美嘉、宮崎あおい、成宮寛貴、松山ケンイチ、岡崎真一、平岡祐太
レビューサイト平均評価 ★★★★★63/100換算

掲載2005年映画の日本アカデミー賞の優秀賞と最優秀賞まとめ(2006発表/第29回/全15作品)

[13位]オーシャンズ12

オーシャンズ12
  • 平均評価 ★★★★★66/100
  • 私の評価 ★★★★★64
  • 日本興行収入 36.0億円
  • 世界興行収入 3.6億US$
  • 日本公開 2005.1.22
  • 上映時間 125分 予告

誰かに人生を操作されてると感じたことはありますか?オーシャンズ・シリーズ2作目は、1人メンバーが追加された12人で、とんでもない強敵に挑戦します。5者もの勢力が登場しかなり難解ですが、最後まで見ると良かったなと思いますよ!(ネタバレあらすじ⇒)

原題/英題
Ocean's Twelve
製作国
アメリカ、オーストラリア(2004.12.10公開)
映倫区分
設定なし、USA: PG-13
製作費
約US$ 110,000,000(約121億円)
配給/製作
(C)Warner Bros. Pictures
映画監督
スティーブン・ソダーバーグ
キャスト/出演者
ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アンディ・ガルシア

詳細ネタバレ感想『オーシャンズ12』皆の評価やあらすじ ⇒

以上、2005年に日本公開の映画興行収入ランキングでした。【一覧】映画興行収入ランキング(日本)【一覧】映画興行収入ランキング(世界)もご確認くださいね。

新作おすすめ映画のネタバレあらすじや評価もチェック!

最近更新の映画ランキングやネタバレ感想

ゆめぴょん(管理人・執筆・映画好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
世界一周で世界遺産595訪問後、映画に再ハマり。家視含め3年で1500本。新作映画は、2017年 181本、2018年 42本
今話題の映画やランキング