映画評価ピクシーン Pick Scene映画評価ランキング/興行収入/ネタバレあらすじ感想

『ハリーポッターと炎のゴブレット』評価は?ネタバレ感想考察/衝撃の死と復活?裏切り者とは?ハリポタ4

映画ハリーポッターと炎のゴブレット

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』あらすじ概要

ハリーポッターシリーズ4作目。ハリーは謎の男の夢を見ます。ホグワーツでは100年ぶりの三校対抗試合が開催されるが、その裏ではあるおそるべき陰謀が進行していて...。赤ん坊のハリーが無事だった理由は?誰がデスイーター?(ネタバレあらすじ↓)

映画名/邦題 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
日本公開日 2005/11/26 [予告↓]上映時間 157分
映倫区分USA PG-13
製作国アメリカ、イギリス
原題/英題Harry Potter and the Goblet of Fire
映画監督マイク・ニューウェル
キャスト
出演者
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ガンボン
配給/製作(C)Warner Bros. Pictures/Heyday Films
シリーズ/関連ハリポタ/ファンタビシリーズ < 前作続編 >
日本興行収入110.0億円年間1位
世界興行収入8.9億US$(約986億円)年間1位
製作費1.50億US$(約165.0億円)
平均評価★★★★★76私の評価↓は含まず)

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』予告動画

ネタバレ感想『ハリーポッターと炎のゴブレット』考察や評価レビュー

この先はネタバレありの感想考察です。続編前作や関連映画は、ハリポタ/ファンタビシリーズ一覧も参考にしてください。

私の評価 ★★★★★65/100(60が平均)[レビューサイト評価↑]

ハリーポッターシリーズ4作目なので、世界観や設定やキャラの説明は飛ばしていきなり本題に入れるので、導入部から濃い内容ですが、その反面シリーズを続けて見てない人や覚えてない人は前作までのキャラや状況がわからないので置いてかれるかもしれません。

今回はメインストーリーとして、三大魔法学校の対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)が開催されるので、前作までの学園ものとしてのマンネリはうまく解消できています。新キャラも多数登場するので新鮮ですが、逆にどのキャラも薄くしか関わらないので愛着を持てないのは少し残念です。

新キャラに愛着がない状況で死んでしまっても、それほど悲しく思えないのも残念です。また、前作や2作目でのラストへかけての盛り上がりやどんでん返しの驚きに比べると、本作での意外性は薄く思えて大人気シリーズの産みの苦しさを感じます。ただ、ついにラスボスが復活する、転換点になる作品といえます。

前作までは「あやしく見える人物が、実は敵ではない」という展開でしたが、本作はそれを逆手に取った感じです。それにしてもマッド・アイ・ムーディーの言動は明らかにおかしいのに、教師陣さえ気づかないのは不思議すぎるし、そもそもホグワーツはいつも侵入されすぎで、あいかわらずセキュリティが甘いです。

マッド・アイが偽物であることを見抜くのは難しいけど、マルフォイを動物化していじめた時にマクゴナガル先生に注意され舌を出したしぐさは、バーティ・ジュニアもするので気づく人はいるかもしれません。ジュニアは父親を殺しますが、自分を売ったイゴールに対して何も復讐しないのは疑問に感じます。

三校対抗試合は最初のドラゴンとの戦闘が特に盛り上がります。クィディッチ試合はマンネリ化してるため、その代わりに世界最速の魔法ほうき「ファイアーボルト」に乗る姿を見せてくれるあたりはエンタメとして見事です。ドラゴンが塔を破壊しながら歩くのは迫力あるけど、普通は飛んで襲うでしょうね。

それに比べると第2、3課題目は地味に思えます。湖で2人を救ったから2位にするというダンブルドアの判断はさすがにひいきすぎると感じますが、これも偽マッド・アイの仕業という風に見せればもっと説得力がでた気もします。迷路ではハリーがセドリックとの同時優勝を考えたから悲劇が起こったので悲しすぎます。

本作はハリーらが大人への階段を昇り出し、異性を意識する描写も出はじめます。特に舞踏会で相手を探すハリーやロンの男子あるあるや、気になる相手からのお誘いを聞き耳を立てながら待つハーマイオニーのもどかしさや女心や女性としての目覚め、そして心の叫びは誰しも似た経験があり痛く感じてしまいます。

原作のドビーら屋敷しもべ妖精の解放についてのエピソードが全てカットされてて、物語の深みをなくす要因だと思いますが、これ以上長くなるのはつらいので仕方ないですね。ハリーら仲良し3人組が初めて険悪になったり、ラストも救いがなくて全体的に暗い話なので好みはわかれそうですが、私はおすすめです!

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』おすすめ11ポイント

  • 人気ファンタジーシリーズ4作目
  • 三校対抗試合が楽しみ
  • 3人の主要キャラの安定感
  • 魅力的な新キャラが複数登場
  • 仲良し3人組が初めて険悪に
  • ドラゴンとの戦闘が迫力
  • 水中での戦闘シーン
  • ダンス相手を探す男子あるある
  • ハーマイオニーのドレス姿とダンス
  • ハーマイオニーの女心が愛おしい
  • 子どもや家族と一緒に楽しめる
映画ハリー・ポッターと炎のゴブレット

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』少し残念10ポイント

  • ホグワーツ教師陣は鈍感で無能すぎ
  • 全体的に暗すぎる
  • 新キャラが多いが愛着いまいち
  • ドラゴンが塔を歩くのは変
  • ハリーとロンはパチル姉妹に失礼
  • 第2課題のハリー2位はえこひいき
  • 三校対抗試合の第2,3課題が微妙
  • ビクトールのほうき飛行術見たい
  • バーティJrの矛先はイゴールでは?
  • 2,3作目に比べると驚きが少ない

ハリーポッターシリーズもいよいよ折り返し地点になるので、作風も一気に深刻になってきますが、ハリー・ポッターとヴォルデモートの戦いこそが主軸だと考えればやっと本筋に入ったともいえます。まだ4作あるので、本作もぜひ1度は観ることをおすすめします!

続編前作や関連映画は、ハリポタ/ファンタビシリーズ一覧も参考にしてください。

『ハリーポッターと炎のゴブレット』シリーズ順番・映画ランキングや映画賞

ゆめぽろ プロフィール画像
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
興行収入は毎週更新!2021新作82鑑賞。2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/本格ミステリ/SFファンタジー/ホラー/アニメ/MCU。135国 海外旅行ブログ。応援コメント@pixiinsで待ってます(^^)
新作おすすめ映画の感想ネタバレ考察や評価もチェック!
最近更新の映画ランキングやネタバレ感想
サイト管理人ゆめぴょん(映画/旅行好き)
ゆめぴょん@ピクシーン
興行収入は毎週更新!2021新作82本/2020年218本。好み⇒謎/驚き/社会性/感情動かす/多幸感/ストーリーと演出を重視/ホラー/本格ミステリ/アニメ/MCU
今話題の映画やランキング
ホーム 本シリーズ一覧 興収ランキング
検 索
目 次